• HOME > 
  • ブログ

息子の舞台

皆さん、こんにちは!

もう8月も終わりですね。

なんと月日が経つのが早いものかと思います。

明日からは9月、そして、今年もあと4ヶ月ということです。

何か気持ちだけが焦ってくる感じですが……。

これからは幾分、動きやすい時期になって来ますので、より以上の行動力をもって臨んで行きたいと考えているところです。

さて、先般、息子の舞台を久しぶりに家内と見に行きました。

約1年ぶり位です。

舞台は今井翼さん主演のプレゾンで、ミュージカルとはちょっと違いますが、歌あり、踊りありという感じの舞台でした。

息子の舞台は過去3~4回観に行ったことがありますが、どれも素晴らしい舞台だと感じます。

出演者達の一体感、出演者達と客席との一体感、これには、いつ観に行っても感心させれます。

出演者達の温度差がなく、客席との温度差がなく、場合によっては、お客様が出演者達のモチベーションをより以上に上げ、お客様が素晴らしい舞台を作っていると言っても過言ではない位です。

舞台を見ていると、常に「会社においても、このような一体感を生み出せないものか?」と考えてしまいます。

社内においても、そして、お客様や購買先様との関係においても、このような一体感を作り出せないものかと……。

社内でも、様々な工夫を凝らして、理念や哲学、目標を共有化し、人材育成にも力を注ぎ、モチベーションアップの試行にも工夫をしながら、各々の温度差を埋めて、そしてワンランク上げる努力をしています。

ある人から、「会社だから、温度差があるのが当たり前だ」と言われたことがありますが、私の考えは真逆です。

先程の息子達の舞台を見てもそれが出来ている様に、私は「会社だからこそ、プロだからこそ、理念・目標を共有化している仲間だからこそ、そして縁あって集いし人達だからこそ、温度差がないのが当たり前」という大前提に立っています。

自分達が、楽しくなければ相手も楽しくないはずですし、冷めた人が1人舞台に立っているだけでも、その舞台全体を台無しにしてしまいます。

とはいうものの、会社において、その温度差を埋めるのは容易なことではありません。

やはり、どうしても事務的に仕事をしている人がいたり、仕事を義務と考えている人がいたり、糠に釘といった様に無機質な感じの人がいたり、個人的な差が出てしまうというのが現状です。

自覚や責任感の欠如からくる、マインドの問題が大きいようです。

息子達の舞台には、モチベーションの低い人は誰1人いません。

1人1人がその与えられた役割の中で自覚と責任を持ち、自分達を表現しています。

もっと言えば、自覚や責任感のない、自分の役割を全う出来ない人は、舞台に立つことすら許されませんし、恐らく、今後、二度とお呼びがかからないのではないか?と思います。

万が一、その様な人が1人でも舞台に立っているとすれば、安くないお金を出して観に来て頂いたお客様に申し訳が立ちません。

私達もまた、仕事をして行く上で、1人でも社内にその様な人がおられれば、顧客に失礼ですし、社内の一体感やモチベーションも下がってしまい、会社という舞台で顧客に感動を与える事が出来ません。

だから、様々な工夫を凝らしてその温度差をなくし、一体感を作り出そうとしている訳です。

そして、顧客との一体感においても、同様です。

私は最初の商談時に、必ず私達の「考えや思い」を説明し、そして共鳴して頂ける顧客とビジネスをスタートさせなさいと指導しています。

そうすれば、理念を前提としてお客様との一体感を構築しやすくなると考えますし、自分達も楽しく仕事が出来る筈です。

舞台においても、出演者達が一生懸命やっていても、お客様が白けていては素晴らしい舞台を作ることは出来ません。

お客様と理念を共有することが出来たならば、まずお客様が白けてしまうということは回避出来ます。

私達は、社内の温度差をなくし、ベクトルを合わせ、そして、顧客担当となる営業マンにおいては、コシオカ産業という舞台の主役を張る訳ですから、誰よりもモチベーションを高く、そして相手を楽しくさせてあげなくてはなりません。

社内業務においても、自身の役割の部分は主役を張る訳ですから、自分の番が回って来て仕事をする時は、同様に誰よりもモチベーションを高く、自身の主役としての役割を果たし、そして次の工程の人が喜んでくれる様な仕事をすることが大事な訳です。

