• HOME > 
  • コラム

【第32弾】ハロウィン経済効果

今年も残す所、あと僅かとなりました。
街中ではクリスマスの装飾がなされています。

日本においては随分とイベントが定着して来ました。

バレンタイン……
ハロウィン……
そして
クリスマス……

クリスマスの経済効果はなんと7000億円と言われています。
しかし、市場は少しずつ低下傾向にあります。

この原因は、クリスマスというイベントが定着し日本全国に行き渡ったこと……人口が減少傾向にあること…にあるようです。

一方、バレンタインの経済効果は約1400億円だそうです。

このバレンタインにおいても5年前と比較してほぼ横ばいという結果になっています。

そして今、拡大傾向にあるのがハロウィンです。

5年前は約800億円……今年は約1400億円にまで拡大をしています。

実に約70%増です。

この切っ掛けを作ったのは、東京ディズニーランドの「ハッピー・ハロウィン」であり、USJの「USJハロウィン」です。

ディズニーランドでは20年前から始めたイベントですが、ここ数年前あたりから完全に定着したと言えます。

今年に限ってはディズニーランドは36億円の経済効果、USJは前年比20%増の来場者ということで経済効果は絶大です。

では何故?ハロウィンだけ拡大しているのでしょうか?

① クリスマスやバレンタインに比べ、まだ新しいイベントの為

② 閉塞感のある時代、仮装をすることで発散することが出来る

このような理由から若い人達を中心に拡大しているようです。

そしてもう一つ……私見として「体験」があるのではないか?と考えます。

現代においてはモノは溢れ、中々売れにくい時代です。

分かり易い例で言いますと、数年前、中国の方々による「爆買い」が話題となっていました。

しかし今や「爆買い」ということをあまり言わなくなりました。

要は、ここ何年かの間に、ある程度の「モノ」は行き届きつつあり、物資的欲求は満たされて来たのでしょう。

では今、中国の人達は日本に来ていないのでしょうか?

そんなことはありません。

なんと前年比107%で逆に増加しています。

彼らの目的は物資的価値から情緒的価値へと変化をし、美しい景色を見に行く……美味しい料理を食べる……日本の文化を楽しむ……スキーを楽しむ……日本の医療を受ける………など、自身が「体験」「体感」、そして楽しむ為にお金を費やすようになって来ているのです。

この「体験」「体感」…がモノを売るにせよ、イベントを楽しむにせよ、キーワードであると考えます。

上述のハロウィンは自ら体験出来るイベントです。

しかも、自ら自由に仮装のコーディネートも出来ます。

だから拡大傾向にあるのかもしれません。

様々なモノが有り余る時代……
「体験出来る」いわゆる「コトの創造」が、これからのキーワードであることは間違いありません。

【第31弾】 消費者がココロと財布を開くポイント⁈

生まれた時から様々なモノがある事が当り前な時代に育った私達にとって、モノがなかった時代は想像が出来ません。

しかし……70年ほど前、戦後、日本にはモノがほとんどありませんでした。

そんな時代からバブル崩壊の2000年頃まで約50年間、日本の中小企業を中心とするモノづくり企業は、「モノ」という物質的価値を追い求め作り続けて参りました。

その結果、モノは国内隅々まで行き渡り、過剰品質、消費低迷、人口減少などの要因により飽和状態というのが現状です。

従って現代においては、ただ安いだけ……ただ品質がいいだけ……のモノでは消費者のココロに届かず、財布の紐は閉められたままです。

急いで買わなくても取り敢えずモノはある………
安くても趣味に合わないモノは要らない………

断捨離という言葉が取り沙汰されるように、今では如何にモノを極力持たないで生活をする事ができるのか?を考えている人達も少なくはありません。

時代は確実に変わったのです。

では、一体、消費者のココロと財布を開くポイントは何か?

