• HOME > 
  • コラム

【第3弾】ブランドロイヤルティ

マーケティング分野でよく使われる用語ではありますが、

ロイヤルティ?ロイヤリティ?

どちらも言葉として使われていますので、果たしてどちらが正しいのか?と疑問に思う時があります。明確な表記指定がありませんので、両方の表現が使われるのだろうと考えますが、一般的に多いのは「ロイヤルティ」の方だと思います。

因みに、ロイヤリティとは、ライセンス料や著作権使用料などを、権利者へ支払う対価の事になりますので、今後のコラムにおきましても、「ロイヤルティ」で統一をさせて頂きたいと思います。

ブランド ロイヤルティとは

そのブランドに対して顧客が、どれ位の忠誠心(愛着心)を持っているのか‥‥‥という事です。

このブランド ロイヤルティを高めて行けば、実質的な購入に繋がり、リピーターにもなって頂けるという事になります。
どれ位の忠誠心(愛着心)を持っているのか?という物差しは以下の通りです。

「他に選択肢がない」
価格やデザイン、使い勝手など、多少の不満はあるものの、他により良い
商品(サービス)が無く購入している‥‥というレベル

「習慣化している」
さしたる不満は無く、他の商品(サービス)を探す理由が無い‥‥‥というレベル

「スイッチングリスクが掛かる」
現状、満足しているし、他の商品(サービス)に切り替えるには時間、お金、パーフォマンス、品質などにおいてリスクがある‥‥‥というレベル

「愛着がある」
愛着があるので多少の不満があっても切り替えにくい‥‥‥というレベル

「誇りがある」
そのブランドに惚れ込みユーザーである事に誇りがあるので、他の商品(サービス)に切り替える事は考えられない‥‥‥というレベル

ブランドロイヤルティとは、顧客が持っているそのブランドへの忠誠心(愛着心)の度合い‥‥‥という事ですので、まずはお客様にも上記のようなランクがあるという事を認識をし、そして⑤の顧客層を如何に増大させる戦略が必要になって来る訳です。

一般的に「ブランド」と言いますと、服飾関連を想像されると思います。

シャネル、エルメス、ヴィトン、グッチ‥‥‥‥‥ロレックス、カルティエ、ミュラーなども例外では無く、多くの高級ブランドのお客様におきましても、上記の「ブランド ロイヤルティ ランク」に分類される訳です。


もっと分かり易く言えば、プロ野球球団のファンの方々であっても同様です。

例えば、大阪にあっては阪神タイガース‥‥‥‥‥ファンの方々のランクは、恐らく④⑤に分類されます。

⑤のタイガースファンに誇りを持っている‥‥‥
このようなファンの方々は、ファン歴何十年というリピーターの人達ですので、「タイガースファンを辞める‥‥」という事は考えられません。何かあれば、馳せ参じて来て頂ける方々ですので、ロイヤルティ100%です。

④ 多少の不満があっても愛着がある‥‥‥
負けても負けても愛着があるのでファンでいてくれる‥‥‥‥‥‥
しかし、球団としてはこのランクのファンの方々を放置していたのでは駄目です。

タイガース球団は人気球団ですので、多くのファンの方々が居ます。
球団としましては、何もせずに沢山の方々が来場して頂ければ、利益が上がり、経営的には安泰で球団とすれば万々歳です。

しかし‥‥‥‥‥‥‥‥ファンの方々にはロイヤルティランクがあります。

④の方々を放置すればやがて、ジャイアンツファンになっている‥‥‥
なんて事もあるかもしれません。そこには、球団としての戦略が必要です。


④の方々をロイヤルティ100%にするには?

強いチームづくりでロイヤルティを高める。
「勝つ為にはどうしたら良いのか?」外国人助っ人、トレード、ドラフト、育成などの具体的対策を実行します。

ファン化→コアなフアン化へ、ロイヤルティを高める。
又選手との交流会、イベントなどで憧れの選手とのコミュニケーション出来る機会を創ります。

そういう意味では、楽天やDeNA球団などの新規球団は、ファンのロイヤルティ向上の対策は優れています。

今や球場は満員です。

それに連れて昨今ではどの球団においても、ファンとの交流やイベント、サービスを展開し、ロイヤルティ向上に努め、コアなファンの方々が増えている傾向にあります。今までのプロ野球球団には見られなかった事だと思います。
プロ野球においてもTV放映も減少し、サッカーの台頭もありファン離れが深刻
になってから、このブランドロイヤルティの向上に力を入れるようになったのです。

 


今はモノが売れない時代‥‥‥

どの企業においてもブランドロイヤルティの向上戦略が必要です。
私達の会社では、ブランドロイヤルティ向上のツールとして、企画ノベルティを提案しています。

モノが売れない時代だからこそ、コアなファンを獲得するチャンスでもあります。
そのお手伝いをmonocoto事業を通じてさせて頂いていますので、是非一度コーポレートサイトを覗いて見てください。

http://monocoto.life/

 

