• HOME > 
  • ブログ

時間を増やす?

皆さん、こんにちは!

先週から今週初め位は、比較的過ごしやすい気がしましたが、ここにきて又暑さが戻って来た感じがします。

この夏は、節電ということですが、こう暑さが続くと、なかなか出来ないのが現状じゃないでしょうか?

弊社においても、この暑い中、頑張ってくれている社員達の環境は、出来るだけ維持してあげたいとの思いから、あまり過度な要請はしていません。

ただこの様な時期ですので、節電という観点から、残業をせず、早く退社することを奨励しています。 加えて、社長室だけは、電気を半分に、そしてこの夏、エアコンを一切いれず頑張っています。

まぁなんとか7月は乗りきりましたが…………(苦笑)

話しは代わりますが、本当に日にちの経つのは早いもので、もう8月です。

もっと時間があったら…と考えているのは私だけではないと思います。

しかし、残念ながら、こればかりは、唯一万人に公平に与えられたものであり、何人たりとも増減をさせることは出来ません。

以前、ブログで、ピーター・F・ドラッカーのご紹介をさせて頂きました。

それ以降、漫画化や映画化され、皆さんにも馴染みが出て来たのではないか?と思います。

ドラッカーに関する本書は沢山でていますが、ダイヤモンド社の「実践するドラッカー行動編」に、時間についてこの様に書かれています。

1.成果を上げる者は、仕事からスタートせず、時間からスタートする。

時間が成果の大きさを決める。

2.まず、成果を意識する。

時間を管理するには、まず自らの時間をどのように使っているかを知らなければならない。

3.非生産的な活動を排除する。

時間を浪費する非生産的な活動を見つけ、排除していくことである。 全ての仕事について、全くしなかったならば、何が起きるかを考える。 何も起こらなければ、その仕事は直ちに止めるべきである。

4.仕事を人に任せる。

重要なことに取り組めるようになるには、他の人にできることは他の人やってもらうしかない。

5.時間管理の第一の目的は、自由になる時間を取り戻すこと。

6.必ず期限を決める。

この様なことが、書かれてあります。そして、成果を上げるのに必要なことは、才能ではなく習慣であり、誰もが身に付けることが出来ると加えられています。

時間には、限りはありますが、その中で、上述の様な習慣を身に付ければ、有効な時間を増やすことが出来るのではないでしょうか?

暑い夏が、まだまだ続きます。 有効的な時間を増やし、効率よく仕事をし、短い時間で、成果をあげることが出来たのなら、節電にも、貢献でき、自身の体調管理もしやすく、リフレッシュや自己啓発にも時間を充てることも可能で、充実した日々をおくることが出来ると思うのです。

為に生きる

皆さん、こんにちは!

今週は、時期外れの台風によって、あちこちで、またも甚大な被害が出てしまいました。

被害に遭われた皆様には、心よりお見舞い申し上げます。

台風、地震と自然の力は、計り知れないものがありますが、どうもこの日本という国は、うまく自然と付き合っていくすべを身に付けて行かなくてはならない様です。

又今週は、嬉しいニュースも飛び込んで来ました。

そうです!

「なでしこジャパン」のワールドカップ優勝です。

正に奇跡に近い優勝だったと思いますが、彼女達の強い信念がそれを可能にしたのだろうと思います。

「まず、想うことですな。」 これは、かの松下幸之助さんのお言葉です。

まず、想わなければ、何も始まらない。 そして、強く想い続けることで、やがてそれが信念となる。 夢は見るものではなく、叶えるもの。

こういうことなんだろうと思います。

彼女達も、聞けば聞くほど苛酷な環境下で、廻りの人達に支えられながら、サッカーを続け、想い続けて世界一に登り詰めました。

逆に考えれば、その様な環境下であったが故に、今、サッカーが出来るという当たり前のことに対する廻りの人達への感謝や、これからの女子サッカー界の発展に対する強い想いが、自然と芽生え、精神力が鍛えられたのかもしれません。

「為に生きる」 これは、比叡山延暦寺、最澄の達観した考えです。

人は、自分の為だけでは、そうそう強く成れるものではありません。 どこかで、妥協や甘えが入りますし、自己中心では、廻りから支持され続けることも不可能です。

しかし、ひと度、誰々の為に…、何かの為に…と考えた時、強い気持ちが湧き溢れ、実力以上の力が発揮出来るものだと思うのです。

彼女達は、上述に加え、「被災された人達に、少しでも勇気と感動を与えたい」という想いも加味され、圧倒的に実力上位のアメリカを倒すことが出来たのだろと思います。

アメリカの中心選手である、ワンバック選手は、試合終了後のインタビューで、この様に答ています。

「彼女達の後半以降の戦いは、何かに後押しされている様だった」と。

なでしこジャパンの面々は、今までアメリカに勝ったことが無いにも係わらず、全員が勝利を確信して、決勝に挑み、そして、様々な想いを背に突き進んで行ったのです。

その彼女達を目の前にして、アメリカの選手達も実力以上のものを感じていたのではないでしょうか?

