• HOME > 
  • ブログ

東京営業所開設

私の家族は東京にいます。

出身は大阪ですし、本社は大阪、本社工場は奈良にありますので文字通り逆単身赴任生活という訳です。

そもそも東京へ行ったのが約10年前。東京営業所を開設するという目的で、格好よくいうと成功するまで帰らない覚悟のもと、家を売却し退路を断って小さい子供を3人連れて東京へ乗り込みました。

夜中に大阪を車で出発し東京に着いたのは夜明け頃でした。白々夜が明けていく朝もやの中東京のビル街が迫ってくる光景は今でも忘れることはありません。当時36歳のことでした。

豊島区の上池袋にマンションを借りその一室を事務所にしてのスタートです。会社の売上が伸び悩んでいる時期でもありました。今から思うと東京で売上を上げて、社長を少しでも楽にさせてあげよう!社員達を守るんだ!そして家族を守るんだ!その一心だけでした。

土曜も日曜も時間も関係なく、家内に電話番をしてもらいながら右も左もわからない東京をひたすら走り周りました。従来のお客様は少しありましたが計算を出来るまでには至っていません。

当時社長からは毎月200万の売上をなんとかしてくれ!という指示でした。200万の売上は3月も経たない間にクリアしましたがそれ位では社長、社員達を楽にしてあげることは出来ません。私自身が目標に掲げたノルマは毎月コンスタントに1000万円の売上を上げるというものでした。

しかし、低単価の金属部品を1000万円売ることは困難を極めました。くる日もくる日も電話のない時もありました。1本の電話、1個の注文が本当に有り難く感じました。これは経験をしたものでないと理解できないかもしれません。そして半年が過ぎ1つの注文をきっかけに売上が伸びはじめました。それからは順調に推移し約1年位で1000万円はクリアするようになりました。

そして2001年3月念願の東京営業所を北区滝野川に開設することができたのです。東京へ行って3年の月日が経っていました。先代社長にとっては50年来の悲願もあり大変喜んでくれていました。

そしてその6月先代社長が突然この世を去ります。私にとって東京営業所を開設し見せることができたのが唯一の親孝行だったのです。

名門

今日、業界ゴルフコンペがあり先輩の方々と、情報交換や昔話などをしながらゴルフを楽しんできました。場所は毎年女子プロのミズノオープンが開催される賢島カンツリークラブです。

賢島カンツリークラブHP

http://www.kintetsu-re.co.jp/kashikojima/

流石に名門コースだけあってコース設計、ありとあらゆるところの手入れ、グリーンの状態は抜群でした。そして何よりも感心しましたのがスタッフ全員の気配りです。その場にいて心地がよいのです。

これは一人一人がお客様のことを考えながら″おもてなし″の気持ちを持って接しているのだと思います。決して義務感や事務的に仕事として行っていないのです。これこそが名門と呼ばれる由縁ではないかと思います。

私達の仕事にしても″おもてなし″の気持ちを持ってお客様に心地よくして頂くということが第一歩なのかもしれません。

ちなみに今日のスコアは49、39でした。私にしては上出来です。気分の良さがプラスアルファを呼んだのかもしれませんね!

情熱

京セラの稲盛和夫氏が提唱されています成果の方程式として『考え方×情熱×能力=成果』というものがあります。そしてこの方程式は仕事だけではなく人生においても当てはまるとされています。

この言葉を聞いた時、私は目から鱗が取れる思いがしました。若かりし時、仕事が出来る人とはどの様な人だろうか?ということを真剣に考えた時期がありました。何か共通したものがあるはずだと…しかし答えは見つからないまま日々の仕事に忙殺され、そのことすら忘れ何年もの時が過ぎ去りました。

時を経て社長に就任し、人に伝える立場となり、また答えを模索していた時、その言葉に出会ったのです。これだ!と思いました。更に仕事も人生も一緒だというところに感銘を受けました。

何事においてもそうですが思った事は形にしなければ人には伝わりません。これより以前から原理原則に基づく考え方が大事であると事ある事に言い続けて参りました。そしてその考え方を形にしてまとめた『企業哲学』の小冊子を配布し日々の研鑽を促し、能力向上につきましては、第二弾人事育成シス テムという形をもってスキルを高めて行く方向性を打ち出しています。これらにより『考え方』『能力』については形に変え教えて行く事が可能になりました。あとは情熱です。

時としてある一定の時期において情熱は能力を上回ります。また、大きい仕事をする場合、それに見合った能力は不可欠ですが、やはり情熱のある人には勝てません。ほとばしる情熱のある人の回りには人が集まり、人の心を動かします。責任感、使命感、志を持って一心不乱に真摯に取り組む姿勢がまず大事なのだと思います。理屈や能力だけではダメなのです。

人には、自ら燃えることの出来る人、人に言われて燃えることの出来る人、燃えることの出来ない人に分けられるそうです。

情熱を形に変えて教えるというものがまだ見つからないのが現状ですが、当面は、私自らが燃え続け、その火種を伝達する努力を行わなければならないのだと思います。

考え方が定まり、スキルアップされ、ほとばしる情熱が合わさった時、感動を与える様な仕事が出来、人生の充実感も得ることが出来るのだと改めて感じます。

夢の途中を楽しみ日々研鑽して参りたいものです。