• HOME > 
  • ブログ

無宗教

皆さん、こんにちは!

今週は比較的、よい天気でしたね。

ただ、この週末はまた、雨模様のようですが…

私は今週、東京にいます。 東京は雨です。

先週、ブログでも少し紹介しましたように、東京営業所の移転があり、約1週間こちらにいます。

1週間あまり東京にいてるのは久しぶりです。

私も何回か引っ越しを経験していますが、今回は近くへの引っ越しで荷物もさほど多くなかったので、そんなに問題ないと考えていましたが、やはり引っ越しにはなんやかんやあるもので、結構時間もかかり、今もあちこち筋肉痛です。

以前、社長の最大の仕事は 、働き甲斐のある、または、働く気になる環境を如何に整えてあげるかであるとお話しました。

新東京営業所においても、今、出来うる最大限の環境を整えたつもりです。

私も勿論のことではありますが、あとは、私共の優秀なスタッフが、新しい営業所を拠点として、思う存分自分達の力を発揮してくれることでしょう。

これからが、益々楽しみになってきました。

ところで話しは変わりますが、今、芸能界では、オセロの中島知子さんの一件が連日取り沙汰されています。

画面から通じてしかわかりませんが、彼女は、明るく、頭がよく、仕事も順調そうですし、色んな才能に溢れているように見えます。

それなのに何故?と疑問を感じてしまいます。

いくら強そうに見えても元来、人とは弱いものだと思いますので、何かのタイミングでそのようになってしまうことがあるのかもしれません。

家族や回りの人達のサポートを受けながら、いつか復活をして欲しいものです。

中島知子さんの真相はわかりませんが、世間でも宗教や霊感商法といった、人の弱みにつけこみ私欲を肥やすという問題があとをたちません。

世界においても、戦争の原因で一番多いのは、宗教戦争だと云われています。

当然ながら、互いの主張をしても、それぞれの宗教に基づて行くならば、交わることはありません。

それだけに、信じる人達には、無償に心を救われる思いで、これが世の中の全てという思いでしょうし、信じない人達には、これ程怖く、厄介なものはないと思っているのです。

宗教とは、両極端に位置する人達を側面においているといえます。

その狭間を巧みに利用し、人の心の隙間に入り込んで来るのです。

私自身は無宗教ですが、目に見えない不思議なことはあると思っています。

今、甲子園では、センバツ高校野球が開催されていますが、その選手宣誓は震災の地、宮城県から21世紀枠で選ばれた石巻工業高校の主将が、見事引き当てました。

このようなことも、理屈では計れない不思議さを感じます。

そういったことも、理解した中で、総じて宗教に対して、このように判断しています。

「お金を強要する」「改宗や入会を強要する」このようなやり方の宗教などは一切、信用しません。

何故なら神様ですから、お金などを無盡するはずがありません。

お金が有ろうが無かろうが、あまねく人達を平等に見守り、導いて下さるのが神様だと考えます。

今の時代は閉塞感があり、なかなか思うように行かないことばかりです。 心が疲れてしまうことも多いと推察します。

だから、そのような問題が多くなっている感じがします。

しかし皆さん、上述のような判断で、どうか変な宗教などに惑わされないで下さい。

私がそのような関連で、唯一信じていることを1つあげるとするならば、それは御先祖です。

御先祖がおられなければ、私は今、存在していません。

私は今、生かして頂いていることに対して、御先祖様方に手を合わせるだけです。

今年の彼岸は、東京営業所の移転ということで墓参りは出来ませんでしたが、これもまた御先祖の導きかもしれません。

今日は彼岸の明けです。

東京の空から、心の中で手を合わせたいと思います。

卒業

皆さん、こんにちは!

なかなか天気がスッキリしませんね。

ここ数日は少し大きな地震も頻繁におこっていて、そちらも何か気持ちが悪い感じがします。

いろんな意味で春の訪れが待たれますね。

春の訪れと言えば、この時期は卒業のシーズンでもあります。

昨日、自宅の前の小学校でも卒業式がありました。

私の友人・知人のお子さん達も何人か卒業されたようです。

小さい頃から知っていますので、「もう、そんなに大きくなったんかぁ」と感慨深いものがありますが、親御さんにとっても感慨深いと同時に喜びもひとしおのことと思います。

私の子供達はもう成人を早くに向かえていますので、小学校の卒業式は随分前のことになりますが、今、振り返ると、やはり中学、高校、大学の卒業式より、何故か小学校の卒業式が印象に強く残っています。

小学校の入学時には、体ほどあるランドセルを背負い、何もわからず、不安気に登校していたチビっこが、6年間を掛けて、読み書き、ソロバンを一通りマスターし、体格も成長し、倫理・道徳などを踏まえて人格がほぼ出来上がる位になっていきます。

そういった意味では、子供の成長を一番感じられるのが、この小学校の卒業式で、だから感慨深く、強く、それぞれの印象に残るのかもしれません。

この春、小学校を卒業される子供達には、大きな夢を持って、次のステップで更に大きく羽ばたいて欲しいものです。

話は変わりますが、実は、私達の会社においても、次のステップに進むべく、東京営業所を3月20日に移転します。

従来の営業所が少し手狭になったということもありますが、本格的に東京圏において営業活動を展開するにあたり、その拠点とするため移転を決意しました。

最近は上の方々とお会いする機会が増え、他社の若い営業の人と話す機会が少なくなってきましたが、今回移転をするにあたり、様々な業者と打ち合わせをする必要があり、そのなかの若い営業の人達とも話しをする機会に恵まれました。

