• HOME > 
  • ブログ

百聞は一見にしかず~part2~

皆さん、こんにちは!

最近は、少しずつ日も長くなってきましたし、寒さも若干和らいできた感じがします。

間も無く3月になるわけですが、3月の声を聞くと、漸く長かった冬も終わり春へと季節が進んで行くという期待感みたいなものがありますね。

さて、先週のブログでは「見聞」ということについて書かせて頂き、その中でも「みる」について掘り下げて話しをさせて頂きました。

「みる」と一概に言っても「見る」「観る」「察る」そして「診る」があり、ただ単に表面的な部分を「見る」のではなく、時系列で物事を「観て」、且つその物事についての目的・意図・本質といったところまで「察る」、そこまで「みなければ」物事の全体像が「みえた」ことにはならない。

そして、それらの情報を基に最後に「診る」ということをしなくてはならない。 この「診る」は、情報を基に処方し、具体的な行動を行わなうということです。

いくら全体像が「みえた」としても、行動が伴わない知識や情報では何の役にも立たない。 「診る」ということをして初めて、「みえた」ことになります、というような内容でした。

そこで今日は「見聞」の「きく」について書かせて頂きます。

「きく」についても「聞く」「聴く」「訊く」があるそうです。

まずは「聞く」ですが、これは音が自然に入ってくるような状態の「きく」ということだそうです。

ただこの「聞く」にも、①無視する②聞くふりをする③選択的に聞く④注意して聞く、というレベルがあるようです。

私自身も耳が痛い感じがします。

次に「聴く」ですが、これは相手の関心事に注意を払いながら「きく」ということだそうです。 先程のレベルの話しに戻りますが、「きく」には5つのレベルがあるそうですが、4段階までは上述の「聞く」に該当し、最高レベルの5段階では⑤感情を移入して聴くとされ、この「聴く」に該当します。

すなわち「聞く」という状態は、自身の見地の範囲内で、しかも自身の勝手なレベルで相手の話しをきいているにしか過ぎません。

一方、「聴く」という状態は、相手の立場になって、相手の見地の範囲内で行われているということです。

同じ「きく」という行為でも「聞く」と「聴く」は立ち位置が真逆なのです。

最後に「訊く」ですが、これは相手に質問をしてききたいことを引き出すという意味合いの「きく」だそうです。

いくら「聴く」という状態できいても、理解できない所や納得できない所などはあるものです。

その場合、「訊く」という行為によって、互いにより共鳴、共感出来るものだと考えます。

また、仕事のうえにおいて情報収集という意味合いからも「訊く」という行為は重要です。

しかし、「訊く」に進むにしても、「聞く」から「訊く」に移ってしまうと、相手の感情を害してしまうかもしれません。

私も多くの人とお会いしますが、一方的に自身や自身の会社の説明をして、こちらの話しにはあまり興味を示さず、また、自身が欲しい情報だけを訊きたがるという人もおられます。

まずは「聴く」そして「訊く」へと移行して行くことが、相手からも共感され信用されることになるのかもしれません。

こう考えると、当たり前のように日常している「みる」「きく」という行為も奥が深いと感心させられます。

私達もこれらの意味合いを理解したうえで、少しずつでも自身の「見聞」が広がるようにして行きたいものですね。

百聞は一見にしかず~part1~

皆さん、こんにちは!

今は東京です。

昨夜、東京に入りましたが雪が舞っていてかなりの肌寒さです。

この週末はこの冬最後の冷え込みということだそうです。

乾燥期間も長期になりますし、それに伴い空気も乾燥していますので、風邪やウイルスが蔓延しやすい状況です。

部屋では適度の湿度を保つことが肝要のようです。

話しは変わりますが、ある資料に興味深かい内容が載っていましたので、今日はそのことについて触れたいと思います。

「百聞は一見にしかず」という諺があります。

これは皆さんもご承知の通り、百回繰り返し聞いても、実際に一度見る・体験することには及ばないという意味合いです。

しかし、この「見る」にも様々な「みる」があるそうです。

まずは「見る」 これは単に表面的にものを「みる」ということだそうです。 また「視る」もこれと同じ意味合いです。

次に「観る」 これは過去の経緯や経年変化をも「みる」ということを意味しているそうです。 つまり、表面的に見えているだけではなく、時系列でそのものを捉えるという見方です。