それは、共感できる「コト」です。

所謂、情緒的価値と言われるもので、その商品やサービスを購入する事により、自身が味わう事のできる感情…………これを如何に共有し、商品を作り上げる事ができるのか?がポイントとなります。

例えば、コーヒーの場合……

物質的価値という視点で考えると、如何にして美味しいコーヒーを作るのか?がポイントです。

この価値観を追い求め、メーカーは歩み続けて来ました。

これはメーカーの本質として重要な事です。

一方で飽和状態になった今、情緒的価値という視点から考えると……………

何故?人はコーヒーを飲むのか?
美味しいコーヒーを飲みたい………それもあるだろう……しかし、真の理由は???

コーヒーを飲む事によって寛ぎたい…リラックスしたい…ココロ安らぐ時間を持ちたい………これらが真の理由ではないでしょうか?

であれば、そのような情緒的価値を提供し、そしてコーヒーを飲んで頂く………「コト」から発想した場合、上記のような仮説に辿り着きます。

それを展開しているのが、スターバックスという訳です。

私達の会社におきましても現在ノベルティグッズの企画開発を手掛けています。

一番の強みは完全オリジナルグッズを制作をする……という所にあります。

これは勿論、「コト」作りをし、そして「モノ」作りをするという事になります。

それに加え、現在、オリジナル定番も2月までには作り上げる予定です。

これは既存の商品に情緒的価値を加え、リ・デザインをする事により、消費者のココロに届くノベルティグッズを制作しようという試みです。

2月7日からの展示会にて発表をする予定ですので楽しみにしておいてください!

【第30弾】セールスプロモーションの概念

セールスプロモーションとは、自社の製品やサービスの販売を促進する為に行う販売支援活動全般を指し、比較的短期的な速効性のある販売効果を狙うものです。

代表的なもので言うと、新商品発表時のキャンペーン、展示会、イベントなどがそれにあたります。

現代は、消費低迷・飽和状態・過剰品質時代………
単純に商品力・サービス力だけで思うような販売実績が得られることは稀です。

そこで注目をされているのが
セールスプロモーション(販売促進活動) という訳です。

販売促進活動として直ぐに頭に浮かぶのが「広告」です。

この「広告」は宣伝や告知・認知と言った意味合いが強く、言わば販売促進活動の第1歩にしか過ぎません。

現代においては「広告」による市場への告知や浸透だけでは不十分で、「広告」だけをもって販売促進活動とは言いません。

よりよい効果を挙げる為には、その広告と連動した様々な活動によって消費者の購買意欲や流通・小売業者の販売意欲を高める事が求められます。

その為の総合的な活動を現代ではセールスプロモーション(販売促進活動)と呼んでいます。

販売促進活動は、それを誰に対して行うのか?の観点から大きく3つの領域に区分されます。

⑴ 消費者を対象とする販促活動
⑵ 流通・小売業者を対象とする販促活動
⑶ 社内を対象とする販促活動

消費者を対象にする場合、目的は売上の増大や新規顧客の獲得という事になります。

その場合の方法・具体策はノベルティグッズの配布や利益還元などがあります。

流通・小売業者を対象にする場合、目的は売上の増大という事になります。

その場合の方法・具体策はインセンティブを与えることが一般的で、それにより販売意欲を高めてもらう事になります。

社内を対象にする場合、その目的は売上の増大・新規顧客の獲得や販売技術の向上などです。

方法・具体策はその部門長により戦術は決定されますが、強化週間や強化月間→目標設定……
これにより達成されれば食事会や飲み会……
こんな形が一般的となります。

また、3つの領域それぞれに多種多様な販促方法があり、その性質から、金銭や物の提供と言った「メリット提供型」と、商品理解や店頭活性化に役立つ情報提供と言った「情報提供型」の2つに分類する事が出来ます。

セールスプロモーション(販売促進活動)を行う場合、まずは概念を理解し、対象者は誰なのか?その対象者に対してどのような方法を用いれば効果的なのか?の戦術をしっかりと練り実行に移す事が肝要なのです。