• HOME > 
  • ブログ

行動

皆さん、こんにちは。

ブログの更新が遅れ申し訳ございません。

今、震災をよそに統一地方選挙の活動が行われています。

私も行き掛かり上、週末東奔西走し、また、晩は晩で顔が腫れ上がる位、歯痛に悩まされ、うずくまっている状態が続いていましたので、更新が遅れてしまいました。

今日 友達の歯医者に行き少し落ち着きましたので、ブログを更新することにしました。

すいませんでした。

しかし、こんな時に選挙をやってる場合か?と思いますよね。

今こそ政治家が率先して被災地の為に動かなくてはならないはずだと思うのです。

プロ野球でも物議をかもしたように、私達の感情からすると やはりズレているように思います。

法律や党則の縛りが色々とあるようで候補者達は疑問に感じつつも、やるしかないというのが現状のようです。

動かなくてはならない時に動けない。動きたくても動けない。

一体誰の為の政治なのか? 疑問を感じずにはいられません。

本当にこの国の政治はおかしい!?

更に言えば、バブル崩壊以後 日本は失われた20年と言われています。 ほんの少し前までは失われた10年と言われた訳ですが、そこから10年たって20年と今は言われ、世界から揶揄されています。

これはとりもなおさず、政治家が政治を行わず、日本のあるべき姿、方向性を描けず、保身に走り、従来の延長戦の議論に終始しているということだと思います。

その中で私達も経済の疲弊と共に、自分さえよかったら?という利己的な方向に少し傾き、何か殺伐とした社会になりつつあったような気がします。

そんな折、今回の大震災です。 連日様々な報道を目にします。

みんなが秩序を持って助け合い、被災された方々も自分のことより人の安否を心配し、私達国民は自分達が出来る事をそれぞれが考え行動に移しています。

これらの行動は、政治とは正反対で世界から称賛を得ています。

元来私達日本人は、このような国民性だったのではないでしょうか?

私達一人一人がその国民性を再び取り戻す事が出来たなら、復興も早くなり、強いては日本の成長も果たせるのではないか?と思うのです。

あとは政治ですね。 勿論政治も無関係ではありません。 復興を後押しする対応力、柔軟力、そして成長へ導くリーダーシップが望まれます。

災害復興と政治、私達に出来る共通のことがあるとするならば、やはり「行動」することしかありません。

私達一人一人は微力かもしれません。しかし、それを結集することが出来たなら、この国のおかしな政治を変えることが出来ます。 また、一人一人の力を結集することで、被災地の方々に勇気を与え、復興を1日でも早く出来るはずです。

始めなければ、何も変わらないのです。

東日本大震災

皆さん、こんにちは。

昨日そして今日と、また肌寒いですね。 三寒四温といいますが、まさにそのような気候です。

このような時は体調を壊しやすいと思いますので、ご注意下さい。

さて、先週末信じ難い大災害が東日本を直撃しました。

三陸沖を震源地とする、マグニチュード9.0の大地震とそれによる大津波が東日本を襲ったのです。

これにより、多くの尊い命が犠牲となってしまいました。 ここに慎んで哀悼の意を表しますと共に被災された多くの方々に心よりお見舞い申し上げます。

また、皆さんのご縁者の方も多く、東日本におられることだと思います。

その方々のご無事をご祈念申し上げます。

連日テレビでも報道され、全容ではないにしろ、その悲惨さは伝わってきます。 胸が締め付けられる思いがします。

また、避難されている方々のメッセージもテレビを通じて伝わって来るようになりました。

どの方も一葉に、「自分は大丈夫なので心配しないで」「誰々さんはご無事でしょうか?」と言った内容が殆どです。

何も大丈夫じゃないじゃないですか!

大変な思いをしたことは、さておいて、人の事をおもいやる姿勢に、涙が溢れ出ます。

そして、日本人の奥ゆかしさ、本当のおもいやり、精神の強さを感じられずにはいられません。

世界の国の数は、200弱だと思います。 その中の114の国や地域から日本に救いの手が差し伸べられています。

また、このような話を聞きました。ある中国人の留学生で日本にきて1週間で今回の災害です。 その間に働いたバイトのお金を全て、日本の復興の為に使って下さいと差し出したそうです。

あのような未曾有の大災害の前では、これ以上何を言っても、言葉は無力ですし、私には語る事は出来ません。

ただ最後に1つ。

皆さん行動をしましょう!! 私達は同じ日本という家に住む家族なのです。 みんなが行動すれば、きっと私達は再び立ち上がることが出来るはずです。

被災された、皆さん。 どうか、諦めることなく、頑張って下さい。 皆さんは決して1人ではありません。私達がいます。 いつでも甘えて下さい。 頼って下さい。

共に希望の光を信じて頑張っていきましょう!

人間力

皆さん、こんにちは!

また少し、季節が逆戻りした感じがします。

今週初めは東京にいました。日曜日は15度位の陽気でしたが、月曜日は一転して大雪で、真冬以上に寒く、体調管理も大変です。

春の陽気には、まだ少し時間が掛かるようです。

さて、話は変わりますが、今年も明けてはや3月です。 4月からは、この就職氷河期と云われる難関をくぐり抜けた人達が、夢と希望を胸に社会へ船出します。

昨今の就職事情を聞くと、厳しい中でも外国人の就職率は伸びていると聞きます。

これは、日本市場の減退から、企業が海外戦略として意図的に採用している側面もあります。

しかし、一方で普通に採用試験や面接を行い、その結果、採用したいと考えた人が、外国の人だったということも耳にします。

若い方々や教育に携わっておられる方々は、「今の時代は、就職氷河期で仕方ない」と考える前に、この事実を真摯に受け止め、一度考えてみる必要があるのではないか?と思います。

1つ例をあげますと、面接時において、自己PRをお願いした場合、日本の人は時間にして、約30秒でPR項目は1.4個位が平均だそうです。 それに対して、外国の人は平均時間が約50秒でPR項目は3.8個ということだそうです。

これだけをみても、その情熱ややる気の違いは明らかな感じがします。

企業側にとっても、今の時代 余裕はなく、教育する時間を少しでも減らし、戦力となってもらいたいというのが、本音だろうと考えますので、それに極めて近い人を採用する傾向にあると思います。

総じてこのように考えると、これからは「人間力」が問われる時代になってきたのではないか?と思います。

詰め込みの知識だけではなく、今までどのように考え、どのように思い、生きてきたか?または、今後どのように生きて行くか?

ここまで固く考えなくてもいいとは思いますが、少し哲学的な視点が重要な気がします。

その視点の中で様々な経験をし、人と触れ合うことによって、よりよい人間力が形成されて行くのではないだろうか?と思います。

かくゆう私も、若い時は一緒で、最近になってようやく、そんなことが考えられる様になって来ました。

そういう意味では、私もまだまだ形成途中にあると言えます。

互いに人間力を高める努力をしていきたいものです。