中には、上場企業もあり、そこの若い営業マンとも話しをしました。

今回、そのことを通じて感じたことは、手前味噌で申し訳ありませんが、当社の営業マンの方が数段レベルが高いと率直に思いました。

2005年位の時には、「銀行の営業マンはしっかりしてるなぁ」「大手企業の営業マンは流石やなぁ」と当社の営業マンとのギャップを感じていました。

やはり、人を成長させなければ、企業の発展はないとの考えから、コンサルも入れ、当時は随分、口酸っぱく、意識改革を訴えたものです。

それから、6~7年経ち、日々の成長は分からないものですが、上述のように、大手企業の若い営業マンとは遜色のない、もしくはそれ以上のレベルになっていると実感出来、本当に感慨深いものがありました。

小学校の6年間じゃないですが、何も分からないところから、1つの卒業を向かえるまでの成長には、それ相応の時間を要するものだと、改めてわかった気がしますし、間違いない考え、教育を諦めずして行けば、必ず人は成長するものだということもわかった感じがします。

そう言えば、私も社内において、声を荒げることが少なくなっています。

これは、皆が道理を理解し、何も言わずとも進み出していることを意味しています。

私達も、そういった意味では1つの課程を卒業したと言えるかもしれません。

更に大きく羽ばたいて行く為にも、新たな拠点を東京に構え、更に4月には新しい仲間も増えますので、皆で次の段階へそして、次の課程の卒業に向けて歩んで行きたいと思います。

人との繋がり

皆さん、こんにちは!

今週はあまり天候がよくなかったですね。

先週私は中国に行っていましたが、実は中国においても一週間、どんよりとした天気で時折小雨が降るといった具合でした。

天候は西から変わりますので、それが今週は日本にやってきた感じです。

従って、ここ2週間ほどスカッとした青空を見ていません。

週末は天気が回復しそうですので、久しぶりに春の息吹きを感じたいものです。

さて話しは変わりますが、最近不思議に感じることがしばしばあります。

それは人との繋がりです。

若い時ならいざ知らず、年を重ね50を過ぎて、色々な経験を経て、必然的に人が集まりだすという不思議な現象を感じています。

友達関係でいうと、エクアドルに永住してて、何十年振りかに又、日本に帰ってきたという話しを以前させて頂きました。

また、経営不振から数年、音信不通になってた友人も復活し再び交わり出しました。

最近でいうと、中学、高校時代は毎日のように遊んでいた友人と何十年振りかで再び交わり出しました。

彼は一時期、八尾市というところに住んでいましたが、出身地である香芝市に戻ってきてたようです。

私達の本社工場も香芝市にあり、私は知りませんでしたが、彼の自宅とは車で数分の距離にあるようです。

ただ彼は、単身赴任で中部国際空港に行っていたようで香芝には居なかったみたいですが、昨年の年末近く急に現れて「仕事をやめて、香芝市の市長選に出ようと思うねん」ということでした。

青天の霹靂でしたが、私達も香芝市に本社工場がありますし、彼の志、政策を聴くと、それが実現出来れば、成る程、香芝市や市民、企業にとって利のあることだと思い、微力ながら応援しています。

中学、高校と毎日遊び回ってた友人と、それぞれ、それ相応に積み重ねてきた人生の中で再び、交わり、今、香芝市の将来について話し合いをしていることは、何とも不思議な感じです。

先週、中国に行っていた期間においても、ひょんなことから知り合いになった日本人の方がおられますが、その人は私と同い年で、PL学園野球部、全国制覇した当時の優勝メンバーです。

私は早くに野球をやめてしまいましたが、無類の野球好きですし、当時私が通っていた明星高校も野球では有名高で、その年はPL に予選で負けたのでした。

その彼もそのことは、よく覚えていて、意気投合しました。

彼は今、中国に単身赴任で現地法人の社長を務めています。

人脈も豊富ですし、今後更に互いの発展があるかもしれません。

仕事においても、様々なパズルのピースが埋まりつつある感じがします。

会社においては、自社だけのスキルでは成長スピードが上がらない場合があります。

私がひとつの基準として持っていることは、会社の方向性の中で、私や自社にないスキルは、一般的に見ても高いレベルで仕事をされている人又は会社と提携するようにしています。

例えば、全体的なレベルアップとしてのコンサルタント、管理会計、市場調査・企画・デザイン、金型図面などなど、これらは私や自社にないスキルで今後の会社の方向性として必ず高いレベルになければならないという分野であると考えますので、外部委託・提携という形をとっています。

これらにより、パズルのピースやグレーゾーンが無くなりつつあります。

これらも又、がむしゃらに探している時には、なかなか思ったとおりに行かずジレンマの繰り返しでしたが、最近では自然と集まって来ている感が不思議とあります。

また、今後を担うということからして、新卒の人においても、パズルを埋めてくれるであろう可能性を感じさせてくれる人が来てくれます。

中国の自社工場においても、新卒の研修生が来ていましたが、その可能性を感じさせてくれます

今思うと、自社においても「会社のあるべき姿論」をよくしますが、提携している会社の社長にも、食事をしながらよく話しをします。

常にその方向性の中で物事を見れるようになってきた感じがしますので、自然と私達にないスキルをもった人や会社を速やかに見つけ出せるようになったのかなぁ?と考えています。

答えは正直よくわかりませんし、不思議な感じですが、何だか色々な人が集まり出していることは事実です。

50を過ぎて、全ての歯車が噛み合い出してきた感じです。