• HOME > 
  • ブログ

行政責任

皆さん、こんにちは! 私は今、中国の青島にいます。協力会社の工場竣工式に招待を受けて来ている訳ですが、建国60周年の記念日を間近にして何やら騒がしい感じがします。これから中国はどのような道を歩んで行くのでしょうか?

歩むと言えば、日本航空の今後も気になるところです。外から見ていると、アメリカのGMやクライスラーのように半ば自尊心やプライドだけが高く、時代の移り変わりに対応しきれず、最後は税金を当てにする。その様な体質に映ります。

自民党も同様ですが、体質改善ができず従来のしがらみの中だけではいずれ淘汰されてしまいます。日本航空の出発は、元々半官半民でしたので国にも責任があるのかもしれません。私はもし国に責任があるとするならば、間接的責任だと考えています。

間違いなく、経営責任は日本航空にあります。

私が国に責任があると云うのは、空港の在り方です。当然日本は島国ですので、外国との移動、交流はその多数が飛行機に依るものです。空港を建設したらおしまいと云うのでは、余りにも能がない気がします。空港建設は造るだけではなくその在り方までを未来志向的に捉えた国家プロジェクトでなければならないと思うのです。

韓国に仁川空港があります。韓国ではこれを国家プロジェクトと位置づけ、いまやアジアのハブ空港として路線便の本数、貨物量、観光客、乗り換えで利用する人数など群を抜いた活況を見せています。

日本からでも路線便がないとか価格が安いなどの理由からトランジェットで仁川空港を利用する人が急増していると聞きます。 先日も大阪府議会議員にこの話をしたところです。

関西空港をハブ空港にしたいのなら、極論で云うと離発着料金をゼロにする位の思いがないと無理だと…またそれは民間では出来ないことだから行政の仕事だと申し上げました。

今の時代、国であっても、会社であっても、何か作ればそれで上手く行くと云う訳にはいかない様に思います。まず、グランドデザイン、コンセプトなど時代の大局観を築き、そしてその中で何をどのようにに造るのか?を考えなければ、全てが場当たり的なものになってしまう様な気がするのです。

組織

皆さん、こんにちは!

今日から連休と云う方も多いのではないでしょうか?私も数日休みを貰えそうなので東京へ戻り家族と過ごす予定にしています。今日は組織についてお話しをさせて頂こうと思います。

そもそも組織とは、一つの目的に向かって人が集い、その目的の為にスムーズな運営が継続的に出来る様にする為に存在するのだと思います。そう云う意味では家族もまた組織と呼べるのかもしれません。

私は現在、会社の長として組織を運営して行く立場にあります。又一方で地域においてはボランティアの会の会長をさせて頂いて、こちらも組織を運営して行く立場にあります。この2つの組織の目的はある部分で云うと真逆に位置します。会社は営利目的で片方は非営利目的です。

本来であれば真逆にありますので考え方や方法を変えるのが道理なのかもしれませんが、私の場合殆ど変わりはありません。会社や会も成長すればする程、人が増えれば増える程その組織のあり方は難しくなると思いがちです。

なぜ一般的に云うと難しくなって行くのでしょう?

当然組織は人がいて成り立ちます。人には私心があります。だから人が増えればそのぶつかり合いから歪みが生じて組織をおかしくしてしまうのではないかと思うのです。それでは本来の目的を達成することは困難です。

私はこう思うのです。

まず上に立つ人が、人を私心や色眼鏡で見ない。そしてその中で人が集い易い環境を如何に作るか?集ってくれた人達で、如何にその目的に向かってスムーズな運営と継続的な運営を行う為、役割分担をどのようにするのか?

これらが組織作りの本質だと考えます。

枝葉の部分はその目的に応じて多少異なってはくると思います。

元来、人とは何か?会社とは何か?組織とは何か?原理原則や本質の部分で考えて見ると一つの答えしかないものです。それをおかしくして行くのは人の心や考え方なのです。私もまだまだ未熟者ですので、常に様々なことに当たり悩みます。その時には私心を振り解き、原理原則に戻って考え答えを導き出す様にしています。

組織においては、上に立てば立つ程、人を尊重し、働きやすい環境を如何に作り目的に導いて行くか?を考えることに尽きると思います。

喜怒哀楽

皆さん、こんにちは!随分涼しくなって来ましたね。季節は着実に秋へと向かっているようです。

さて、今日は人の感情について少し思うところを披露したいと思います。 感情には喜怒哀楽があると思いますが、これは地球上の生物の中で唯一人間に与えられた特権です。ですから人が人である為に、生きて行く過程で大いに喜怒哀楽を発揮して感受性を養いながら、豊かな人生を育みたいものです。

人は生きて行く上で、様々な人達と関わります。その中で価値観が近い人が友人になったり、恋人や夫婦になって行くように思います。どのような時に喜び、どのような時怒り、どのような時に悲しみ、どのような時楽しいのか?これらの感情が近いということが価値感が近いということだと思うのです。

皆さんも友人、恋人、夫婦は大切ですよね! 仕事においても全く同様のことが言えます。 人生においてその多くの時間を費やし、多くの人達と関わり合いを持つことになるのが仕事です。であれば尚更、社内外同じ価値観と方向性を共有したいものです。

仕事において、どのような仕事や結果に喜び、どのような仕事や結果に怒り、どのような仕事や結果に悲しみ、どのような仕事や結果が楽しいのか?喜怒哀楽がなく淡々と業務を行っていたのでは、その人の成長も無いように思います。

仕事における喜怒哀楽を共有出来る組織にしていきたいものです。