• HOME > 
  • ブログ

人生観

皆さん、こんにちは! いよいよ11月も終わりですね。 ここ暫くは小春日和が続いていて心地よい感じがします。

政治の世界では事業仕分けが連日 新聞やニュースで取り上げられていて、官僚と私達民間とでは意識の差が大きいと思うことがしばしばあります。そこにどっぷりと浸かってしまうと見えてこなくなるものかもしれません。

私はこれまで意識が変わった瞬間は4回あります。 そのうち仕事に対する意識の変化は3回です。

全ての共通ワードは「責任」です。

1回目は結婚した時、2回目は子供が出来た時、3回目は父が長期入院した時。

当時私は27歳でした。

1回目は妻に対する責任、2回目は家族に対する責任、3回目は母、妹、親戚そして社員や社員の家族に対する責任。

責任の範囲が広くなればなる程、仕事に対する意識が深く広くなっていった様に思います。現在に至っては経験値もありますので多少肉付けはあると思いますが、仕事に対する意識、根本的な考え方は27歳から変わりませんし、この時に確立されたと思っています。

今日の本題はここからです。 では残りの1回はと言いますと人生観が変わった瞬間です。私の場合、今のところ後にも先にも1回きりです。

それは私が大学4年の卒業を間近に控えた時でした。大学生活は楽しかったのですが、何かやり遂げたと云う実感がありませんでした。就職をしてしまうと時間が無くなりますので、今このタイミングでしか成し得ないことをやり遂げて、自分のケジメとしたかったのです。

そこで友人と相談をし、決定したのがアメリカへの1ヶ月冒険旅行と云うものでした。

珍道中の始まりです。 当時1番安かった大韓航空で韓国を経由してロサンゼルスに行きました。見る景色見る景色が新鮮で、空はどこまでも青く、街の作りも洗練されていて輝いて見えました。

絶頂を誇るアメリカがそこにありました。

又、日本を離れてみると客観的に日本の良さ悪さがわかる思いがしました。

そんな中今回の旅行で、私にはどうしても行ってみたい所がありました。

そこはグランドキャニオンです。

グランドキャニオン – Google 画像検索 http://www.google.co.jp/images?hl=ja&q=%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%8B%E3%82%AA%E3%83%B3&sourceid=navclient-ff&rlz=1B3GGGL_jaJP354JP354&ie=UTF-8

ロサンゼルスでレンタカーを借り、そこで知り合った仲間5人で一路グランドキャニオンを目指しました。途中ラスベガスへ寄ったり、フラッグスタッフと云う街で一泊しながら目的のグランドキャニオンに着きました。 そして車を降りて展望台と思われる場所へ足を運びました。

私の人生観が変わった瞬間です。

このグランドキャニオンは遥か16億年前、地殻変動やコロラド川の浸食によってつくり出された渓谷だそうです。眼下に広がった想像を絶する大自然の迫力は、人とはなんと無力なものなのかや人は生かされているのだと云うことにも気づかせてくれました。

人とはどうあるべきか?いわゆる哲学の部分に触れた瞬間でもあったのです。

それまでの私はワガママで自己中心だった様に思います。正義感が強く、曲がったことが嫌い。人の好き嫌いもハッキリしていたと思います。

人は直ぐには変わりませんが、それ以来 哲学の概念が生まれ経験と共に徐々に人としての幅や深みが広がって行った様に思います。 この旅行で沢山の思い出と体験、そして人生観をも変わることに出会え、4年の大学生活が有意義なものになりました。

これでケジメをつけ、翌月新社会人としてのスタートが幕を開けたのです。

同じ光景を見ても人によって感じ方は違います。 同じ事を話しても人によって又捉え方が違います。

大事な事は、経験したこと、勉強したこと、話してもらったことなどをどのように感じ、どのように捉え、どのように自分の中で消化し、それをどのように活かしていくか?そして続けていくか? ということ何だろうと思います。

そうしていけば、明日は生まれ変わった自分に出会えるかもしれません。

石の上にも3年

皆さん、こんにちは! 本当に寒さが身にしみる様になって来ましたね。 お変わりないでしょうか?今年も残すところ後少しになりましたが、皆さんの夢や想いを一つでも形に出来ましたか?

