• HOME > 
  • ブログ

温故知新

皆さん、こんにちは!

暑い日が続きますね。 この様な時期は晩も蒸し暑く寝苦しいとは思いますが充分な睡眠が疲れを取ってくれると考えます。

暑さ厳しい折りですので体調管理にはご注意下さい。

さて先週は私の歴史観の一端を披露させて頂きました。今週も少し続きになるかもしれませんが、私自身日本の歴史において、欠かすことの出来ない恩人が2人いると考えています。

それはやはり、織田信長と坂本龍馬ではないかと思います。

何故なら彼ら2人は、激動の歴史に変革をもたらし、次の時代へと日本を導いてくれたからです。

あのまま戦国時代が続いていたら… あのまま江戸幕府が続いていたら…

と考えるとおそらく日本はどこかの属国になっていたのではないかと思うのです。

彼らの性格は対局の位置にあると言ってもよい位、真反対だと思います。

片や織田信長は冷酷非情で残虐も持さない強引さがあり、片や坂本龍馬は争いを好まず話し合いを持って調和を図ると云う性格だったのではないかと思います。

しかし、私はこの2人には多くの共通点があると感じています。

まず一つ目は世界観です。 その時代、多くの人が日本における自分の立場と云うことを考えていた時に、彼らは世界における日本と云うことを見据えていたと思います。 次に好奇心です。

兎に角、今の現状や新しい情報を誰よりも早く且つ正確に知ろうと自ら行動しています。 そして柔軟な姿勢です。

新しいものを否定するのではなく、まずは受け入れて見ようとする姿勢です。 半ば今で云う朝令暮改的にいいと判断すれば前言を否定して素早く受け入れて行くのです。

人よりも強い信念、志と云うことの共通点もありますが、上記が私の感ずる思考の共通する主だったところです。

彼ら2人は思考において、そんなに違いはなかったのではないかと思うのです。

ただその性格の違いから、時代を変える手法が、強引型と調整型になっただけなのだろうと思います。

これら共通の考え方に、今の時代を切り開くヒントが隠されている様に思います。

温故知新と云う言葉があります。 日々の仕事に忙殺しているとなかなか先の事に目が行かない時があります。

その時は一度立ち止まり、先輩達や先人達が試行錯誤しながら歩んで来た道を思い返す事によって、新しいものが発見出来るかもしれません。

最後にもう一つ織田信長と坂本龍馬の共通点として、2人とも新しい時代が来る僅か前に、その強引さから又、既得権を脅かされた輩から志半ばにして暗殺されてしまいます。

何かこれも不思議な共通点を感じます。

温故知新 古きを訪ね新しきを知る。

二代目

皆さん、こんにちは!

先週と違い、梅雨も明け今週は信じられないほどの暑さです。

わずか一週間で気候がガラッと変化した感じです。

子どもたちも夏休みに入ると思いますので、熱中症や水の事故にはくれぐれもご注意下さい。

さて今日は私の歴史観の一端を披露させて頂こうと思います。以前にもお話したかもしれませんが、私は歴史が好きです。その中でも戦国時代と幕末から明治維新、いわゆる激動変革の時代に最も興味を惹かれます。

その激動の時代を背景に誰が何を感じ、どの様に行動し何を成して来たのかを紐解いて行くことが面白いと思っています。

この様な切り口で書かれた童門冬二さんの歴史小説や人物史を私も随分読ませて頂きました。

童門冬二 – Wikipedia http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AB%A5%E9%96%80%E5%86%AC%E4%BA%8C

Amazon.co.jp: 童門冬二 – 和書: 本 http://www.amazon.co.jp/s?ie=UTF8&rh=i%3Astripbooks%2Cp_27%3A%E7%AB%A5%E9%96%80%E5%86%AC%E4%BA%8C&field-author=%E7%AB%A5%E9%96%80%E5%86%AC%E4%BA%8C&page=1

今日はその中でも、徳川秀忠について少し触れて見ようと思います。

徳川秀忠はご存知の様に江戸幕府における二代将軍です。

私があまり有名ではない徳川秀忠に興味を持ったのは、下記の様な理由からでした。

戦国時代の覇者と云われる織田信長、そのあとを継いだ豊臣秀吉、様々な理由はあったにせよいずれも一代で滅んでいます。

そして最後の覇者となった徳川家康、この徳川時代だけが長きに渡る安寧の時代を築きます。

いくら英雄といえども一代で滅ぼしてしまうと云うことは、あとに残された人達を不幸にすることを意味します。 何故、徳川は継続することが出来たのか? 疑問が湧いてきました。

初代は偉大であることは間違いないですが、継続的に繁栄して行く為には、もしかすると、初代以上に二代目の役割と云うものが重要になるのではないか?

