• HOME > 
  • ブログ

100円の大根

皆さん、こんにちは!

朝晩、一段と寒くなって来た感があります。

本社工場前の二上山では紅葉が始まろうとしています。

朝晩は少し暖房が必要な時期になって来ましたね。

皆様方におかれましては、どうかお身体をご自愛下さいませ。

今日は先日あった心温まるエピソードをお話しさせて頂きます。

それは昨年の東北大震災の復興支援に対するものです。

先般、当社の永年のお客様で、尊敬する社長から、私宛に荷物が届きました。

「お歳暮の時期にはまだ早いし…何かな?」と思って、荷物をほどいた所、沢山の海の幸が入っていて、手紙が添えらていました。

それは、「……プロジェクト“一”のはじまり……」という挨拶文でした。(一は、はじめと読みます)

その内容は、このプロジェクトを考えられた人からの思いでした。

一端をご紹介します。

このプロジェクトを考えられた人を仮にFさんとさせて頂きます。

そのFさんの親友に岩手県宮古市で、いくつかの事業をおこし、自治活動やボランティアを熱心にされ、宮古の人達から慕われていたWさんという方がおられたそうです。

昨年の3月11日震災の日、Wさんは、まず会社の人達を避難させたのち、消防団の集合場所に向かったそうです。

しかし、その後、消息を絶たれ、今も尚、行方がわからないといいます。

Fさんは、絶望に喘ぎ、無念の思いを禁じ得ませんでした。

Wさんとの永年の付き合いの中で、30数年に渡り送られてきた宮古産の海の幸の品々 は、故郷を愛し誇りとしてきたWさんの気持ちが込められた贈り物ばかりで、そんなWさんの思いを伝え続ける為に何か出来ないだろうか?と考えられ、先程のプロジェクトを立ち上げられたのでした。

そのプロジェクトに共感を覚え、当社のお客様である社長も参画され宮古産の海の幸が私に送られてきたのでした。

そしてこのプロジェクトの仕組みがまた、味があります。

Fさんは、世の中の根っこを支えてくれている、正直な汗をかいて働く人々。そんな人々を元気づける正直なお金の使い方を考えてみたといいます。

例えば値札「1本100円の大根」を100円で買うと、売価100円原価70円粗利30円となり、粗利の内訳は、経常利益10円諸経費10円人件費(給与)10円になります。

もし、100円の大根を2割増の120円で買うとすると、売価120円原価70円粗利50円となり、粗利の内訳は経常利益10円諸経費10円人件費(給与)30円となり、働く人々の手取りが3倍になります。

この発想から、Wさんとの縁を繋いでくれた宮古のお店の品々を2割増で買わせてもらおう。

そうすれば、働く人々の手取りが3倍になり、働く人々が元気になりやる気になれば、お店の周りの人々も元気になる。

2割増が3倍に、3倍が10倍の効果を生み出すかもしれないと考えられました。

因みに、このFさんは大手のグループを率いておられる会長様です。

人を思う温かい想いと事業家ならではの発想による支援の形には私も共感を覚えます。

震災からの復興は1年や2年で終わるものではありません。

永年に渡る支援が必要です。

先程の様な支援の形であれば長きに渡る支援も可能になります。

その挨拶文の中に、昔、Fさんが子どもの頃、青果店を営んでいた実家のコロッケをつまみ食いをして、祖母から「今日の利益を全て食べた!!」と、こっぴどく怒られたというエピソードも書かれていました。

コロッケの販売は薄利の為、何個かつまみ食いをする事で儲けがなくなるということです。

Fさんは、こういった、幼い頃、気付いた利益の重要性を持って、今、大手グループを造りあげられ、今回の支援の方法を考えられたのです。

少し高く買わせてもらう事で、その利益を正直に働く人々へ還元してもらい、その輪を広げ、宮古の人達が元気になって頂く事を願っておられるわけです。

会社にとって利益の重要性はいうまでもない事だと思います。

しかし、「分かっている」「知っている」といっても実際の行動となると異なる事が多々あるものです。

ダンピングの商売や安易に利益率を落として販売するという行為等、日常の営業活動では当たり前の様に行われている傾向にあるのではないでしょうか?

この様な方々は、本質的な意味合いで利益の重要性や会社の在り方を理解していないということだろうと思います。

私もまた、社員達に多くの給与を持って帰ってもらうには、どうしたらよいか?とよく考えます。

その為には、やはり利益を如何に増加させることが出来るか?が最重要課題になってきます。

企業にとって利益とは血液の様なもので、潤沢に勢いよく流れているから、いつまでも病むことなく、企業の若さが保たれ、してあげたい事も出来る様になるわけです。

ダンピングの商売や利益を落として安易に販売をするという行為や考え方を続けていれば、結果として自分の首を絞める事になるのです。

企業においては、安易な販売をするのではなく、如何に事業に付加価値をつけ販売させて頂くのかを真剣に考えなくてならないのだということを、今回の挨拶文で再認識をさせられました。

私も早速このプロジェクトに参加させて頂きました。

僅かな思いの輪が広がり、それがやがて大きな力となって宮古の復興に繋がれば幸甚です。

あるべき姿

皆さん、こんにちは!