高い目標や夢、想いを形にすると云うことは実はわずかな努力や中途半端な気持ちで叶えられるほど生易しいものではありません。

「石の上にも3年」と云う言葉があります。 この意味は何事においても3年は辛抱しなさい。何事においても3年経てば身に付く。3年経って身に付かなければ努力が足りない。と云う様な解釈だと思います。

では何故かの人は3年としたのでしょう?

別に2年でも5年でもよかったはずです。 私が思うところ、この言葉はただ単に語呂合わせでは無く、実体験からの絞り出された言葉ではないか?と思うのです。だからその言葉の重みがあり語り継がれ現代においても使われているんだ思うのです。

私もこれに近い経験を何度かしています。 一つ二つ例を挙げますと、東京営業所設立の時、朝から晩まで土曜日も日曜日も無く叉悩む余裕すら無く、がむしゃらに走り回り120%やり切り続けても営業所を開設するまでには3年の歳月が必要でした。

ただこれは積み上げて行くだけの作業ですし、覚悟を持って臨んでいましたので今から思うと精神的には、さほど辛くはありませんでした。むしろ成し遂げた達成感、充実感の方が強く、清々しい気持ちでした。この出来事は私に大きな自信をもたらしてくれました。

私が経験したところ「改革」を形にする事が最も困難を極めます。 なぜならば改革をすると云うことは、今までの事を半ば壊し、そして新しく築き上げる事を意味します。 社内にあっては改革の根源となる意識改革を押し進めなければならないし、その考え方、それに基づく実務を教え続けなければなりません。

言わば、意識改革と構造改革を同時に実行しなくてはならないのです。

叉、改革が遅れれば遅れるほど危機が近づくことになりますので、方向性を誤ることなく、そのスピードや結果も合わせて出し続けていかなければなりません。

改革には必ず抵抗勢力が存在するものです。 抵抗勢力には3つのパターンがあります。

1.利害関係がある為、保身的な発想から抵抗する 2.純粋に今までの考え方や手法が全てと思うあまり、それを否定されることに抵抗感がある 3.単純に新しい考え方や実務が理解できない。

この中で簡単に解決出来るのは、1です。厄介なのは2と3です。

2は宗教観に近い為、それを意識改革させるには相当の時間を要することになります。これは、原理原則に基づいたスタンダードな考え方を根気よく教え続けていかなければなりません。3は年齢的なこともありますが、主にスキルと云ったところに起因しているので実務教育を根気よく教え続けていかなければなりません。

大手企業であれば、改革時においてそれを理解し形に出来る人材を募り実行することになると思いますが、中小企業の場合、限られた人員で運営していますので考え方、手法を教えつつ改革をして行くことにります。そうすると、早く理解出来る人やなかなか理解出来ない人が時間の経過と共に出て来ますので、組織事態が歪になったり、人間関係がギクシャクしたりと云う現象も出て来ます。そうなれば結果が出るスピードを損なうことになります。

しかし、上述の様に結果が遅れると危機が近づくことになります。

こういった迫間において、改革と云うことは進められて行くものなのです。 その間、血を吐く様な思いや眠れない日々、悔し涙、孤独感、屈辱感、絶望感、怒り、悲しみ、苦しみ、自己否定など、改革が進まない現状が目の前にあるとネガティブなことばかりが頭をよぎりますし、正直、現実逃避をしたい気にさえもなります。そんな中、私の気持ちが折れなかったのは子供達の存在や社員達の家族の存在です。自分の家族はもとより社員達の家族に対する責任と云うことが私を支えてくれました。私個人だけであれば成せたかどうか?わからない位です。