見積り・ご相談はこちらのメールフォームよりお問い合わせください。

【第2弾】ブランド戦略

ブランド戦略 ブランド戦略は今や第5の経営資源と言われています。
その昔、経営資源は「人」「モノ」「金」‥‥‥「この3つの経営資源を駆使して経営を行いなさい」‥‥‥こういう事でした。久しくこの時代は続きました。まだ世界成長のスピードが緩やかだったんですね。しかし、1990年代に入りスティーブ・ジョブズやビル・ゲイツが登場すると世界が一変します。

そうです‥‥‥‥‥情報化時代への突入です。これにより世界は急速に動き始めました。
もはや「人」「モノ」「金」だけでは不十分‥‥「情報」を活用しなければ企業成長は見込めない‥‥‥‥経営資源に「情報」が加味されるようになりました。

そして現代、世界の先進国ではモノが売れない時代に突入し、新たに第5の経営資源として「ブランド戦略(ブランディング)」が叫ばれるようになって来たのです。ブランド戦略とは、企業や商品において、他社または競合商品との区別を明確にする事で、企業価値や商品価値を高める付加価値戦略の事です。 これによる効果は次の通りです。

  • ① 企業の存在意義や知名度がアップする
  • ② 過当競争に巻き込まれずに収益性が担保される
  • ③ 指名買いをしてもらえる
  • ④ 顧客のファン化に繋がる

 

正に、モノが売れない時代にあってブランド戦略‥‥‥第5の経営資源は活用価値がありそうです。 企業ブランディングと商品ブランディングは若干異なる為、ここでは商品ブランディングについて話しをします。通常一般的に言われています商品ブランディングのポイントは以下の通りです。

  • ① コンセプトの策定(新たな概念)
  • ② 商品の差別化・優位性
  • ③ VI(ビジュアルアイデンティティー)の統一
  • ‥‥‥商品の場合、デザイン・カラー・パッケージなどの統一

 

大体この3つのポイントを抑えて落とし込めば良いとされています。しかし、私達はこれだけでは不十分だと考えています。

私達の会社でも、monocoto事業部におきまして、『誰かを幸せにする歓びを共に』というコンセプトの下、企画(コトづくり)~量産(モノづくり)までワンストップサービスによる商品ブランド戦略のサポートをしています。私達の商品ブランド戦略における切り口は上記とは少し異なります

企業の売上の方程式は、売上=顧客数×数量×売価×頻度で表わされます。

利益は上記方程式に利益率を掛けると利益額が導き出される訳です。全世界の企業は上記の方程式によ って成り立っています。モノが売れない‥‥売上が下がる‥‥利益が下がる‥‥‥‥という事は、上記 方程式の項目の何れかに原因があるという事です。

顧客数が減ったのか数量が落ちたのか頻度が落ちたのか
売価が下がったのか利益率が下がったのか

という事になります。この打開策・解決策にこそ商品ブランド戦略を活用すべきだと私達は考えます。 私達の切り口は、商品ブランド戦略を進める上で、まず競合商品や市場調査、顧客ニーズの分析を始めます。次にブランド戦略の方向性を決めます。

10%20%売価を上げられないだろうか?
数量を増やせないだろうか?
顧客数を増やせないだろうか?
顧客層を拡大出来ないだろうか?
頻度を上げられないだろうか?

‥‥‥‥‥という感じです。これらが決まれば漸く上記のように、その方向性に合ったコンセプトを策 定し、その方向性に合ったブランドネームを考え、その方向性に合った商品のデザイン、競合商品との 差別化を行い、パッケージを整える‥‥‥‥‥こんな順序で商品ブランディングのサポートをさせて頂いています。

「外見を整え安く売る」‥‥‥‥PB 商品には比較的この手法が多く見受けられ、私達消費者にとって も大変有難い事ではあります。しかし時代は、安いからと言って沢山売れる時代ではありません。 このような手法では、企業として上記の方程式に照らし合わせても結果は火を見るよりも明らかだと思 うのです。折角、商品ブランド戦略を活用するのであれば、皆が喜べるような戦略を取りたいものです ね。ただ一方で商品ブランド戦略を見事に活用されている企業があります。 それは‥‥‥‥‥セブンイレブンの「セブンプレミア」です。

通常より高い売価でありながら、競合商品との圧倒的な差別化、それを表現するパッケージなどのビジュアル‥‥‥‥‥‥ 私達消費者は、高くても納得の上、それらを買っています。 そして、その商品のリピーター‥‥指名買いをしています。

企業にとっても私達消費者にとっても、驚き・感動・喜び・ワクワクが共有出来、皆を笑顔にす る‥‥‥‥‥これが本当の商品ブランド戦略ではないでしょうか?