このようなことを1人1人理解し、自身の主役としての役割を果たすことが出来たなら、必ず社内においても一体感を作り出すことが出来ると思うのです。

その昔、漫才の頂点に君臨した、横山やすしさん・西川きよしさん、いわゆる「やすきよ」の漫才があります。

この漫才は、ベースになる台本はあるものの、そのアドリブから互いが負けじと相手より面白いボケやツッコミを言いあい、まずお客様より相手を笑わせやろうという感じでした。

そしてそのやり取りを聞いていたお客様が思わず爆笑してしまう。

そんな一体感のある漫才だったと思います。

この様な形が理想ではないか?と考えます。

私達もまた、社内において、自身の役割をきっちりと果たし、そして次に繋がる人を喜ばせてあげようと心掛け、その延長戦でお客様に期待以上の喜びを与えれる様な仕事を各々がしなければなりません。

そうすればきっと、息子達の舞台の様な出演者達も客席も一体となった舞台が展開できるのではないか?と思うのです。

そんなことも考えながら、息子の舞台を見ていた訳ですが、息子もまた、自覚と責任を持って、その役割を一生懸命全うしようとする姿勢が感じられ、少しずつではありますが、着実に成長しているなぁと正直、感じました。(親バカですが…………)

これからも、支えて頂いている全ての方々に感謝の念を忘れず、頑張って欲しいものです。

旧友達

皆さん、こんにちは!

まだまだ暑い日が続きますね。

また、天候も不安定で、晴れてたかと思うと突然ゲリラ雷雨が降るという感じで、あちこちで被害も出ています。くれぐれもお気をつけ下さい。

ただ季節は確実に秋へと進んでいる様で、朝晩は少しずつ凌ぎやすくなっていると感じますし、日没に関しても随分早くなったと思います。

この暑さも、もう少しの辛抱ですね。

さて、話は変わりますが、何故か?ここ最近、昔の友人達に会う機会に恵まれる事が多くありました。

先般も高校3年のプチクラス会があり、10人位の旧友達と食事を共にしました。

私は高校を卒業してから会っていませんので、もうかれこれ35年ぶりの再会です。

面影の残っている者も居れば、容姿が変わり、誰?という者も中には居ましたが……。

まぁ、それでも、それぞれ頑張っている様で、何はともあれ健康で会えた事が何よりです。

やはり、50を越えると、ある程度、ゴールが見えつつある段階に来ていることは否めません。

その中で、凄く出世している者、また逆にそうでもない者、人間として成長した者、そうでもない者、というように優劣がついてしまった感がありました。

昔、頭が良かった者が、この時勢から会社をたたんでいたり、昔、ヤンチャだった者が、紆余曲折ありながらも成功していたり、昔、素直だった者が、世の憂き目にあって、人相が変わりアウトローになっていたり………。

昔、高校時代は互いに何の責任もなく、両親の傘の下で、自由気ままに、勉強し?遊んでいた同列の仲間達が、この35年の間にそれぞれの人生が大きく変わったのを感じました。

その反面、それでも、旧友達もまた現世の荒波の中で、試行錯誤しながらも一生懸命生きているんだと思うと、何だか愛しい感じさえしました。

その中で、今もイキイキとしてる者と憂き目にあっている者は、やはり共通点があると感じます。

憂き目にあっている者は、

  1. ①大人しく、暗い
  2. ②勝手に自身の限界を作っている
  3. ③考え方がネガティブ
  4. ④他人や世間への責任転嫁
  5. ⑤冷めている

こんな共通点を感じてしまいます。

反面、今、イキイキとしてる者は、

  1. ①明るい
  2. ②情熱的で積極的
  3. ③ポジティブ(意に介さない)
  4. ④謙虚で自己反省(責任転嫁しない)
  5. ⑤負けず嫌い そして、人付き合いが上手い。

こんな感じです。

こう見ると、頭の良し悪しではなく、人の成長はマインド次第ということがわかります。

生まれながらの性格というものは、根本的には変わらないものかもしれません。

しかし、「気づき」や経験によって、根本的な性格も包み込むことは可能です。

よく、成功をされた芸能人で、昔はいじめられっ子で……。昔は無口で…。昔はネクラで…。昔は大人しく…。なんて話をよく聞きます。

その人達も、いずれかの時期に「このままでは駄目だ」ということに「気づき」それを克服する為に努力をされて来たのだと思うのです。

人が気づく時期は、人それぞれ違いますので、50を過ぎて気づいても遅くはないのかもしれません。しかし、私達が歩んできた35年間は、もはや取り戻すことは出来ないのです。

若い方々には、出来る事ならば、若い時期に「気づき」そして、日々を積み重ねて行ってもらえれば、自身にとって、有意義で充実した人生が送れるのではないかと思うのです。

韓国旅行

皆さん、こんにちは!

