• HOME > 
  • ブログ

孔子の教え~その1

皆さん、こんにちは!

今週も台風が日本列島を直撃してしまいました。

皆さんは大丈夫だったでしょうか?

今回の台風は首都圏においても、雨・風が酷く、一時ほとんどの電車が運行を中止して、多くの帰宅者に影響を及ぼしました。

私の家族も現在は東京におり心配しましたが、大きな影響はなかったみたいで一安心でした。

今回の台風は3・11の大震災と同様に大都会の危機管理に一石投じた様です。

話は変わりますが、今日東京にいます。 台風一過で少し肌寒く、空は雲一つない位の晴天で、正に秋晴れといった感じです。

スポーツの秋、食欲の秋、読書の秋など秋という季節は、何をしても気持ちが穏やかな季節なのかもしれません。

私は、秋というと「祭りの秋」という感じです。

10月の本番に向けて、この9月から様々な準備が始まりますので、忙しい日々を毎年送っています。

これが終わると秋も終わりという感じなのです。

その合間を縫って、読書の秋ということで先週紹介しました論語に関する本を読んでいます。

早速ですが、今日はその中から一つ。

「仁者は難きを先にして獲るを後にす」 じんしゃはかたきをさきにしてうるをのちにす という言葉があります。

これは、仁の人は難しいことを先にやり、自分の利益を後回しにするという意味だそうです。

この「仁者」とはどういう人かというと、ブレがなく、懐が深く、落ち着いていて穏やかな人を指すそうです。

この心構えは、色々な場面で有効だと考えます。

ここで、皆さんに質問です。 今の時代、就職は非常に困難です。 あなたは面接官です。

面接にあたって、給料面、休日面、待遇面など、こと細かく質問をする学生がいます。 今の時代、生活や将来のこともあるし、当たり前かもしれません。

また一方で、細かい質問はせずに「報酬はいりません。勉強になるので是非仕事をさせて下さい」と、いう学生がいます。

さて、あなたは面接官として、どちらを採用するでしょう?

おそらく、多くの場合、後者を選ばれると思います。

また、新規開拓の営業をする際においても、「報酬はいりません。一度仕事をさせて下さい」と言えば、どうでしょう?

私も含めて人は、損得勘定を先にしてしまう傾向にあります。

その結果、最初の信頼関係を築くのに時間を要し、なかなか前に進まないといったことが多いと思うのです。

当然ながら、信頼関係が構築されれば、互いにしっかりとした交渉がなされます。

特にこの教えは、一番最初に信頼関係を構築することが最も重要だと説いているわけです。

ブレることなく、この教えを理解し、ありとあらゆる場面で活用して頂き、少しでも自分の道を切り開くきっかけにしていきましょう。

論語

皆さん、こんにちは!

この週末は又台風の影響で、天候が思わしくない様です。

先週、台風被害があったばかりということでもありますので、進路にあたる地域の方々は、充分な注意が必要ですね。

話は変わりますが、今私は「論語」に関する本を読んでいます。

「論語」に関する本は沢山あるわけですが、世の名のある経営者の多くは、この「論語」を経営の、また、考え方のバイブルとして、絶えず勉強されています。

私も以前、挑戦しましたが、漢文が難し過ぎて一度断念しましたが、今回非常にわかりやすい論語に関する本を入手出来ましたので読みはじめているというわけです。

何故、誰もが論語に興味を持ち、学ぶのでしょう?

その答えは、論語にもある「温故知新」だと私は考えます。

この意味はご存知の通り、「古きを訪ねて新しきを知る」「昔のことをよく学び、そこから新しい価値観を得ることができるような人こそ、師にふさわしい」ということです。

また、「論語」は、孔子が弟子達との日々の暮らしの中で、気づいたことや話したことなどを、その教えとして弟子達が記録したものです。

そこには、孔子の私利私欲のない、「社会をよくしたい」「人生を十全に生き切りたい」という志が感じられます。

2500年経った現代でも、社会の本質、人間の本質はさほど変わらないのかもしれません。

この様なことから、「論語」に興味を持ち学ぶのだろうと思うのです。

その昔、日本においてはも「論語」をテキストとして学んでいた時代がありました。

現代教育では、ややもすると心の形成というところまでの教育が出来なかったのではないかと思います。

その結果、私達大人も含め、心がひ弱な感じがするのです。

人生には、様々なことが起こるわけですが、ちょっとしたことで心配事が膨らんだり、僅かなことでくよくよしたり、やる気をなくしたり、また、ちょっとしたことで切れたり、心が荒れたりと心のバランスを保ちきれない大人や子供が増えています。

