• HOME > 
  • ブログ

政治と経営

皆さん、こんにちは!

今日は5月25日、もはや5月も終わろうとしています。

当社は、6月決算ですので、残り約1ヶ月ということになります。

お蔭様で、この厳しい経営環境にある中でスタッフの努力もあり、比較的好調な推移をしています。

しかし、目標に届いていない項目もありますので、ラストスパートを駆けると供に、今期出来たところ、出来なかったところ、全ての検証を行い、また来期に向けての青写真を考えているところです。

ところで、以前のブログで少し書かせて頂きましたが、私の40年来の友人が、当社本社工場のある奈良県香芝市の市長選挙に出馬し、僅差ではありましたが、見事当選を果たしました。

彼とは、中学、高校、大学を通じての友人でありますが、特に高校2~3年は放課後の大半を一緒に過ごしました。

それから、互いにそれぞれの道を歩む中で、たまたま彼は香芝に居住し、そして私はたまたま香芝に本社工場を設立しました。

何か不思議な因果、縁を感じざるを得ません。

彼には、この香芝市の為に、そして香芝市民の為に、己を捨てて頑張ってもらいたいものです。

今の政治に何が足りないか?

このような問いかけがあったとするならば、私は即座に「経営」であると答えます。

ここ20年あまり、国も自治体も経営をして来なかったから、国が疲弊し、自治体も疲弊し、そしてそのあおりを私達国民が被っているというのが現状です。

今の時代、国も自治体も含め、経団連や今回発足した新経連の社長達が政治を行えば、必ずよくなるのではないか?と思うのです。

昔の様に右肩上がりの時代であれば、今までの政治家の皆さんがその政治感覚を持って政治を行っていても、さほどの問題は出ないと思います。

しかし、今の時代は、国や自治体は税収が下がり、企業もその多くは売上が下がり、そして個人の収入も下がり傾向にあるという、いわば右肩下がりの時代です。

一度分かりやすく、ご家庭で考えてみましょう。

今や、ここ5年で日本の平均給与は年間約40~50万円下がったと言われています。

月収30万円あったご家庭は26万円位の収入になってしまったわけです。

さて皆さん、ご家庭ならどうしますか?

恐らく、そのまま放置はしないでしょう。

財務大臣であるお母さんは、まずはお父さんのおこずかいを減らすかもしれません。 そして、様々な節約を試みて、なんとかその26万円でやりくり出来る様に、即座に対処されるのではないでしょうか?

万一その対処が遅れると、貯金を切り崩すか?借金をして穴埋めするか?しか方法はありません。

これが長引けば長引くほど、借金が膨らみやがて自己破産ということになります。

会社経営も同様です。

売上が下がり利益が下がると、まず社長の給与をカットします。 そして様々な経費の見直しを行い、下がった利益で賄えるような仕組みを一刻も早くとらねばなりません。

これもご家庭と一緒でその対処が遅れれば遅れるほど、内部留保を取り崩すか金融機関からの借り入れで賄うことになるわけです。

そしてその行く着く先は倒産ということになってしまいます。

まずは会社でもご家庭でも、その時の収入に見あった予算というものを組まなければなりません。

そして平行して、収入を上げる努力をしなくてはなりません。

ご家庭であれば、26万円に下がった収入を30万、35万と増やす努力をされるのではないでしょうか?

このことによって、子供達にも少しはゆとりのある暮らしをさせてあげることにも繋がります。

企業もまた、成長戦略を描き、下がった収益を上げる努力を重ねて行きます。

そのことにより、会社の安定をもたらし、給与を上げることも可能になり、そこに携わる全てのスタッフやそのご家族の暮らしを守ることが出来るのです。

ただ厳しいことに企業は、どのような時代であれ1年1年で結果を求められます。

どうでしょうか?皆さん!

今の政治は経営をしているのでしょうか?

国や自治体といえども1つの会社と見た場合、しっかりとした経営がベースになければなりません。

国や自治体は財政赤字いわゆる借金が膨らむ一方です。

国や自治体は、削減をしているというでしょう。

しかし、不充分です。

上述の様に、企業やご家庭で不充分で済まされるでしょうか?