もう仕事が始まっている方々もおられると思いますが、盆休みは、如何お過ごしになられたでしょうか?

私は短期間でしたが、韓国に家内と二人で旅行に出掛けて来ました。

家内と二人で海外旅行に出掛けるというのは新婚旅行以来になりますので27年ぶりになります。

子ども達も全員、大学を卒業して、会社におきましても1つの転換期を乗り越え、成長軌道に乗りつつあるという状況になりましたので、ようやく行く気分になったということともう1つは家内孝行のつもりで行くことにしました。

14年前、会社方針の東京営業所という大命題の元、家族全員で東京に移住し頑張っていた最中、父の急逝ということがあり、私は父の跡を継ぎ、本社のある大阪に軸足をおくことを余儀なくされました。

家内とも家族で大阪に戻るか?ということで話をしましたが、当時は上の息子がまだ中学生で、下の娘二人は小学生という状況でした。

東京へ行って3年になり、ようやく子ども達も東京の生活に慣れた頃で、今また大阪に戻ることは子ども達にとってどうなのだろうか?と随分二人で悩みました。

そして、出した結論は、子ども達の将来を最優先にするということで、家内と子ども達は、そのまま東京に残り、私が逆単身赴任で大阪に戻るということにしました。

当然ながら、東京においても仕事がありましたので、大阪に軸足をおきながら、大阪・東京を行き来するという状況です。

仕方なかったこととはいえ、その間、子ども達が思春期の一番難しい時期だったにも関わらず、誰の助けもない状況の中で、三人の子ども達を育ててくれた家内へは感謝してもしつくせない思いです。

そんな思いもあり、家内孝行のつもりで韓国へ行って来たのです。

実は私は、韓国へは30年前に1度行ったことがあります。

その時の印象を一言でいうと゛貧しい国゛という感じです。

まだまだ何もかもこれからの国という印象でした。

30年ぶりに行った韓国は先進国と言える位、発展を遂げていました。

朝鮮半島は、今なお、軍事境界線をもって同じ民族が分断され、韓国と北朝鮮は休戦状態にあります。

30年経って、方や韓国は発展を遂げ、方や北朝鮮は貧困に喘いでいる訳です。

そこに生活する同民族の国民は、韓国に生まれるか?北朝鮮に生まれるか?によって天と地の差があります。

このことを考えると、やはり、1国の指導者の重要性や国としての方向性が大事であると再認識さされます。

これは私の立場で考えると会社も同様であると身震いと怖さを覚えます。

会社の長である私の考えや方向性によって、韓国にも北朝鮮にもなってしまうことを意味する訳です。

もう少しブレークダウンすると、部門の長である部長、部署の長である課長など長と名のつく人達も同様に、その方々の考えや方向性で、そのチームを韓国にも北朝鮮にもしてしまうんだということです。

そんなことを考えながら、発展した韓国のソウル市内のミョンドン、カロスキル、アッブジョンドン、各免税店などを散策し、ショッピングや食事を楽しみ、晩はカジノで遊ぶといった感じで韓国の短い旅を満喫して来ました。

一昔前の韓国旅行は、男性客が中心で、その遊びはゴルフ、カジノ、女性という感じだったと思います。

今は圧倒的に女性客が多く、化粧品・ブランド品などのショッピングが免税店や市内でリーズナブルに購入することが出来ますし、エステなどの美容関係も充実しています。

また、焼き肉を中心とした韓国料理も女性には人気なんでしょう。

それに、治安も悪くなく、日本語もほとんど通用しますので、女性の方でも気軽に行ける感じがします。

最近は政治レベルでは韓国大統領の発言や竹島の実行支配など、「けしからん!!」と思うことが多い訳ですが、一時のことを考えると、民間レベルでは、両国民において、対日感情や対韓感情は薄くなってきている様に思います。

この背景には文化交流があると考えます。

「冬のソナタ」が日本で大ヒットとなり、韓流ブームが始まり、次いでK-ポップが流行り、続々と韓流スター達が日本にやって来て、韓国が身近に感じれる様になったことも、女性を中心に韓国旅行が増加している要因になっていると思います。

今までは、それぞれの国民感情から「近くて遠い国」というイメージでしたが、今や民間レベルでは、「近くて近い国」になりつつあります。

時に、民間の文化交流は政治を凌駕し、国民感情をも変えてしまう力をもっています。

あとは、互いの政治レベルでも更なる努力を重ね互いが発展出来る状況を是非作り出して欲しいものです。