「為に生きる」 時として、想像を絶する力を発揮させてくれるものです。

誰々の為に…何かの為に…と心底その様に想えるか?どうか?が、一番の問題なのかもわかりません。

しかし、まずは………… 想うことですな。(笑)

大和撫子

皆さん、こんにちは! しかし、暑い日が続きますね。

先週には早くも、梅雨が開けたそうで、今年の夏は長くなりそうです。

熱いと言えば、昨日の「なでしこジャパン」の闘いもかなり熱いものでした。

そうです、女子ワールドカップ準決勝のスウェーデン戦です。

私も半ば部が悪いのではと思いながらも、朝4時に起き、観戦しました。

結果はご存知の通り、3-1で、日本の勝利です。

最近、よく思うことですが、日本の女性達は随分、強く、たくましくなってきたと感じています。

「なでしこジャパン」も去ることながら、先週は全米女子プロにおける、宮里藍、美香両選手の活躍、又、一般の女性の方々に至っても、その印象を強く持っています。

私には、子どもが3人いて、各々20才を越えました。

その年代の男の子、女の子を見ても、女性がリードして、男の子がついて行っている感じがします。

どちらが、良いとか悪いということではなく、女性の方が今の時代においても、自ら明確な基準や方向性を持っていて、決断、判断が早く、それを行動に移すスピードも早くなっている方々が増えて来ていて、男性は逆に減って来ているのではないか?と思うのです。

その為、女性のあとをついて行っている印象を強く持つのかもしれません。

弊社にも、大勢の女性パート陣の方々がおられ、似た状況があります。

仕事の内容はというと、全国の約3000店にのぼる各店舗から、受注が入り、その店の受注に合わせて、商品を取り揃え、その日のうちに出荷するという作業です。

当然ながら、この方々はパートの人達なので、会社における責任や待遇面は正社員に比べて、低いわけです。

本来なら、正社員が決断、判断をして、やかましく言いながら、パートの人達を指導するということなのだろうと思います。

しかし、この方々は違います。

自分達が与えられた環境の中で、「どの様にすれば、早く仕事が出来るのか?」「効率があがるのか?」「間違いが無くなるのか?」「職場環境がよくなるのか?」など、絶えず考えている節がよくわかります。

そして、みんなでコミュニケーションをとり、話しあい、この方法が良いだろうとの結論に達した事項は、報告、了承のもと、実行に移してくれます。

今までのやり方、環境に甘んじることなく、そして、指示されるまでもなく、改善、改善の繰り返しを絶えず自らが行ってくれているのです。

加えて、出荷が滞って来た場合などは、残業はもとより、女性の人達ですので、様々な用事はあると思いますが、土日に関わらず、自ら判断し、出勤をして、その責任と結果を全うしてくれています。

この様な状況ですから、これもまた、男性社員が、後からついて行っている感が拭えません。

また、全体的に見ても、指示待ちの状況が多く、言われてから、考える為、理解力も遅く、指示された環境又はその延長線で、どうこなすか?という位にしか考えが及んでない感じがします。

これでは、判断、決断をすることは困難です。

最近、弊社では、明確な結果までは出ていないにせよ、少しずつ変わって来たと私自身は感じ始めていますが…

総じて、私達が今まで働いて来た環境は、日本の産業構造上、また、拡大成長上、受注した物や指示を、如何にこなすか?ということに終始して来たと言っても過言ではありません。

従って、私達が判断、決断したきたと考えていても、ただ単に枠の中での、判断、決断であって、本当の意味での判断、決断はしてこなかったかもしれません。

現在の会社組織においても、ことなかれ主義が横行している感がありますし、政界においても、保身のオンパレードです。

こんなことを、何の疑いもなく、行っていたのでは、頼りにならない、何の結果も出していない、と思われても致し方ありません。

今回の「なでしこジャパン」の面々も、その多数はアマチュアだそうです。 要するに、働きながらサッカーをしているわけです。

決して恵まれているという環境ではない中、自分達の信じた道を、力強く歩んでいる様に見えます。

単純な比較は出来ませんが、男子サッカーはプロリーグとして、恵まれた環境でサッカーをしているわけですが、その昔、実業団チームとして、試合を行っていました。

今の女子サッカーと同じ環境です。

その時代は、ワールドカップに出ることは夢の又夢という感じでした。

今回の快進撃には、大和撫子のたくましさ、強さが感じられます。

日本男児の皆さん!

時代や環境がどの様に変化しようが、自分達の道は、自分達で切り開いて行かねばなりません。 待っていても、誰もやってくれません。 その為に、方向性に沿って、自らが判断、決断をし、実行に移し、結果が出るまで、改善を繰り返し行わなければならないのです。

敵は己自身の甘さにあるのです。

今の時代でも、イキイキと突き進んでいる、大和撫子達を見習って、日本男児の魂を燃やして行きましょう!