 顧客満足を高め、企業や商品、ブランドの“ファン”を育てるノベルティ>

 

ブランディング・ブランド戦略のご相談は
ノベルティ・プロモーションツールのコシオカ産業まで。

見積り・ご相談はこちらのメールフォームよりお問い合わせください。

▼関連コラム 第1弾「ロイヤリティーマーケティング」

【第1弾】ロイヤリティーマーケティング

ロイヤリティーマーケティング戦略⁉ 昨今よく耳にするようになって来ました。 聞いた事がない方であっても知らず知らずのうちに私達消費者はその戦略の下、リピーターとなっているケースがあります。 この戦略は1990年頃アメリカで生まれたもので、CS(顧客満足度)から一歩深堀りし、顧客ロイヤリティー(ロイヤルカスタマーとも言う)を高める事が売上と利益に直結するという考え方です。簡単に言いますと、「コアなリピーター顧客を創造する戦略」‥‥という事になります。 ロイヤリティーとは直訳すると「忠誠度」という意味で、「顧客ロイヤリティー」とは、自社製品を購入してくれる忠誠度の高いお客様‥‥‥という意味合いになります。少し上から目線な感じの言い方ではありますが、経営用語として捉えておかれれば結構ではないでしょうか。

現代の日本においては、消費の低迷、商品の飽和状態、実質賃金の目減り、人口の減少など、個人消費に頼る日本市場にあっては先行き不透明な状態が続いています。このまま放置していたのでは各企業共、売上・利益が下降曲線を辿る事になるのは必然です。これは何もBtoCの企業だけではなく、どこの企業においても同じ事が言えます。

そこで、各企業はお客様との関係性を強化する事で、商品の購入を促し、リピーターとなって製品やサービスを何度も購入する率を高める戦略にでました。それが実現出来れば、現代にあっても確実に売上と利益が向上するはずです。CS(顧客満足度)よりも、より積極的なアプローチ戦略です。

具体的な施策としましては、景品や値引き、クーポンなどの金銭的還元型‥‥‥ショッピングアドバイスやショー、イベント招待などの特権提供型があります。
この具体的で且つ他社にない施策を考案する事‥‥‥‥これがロイヤリティーマーケティングの成功ポイントです。ここまでお話しをしますと、ロイヤリティーマーケティングとはどのような戦略なのか?大方、察しがついたのではないでしょうか?代表的な実例を挙げますと、家電量販店のポイントカード戦略がそれに当たります。

例えば、ビッグカメラ。 ポイントカードをお持ちの方は、他社では買わず、ビッグカメラでしか購入をしないのではないでしょうか?完全なリピーターですよね。 このマーケティング戦略が顧客ロイヤリティーを高めているという事になる訳です。

  • 何万円以上なら何ポイントサービス
  • キャンペーン中につき何ポイントサービス

など、どんどん付帯サービスを付ける事で顧客ロイヤリティーを高め、リピートの頻度を上げていく戦略です。

その結果として売上と利益の向上に直結するという訳です。 これはほんの一例ですが、そう考えて世間を見渡すと、今やあちらこちらで、このロイヤリティーマーケティングが活用されているのが分かります。そして私達はその戦略の下、知らず知らずのうちにリピーターとなっているのです。 これはモノが売れない現代において、企業としましては不可欠な戦略と言えるかもしれません。

私達の会社では、monocoto事業部におきまして、このロイヤリティーマーケティングの戦略サポートとして、「ノベルティグッズの企画制作」を行っています。
通常の景品やおまけという概念ではなく、
完全オリジナルのノベルティグッズ‥‥‥‥「コト」や「ストーリー」を生み出し、『そのノベルティグッズが欲しいから買い物に行く‥‥!』‥‥‥‥そんなノベルティグッズの企画制作です

私が幼少の頃、スナック菓子を買うと、仮面ライダーカードや野球カードが貰えるというものがありました。子ども達は、そのカードを欲しさに、食べ切れない程のスナック菓子を買ってカードを集めたものです。ただ、これは廃棄されるスナック菓子のあまりにも膨大な量から社会問題となってしまいました。冒頭、ロイヤリティーマーケティングは1990年頃のアメリカで生まれた‥‥‥と言いましたが、日本企業は1970年頃から「どのようにすれば販売の増加に繋がるのか?」を思考錯誤する中で、このようなマーケティング手法を取り入れていた事になります。

社会問題となると行き過ぎた感は否めませんが、
「そのノベルティグッズが欲しいから‥‥‥」と思って頂けるような製品の開発は、販売促進として有効である事は間違いありません。

抜群の企画力と創業50年のモノづくりを背景に、

驚き ・ 感動 ・ 喜び ・ ワクワク

のコンセプトの下、「お客様の想いを形に」‥‥‥‥‥顧客ロイヤリティーを高めるマーケティング戦略の1つとしてお考え頂ければ幸いです。

 顧客満足を高め、企業や商品、ブランドの“ファン”を育てるノベルティ>

 

 ロイヤリティーマーケティング戦略のご相談は
ノベルティ・プロモーションツールのコシオカ産業まで。

見積り・ご相談はこちらのメールフォームよりお問い合わせください。

▼関連コラム 第2弾「ブランド戦略」