• HOME > 
  • ブログ

宰予の昼寝

皆さん、こんにちは。

まぁめっきり寒くなりましたね。

私達の本社工場は奈良の香芝というところにあります。

私は東大阪に住んでいますので、毎日約1時間掛けて通勤しています。

1つ山を越した大阪と隣接するところ位に本社工場はありますが、その山の境目で空気が変わるのがわかります。

やはり盆地ということもあり、大阪とは気温で2~3度、また目前に二上山という山かあり、この吹き下ろしもきつく体感温度では10度以上違う感じがします。

数日前も雪が舞っているという状態でした。

私は冬が苦手なので、この時期は辛いのですが、防寒対策をしっかりとして乗り切りたいと思います。

さて今日は私も常に悩む、「怒り方」「叱り方」について話しをさせて頂きます。

現代においては、「褒めて伸ばす」「ティーチングよりもコーチング」「人によって怒り方を変えなくてはいけない」などと言われています。

昔はその様なことは言いませんでした。

私の場合は「是々非々」です。

いいものはいい、ダメなものはダメということです。

そしてどちらかというと、起こってしまった事柄より、その過程やその人が気づかず、しかし仕事を遂行して行く上で通り過ぎてはダメだと判断した場合に注意をするようにしています。

上述の様に「褒めて伸ばす」という現代にあって「是々非々」という対応ではダメなのだろうか?という葛藤もありました。

そんな中で、孔子は「常に客観的な立場にたって是々非々で叱からなければならない」との考えを示されているのに気づきました。

目から鱗が取れた思いです。

何故なら、これが一番公平でブレがなく、いつの世でも通用するからだとしています。

ある時、弟子の宰予(さいよ)が怠けて昼寝をしていて、こっぴどく叱責されました。 これは「宰予の昼寝」として有名らしいです。

一方で弟子の願回(がんかい)のことは褒めています。

これは決して依怙贔屓ではなく、孔子が目指す基準を周囲に示すことになるのです。

要は基準を設け、それにより是々非々で判断しなさいということです。

確かに、そう言えばそうだと納得しました。

私は地域の会もさせて頂いていますが、私の基準はボランティアの会ですので会員登録をして頂いているだけでOKということです。

周りは「出てきてるのにアイツは何もしない」と怒っていることがあります。

これもその怒る基準がそれぞれ違うということを意味しています。

会社においては、会社に来てくれるだけでOKとは行きませんので、逆に私の基準は高く、その判断基準を持って是々非々で対応しています。

ですから、社内においては、上司の基準を明確に掴み、仕事を遂行して行くことが肝要ではないか?と考えます。

これは仕事をして行く上で、対外的にも有効に使えると考えています。

お客様は多岐にわたり、その窓口になる人の考えもまた多種多様です。

その時にその人の基準を的確に把握し、仕事を行えば相手を怒らせることはないということも言えるわけです。

社内や身内だけならば「褒めて伸ばす」ということだけを行っていても問題はないのかもしれませんが、多種多様に及ぶ人の喜怒哀楽には対応出来ないところもあるのではないか?と思うのです。

特に上に立つ人は、仕事がOn の時は孔子が言うように、自分達が目指すところの基準をつくり、是々非々での判断をベースにした方がブレない組織になるのではないかと思うのです。

70億分の1

皆さん、こんにちは。

今週は東京でも初雪を観測しました。

週末は冷え込みそうですし、インフルエンザも流行していますので、お身体にはご自愛下さい。

先日、会社のスタッフとお客様への挨拶方々、東京を回りました。

改めて東京は大阪に比べて人が多いと感じます。

そんな中、ふと車中から町行く多くの人達を眺めていると「これだけ沢山の人達が居てるのに、丸っきり同じ顔立ちの人はいないなぁ」と、当たり前のことかもしれませんが、なぜか不思議な思いを覚えました。

そう言えば双子といえども、よく見ると違うものです。

顔立ちも去ることながら、道行く人達は一人一人髪型も違えば服装も違います。

今や世界人口は70億と言われます。

やはり私達は70億分の1、自分の代わりは誰一人いません。

その昔、私も小さい頃、この様な人になりたい、あの様な人になりたいと考えていた記憶があります。

憧れや尊敬でその人を目指すということは成長過程においては必要なことかもしれません。

尊敬する人は?という問いには今でも父ですと答えますが、父の様な人になりたいか?という問いにはNo と答えます。

私達一人一人は家族や兄弟であっても、その影響は受けるものの、顔立ちも考えも異なる、世界で一人しかいない人なのです。

誰々になることが正解?頭がいいことが正解?お金持ちが正解?結婚することが正解?