税収が下がったのであれば、企業やご家庭の様に即座に、その枠で予算を組まなければ意味がありません。

即座に出来ないまでも、期限をきっちり決めて、それまでにはその枠に収まる様に、トップが方向性を打ち出し、そのプロセスを明確にして期限までに目標を達成するということが大事です。

当社におきましても、5年で5000万の経費削減計画を立て、1年前倒しの4年で達成しました。

一時にやらなければならない時は 大なたをふるわなければなりませんが、無理のない計画を立て実行していけば、回りのスタッフには負荷を掛けずに守ることが出来るものです。

そして、国や自治体もそれを行って行く中で、成長戦略も計画的に実行し、結果を出していかねばなりません。

財政赤字を食い止め、経常収支をプラスにしなくてはならないのです。

そうすることで、国民やその地域で暮らして居られる方々に手厚い住民サービスをすることが可能になります。

今、賛否両論はあるのでしょうけれど、この経営感覚で政治を行っておられるのが、橋下大阪市長だと思います。

彼は府知事時代も今回の市長就任時も、まず今の税収に合わせた予算を組むというところからスタートされています。

私が同様の立場でも同じことをします。

これが経営です。

今の現状を把握し、まず一番の問題を優先順位の一番として、応急措置をしなくてはなりません。

そして次にその是正、仕組みを構築して行くのです。

今、大阪は大なたをふるわなければならない状況なので、そこでの賛否両論はでているのだと考えます。

国や自治体の長は、自己資本で行っているわけではありません。

乱暴にいうと、私達の税金で、彼らからすると他人の資本ということなのかもしれません。

加えてゆうならば、まず国や自治体は親方日の丸的な感覚があるように感じます。

だから、自身の腹が痛む感覚がなく、ご家庭や会社と違って甘さや責任転嫁、保身、ことなかれ主義、既得権益が罷り通るのだと思うのです。

今、公務員改革が叫ばれていますが、それも当然必要ではありますが、その前の優先課題の一番として、私は政治改革をこの国はしなければならないのではないか?と思っています。

一人でも多くの経営感覚を身に付けた政治家の人達に出てきて政治を行って欲しいものです。

上述の様に、企業経営ではどんな時代であれ1年1年で結果を求められます。

その会社を預かる社長には、言い訳はゆるされません。

社長が対外的に言い訳をしなければならない状況だとすると、もはやその会社は危機的状況になっていると言えます。

政治家だけが、私達の税金という名の資本を使い、国や自治体の運営を行い、何十年経っても結果を出せず、それどころか、借金だけが膨れている現状です。

このようなことが許されるのでしょうか?

企業であれば、早くに倒産しています。

海外からも毎年、総理大臣という名の社長が代わる会社は当然ながら、信用されません。

国債神話を誇った、日本の国債も格下げされました。

これも経営をしていない、または数字に対する裏付けや結果に対する活動の裏付けが明確でない会社の株価は下がるのと同様に、至極当然です。

日本の政治に今、求められているものは経営です。

しっかりと経営が出来る人物がトップに立って、財政赤字の削減計画や経常収支を黒字化にする成長戦略を描き、それぞれのプロセスや具体策を明確にし、期限を書き入れ、そしてそれらを国民に周知し、またその進捗管理をも開示しながらPDCA を回して行き、期限までの目標達成を確実なものにするという国や自治体のリーダーが今、求められていると考えます。

継続は力なり

皆さん、こんにちは!

私は今、東京です。

約2週間振りです。

今日の東京は午前中、爽やかな五月晴れといった具合で、午後から約1時間位は急に雨、風、雷と荒れた天気で、先程雨が上がったところです。

本来は、この時期は気候がよいので、ゴルフにでもと思うのですが、今年は異常な位、気候が不順な感じがします。

先週土曜日も、友人の会社のゴルフコンペに参加しました。雨は降らなかったですが、5月とは思えない位、冷たい風が強烈に吹いている状態で真冬に近い寒さでした。

まぁ、何十年振りに友人達とゴルフが出来ましたので、それはそれで楽しかったですが…。

ちなみに、スコアは59・47でした。

風も強烈に吹いていましたんで…。

これは冗談として、やはり腕が落ちたなぁと思いました。

50歳になった途端、50肩を患い、1年近くゴルフが出来ませんでした。

昨年あたりから、また始めたのですが、昔の様に若くもなく、やはり、直ぐには戻りません。

以前はハーフ30台を出すことも、しばしばあったのですが、今は夢の数字という感じがします。

また少しずつ練習をしなくてはならないと考えているところです。

何事もそうですが、やはり続けることが大切だと改めて思います。

「仕事・勉強で成功する王道」の著者は、全ての成功は「続ける力」から生まれる。 そして、「続ける力」は誰でも持っている。 あなたが、今まで飽きっぽく、思うように成果をあげられなかったのは、その力を引き出す方法を知らなかっただけなのだ。 と言われています。

