• HOME > 
  • ブログ

自分の限界

皆さん、こんにちは!

お変わりはないでしょうか?

もう早いところでは、忘年会云々という時期になって来ました。

呑む機会が増えるわけで、私も人の事は言えないですが、お互い体調管理には注意しましょう。

さて、今日は論語第2弾をお話ししたいと思います。

論語は孔子の弟子達が、孔子の言われた言葉を書き留めたものです。

今回は「今、汝は画れり」(いま、なんじはかぎれり)という言葉をご紹介します。

ある時、弟子の冉求(ぜんきゅう)が言いました。

「先生のおっしゃる道理は理解できますが、なかなか思うようには実践できません」

すると孔子は、怒りをあらわにして、「今、汝は画れり」(今、お前は自分の限界を設定し、やらない言い訳をしているだけではないか!)と。

つまり、冉求の言葉は、一見、「自分の実力はこれぐらいで、とても先生には及びません」というように謙遜しているように聞こえますが、孔子の目には、それは謙遜ではなく、自分を守りに入れ大事にしているだけで、それを「やろう」という勇気や、「やり抜く」という覚悟がない、というように映ったのでした。

非常に厳しい言葉で、あらゆるタイミングでこれを実践して行くには困難かもしれませんが、そこから逃げては行けない瞬間が誰にでもあると考えます。

会社であれ、社会であれ、地域であれ、家族であれ、私達は逃げては行けない瞬間につい、先程の冉求のように「そんな事を言われても、無理、無理」と言ってしまいがちです。

やって見なければわからないし、やって見たらそれほど大変ではなかったということも多にしてあるはずなのに、やる前から何故か決めつけてしまいます。

目標を立てるにしても、「自分の実力ではこのあたりだろう」と思っているラインよりも少し上を目指してやってみる。

それがクリアされれば、更に少し上に目標を設定し、やってみる。

何回かクリアされれば、最初、限界だと思い込んでたラインは軽々と越えていて、「何で、あの時、悩み限界だと思い込んでいたのだろう」と思うものです。

最初から限界を設定してしまうと、スイッチが完全にオフになり、それを越えることは絶対にありません。

たいていの場合、少し楽観的に「できる」と考えた方が、うまく行く感じがします。

これと、類似した考えとして、相田みつをさんは、「やれなかった?やらなかった?どっち」というような詩を残されています。

また、稲盛和夫さんは「未来進行形で考えなさい」というような言葉をおっしゃっています。

これは、「今の自分では難しくても近い将来の自分なら可能なはずだ」と考えなさいという意味です。

自分の限界というものは、他ならぬ自分自身が造り出してしまっているのです。

しかし、いずれにせよ、仕事、人生において逃げられない瞬間というものは誰にでもあるものです。

その時、この言葉を思い出し、1歩前に踏み出す勇気として頂ければ幸いです。

成長の兆し

皆さん、こんにちは!

今日、私は東京にいます。

それにしても寒いですね。

こちらは生憎の雨で、気温は11、2度しかありません。

思わず、スーツの下に薄手のセーターを着こんでしまいました。

逆に今、にわかに熱くなっているというと、国政においては、TPP交渉参加の是非、大阪においては、大阪秋の陣といわれる府知事、大阪市長のW選挙ということではないでしょうか?

これらは、全然違う事案ではありますが、対立軸という点では同じ様に思えます。

当然ながら、詳細においては、難しい課題が山積しているとは理解していますが、少し乱暴にいうと、対立軸は国や大阪のこれからの方向性、対、既得権益を死守したい人達という感じがします。

しかし、いずれにせよ、私はようやく日本において、政治らしい対立になって来たのではないかと嬉しく思っています。

今まで、政治における対立軸は、ほとんどの場合、不透明で、どちらが勝つにせよ、勝った側の既得権益だけが守られるという構図に終始して、日本の歩みを止めて来たのではないか?と思います。

それ故に、日本は方向性を失い、目先に起こった事案だけを処理し続け、世界から「失った10年や20年」といわれ続けているのだと考えています。

今回の場合、私個人としては、次の様に考えています。

まず、TPP ですが、これはアメリカ主導の経済連携ですが、一方で中国も自ら主導して日本、韓国と連携してアジアでの経済連携を構築しようという動きがあります。

従って、アメリカも中国も、今、日本の動向を大いに注目しているわけです。

これは、短期的に見ると、明らかに政治的チャンスだと思います。

対アメリカ、対中国の目先にある懸案事項に道筋を付けることができるかもしれません。

ビジネスも同様ですが、「天の利」チャンスというものは、そうそうやって来るものではありません。

また、長期的な視野から考えた場合も、もはや日本だけが枠組みを外れた形で、独自の経済成長を実現して行く…ということは困難である様に思います。

私達中小企業ですら、少くなくともアジア位までは考慮し、その方向性を模索して行かなければならないわけですから、国レベルともなると、高い経済連携からは逃れられないのではないか?と思うのです。

ただ、その中で、自給率の低いこの国にあっては農業政策をどの様に展開し、農家の方々の生活を安堵させるのか?