そして次に「察る」 これはそのものの内面に踏み込んで、その背景や意図、目的、本質を掴み取ろうとする見方ということだそうです。

私は会社のスタッフにもっと時間軸を長く、そしてもっと深く物事を見なさいという話しをよくします。

上述のような定義から考えると、表面的に起こっていることだけをただ「見る」のではなく、時系列で物事を「観て」、その意図・本質を「察なさい」ということになります。

つまり「観察」とはこういうことで、その力を付けて行く必要があると考えます。

表面的な「見る」や「視る」ということだけでは、物事は掴まりきれません。

観察力がそなわることによって「百聞は一見にしかず」となるのだと思います。

そして最後に「診る」です。

これは「見る」「観る」「察る」この3つの観点が備わることで初めて、「診る」ことが出来るようになるとされています。

この「診る」は、3つの観点から判断し、具体的な行動に繋げるという意味の「診る」だそうです。

お医者さんを想像して頂ければ、解りやすいかもしれません。

お医者さんは表面的に「見る」ことは当然しますが、それだけでは病気を治すことは出来ません。

いつからそのような症状が出ているのかを「観て」何が原因でそのような症状が起こったのかを「察る」そして全ての情報、状況から判断して、このような治療や処方をして下さいます。

これがいわゆる「診察」です。

私達の会社や仕事においても、やはり同じことが言えるのではないでしょうか?

行動を伴わない、認識や知識や情報といったものは何の役にも立ちません。

自分自身が行わなければならない仕事において、「見」「観」「察」まで物事を「みれる」ようにまずはならなくてはなりません。

そして診断し、処方という具体策を講じ、行動に移す。

また、時系列でその処方が正しかったか?否か?をチェックする、これを継続的に出来て、回りから信頼されるお医者さん(人物)になるのだと思います。

表面的な「見る」だけでは、「百見」したとしても、「百聞は一見にしかず」とはならないでしょう。

新しい一歩

皆さん、こんにちは!

今日(10日金曜)私はビックサイトで展示会があり、東京に来ています。

今日の東京は寒くなく、比較的過ごしやすい感じがします。

とは言っても、まだ2月初旬ですので、これから寒さも本番ということかもしれません。

今年は雪の振り方が尋常ではありませんので、特に雪深い地域の方々はこれからも十二分にご注意をして下さい

さて、今年も始まったばかりですが、私は例年「今年は何々をしよう」と、目標ほど硬いものではありませんが、何か一つ決める様にしてきました。

今年だけで終わらないとは思いますが、英会話に挑戦しようと考え、日々勉強中です。

実はここ暫く、目先に処理をしなければならないことが山積みで「今年は何々をしようか」と考えて見ても、なかなか出来ませんでした。

今思うと、あまりにも目先に起こっていることが緊急を用し過ぎて、それを処理している期間は緊張感の連続で、心が疲れ、体が疲れ、気持ちにゆとりがなかった気がします。

相撲の世界では「心・技・体」が揃わなければ、いい相撲がとれないと言われています。

私達には技は必要ないかもしれませんが、「心と体」はやはり大事なものです。

ショッキングな出来事やちょっと風邪を引いただけでも、少しの期間、やる気を損なってしまいます。

人生という長い期間を考えても、順風満帆はあり得ませんので、そのバイオリズムの中で人は生きているのです。

モチベーション、やる気、新しい事に挑戦をする、もう一歩踏み出すというようなことは、「心と体」が整っていれば、自分自身でお尻にムチ打って奮い立たさなくても、自然と行動に移ってしまうものなのかもしれません。

そう考えると、若い時はまだしも、年を重ねると、日々の暮らし、生活習慣の中で、「心と体」を整えて行くことが大事だと改めて気付かされます。

今週、私と同年代で俳優の渡辺謙さんの対談をテレビで拝見しました。

彼もまた、人生を歩む中で、白血病に侵され、離婚をするというバイオリズムに見舞われた時期がありました。

その後、病気も完治し、新しい家族にも恵まれ、今や誰からもリスペクトされるハリウッドスターです。

人は各々、その考えや器が違いますので「何事をもって冬の時期とするのか?」ということは異なります。

ただ言えることは誰にでも、一度や二度の冬の時期は、訪れてしまいます。

その時は、まず、じっと耐え、「心と体」のケアを心掛け、来るべき春に備えておくことが肝要であると思います。

正月、私の友達が決まって家に来てくれます。 もうかれこれ30年は続いていると思います。 私にとっては、これも大事な心のケアになっています。(体のケアには全くなっていないと思いますが……)

その中で、二人は英語、スペイン語が出来ます。

それに少し触発されたということもありますし、仕事でも海外に行くことがあります。

また、私の夢は世界の国々を全て行きたいということですが、そのコミュニティとしても英語は不可欠です。

そんなこともあり英会話を始めるわけですが、今年位から漸く「心と体」がついてきて自然と入って行った感じです。

また一つ新しい世界を見たくなって来ました。