• HOME > 
  • ブログ

目的ある行動

皆さん、こんにちは!

なかなか天気の良い時が続かないですね。 知り合いの電気工事会社の社長がクーラーが全然売れなくて、酷く嘆いておられました。 やはり日本には四季があり暑い時は暑く、寒い時は寒くと云う具合にメリハリがないと経済に及ぼす影響も大きい様に思います。

こればかりは自然が相手ですから、如何ともし難いところはあるのでしょうけど少なからず温暖化も影響しているかもしれないですね。

早く通常の気候に戻って欲しいものです。

さて今年も早いものでもう5月も終わりです。 私達の会社は6月が年度末ですから、今年度も残すところあと1ヶ月と云うことになります。 特にこの経済状況の中で追われていると余計に早く感られます。

着地予測は売上で約10%ダウン、営業利益は昨年対比でほぼ同じ位になりそうです。

最終的に出てきた数字や結果と云うものは、その人がどの様な結果(目標)を望み、それを達成する為にどれだけの目的を持った行動の積み重ねが出来たのか?

これらの行動の集大成が結果として現れただけです。

行動を積み重ねて行くと云う意味では、プロジェクトの様に短期行動で完結するものもあれば、短期では完結しない仕事もあります。

会社は1年や2年で当然終わる訳ではないので、少なくとも中長期的な視野で捉えると云うことがベースになるのだろうと考えます。その中にあってすぐに解決しなければならない課題もまた当然出てきますので、これはプロジェクトとして短期行動で処理をして行くと云うことになるのだろうと思います。

当社の今年度で云うと利益改善はプロジェクト、しかも短期で間違いなく失敗が許されないと云う位置付けのものでした。誰が何をどれ位どの様な方法でいつまでに行うのか?を青写真に落と込み、進捗管理しながら行動をしていったその結果が上述に現れただけです。売上の減少と云う結果もありながら利益的には昨年対比通りですので少しは安堵しています。 ですから責任者ともなれば何を短期で何を中長期で行動をしなくてはならないのか?又自分の時系列の行動と結果と云うものは把握しておかなければなりません。 最低限これらのことが理解出来、行動をしなくてはいつまで経っても結果を残せる人材にはなれない様に思います。

例を挙げて少し説明しましょう。 私が小さい頃は、子ども達に将来の夢を聞くとほとんどがプロ野球選手と答えたと思います。 そしたら全ての人がその目標を達成出来たでしょうか? 達成出来た人と達成出来なかった人の違いはどこにあるのでしょう?

私はこの様に思います。

まず達成出来た人は、目標を強く望んでいます。 決め付けに近いかもしれません。 達成出来なかった人は漠然と言っているにしか過ぎません。

次に強く望んだ人はそれを達成する為の行動に出ます。

時系列で小学、中学、高校と目的を持って行動して行くことになります。 そしてやがてプロへと道が開けるのだと思います。 イチロー選手の様にそこがゴールではないと考えている人は更に目的を持った行動を積み重ねることになるのでしょう。

皆さんの中にはこれだけのことをしてもプロに行けない人の方が圧倒的に多いではないか?と言われる方もおられるかもしれません。

確かにその通りです。 しかしこれだけは断言出来ます。 何もしなくてプロに行った人は1人もいません。 これは目標を達成出来る人が最低限行う目的を持った行動なのです。 目的のない行動を積み重ねても結果は伴なわないことを意味しています。 この様な思考で行動を積み重ねることが何事においても重要で、それを続けて行けばどこかで必ず結果が出るはずです。 来期私達の会社の課題が又見えて来ました。 新しい収入源の確立です。

プロジェクト(スポット)として短期で売上を増加させることもしなくてはならないですが、やはり会社は継続していかなくてはならないですからスタンダードの部分でしっかりと新しい収入源の確立が出来る仕組みを構築し、目標を定め目的を持った行動を積み重ねていかなければなりません。

今年度から新しく進めているサービスにより、まだ具体的な結果には至っていませんが営業マン特に責任者の行動が変わってきて様々な案件が入って来る様になってきました。

これらを来期は更に加速させて行きたいと考えているところです。

リーダーシップ

皆さん、こんにちは!

又4年に1度のサッカーワールドカップが近づいて来ました。 前回のドイツワールドカップは機会があって現地でその雰囲気を肌で感じる事が出来、貴重な経験となりました。やはり国の誇りをかけてと云うところもありますのでいやがうえにも期待が膨らみます。 今から開幕が待ち遠しい気持ちです。

少し前になりますが日本代表が発表されました。 プチサプライズとしてはゴールキーパーの川口選手がレギュラーシーズンに出場していないにも関わらず選出されたことではないでしょうか?

