• HOME > 
  • ブログ

親父

2001年6月26日、その日は今日とうって変わって雲一つない晴天で、朝から6月とは思えないほどの太陽が照りつけ、気温は30度を遥かに越えていました。そんな中、私は食事も取る時間がないほど忙しく、汗だくになりながら、何百人もの人の対応に追われていました。

その日は、私が最も尊敬する男の葬儀告別式。私が40歳、初夏の出来事でした。

(写真は父 越岡元弘)

父から生前に、「男の価値は、その葬儀の日にわかる」と云うことを聞いた記憶があります。この言葉の意味をその日は身を持って知らされた思いがしました。東大阪の自宅で執り行いましたが、会社関連、友人、知人、親戚は言うに及ばず地元地域の方々は総出という大葬儀となりました。来られた方全員がその死を悼んで下さり、心暖まる葬儀だったと思います。

父は家族を愛し、人を愛し、会社を愛し、そして誰からも愛され、父の周りには人と笑いが溢れる… その様な生き方をした人でした。

父が亡くなる直前、二人だけの空間で、言葉がしゃべれない状態中、私を見て大きく一つうなずきました。それを見て私も大きくうなずき返しました。

「晃司!後のことは頼んだぞ」

「任せとけ」

阿吽(あうん)の間合いがそこにはありました。

あれから8年の歳月が過ぎ、最近ふと思うことがあります。会社の長として、又家族の長として私は本当に、父が守りたかったものを守れているのだろうか?父がしたかったものを一つでも形にすることが出来たのだろうか?と。

男にとっていつまでも、親父と云う存在は大きいものですね。 これからもその答えを出す為に全身全霊を賭して打ち込んで仕事に邁進し、みんなを守り幸せにして行きたいと思います。

親父へ 合掌

変化

梅雨入りをしたというのに雨らしい雨が降ることもなく、毎日蒸し暑い日々が続きますね!私達が子供の頃は、シトシトと毎日雨が降り続き、梅雨の終わりには決まって雷が鳴り、やがて夏本番を迎えるといった具合でした。ここ何十年で地球環境が大きく変化したように思います。

変化すると言えば、人の体も何十年も経過すると確実に変化します。私もいつまでも若いつもりですが来年で50歳になります。最近では四十肩?に悩まされていて、その変化を身を持って体験しています。これは、どちらかというと悪い変化ですが…

しかし悪いことばかりではありません。歳を重ねると良い変化もあります。それはやはり内面の変化です。自分でも若い頃と比較して随分変わったなぁと思うことがあります。人は様々な苦労や経験を経て、深みのある人へと変化して行くように思います。時折、良いお顔をされているなぁと感じさせる方がおられます。おそらくその方は、様々な経験を積まれ、内面の良い変化が顔に滲み出ているのだと思うのです。

私も今年より来年、再来年、そしてその時の自分が一番輝いていると思いたいと考えています。お互いより良い形で歳を重ねて行きたいものです。季節の変わり目ですので、お身体をご自愛して下さい!

発信

先週ブログでもご紹介させて頂きました私達の会社の新しいサービス、『ソクモック工房』ですが、展示会においても大好評で、その反響の大きさにビックリすると同時に皆様の大きな期待に応えて行かなければならないと身が引き締まる思いです。

新しいサービス『ソクモック工房』の詳細ページは以下のアドレスです。

試作・模型|コシオカ産業 http://www.koshioka.co.jp/sisaku.html

http://www.koshioka.co.jp/shisaku

その展示会には東大阪の中小企業を中心に数十社が出展されていましたが、その殆どに目新しさが少なく、熟練はされていますが、従来の延長線上の感を拭うことが出来ませんでした。

しかし一方では大学の出展が年々盛んになって来ていて、まだまだ荒削りではありますが、若い人達が自由に新しい切り口、研究、技術を基に商品やサービスを形に変えて発信しています。私には、それが好対照に映りました。

マクロ的に見て、アメリカ経済が鈍化し世界経済に影響を与え、その結果日本経済が沈滞化して国内景気が冷え込み、企業業績を圧迫している為、企業が伸び悩んでいる。だから仕方がないと云う側面は確かにあります。しかし、見方を変えると企業の考え方やその手法が従来の延長線上だから伸び悩やみ、強いては全てに影響を及ぼしている云う見方も出来るのではないでしょうか?

先日の展示会を見てそんなことを考えていました。これからは、間違いなく若い人達の豊かな発想が時代を切り開いて行ってくれるでしょう!発想や考え方、手法、商品などを形にするには、かなりのエネルギーを要します。しかし、私達企業も若い人達に負けないよう、頭を柔軟に豊かな発想を形にして市場に問い続ける努力をしなくてはならないですね!