• HOME > 
  • ブログ

2011年卯年

皆さん、こんにちは!

いよいよ、今年も押し迫って参りました。 残すところあと1日です。

振り返って見ますと、私達にとってこの2011年は忘れる事の出来ない年になってしまいました。

あの3月11日、1000年に1度という大震災が東北地方を中心に東日本を襲いました。

更に、大震災に伴う原発事故、台風による災害と、今年は人知を超越した惨事が、数多く起こりました。

そのことにより、多くの方々の犠牲を伴い、多くの方々が被災されました

いくつもの「哀しみ」「悔しさ」「絶望」が私達を飲み込みました。

大自然の脅威の前では「人」はなんと無力なものなのか?

歴史の教訓を生かせない「人」とはなんと愚かなものなのか?

そんなことも考えさせられた惨事でもあったと思います。

この惨事の中、唯一の救いは、ややもすると「自分さえ良ければそれでいい」という様な風潮が蔓延しつつあったこの閉塞感の漂う時代に、再び「絆」の大切さを思い起こさせてくれたことでした。

清水寺慣例の今年の漢字一字にも、この「絆」が決定したことは記憶に新しいところです。

家族の絆、親族の絆、仲間の絆、地域の絆、人はやはり一人では生きて行けません。

互いに助け合い、励まし合い、支え合い、そして寄り添って生きて行くものだということを被災された方々から気付かさせて頂きました。

先般来日されたブータン国王は「この様な惨事はあってはならないが、この状況から立ち直れる国があるとするならば、それは唯一、日本国だけだ」という様な主旨の発言をされています。

また、被災された方々が理性を保ち、復興に向けて協力していく立ち居振舞いに世界中から称賛の声が寄せられていますし、多くの支援も頂戴しています。

これも世界との「絆」ということでしょう。

この様な想いを世界中の人達と共有することが出来たら、戦争のない、平和な世界が実現されるかもしれません。

今年、2011年の出来事は決して風化させることなく後世の人達に教訓として、語り継がなくてはなりません。

そして後世の人達にもう1つ。

2012年私達は見事復活したことを!

「降り止まない雨はない」 「春が訪れない冬はない」 「日が昇らない夜はない」

皆さん、共に頑張って行きましょう。

来る2012年は辰年です。 唯一、十二支の中で天に昇ることを許されたのが「龍」なのです。

全ての「絆」を携えて、龍が如く天にも昇る勢いで、皆で駆け上がって行きましょう。

来る2012年が皆様方にとって、実り多き年に成ります様、心よりお祈り申し上げます。

本年も多くの方々にブログをご覧頂きありがとうございました。

どうぞよいお年を!

人財

皆さん、こんにちは。

寒いですね。

今日から3連休という方も多いと思います。

明日はクリスマスイブ、明後日はクリスマスということです。

被災地の方々の事を想うと、心苦しいところがありますが、日程的にも土曜、日曜ですし、ホワイトクリスマスにもなるところも多い様ですので、どうかこの週末をお楽しみ下さい。

ちなみに私は、これといった予定はありませんが、この時期、暫く東京に戻れませんでしたので、時間をとって家内と食事でも行こうか?と考えているところです。

さて、今年も残すところ1週間となってしまいましたね。

私達の会社では、この時期にも関わらず、まだ来年の新卒採用に向けて面接を行っています。

私達は、来年の3月に卒業見込みの新卒の人達を採用する予定ですが、まだ当社の意向にそった方が少なく、にわかに今一度、募集を掛けたところ、多くのエントリーシートの提出がありましたので、面接を続けているというわけです。

やはり、全体的な企業業績を考えると、来年の就職者数も低いのだろうと予想され、この時期に内定を貰えてない方々が圧倒的に多いのが実情なんだと改めて考えさせられました。