また、医療の分野においても、国民の命が危険にさらされることはあってはなりません。

大きな川の流れに逆らうことは出来ないわけですが、その中で、それぞれの分野での在り方については充分な議論を要すると考えます。

大阪秋の陣においても、次の大阪の在り方?が対立軸になっています。

確かに、橋下前知事がいう様に大阪市の既得権益は巨大過ぎる感がありますし、二重行政による無駄や決定の遅さは指摘通りだと思います。

方向性は間違いではないと考えますが、既得権益を守りたい人達は去ることながら、その発言や手法の荒らさから、少しずつ風向きが変わりつつある様に思います。

方向性を決めるということは、政治がしなくてはならない最重要課題ではありますが、同時に、それによるデメリットや弊害、そしてそれらの解決策や国民、府民、市民の生活、財産、生命を如何に担保して行くか?の道筋をも説明しなければ、責任ある政治家とは言えません。

元来、行政のあるべき姿として、政治家が方向性をしっかりと示し、優秀な官僚の方々や公務員の方々が事務方を担うという形だろうと考えます。

そう言った意味では、賛否両論はあるのは当然ですが、ようやく日本の政治があるべき姿に踏み出したのではないか?と思うのです。

今は閉塞感のある時代で、構造そのものが対応年数を過ぎて来たのかもしれません。

従って、これからも、この様な対立軸を持って議論を重ね、その方向性を私達にしっかりと示して欲しいものです。

プレッシャー

皆さん、こんにちは!

今週は気温が高く、日中は汗ばむ位の陽気でした。 一方で朝晩は気温が下がり、寒暖の差が大きく、風邪を引かれている方々も、お見受けします。

皆さんも体調にはご注意下さい。

明日は年に一度の会社主催のゴルフコンペがあります。

気候も良さそうですし、日頃ご協力頂いております会社関係者の皆さん、スタッフらと共に楽しい一時を過ごしたいと思います。

さて、今日は「プレッシャー」について少しお話をしたいと思います。

ゴルフも個人競技で、自分との闘いという要素が強く、メンタル面が左右するスポーツだといわれています。

また、一般的に真面目な人や几帳面な人の方がプレッシャーを感じ易い傾向にある様で、その人の性格によるところも大きな割合を占めると思います。

かくゆう私も小さい頃はどちらかというと、内向的であがり症であった様に思います。 また、血液型はA型で、これは一般的に真面目で几帳面だといわれています。 私も少なからず、そういった面も持ち合わせているとは思いますが、今の私を知る多くの方々には、にわかには信じられない話の様です。

その人の本質は年を重ねても、大きくは変わらないかもしれませんが、経験や知識を得ることで、生まれ持った性格の肉付けは出来るのだろうと考えています。

私の概念として、「プレッシャー」というものは、「今、置かれている環境の中で、自分自身の望む結果と、現段階における自分自身との大きなギャップ」によって生じるものだと思うのです。

1人で鼻歌を唄うには問題ないが、人の前で唄うとなると… みんなでしゃべっているには問題ないが、大勢の人の前で話すとなると…

例えば、この様な場合、多少なりともプレッシャーが掛かるのではないでしょうか?

これは途端に、自分の望む結果が設定され、自分とのギャップが生まれるからだと思います。

上手に唄いたい、話したい、又はそう見られたい(望む結果)しかし、上手く唄う、話す自信がない(現段階の自分)。

このギャップが「プレッシャー」となると考えます。

仕事や勉強においても、ぬるま湯的な環境や各々の成績が、どんぐりの背比べといった環境では、プレッシャーを受けることは、あまりないのではないでしょうか?

しかし、その成績に差が出始めると、途端にプレッシャーが存在し始めます。

上の者は、抜かれたくないというプレッシャー、下の者は、上の者に追いつかなければならないというプレッシャーが生じます。

いずれにせよ、プレッシャーというものは、上述の様に「自分の望む結果」によって、プレッシャーの大きさも正比例します。

逆に言えば、自分が結果を望まなければ、プレッシャーは少なくて済むかもしれません。

会社において、出世を望まない人達が増えて来ていると聞きますが、これもいい意味では、自分の時間を大切にしたい、悪くいうとプレッシャーを回避したいということなんだろうと思います。

「プレッシャー」ということを、あたかも、与えられていると考え、後ろ向きに捉え過ぎている様に思うのです。

私は「プレッシャー」をこの様に捉えています。

プレッシャーはあくまでも、「自分が望む結果」によって生じるもので、人から受けるものではない。

自分に望む結果があるということは、自分がまだ向上したいという表れである。

従って、「プレッシャー」が存在するということは、自身の潜在意識において、自らが成長しようとしている証であると考える様にしています。

私も様々なプレッシャーに押し潰されそうになったことも幾度となくありました。

「もう、やーめた」と考えれば、プレッシャーからは解放されていたのかもしれません。

その時、自問自答をした時、自分自身が一番納得できなかったのです。

そして、ハタと気が付きました。 「プレッシャー」とは、己自身の問題なのだと。

それで、上述の捉え方に考えが変わったのです。

これであれば、人の性格によるところも大きいのですが、まずは自己責任として「プレッシャー」を前向きに捉えられると思います。

あとは、手法論になりますが、その抱えているプレッシャーの解決方法を行動レベルにまで落とし込むことです。

そして、この行動からは逃げてはいけません。

それを重ねることでプレッシャーの度合いも必ず薄れて行くからです。

人は誰もが一つや二つのコンプレックスを持ち、プレッシャーを抱えて人生を歩んでいると思います。

プレッシャーが存在するということは、決して悪いことではありません。

プレッシャーを潜在的な成長と捉え、それを克服していく課程に意義あると思うのです。