私も元来、自身の性格は飽きっぽく、三日坊主で、熱しやすく冷めやすいところがあると感じています。 加えて、仕事以外では大抵が大雑把 です。

しかし、仕事となると自分も不思議ですが、全然違います。

会社は100年も200年も続かなければならないという、強い理想が私にはあります。

当社ではその想いを経営理念にしています。

続けられる企業にする為にはどうしなければならないか?ということを日々追求しているといえます。

仕事となれば、箸の転げたことですら注意をすることもあります。

全ては、継続的に成長を続けれる企業にする為にという想いなのです。

上述の「力を引き出す方法」ですが、考えや習慣に近いものです。

  1. ①ゴールからの逆算の発想を心掛ける。
  2. ②全体を把握し、部分におとしこむ。
  3. ③上述に基づく計画を立てる。
  4. ④「やれば出来る、必ず出来る」という信念。
  5. ⑤「原理原則、基本」が大事
  6. ⑥「成功」も「失敗」も等価値、チャレンジを続ける姿勢が尊い。
  7. ⑦時間は「つくる」ものではなく「見つける」もの。
  8. ⑧「自信」「謙虚さ」そして「他人への感謝」
  9. ⑨「生きる」こと自体、その本質は「続ける」ことにある。
  10. ⑩「利他の視線」なくして「本質」は見えない。

⑩は、補足として、自身の小さな凝り固まった考えのままでは本質は見えてこないということです。

また、その様な人は自身が凝り固まっているか?すら解らないものだと思います。

大事なことは、気持ちや考えや先入観などを排除して、フラットな状態で他人の考えや教えをまずは「聴き」受け入れることが肝要で、そしてその真意を理解するということです。

以上の考えや習慣を身に付けることが出来れば、「続ける力」が備わるとされています。

そして著者は、最後に「続ける力」は仕事であれ、人生であれ、全ての壁を乗り越えることが出来ると結ばれています。

「継続は力なり」 私も含め、続けることの大切さを見直したいものです。

電産方式

皆さん、こんにちは!

今日は肌寒い感じですね。 何か、ここ最近の天気は異常な感じです。

茨城地方の竜巻にしても、私が小さい頃には、竜巻が日本で発生したということは記憶にありません。

その時、私も東京にいました。本当に午前中はよい天気でしたが、午後から急にドス黒い雲がでだしたかと思うと、突然凄まじい雨、風、雷が約1時間位吹き荒れていました。

その後、茨城地方で竜巻へと変わり、また甚大な被害が出てしまったということです。

ゴールデンウィーク中も、天候にあまり恵まれませんでした。

本来なら、この5月という月は日本において一番過ごしやすい時期のはずですが……。

突然スコールがやってくる亜熱帯地方のような気候になってしまったのでしょうか?

先ずもって、被害に遭われた方々には、心よりお見舞申し上げます。

さて、以前にも「時間の使い方」について、ドラッカーの経営哲学を用いて話をさせて頂きました。

精密モーターなどを製造されています日本電産株式会社永守社長もやはり同様の価値観を持たれています。

「どんな人間にも、どんな会社にも、1日24時間という条件は平等だ。その中でどれだけ自身の真の仕事に打ち込むかが成否の分かれ目となる。」と言われています。

永守社長は28歳で日本電産株式会社を設立、現在グループ約170社、社員約15万人のグローバル企業へと成長させました。

「情熱、熱意、執念」「すぐやる、必ずやる、出来るまでやる」などの独自の経営哲学を持ち、常に前向きで積極的な考え方・行動の重要性を説かれています。

上述の言葉は、多くの方々が耳にされているのではないでしょうか?

日本電産株式会社ではまた、独自の営業方法があります。

営業の方法も各会社によってそれぞれ異なるはずです。

昨今のトレンドとして、営業は営業、購買は購買、営業の中でも、新規開拓・ルートセールスなど分業化をされている会社が多いと思います。

日本電産株式会社では、堅くなに創業時の営業スタイルを守っていると聞きます。

自身の顧客に対しては、仕入から販売までの全てのプロセスを担当営業マンが行うというものです。

「何故なら、担当営業マンが全てを把握しておかなければ、顧客に対して正確な情報を的確にお答え出来ないからだ」ということだそうです。

全く持ってその通りだと思います。

弊社も今は、出来るだけ分業せずにと考えますが、やはり一部においては、その処理スピードの遅さや社員可愛さのあまり不可を避け、自社の都合で分業しているところもあります。

反省せねばなりません。

当然ながら、日本電産は中途半端な販売金額ではありませんをので、1つの受注に対する業務は膨大です。

また、今の時代、既存顧客は目減りしますので、新規開拓も並行して行い、新しい売上を加味して前年を上回る目標を達成していかなければなりません。

1人の営業マンは、既存顧客の全ての業務管理(維持管理業務)と新規開拓売上(有効活動)を行い、そして前年を上回る目標を各々が実行して行くわけです。

こうなるとやはり、1日の時間の使い方というところが一番重要になってきます。

時間があるから無駄に時間を使っているのではないか?

本当に今の時間を、その業務や雑用に使わなければならない?

どうしても今、顧客や購買先に行かなければならない?

1日は24時間。

皆さん、もう一度よく考えてみましょう。