これらは、時代の変化やその舵取りをする政治が悪いという側面もありますが、人の責任だけを追求しても何一つ変わることはありません。

私達に出来ることは、心のバランスを常に保つ、鍛える努力をし、事にあたるということなんだろうと考えます。

昨今、サッカー日本代表キャプテンの長谷部選手が書かれた「心を整える」という本がミリオンセラーになりました。

これは異例のヒットと言えるわけですが、その反面、そこに救いやヒントを求める人達が多くなっているということを意味しています。

孔子の「論語」もまた、その心のバランスを整える、鍛えるという一つのきっかけになるかと思います。

「論語」に関しては、また追々、私が感じたことをご紹介して行き、皆さんとともに、心のバランスを保つきっかけにして行ければと考えているところです。

忘れられない一言~歓喜編~

皆さん、こんにちは!

早、9月に入りましたね。

今週は、先週懸念申し上げた台風12号が四国、中国、近畿地方を中心に、日本を直撃し、甚大な被害をもたらせてしまいました。

被害に逢われた方々には、心よりお見舞い申し上げます。

しかし、今年は日本にとって予期せぬ災害の年になっています。

措置が遅れることで、二次災害、三次災害を引き起こしてしまうと、大変な事態になってしまいます。

そうなっては、もはや人的災害と言わざるを得ません。

新政府には、被災地及び被災者の方々の一刻も早い復興を実現すべく、措置を講じて欲しいものです。

さて、今日は「忘れられない一言」の続編をお話ししたいと思います。

以前は屈辱編ということで話をしましたが、今回は歓喜編ということで、嬉しかった一言について、話をさせて頂きたいと思います。

私にとって嬉しい一言というのは、今まで数限りなくあります。

振り返ると改めて、様々な人達に支えられ、見守られていたのだと実感出来ます。

今日はその中で、仕事において、きつい一言を頂戴し、その後、嬉しい一言を頂いたという経験がありますので、それについてお話し致します。

これは今から10年前、父親が他界して間もない時だったと記憶しています。

当時一番のお客様で、その社長の一言です。

長年のお付き合いですし、父親とその社長との信頼関係も厚かったので、事務的な関係ではなく、本当に親身になり考えて頂いていた社長です。

そんな中、まず忘れられない一言として、「おやっさんと全然違う!」と、お叱りを頂いたことがあります。

どのような内容でお叱りを受けたか?は、はっきり覚えていませんが、恐らく、結果は一緒でも、その順番が違ったことで、お叱りを受けたと記憶しています。

ただ、このきつい一言だけは、はっきりと記憶しています。

やはり、物事を進めて行くには、その順番・プロセスにボタンの掛け間違いのないように、又、その時々の精度・言葉・説明・報告・連絡・相談が充分尽くされたかが重要なのだと考えます。

それが、仕事だけではなく、物事を進めて行くうえにおいて、潤滑油となり、安心感を与え、信頼に繋がって行くのだと思うのです。

結果が一緒でも、この順番を踏まなければ、疑心暗鬼になり、やがて信頼は失墜してしまうものだということを、その一言から学ばせて頂きました。

このことは、弊社においても、社員達に喧しく指導しています。

それから、幾年かの時が経ち、3年くらい前の事です。

いつもの様に、会社を訪れ、その社長と雑談をした後、帰りがけのエレベーターの中で、「社長とこは、早くに社長に変わってて良かったな」という、思いもかけない一言を頂戴しました。

この全てを言い尽くすかの一言は、私にとって、ここ数年で一番心に残る嬉しい一言となりました。

以前、よく叱咤激励を受け、事業家と尊敬する身近な人から、最大級の誉め言葉を頂戴し、やっと認められたとの思いも同時によぎった一言でした。

最近よくよく考えると、50を過ぎ、怒ってくれる人、誉めてくれる人が極端に少なくなったなぁと感じます。

これもまた順番で、今度は50を過ぎた私達が、若い人に叱咤激励をする番なのでしょう。

そう考えると、怒ってもらう事、誉めてもらう事は、若い人達の特権であるということが出来ます。

若い間は、その一言に一喜一憂するのでしょうが、言われているうちが華で、嫌なことを言われても出来るだけ前向きに捉え、一つ一つをしっかりと落とし込み、消化しながら階段を登って行って欲しいものです。