• HOME > 
  • ブログ

伝える力

皆さん、こんにちは!

完全に梅雨って感じですね。

私は今日、東京ですが、こちらも生憎の雨で、時折、大雨が降るという具合です。

先般は台風が日本に上陸し、梅雨前線と相まって、局地的な暴風暴雨により被害も多く出た様です。

この6月に台風が日本に上陸をするということは、まずなかったと思いますが、少しずつ地球環境が変化しているのかもしれません。

今しばらく梅雨が続きそうですが、地域によって局地的に一時大雨になることもあると思いますので、くれぐれもご注意をして下さいませ。

さて、最近メディアでも活躍をされている池上彰さんという方がおられます。

「週刊こどもニュース」でお馴染みですが、様々な問題や素朴な疑問に対して、お子さんでも理解できるように説明してくれ、そのわかりやすさは天下一品です。

池上彰さんは元々、報道記者で、警視庁、気象庁、文部省(現文部科学省)、宮内庁などを担当して、現在はフリージャーナリストとして多方面で活躍をされています。

今現在は、テレビの露出も多く「話す」ことで、相手に「伝える」ことをされていますが、その原点は「書く」ことで、相手に「伝える」という仕事をされていたわけです。

「書いて相手に伝える」という行為は、相手の表情が見えない状況で「活字」だけが一人歩きをしますので、自身の真意を伝える為には、一言一句気を遣わなければならないし、その文法や表現方法にも気を遣わなければなりません。

池上彰さんも報道記者としての「書いて伝える」という素地があり、その活字を裏付けする知識を持ち、そして現在、「話して伝える」ということも加味をされ、より相手に対してわかりやすく伝えれるようになったのではないか?と思うのです。

私も数年前から、このブログを書くようになり、活字だけで伝えることの難しさを感じています。

やはり一言一句注意をはらいますし、間違ったことは書けませんので、不安な場合は調べたりもします。

表現方法や文法も、どの様に書けばより伝えることが出来るのか?ということを考えながら、作成して行きますので、これだけのブログでも数時間を要してしまうことになります。

しかし、これを続けてきましたお陰で、「話して伝える」ということにおいても、自身の思いを相手に伝える、また大勢の人達に伝えるということも以前よりは成長したのではないか?と手前味噌で申し訳ありませんが感じています。

ややもすると、以前は相手や大勢の人達に「話す」というレベルだったような気がしますが、「書く」ということを始めてから「伝える」意識がより以上強くなっている感があり、今では少し「話して伝える」ようになって来たのではないかな?と思っています。

こういったことは、自己啓発で自身でスキルアップは出来ることですが、「伝える」ということは相手が存在するということです。

池上彰さんは一方で、互いが互いを尊重しあいながら、「伝える」ことが重要であると言われています。

特に社内における上下関係によくあることかもしれません。

会社というところは、日々様々な課題と向き合っています。

その中で、組織ですから上の者から下の者に注意をすることが日常茶飯時で行われています。

この時、上の者は自身の真意を下の者に伝えなければならないわけです。

1つ池上彰さんの例文をご紹介します。

あなたが注意を受けている立場としてどう感じるでしょうか?

①「キミはいつも会社のことを考えて率先して行動をしてくれて本当に助かっている。しかし、この前のY社への対応はいただけないな。あれでは、先方が怒るのも無理はない。もっと丁寧な対応をすべきだったな」

②「しかしこの前のY社への対応はいただけないな。あれでは、先方が怒るのも無理はない。もっと丁寧な対応をすべきだったな。キミはいつも会社のことを考えて率先して行動してくれているのに残念だ」

いかがでしょうか?

言っている内容は一緒でも、人間心理とは不思議なもので、①のように認められていることを前提に注意を促されると、素直に納得し、改めようと思うものだそうです。

最初に否定をされたり、叱られたりすると、「いつもはちゃんとしているのに、失敗した部分だけを見つけて怒るのか」と思われる方も中にはおられます。

その場合、自己弁護や言い訳を誘発してしまい、結局真意が上から下へ伝わらずに終わってしまいます。

やはり、上の者もまず尊重することが大事というわけです。

その逆も然りです。

上の者から①であれ②であれ、注意を受けた時、「申し訳ございません」「すいません」というような言葉が先に出るか?どうか?です。

もし、何か伝えたいことがあるとしたら、「色々と申し訳ありませんでした。Y社さんとはこのようなやり取りがあり、対応が後手になってしまったのです」というような伝え方をすれば上の者も納得するはずです。

言い訳と感じる言葉が先に来てしまうと、なかなか下の者から上の者に伝えるということは困難になってしまいます。

池上彰さんは、伝えることのスキルアップは各々可能であるけれど、最終的には伝える側も伝えられる側も人である為、互いを尊重することが何よりも大事であると説かれています。

しかし、考えれば考えるほど、人に伝えることは本当に難しい。

自身の真意を如何に相手に伝えるか?

これは永遠のテーマなのかもしれません。

バリュープロポジション

皆さん、こんにちは!!

何か蒸し暑く、じめじめとした日が続きますね。

もはや夏バテという方もおられるかもしれませんね。

私も暑がりの寒がりなので、少し暑くなるだけで大変です。

その上、汗かきときています。

昨年は大震災への想いや節電ということもあり、何とかひと夏をエアコンなしで乗り切りましたが、今年はちょっと難しい感じがしています。

皆さんにおかれましては、如何お過ごしでしょうか?