相田みつをさんは「自分が自分にならないで誰が自分になる?」という様な詩を残されています。

相田さんも恐らく苦悩の末、その様な境地になったのでしょう。

先程の問いで誰の様になりたい? と言われたら私は「自分である」と 答えます。

しかし、かくゆう私も正直、まだ自分になっているとは言えません。

これは人生を通してのテーマなのかもしれません。

今、50歳を越え、そんなことが分かりだし、そして少し自分に近づき出し楽になっている部分が出てきました。

トマトがトマトであるあいだは本物 トマトをメロンに見せ様とするから偽物になる

自分自身は世界で唯一無二の人です。 それだけでも、なんと素晴らしく誇らしいことではありませんか。

私も含めて、皆さん自分になる旅を楽しみながら続けて行きましょう。

2012年経済動向

皆さん、こんにちは。

今週末までは、挨拶回りや賀詞交換会にお忙しかったのではないでしょうか?

来週からは仕事も正常化されいよいよ今年も本番というところだと思います。

年初ということもあり、今年の経済動向について少しお話をさせて頂きます。

私も年始めには経済評論家の人達の話などを聞きながら、「今年はこの様な年になりそうだ」と頭に入れ、方向性を誤らない様に仕事を進めて行く様にしています。

まずは世界の経済を抑えておきましょう。

経済規模を確認すると、最大の経済圏はEUでGDP16兆ドル強、ついでアメリカ14兆ドル強、中国6兆ドル、日本6兆ドル弱となっています。

世界経済または日本経済において、いうまでもなく、この4大経済圏の動向如何によって、大きく左右されることになります。

しかもこの4つの経済圏とも、それぞれの問題を抱えているのが現状で、各国のトップの舵取りが重要視される年になるわけですが、今年は中国を始めトップの交代があちらこちらであります。

これら交代したトップの考えも反映されると考えますので、現状の把握 そして課題は認識出来ても、その解決方法はいささか不透明な要素を含んでいると言わざるを得ません。

アメリカ経済は企業業績を見ると順調に回復傾向にあると思います。

ただ、財政赤字を削減して行く方向にありますので、今まで世界消費の約20%を消費してくれていたお客様てあったわけですが、今後はその市場も縮小傾向に進むのではないか?と考えます。

中国経済においては高度経済成長は終わり、物価の高騰、不動産投資や株式投資のソフトランディング、生産年齢人口のピークアウト、格差といった課題はあるものの8%位の成長は見込めるのではないか?と思います。

日本経済においては、復興需要もあって、イオンやセブンアンドアイでは急激に業績が回復していますし、コンビニの出店を大幅に増加させるとの発表もありました。

これにより消費が促進され、国内製造会社にあっては、業績改善に繋がることになるだろうと考えます。

まだ輸出産業においては為替が急激に円安になることは考えにくいのでゆるやかな回復になるのだろうと思いますが、国内景気にあっては比較的早くに回復基調に進むのではないか?と考えています。

問題はEU です。 ポルトガル、イタリア、アイルランド、ギリシャ、スペインいわゆるPIIGSと言われる国々の金融危機です。

これらの国々は財政赤字かつ経常赤字ということです。

企業でいうならば、借入金が沢山ありかつ損益でも赤字ということです。

企業なら利益の中から返済していくわけですが、利益は出ない、それを補填する為にまた借入をするという状態です。

これを続けて行けばどうなるか?は誰でもわかりますが、乱暴にいうと ピッグスの国々は今、その様な状態にありかなり危険です。

世界最大の経済圏であるわけですからこの動向がもっとも気になるところであります。

今や、日本だけで物を見ていたのでは、その方向を間違え兼ねません。

世界の動向に注視しながら、自分達の行く道を決定しなければならないと思うのてす。

何かの参考にして頂ければ幸いです。