岡田監督はチームをまとめる役割、チームのリーダーとして選出したとの事でした。 私も同感でやはり組織にはリーダーが必要だと考えています。

リーダーがいない組織は烏合の衆と同じです。

又、逆にリーダーシップがある人達を登用しても船頭多しと云うことになり機能しません。

しっかりとしたリーダーが存在し、役割を把握した人材が適材適所にきちんと配置されていて、目的達成の為に邁進出来ていると云う状態が組織において望ましいと思います。

ではどの様な人がリーダーとしての資質があるのでしょう?

これは完全に私の独断でお話ししますと次の5つだと考えています。

1.私利私欲で判断しない人

2.責任をとる覚悟のある人

3.自ら燃える事の出来る人

4.明るい人

5.裏表がなくウソをつかない人

リーダーのタイプは様々だとは思いますが資質と云う点では上述の5項目が最も重要ではないかと思い私自身も日々研鑽しています。

更に補足として言えば、実績のある人、気持ちを伝えられる人、自ら方向性を示し具体的に画をかける人、怖さを知っている人これらも持ち合わせていれば言う事はないでしょう。

日本代表も最近の試合を見ていると勝つことが出来ず戦う組織になっていない様に感じます。

川口選手のリーダーシップによって戦う組織としてみんなが一丸となり高い目標に向かって突き進み、私達に嬉しいサプライズを届けて欲しいと願います。

普天間問題

皆さん、こんにちは!

又、季節が逆戻りした様な感じがしますよね。 ホントに今年の気候は不順ですね。 皆さんも体調面にはお気をつけ下さい。

5月も中旬になり、鳩山首相の普天間問題の期限も迫って来た訳ですが何か雲行きが又、怪しい感じになってきました。

ホントに問題解決の仕方が下手だと思いますし、プロセスが真逆な為、火に油を注ぐ結果になっている様に映ります。

勿論マニュフェストで国民と約束した訳ですから守らなければならないと云うことは前提でありますが本質の議論、国民が共有するグランドが出来ていません。 問題解決は利害関係を取り除いた本質のところから議論をしてブレイクダウンして行かなければ、国民が納得する形にはならないと思のです。

まず、日本と云う家に鍵をかける必要があるか? これはどこの家でもそうだと思いますが、何かあるかもしれないから戸締まりをする訳です。ですから日本と云う家も同様でどこかに鍵をかける必要があると云うのは国民も大半が納得するところではないでしょうか?

次にそのセキュリティーを自分達で行うのか?セコムの様に精度の高いところに依頼するのか?又は両方を用いて万全に近い形にするのか?

国で言えば自衛隊だけで鍵を締めるのか?こうなればもはや軍隊だと思いますが…同盟国であるアメリカに依頼するのか?両方を用いて鍵を締めるのか?と云うことになります。

今現在は憲法の問題もあり、軍隊ではありませんので鍵を締める限度がある為、安心安全かと云うと決してそうではないことは容易にわかります。 そうなればやはりアメリカと云うセキュリティーサービス会社に依頼をしなくてはならないと云うことは、国民も納得するところとなるのは明白です。

そしたら次に日本のどこに鍵を締めるのか?と云うことになります。

冷戦時代であればロシアの脅威を避ける為と云うことを考えるでしょうから北の方が妥当だと思いますが、現在ではあまり神経質にならなくてもよいと考えます。 これからは北朝鮮などアジアが脅威になるのではないでしょうか? そうなると鍵を締める場所は九州から沖縄までと云うことになってしまいます。ここまでが利害関係のない本質論です。

そこまで決まると次にはアメリカとの摺り合わせが必要です。 アメリカとの摺り合わせにおいて了解を得られれば、それぞれの利害関係になって来ると考えます。

私なら九州から沖縄まででアメリカ軍を受け入れてくれる自治体を公募します。最終的には手の挙げてくれた自治体との交渉になり折り合いをつけると云うことになります。

どうでしょう?このようなプロセスを踏みブレイクダウンして行くと大半の方々が納得した上で解決出来るのではないでしょうか?

勿論、その地域の安全性や安心は安保条約を改正してでも国として絶対担保しなくてはならないところであります。 アメリカとの交渉はここを最重要課題と位置付け並行して行わなければなりません。

今回の茶番を見て、利害関係を度外視した本質論の重要性、ボタンの掛け間違いが如何に問題を大きくしてしまうものなのか?を改めて気付かされました。

自分達においてもこの様な事は大なり小なり日々興りますので、順序を間違えない様精査して問題解決にあたりたいものですね。