この苦しい改革も振り返ると3年が経過し、ある一定の成果が出てくる様になりました。やはり、一生懸命実行して形になるまでは年月が必要だと改めて感じています。

叉、「石の上にも3年」と云う言葉の重さをも痛感しています。私達には必ず通らなけばならなかった改革だったと実感しています。これによって又少し自分が成長出来たのではないかと思います。

しかし、成果と云うことにおいてはある一定の結果が出て来ましたが、人材教育については、まだ道半ばです。企業は人ですので、人を育てる、人を残すと云うことをこれからもし続けなければならないと考えています。 今回の改革においては達成感や充実感と云うことはなく、本音で言うとホッとしたと云うところでしょうか。

今の時代結果を出すと云うことは困難だと思います。しかし、もしあなたが責任ある立場でお仕事をされていて悩まれているとしたら、このブログを思い出して下さい。

そして自分に問い掛けて下さい。

自分は部下や部下の家族を守る責任において、自分の仕事をやりきり続けたのかと。 難しいことは要りません。目の前にある仕事をやりきり続け、少しでもいいから積み重ねて行くことです。その小さな自信の積み重ねがやがて大輪の花を咲かせてくれるでしょう。自分の悩みは回りの人からアドバイスはもらうにせよ自らが解決するしか方法はないのです。

私は悩んだ時、よく本を読みます。その時は必ずその人の実体験に基づいた本を読み自分とダブらせながら、これでいいんだとか、まだまだ苦労が足らないとか、私の悩みなどまだ序の口だとかを思いながら様々なヒントを貰い、自らを奮い立たせています。

最後にある人の言葉を皆さんにお届けしたいと思います。

どんな時でも どんな苦しい場面でも あきらめてはいけない その時が訪れたなら 立ち止まってみよう そして回りを見てみよう 角度を変えて眺めてみよう人の知恵も借りてみよう 必ず乗り越えられるはずだなぜなら常に打つ手は 無限にあるのだから

もう少しで今年も終わりです。 もう一歩前に歩んで見ませんか?

皆さん、こんにちは! 早速ですが、お約束通り先週のゴルフコンペのご報告からさせて頂きたいと思います。

先週の土曜日は本当最高の気候でした。 半袖のシャツでもラウンド出来る位の陽気に加え、山々は見事な色づきを見せて約1年ぶりのゴルフを楽しんで来ました。気の合う仲間と自然の中でスポーツをすると云うことは、心身ともリフレッシュします。

ちなみにスコアはと云いますと51*49で12位でした。やはり、1年ぶりですと思ったようには行かないものです。

ただ、ゴルフをしている最中でも五十肩の痛みは殆どなかったので、これからはゴルフも出来ると思えたことは収穫でした。

何はともあれ、スコアも含めて100点満点のゴルフコンペでした。

私がゴルフを始めたのは確か高校生の時だったと思います。それから考えると随分長い間ゴルフをしていることになりますが、飽きることはありません。元来スポーツが好きだと云うこともありますが、私が思うところ、2回として同じ状況がなく1回1回がそれぞれ異なる場面でのプレーなので飽きることなく楽しいのではないかと思うのです。

仕事においても同じ作業の繰り返しと云うのは、つまらないもので、直ぐ飽きてしまうと思うのです。

話しは変わりますが、私には好きな詩があります。ある時、それに出会い、即購入をして仕事部屋に掲げてあります。 それは相田みつをさんの「道」と云う詩です。

 

道はじぶんでつくる

道はじぶんで切り開く

人のつくったものはじぶんの道にはならない

 

今までの道を後ろから歩いているだけの仕事人生ではつまらないと思いますし、叉今の時代その道が果たして安全なものかどうか誰にもわからないのです。

仕事において私達の志、信ずるところの道は誰もが通ったことのない道です。その場面場面が初めてのことなので一喜一憂することもあるでしょう。しかし、それを楽しみながら仲間と共に道を切り開き続けやがて自分達の道を完成させ、今まで見たことのない景色を仲間達と眺めたいと思います。

皆さんも是非自分の道を見つけて下さい。