私としては出来るだけ多くの方々を雇用させて頂きたいとは常々考えていますが、「してあげたい事」と現状「出来る事」「しなくてはならない事」は当然異なります。

私達が今「しなければならない事」は、就職が厳しいこの時期をチャンスとして捉え、次代の幹部候補生に成りうる優秀な人財を発掘することと考えています。

驚く事に、エントリーシートを拝見すると、有名私学大学、国立大学の方々もおられます。

私がこの会社に戻った時は、まだ小さな町工場で、事業に関しても受注生産型で下請けの域を出ていませんでした。

当時私が「会議しましょうよ」と言うと、「会議って何?」という答えが帰って来るという有り様でした。

それから25年、私が社長になって10年が経過しました。 2年前から新卒採用を始めましたが、本格的な採用活動は今年度からです。

随分会社の成長スピードが遅く、自分自身情けないと感じる部分もありますが、会社に戻った当時のことを考えると、感慨深いものがあります。

新卒を採用させて頂くにおいて、事業性、事業の社会性、会社としてのガイドライン、制度設計などを最低限整備しなければ、土俵には登れません。

そして肝心なのは、やはり「人」です。 いくら受け入れが出来る環境を整えたとしても、それを実現し、指導する「人」が会社の中で育っていなかったら、ただ人が増えるだけで烏合の衆になってしまいます

会社組織も、平たく言うと、野球やサッカーのチーム作りと同じようなものだと思います。

当初私達の会社では、本当の意味での人財はまだ育っていませんでした。

簡単に言うと、結果を残せるエースと4番がいないという状況でした。

会社としての成長スピードをあげるには、即戦力で結果を残せる人財を入れて、その下に今までのスタッフをつけて勝ちながら、現在のスタッフを育てるのがベターだと考えましたが、ダルビッシュ投手が2軍のチームに入るわけはありません。

そこで時間が掛かるかもしれないが、現有勢力を徹底的に鍛え様と考えました。

何年か経過し、私達の会社でもようやく、人が育ちつつあります。

上の者が、しっかりと結果を出し、指導も出来る様になってきたと思いますし、それぞれがそれぞれの立場で考えて行動出来る人も増えつつあり、主体役割も明解になってきたと考えます。

さながら、私の役割はオーナー兼GM兼監督といったところでしょうか?

これからの会社の方向性を見据えて、どのような人財を採用しなければならないのか?

そして、与えられた勢力で如何に結果を出し、社員達やその家族、また会社関係者に喜んでもらう事が出来るのか?

これを生涯を懸けて追求していかなければならないと考えます。

情報化が加速し、世界は狭くなり、如何にデジタル化が進もうが、やはり本質は「人」だと思うのです。

行動基本方針

皆さん、こんにちは!

昨日までは比較的、過ごしやすい感じがしましたが、今日から週末にかけては寒さも一段と厳しくなるようですので、しっかりと寒さ対策をして、風邪などを引かないようにご注意下さい。

さて、今日は私達の会社の「行動基本方針」をご紹介させて頂きたいと思います。

これは今年の10月、新たに制定したものです。 また、同時に「経営基本方針」も合わせて制定しました。 これらは、今まで、私達の会社でいうところの「ISO品質方針」に顕されていました。

しかし、2002年の取得以来、時代の急激な変化、ニーズの多様化などにより、これ迄の「品質方針」では、これからの方向性と食い違う部分も随分出てきましたので、今年の9月、ISO の更新審査において主任審査員にその旨をご説明させて頂き、ご理解とご了解を得て、10月より事業としての本質に近いところで「経営基本方針」「行動基本方針」を制定し、これらをもって私達の「品質方針」とすることにしたのです。

私が社長になって以来、手探り状態で試行錯誤しながら、事業の急激な転換という道を進んで参りました。 その道のりは失敗の連続でしたが、同じ過ちは二度としないということを心がけ、地道に一歩一歩、足踏み状態や後戻りしないよう慎重に且つスピーディーに登り詰めていきました。

そして、1つの頂上にたどり着いた時、経営とは?行動・活動とは?どうあるべきか?という1つの結論に達したのです。

今後、私に社長の任があるかぎり、ブレることのない、ようやくたどり着いた「経営基本方針」「行動基本方針」だという私の熱い想いが込めらていて、これを社員達が理解し、それぞれの立場や与えられた役割の中で、実践して行ってくれれば、職場環境は劇的に変わり、生活面での向上も実現してあげることができると考えています。

経営基本方針は「人事育成」「職場環境」「仕組み」「方向性」の4つの柱で構成されています。

そして、行動基本方針です。

①考動

文字通り考えて動きなさいということです。 手探り状態でも試行錯誤でもいいから、問題意識をもって考えて動かなくてはなりません。 例え失敗しても、考えた結果の失敗であれば、同じ過ちは二度としないものです。 何回も同じ過ちを起こすということは、何も考えず、上っ面だけで行動しているということを意味します。