さて、先般「100円のコーラーを1000円で売る方法」という本を目にしました。

普通、100円の物を1000円で売れるわけがないと考えるのが一般的だと思います。

特に日本人の商人気質や御用聞き的営業の観点からすると、100円の物を「少し値引きしますので、買って下さい」という胆略な発想を持たれる方々が殆んどで、100円の物を1000円で売るには?という発想をされる方は、極わずかではないか?と思います。

今日、どの業種においても価格競争が氾濫しています。

当然、市場も縮小傾向にありますし、完全な買い手市場です。

だから、安くしないと売れないということなのかもしれません。

果たして、このようなことは、日本や経済、供給者、ユーザーにとって本当に望ましいことなのでしょうか?

「顧客の言うことは何でも引き受ける」という日本人の真面目さ、御用聞き営業は、高度経済成長期には無類の強さを発揮しました。

しかし、当時栄華を誇った「御用聞き営業」を今なお続けていることにより、過当競争を生み出し、差別ポイントを失わせ、高品質なのに低収益という矛盾を造り出し、自らの首を絞めてしまっている側面があります。

今も昔も、そしてこれからも、市場を見て、顧客を見て、ビジネスをして行かなければならないということはいうまでもないことです。

しかし、顧客主義というのは「顧客に振り回される」ということではなく、「顧客の課題に対して、自社ならではの価値を提供する」そして、顧客のもつ期待値を上回った時、ビジネスが成立する、このような事だと考えます。

多くの企業は、顧客が必要としていない、業務や管理や商品開発に時間とコストを掛けて、他社と同じことを一生懸命自社でもやろうとしています。

このことも、他社との差別化は困難になり、無益な競争をしてしまうことに繋がります。

顧客や市場、時代が望んでいて、「他社が提供できない」そして「自社なら提供できる」価値、バリュープロポジションを如何に造り上げるか?

そのバリュープロポジションが顧客の期待値を上回ることが出来れば無用な競争はしなくてもよくなると考えています。

私達の会社においては、TMSシステムという他社にはない仕組みを提供しています。

これにより、過当競争に飲み込まれることも無くなりつつあります。

安いから売れる? 安くしないと売れない?

これだけ物が溢れた今の時代、安くても売れない物は売れない! これが答えだろうと私は考えています。

かのリッツカールトンホテルでは、今までの人生で最高に美味しいコーラーを提供するというコンセプトのもと、1000円で販売されています。

スターバックスもまた、コーヒーだけの価値を提供しているわけではありません。

勿論どの顧客からも価格に対してクレームがあがることはありません。

顧客は、商品価格だけではなく、そこに行かないと味わえない、空間やサービスに、価格以上の満足感を得ているということだと思います。

御用聞き営業や物を安くするだけの安易な目先だけの仕事をしていても将来は暗いものです。

今後、自社を成長路線に乗せたいとするならば、どの様にバリュープロポジションを創造するのか?

これが各企業が追求していかなくてはならない課題なのかもしれません。

仕事文化

皆さん、こんにちは!

スカッとした晴れ間は少なく、曇り空が続いています。

このまま前線が伸び、停滞して梅雨に入るかも?ということです。

そう言えば会社の前の田んぼでは、一部田植えが始まろうとしています。

もうその様な時期ですね。

さて、話は変わりますが、日本には仕事において独創的な文化というべきものがあります。

日本の「営業」は、英語でも「エイギョウ」と表現されていますし、「改善」もまた、「カイゼン」と表現されています。

日本の営業や改善は、ただ単に英訳によって納まる概念ではなく、日本の仕事文化によって培われた独自の価値であると世界中の誰からも認められた為、「エイギョウ」「カイゼン」と表現される様になったのです。

この様な独自の価値が日本という会社を世界に通用する企業に押し上げたと言っても過言ではありません。

日本において世界的企業の1つであるトヨタ自動車工業の生産方式の創始者に大野耐一(おおのたいいち)氏と言われる方がおられました。

彼は生産現場において、ムダの排除に取り組みました。

まず、加工過程にある製品が流れて行く様子を観察することから始めます。

次に、実際に加工している時間と運搬や停滞など加工していない時間との計測をして行きました。

加工をしている時間は付加価値を生み出す時間ですが、運搬や停滞といった時間は何ら付加価値を生みません。

そして、その結果、加工時間を1とすると、付加価値を生み出さない時価は300もあることを発見したのです。

この発見から、彼の「カイゼン」が始まり、よく知られている「ジャスト・イン・タイム」や「カンバン方式」を発案・構築し、トヨタ独自の価値を生み出し、世界的企業に成長して行くのです。

全ての始まりは、与えられた仕事を処理するのではなく、その中でも常に問題意識を持ち、「観察」することなのです。

そして、「気づく」ことです。

これは、何も生産の場だけではありません。

営業における様々な業務にムダはないか?など、ありとあらゆる現場において通用する話です。

私達は社内教育において、エジソンや松下幸之助を育てることは、まず不可能です。

しかし、社内教育によって仕事文化に目覚めさせてあげることは可能であると考えています。

人生において一番長い時間を仕事と共にします。

それがつまらないものであれば、人生そのものが、満足感や充実感すら得ることが出来ないのではないか?と思う位です。

これらに目覚めさせてあげ、前向きに仕事に取り組むことで、働く意味や生き甲斐を感じてもらえれば、私自身、このうえない喜びであります。

私の様な、凡人でわがままで自分勝手な男でも「気づいた」のですから、私共の優秀なスタッフなら、時間の差こそあれ、必ず「気づき」、仕事や自身の人生を切り開く力としてくれると確信しています。

全ての仕事を1人で行うことは不可能です。

働く為の3要素は、「気づく」「気配り」「気を遣う」といいます。

まずは、1人1人が、自分の持ち場において、問題意識を持ち「気づく」ことではないでしょうか?