徳川には秀忠と云う二代目がその重責を果たしたからこそ、継続出来たのではないか? そういった仮説に至りました。 そこに加えて私も会社の二代目と云う共通点も有り興味を持ったと云う訳です。

秀忠は歴史上有名ではあまりせんので、あまり文献が残されていませんが、その数少ない中から推察すると、やはりほぼ私の仮説とおりでした。

秀忠はまず外様で有力な大名を難癖をつけてでも次々と改易していきます。 初代家康、三代家光と比較してもその多さは群を抜いています。

参勤交代制度にしても、実施は家光ですが、その青写真は秀忠が描き、その後将軍職を家光に譲り家光の功績として実施させたふしがあります。

今の脅威、そしてこれからの脅威を取り除き、権力を徳川に集中増大させ、確固たる地位を築いて行ったのです。

そして中央集権、地方自治の仕組みや管理体制を築いて行き、江戸幕府の基礎が確立されました。

これらの基礎が世界でも類を見ない260年も長きに渡る平和国家を築いたと言っても過言ではありません。

徳川秀忠は決して武力に長けた人物ではありませんが、卓越したマネジメント力を持ち合わせた有能な政治家だったのです。 だから、徳川時代だけ継続したのだと考えられます。

秀忠を探ることによって、二代目としての役割がはっきりと見えて来た気がしました。 会社で云うと初代は起業しその事業を軌道に乗せるまでに相当の時間を費やすことになります。 松下幸之助さんの様に稀に家康と秀忠の能力を合わせ持たれた創業者はおられますが、それらの方々は一代で大手企業に育てあげ、今も尚継続した企業運営をされています。

しかし、多くの中小企業はそうではありません。

日本においては昭和40年代創業が一番多いとされています。 となると、正に今二代目にバトンが渡され二代目社長が数多く誕生している訳です。

ただ受け継ぐことをしていたのでは、その役割を果たすことは出来ません。 初代の行って来た事を精査し、秀忠の様に継続安定成長させる青写真と仕組みを再構築していかなければならないと考えます。

これこそが二代目に与えられた役割であり使命だと思うのです。

かく言う私もまだまだ、偉そうに言える程、確立出来ている訳ではありませんが、常にこのことはブレずに認識として持っているつもりです。

二代目の皆さんがこの様な意識を持ち、僅かずつでも結果を出し続けて行けば、日本経済も再生出来るのかもしれません。

厳しい経済環境ではありますが、皆さん力を合わせて頑張って行きましょう!

ピーター.F. ドラッカー

皆さん、こんにちは!

スッキリしない天気が続きますね。

あちらこちらで極地的な豪雨が降り、被害もかなり出ていると聞きます。

被害に遭われた方々にはご苦労、ご心配の日々をお過ごしのこととお察し致します。心よりお見舞い申し上げます。

又、梅雨明けまではこの様な豪雨もまだあると思われますので、皆さんも十二分にご注意下さい。

さて今日は「経営の神様」「マネジメントの父」と云われたドラッカーが、彼の死後再び注目をされる状況になって来ている様ですので、少しそれにちなんで書かせて頂こうと思います。

彼は2005年に95.6歳で亡くなるまでに実に多くの書籍を世に出し続けています。 私が彼の書籍に出会ったのは大学卒業後、就職をするまでの期間だったと思います。

就職をする前にケジメをつけておきたいと思い、冒険旅行もそうですし、経理学院も短期で受講しました。 その時に彼の本も読みましたが、難し過ぎて理解出来ないまま、ただ読んだだけだったと記憶しています。読んだのはその一度だけです。

それからかなりの時を経て、前述の様に脚光を浴びる様になりましたので、今また読み始めているところです。

しかし、今回はあれだけ理解出来なかった内容が、日頃私が社員に話していることとあまりにも酷似していることに驚きもあり、言われている事がよく理解出来ます。試行錯誤しながら、考え抜いて決断、行動し続けて来たことに手前味噌ですが狂いは無かったと再確認出来た感があります。

やはり何事においてもそうですが、仕事とは?会社とは?を真剣に突き詰めて考え向き合い続ければ、時間の差はあるもののその本質は、ドラッカーの様な天才であれ私の様な凡才であれ誰が考えてもほぼ同じ結論に到達するものだと思いました。全然理解出来なかった頃から随分時間が経ちましたが、少しは自分も成長したなぁと感慨深いものがあります。

そんな中からドラッカーの有名な5つの質問と云うものがあります。

現在責任者の方は言うに及ばず、若い方もこれらのことを念頭におきながら仕事に向き合えば、また新たな方向が見えてくるかもしれませんのでご紹介したいと思います。

1*「顧客」とは誰のことですか?

2*「顧客にするべきこと」とは何ですか?

3*「成長」とはどうなることですか?

4*「人を生かす」「働きがい」とはどういうことですか?

5*「イノベーション」とは何をすることですか?

どうでしょう? この様なことを考えて仕事に取り組んでこられましたか? 視野、時間、深さなど奥行きがある質問で的を得ている様に思います。

ちなみに私達の会社では、「顧客」とは、共に未来を創造して行ける会社。 「顧客にするべきこと」とは、喜んで頂けるサプライズを提供すること。 「成長」とは、売れる仕組みが構築されること。 企業価値を高めること。 「人を生かす」「働きがい」とは、その人に相応しいステージを提供し、社会に貢献していることを実感出来る事業を展開すること。 「イノベーション」とは、自社販売ネットワークを確立すること。

として、全社員共通の認識のもと、その実現に向けて邁進しているところです。

ドラッカーが亡くなろうが、その考えは普遍の原理として語り継がれていくのだろうと思います。

又、彼は数々の名語録も残していますので、このブログにおいても折りを見てご紹介させて頂きます。

もし機会があれば是非一読をお勧め致します。