また、逆に考えて行動した結果、成功したとしたら、それは成功体験として自信になり更に成長させてくれます。

いずれにせよ失敗であれ成功であれ、考えた末の行動結果であれば、部下が出来た時、自身の体験を基に必ず活きた指導ができるものです。

部下に業務の仕方を教えるということも大事な教育ではありますが、それだけしかわからず、仕事を淡々とこなすだけになってしまえば、何も正社員がしなくても、バイトの方々で十分なのです。

考えて行動をしなくては、いくら年を重ねても、自身の成長には繋がらず、本当の意味での指導は出来ないものです。

②成果を意識した時間配分

以前ブログでもご紹介しましたが、ドラッカーは「成果をあげる者は、仕事からスタートせずに、時間からスタートする」と言われています。

またある人は、「この世において一番無慈悲なものは何か?」という問に、「それは、時間である」と説かれています。

時間は待ってくれません!

事業転換の折りも、金融機関との約束もあり、この月までにここまでの成果を、この日までにここまでの成果を、というように日付を入れ、その日までの成果を意識し、その結果を出す為に行動の優先順位を付け追っかけてきました。

クレームなどのように直ぐに目先の仕事を処理しなくてはならないこともありますが、いつもイレギュラーがスタンダードになっているような行動をしてはいけません。

本当に自分がしなければならない仕事は何なのか? その為にはどう行動しなければならないか?

その優先順位を付け、それに応じた時間配分とその成果を予め決めてから行動に移すということを常に意識しなければなりません。

これは自身も意識しなくてはなりませんが、指示を出す人は必ず意識しなくてはならないことです。

例えば、恥ずかしながら当社でもよく見かけるのが、「これやっといて、あれやっといて」という指示です。

指示には必ず時間を入れなくてはなりません!!

「何時までにこれをやって下さい」、「これ何時間位でできる?」、「明日の何時までに納品して下さい」、「何時までにいくら生産して下さい」などなど、ありとあらゆる場面で指示を出す人は、時間を入れなければ、責任者は絶対に務まりません!

これを行うことで、1つの基準ができ、その時間までに出来なかった場合、なぜ出来なかったのか?を考えるキッカケになり問題意識が芽生えます。

そして、それを解決していくことで、成果UP へと導かれるわけです。

「これやっといて」など時間を入れないレベルの指示では、何時間掛かろうが言われた仕事をこなした程度に終始し、なんの成果にも繋がらりません。

このような上司の元では、決して部下は育ちません。

③精度UPコミュニケーション

当然ながら、同じ職場で気持ちよく仕事をしていく為には、互いにコミュニケーションを計ることは大事です。

この精度UP コミュニケーションとは、もう一歩踏み込んで「今、自分が又は部署、部門として抱えている課題」を会議という場だけでなく、普段のコミュニケーションの中で気軽にどんどん行いなさいということです。

会社は一般的に会議で課題を抽出し、その解決法を示し、実行に移すということですが、これだけでは時代の変革スピードにはついていけません。

日々のコミュニケーションの中で気軽に「どうしたら、同じ時間でもっと量を処理できるかな?」、「どうしたら、効率がよくなる?」、「どうしたら、間違いがなくなる?」、「どうしたら、早く退社できる?」などなど、ちょっとしたことで構わないので、精度をあげていく為のコミュニケーションをとる必要があります。

「そうしたら、一度この方法でやってみようか?」、「もっと、こうしたらどう?」など何かしらの意見が共有できれば、気軽にやってみることです。

会社運営において、全ての案件がそうではありませんか、会議のテーブルに載るということは、会社として無視出来ない課題になってしまったから、会議を行う必要があるわけです。

このように、日々の課題に関しては、仲間で話し合いながら改善していくことができる組織になれば、会議も極力少なくすることができ、時代の変革スピードにも対応することが可能だと考えるのです。

私達の会社では、10月より制定し、その行動基本方針にそった行動を促し、閉塞感のある時代にあって風穴をあける行動をして参りたいと考えています。

何かしらのご参考にして頂きければ、幸甚に存じます。