• HOME > 
  • ブログ

10年目

皆さん、こんにちは!

まぁ随分この1週間で暑くなりましたね。 本格的な夏がもう間近という感じがします。

この6月で私達の会社は決算を向かえます。 創立から44年目の決算です。

そして、10年前の今日6月24日に先代社長が急逝し、私が慌ただしく社長を引き継いでから、節目の10回目の決算となります。

この10年を振り返って見ると、実に激動で、幾度の苦境、困難を乗り越えながらたどり着いたという思いが強く、感慨深いと同時に 、私は評価というものは人がしてくれるものと考えていて自己評価はしないですが、初めて「よく、頑張って来た」と自分を褒めてあげたい気分です。

引き継いだ当初、会社も過渡期ということもあり、マイナスからのスタートを余儀なくされました。

当然その様な状態からですので、金融関係の協力も100%ではありませんでした。

幸い、社長1年目は、それまで培ってきた東京方面の売上が花開き、過去最高の売上と利益を計上することができ、加えて金融関係にも1億近い金額を返済したことから、信頼を得るまでになりました。

2年目から3年目にかけて、今後を見据えて、中国工場の設立、ISO の導入、人事育成制度の導入、販売管理システムの導入など社内の制度設計と今後の生産体制を構築すべく、矢継ぎ早に実行して行きました。

しかし、4年目、想定していた事態が起こってしまいました。

東京のメインのお客様が全面的に自社中国工場での生産に切り替えられました。

売上が激減してしまいました。

創業事業はじり貧ながらも、何とか東京の売上増加でしのいでいたわけですが、やはり根本的な事業のあり方が是正されたわけではありませんでした。

5年目、売る仕組みを創らなければ、参入障壁にもならず、過当競争に呑み込まれるだけだとの考えから、今までの部品製作から完成品生産に出来る体制を整え且つ小口配送をも出来る流通の仕組みを兼ね備えることにしました。

今の時代、小売り+メーカー機能、メーカー+問屋機能といったように、+アルファのサービスを持ち合わすことで、その会社の存在意義、差別化を図ろうとしています。

私達の会社は、ものづくり+問屋機能+ピッキング小口配送を兼ね備えたものです。

しかし、これには大きなリスクがあります。 そうです。 大きく利益を損なうことになります。

今まで、受注生産で在庫を殆んど持たなくよかったですし、その様なノウハウもありません。

どれだけの在庫を持てばいいのか? どれだけの人を入れればいいのか? どれだけの販売運賃が必要なのか?

何回も何回もシュミレーションをしてスタートをしました。

しかし、机上の計算と実態はそうそうリンクするものではありません。

当初はなかなか売上もあがらず、在庫、賃金などが利益を圧迫し、何ヵ月も赤字の連続でした。

社員達には迷惑の掛からないようにしてあげたいとの思いから、毎年、一般管理費を削れるだけ削り、少しでも早く利益の出る体制を構築していきました。

社員達を守るには、当然ながらある一定の利益額を越えなければなりません。

売上を上げて行ける仕組みを構築し、一方で一般管理費を下げて行けば、方向さえ間違いなければ、どこかの段階で分岐点を越え、あとは拡大して行くはずです。

当然ながら、利益の出ない時期は資金繰りが大変です。

何回も銀行に断られ、もう駄目か?と思ったことは1度や2度ではありません。

創業事業は方向として、じり貧になっているわけだから、どうせ苦しい思いをするならば、将来が明るい方向に向かって努力しなければと自分を奮い立たせて進んで来ました。

その間も、人の採用も一度行いましたし、会社以外でも、地域の役も引き受けました。

全てを呑み込んで、突き進んできたのです。

そして売上も上がり、データ管理も整い、2年前から直轄管理体制にしてから順調に成果が出始め、この10回目の決算は昨年比を大きく上回る結果が出せそうです。

この10年を改めて振り返ると、出港から3年目までは比較的順風満帆、4年目に暗雲が立ち込め、5年目から8年目までは、この先に必ず大陸があるはずだと思いながらも超ド級の嵐に巻き込まれ、いつ転覆してもおかしくない航海が続き、9年目にようやく嵐がおさまり、大陸が見え、そして10年目に上陸をはたした。

こんな感じです。

私を信じ、ご協力を頂いた関係者の皆さん、スタッフには改めて感謝申しあげます。

そして、私達の本番はこれからです。

後継者問題

皆さん、こんにちは!

今週は中国から戻り、2週間振りに東京にいます。

こちらは雨模様で、時折雨脚が強くなり肌寒い感じがします。

この梅雨が終わると暑い夏がやってきますが、特に今年は例年とは違い、東京を中心とする関東では節電による仕事や生活のスタイルの変化は避けられそうにありません。

今から準備をしなくてはなりませんね。

仕事も一緒ですが、最初にどれだけ精度の高い準備をするかによって、あとの仕事の効率に差が出るものです。

中小企業の場合、中長期をかけて準備をしていかなくてはならないことは山積していると思いますが、中でも最も重要で且つ困難な準備は、後継者を育成することではないでしょうか?

昨今、世代交代の進め方や育成という名目で金融関係、会計事務所、コンサルティング関係などによるレクチャーが以前よりかなり増えてきた様に思います。

なぜ、この様に増加したのかを私なりに考えて見ました。

1つは、コンサルティングというビジネスが物理的に増加した為。

2つ目は、激動の時代に入り、やらなくてはならない事や考えておかなくてはならない範囲、そして目配り、気配りをしなくてはならない深さなど、格段に仕事量が増加した為、本当の経営知識を身につけ且つそれを実行し、結果を出さなくてはならなくなった為。

3つ目は、経験の不足

だと考えています。

そして、この経験不足というところが最大の理由ではないか?と思うのです。

知識やスキルだけでは、会社の社長はおろか管理職すら勤まりません。

一世代前に起こった、世代交代の時期は、おおよそ前社長は創業者であったと思います。

ゼロから1を生む苦しみ、その中で共に社員達と汗を流し、1つ1つを形にして来た過程など、創業者の背中を見て育ち、やがて然るべき時に世代交代をしてきたのです。

その時は次世代の育成や進め方などあまり言われなかったと思いますし、日頃の仕事を通じて、創業者の仕事に対する情熱、社員に対する思い、責任感、使命感など勝手にマインドの部分がまず育成され、あとは知識を入れればOKということだったんだろうと思うのです。

しかし、現在起こっている世代交代は3世代目です。

もはや、創業者の苦労は分からずにある程度出来上がったところからのスタートになります。

従って今までは、自然と身に付いて行ったことが、会社の成長と共に希薄になってしまったんだろうと思うのです。

これは当然仕方のないことですが、この様な状況下で、経験や思いが不足しているのではないか?と考えます。

会社は継続していますので、もはやゼロから1を生み出す経験もしようにも出来ません。

今まで、自然と身に付いていた後継者たるものの器が形成されなくなった現状を何とか打破する為に、次世代の育成や世代交代の進め方というレクチャーが増加しているのだろうと考えます。

これは何も、中小企業に限られたことではありません。

大手企業においても、世代が進むに連れ、事務的になり、やがて縮小して行くという例は枚挙にいとまがありません。

ただ、中小企業の場合は組織が大手ほど強くありませんので、あとを継ぐ人がより重要になってくると考えます。

今の方々は、相当の勉強をされていますので、知識やスキルは一世代前に比べてかなり優秀であることは間違いありません。

しかし、知識が先行しすぎ、それがかえって災いとなって、現社長や社内、外との関係が上手く行っていないところがある様に感じます。

もはや、上述の様に創業者が経験してきたことはできませんので、器を形成するには時間が必要になってくると思いますが、1つ私がアドバイスさせて頂くとすれば、志を高くもって欲しいということです。

これをご覧の方が会社員の人であれば、会社を背負って立つ位の志を、後継者の人であれば、日本を世界を背負って立つ位の志を掲げて進んで行こうじゃありませんか!

若い有能な後継者が多く輩出されることで、日本という会社も成長し、世界も成長するのですから。

訪中

皆さん、こんにちは!

実は、私は今、中国上海に来ています。 聞くところによると、中国でも梅雨はあるみたいで、こちらも今日は(6月10日)、生憎の雨模様です。

日本もこの週末は、生憎の空模様みたいですね。

いつもながら、中国に来るときは相変わらずのハードスケジュールです。

今回は中国での生産体制、ネットワークを再構築するということが目的で3年振りに訪中しました。

まず青島で一泊、ついで自社工場のある連雲港に移動をして一泊、そしてコウイン、常州、上海、台州と移動を重ね十数社の視察を行いました。

いつも訪中して感じることは、その技術レベルの日進月歩も去ることながら、インフラのスピードです。

今回最も強くそれを感じたことは、新幹線網の充実です。

当然ながら、この巨大化している中国にあって、充分とは言えないわけですが、そのインフラスピードには感心させられます。

インフラというものは、必用な時に必用な設備が備わっていないと意味がないと思うのです。

例えば、日本のリニア構想にしても、もう何十年もテスト走行をしているにも関わらず、未だ実現には至りません。

これでは、国の成長を鈍化させるだけです。

安全性を担保することは最も重要であることは言うまでもありませんが、期限を決めて実行することも同様に重要なことなのです。

これは仕事においても相通ずるところがある様に思います。

それに引き換え、中国の場合、びっくりするほどのスピードでインフラは進んでいます。

今回は何回か新幹線を利用して移動しましたが、数年前には考えられない位、利便性が格段に進歩したと思います。

上海の大型ステーションは3つ位あります。

虹橋駅というところには、プラットホームだけで20以上はあると思います。

駅はさながら空港の様に大きく、構内もヨーロッパの駅を感じさせる風情があります。

上海を拠点に縦横無尽に主要都市には繋がっているというイメージです。

何千、何万という新幹線の製造、何万というレールの製造、駅の建設、またそれに付随するアクセス網の建設及び整備、全く考えられないスピードでインフラが整備されていっています。

これがここ5年位の出来事なのです。

今後、主要都市同士を結ぶ外環新幹線の様なものが出来ると、飛躍的に経済圏が広がるのではないか?と思われます。

ただ不便に感じるところは、チケットを購入する際、中国人であれば身分証明書、外国人であればパスポートのチェックがないと買うことが出来ません。

これには、ダフ屋を防止するという目的がある様です。

又、入場する際には、空港と同様に全員の手荷物検査が実施されています。

安全性というところから見ると担保されている感じがしますが、反面、実施しなければ、安全性が損なわれるということなんだろうと考えます。

安全性というところでは、今後、日本の新幹線の各駅でも実施した方がいいのかもしれませんが…?

今中国は、様々な問題を抱えつつも、その勢いを目の当たりにして、やはり、この21世紀は善きにつけ、悪しきにつけ中国の時代であると改めて感じた次第です。

尚、中国からの送信がままならず、本日(6月13日月曜)の更新になってしまったことをお詫び致します。