私は今、東京にいます。

約1ヶ月振りです。

1ヶ月前とは空気が違い、肌寒く感じられます。

着実に季節は進んでいる様です。

さて、以前のブログで人の成長でまず大事な事は、「素直さ」であるとお話ししました。

先輩、上司、時には後輩、そして社外のあまたの人達、「自分にない知識や情報」などスポンジの如く柔軟に吸収し腹落ちすることの出来る素直さが人の成長には不可欠であると。

もう一歩踏み込んで言うならば、いろんな事に好奇心を持って素直に吸収するということです。

そして、一方で人の成長を妨げるのは「頑固さ」であるともお話しをしました。

私の言うところの「頑固」という定義は、何の根拠も裏付けもない中で自分の主張に正当性を持っているということです。

この様な人は、比較的多く、何故か自分は正しいと思われていますので、人の意見が腹落ちせず、結果、成長スピードは遅くなってしまいます。議論にもなりません。

大局を把握し、背景を抑え、しっかりとした裏付けや知識、この様な事を理解した上で主張することは大事な事です。

これを「こだわり」だと私は考えていて、「頑固さ」とは似て非なるものです。

今日は、成長スピードにおいて、もう1つ大事なワードをお話ししたいと思います。

それは「あるべき姿」を具体的にイメージすることです。

例えば、1年後に、3年後に、5年後に………自分自身がどの様になっていたいか?どの様になっていなければならないか?を具体的にイメージするのです。

すると、その「あるべき姿」から逆算して今の自分がいます。

当然ながら、そこにはギャップが生じている筈です。

次に、そのギャップを埋めるには、どうしたらよいか?を行動レベルまで落とし込んで考えていきます。

そして具体的行動計画(P)を作成し、実行(D)チェック(C)改善(A)を回していきます。

そうすれば、自身が描いていた「あるべき姿」に、ほぼ考えていた年月でたどり着く事が出来ます。

この様な考え方が出来る人が成長スピードは断然に早いものです。

仕事であれ、何であれ、今の積み重ねを繰り返していても成長スピードが上がる事はないのです。

私が若くして専務という役職を拝命した時(当時は、まだまだ会社も小さく、大した実績もない中で社長の息子だから専務にという感じでしたが………)嫌で嫌で仕方なかったわけですが、専務になったからには、年が若い事は関係ない。専務という名に恥じない人物にならなければならない。そうしなければ、自分も笑われる事になるし、強いては会社が笑われる事になり、会社の成長を落とす事に成りかねないと思いました。

そこで、中小零細企業の役員ではなく中堅・大手の会社役員は、どの様な仕事をし、どの様な考えをされているのか?(あるべき姿)に興味・好奇心を持ち、1年間に様々な方々との出会いの場を求め、約300人の人達の話を聞きました(具体的行動レベル→まず何もわからない時には、短い期間で量をこなすことが肝要)

その後、異業種交流や若手経営者セミナーにも参加(具体的行動レベル→次に精度・質を上げていく事が肝要)し、約9年間、みっちり勉強をしました。

そして、翌年、東京営業所設立の為、東京に乗り込み、専務として一葉の結果を残すに至ったのです。

36歳でした。

会社において、「あるべき姿」論は、ありとあらゆる所に存在しています。

部長とはどうあるべきか? 課長とはどうあるべきか? 入社1年後は?3年後は?…… 部門や部署やプロジェクトの1年後は?3年後は?

もう、無数に存在しています。

会社経営においても同様です。

全ては、経営理念からの逆算です。 経営理念は、その会社の方向性であり、道標であり、そして、会社の「あるべき姿」なのです。

それを形にする為に、今、何をしなくてはならないか?中・長期的に何をしなくてはならないか?を考え、イメージし、行動レベルまで落とし込んで、日々の活動を行っているわけです。

目の前の仕事は大事。

しかし、それに翻弄されていたのでは、方向性を見失い、「あるべき姿」を見失い、そして、自分自身や会社全体の成長スピードを鈍化させてしまう結果になると思うのです。

構想

皆さん、こんにちは!

随分、秋らしい陽気になって参りました。

季節の変わり目で、朝晩は寒く感じられる様になって来ていますので、体調管理には十分ご注意をして下さい。

さて、先般、当社においてテレビ撮影がありました。

賢者.tvという番組で、タイトルは「激動アジア500人のリーダー達」というものです。

撮影はインタビュー形式で、私の幼少の頃から学生時代までの話や、社会人時代の話、社長に就任してからの話、今後の目標、若い人達へのメッセージ等々、長時間に及びました。

その後、様々な会社の様子やカット割りを撮られ約3時間程の撮影を終了しました。

流石に撮影は慣れていませんので緊張をしましたが、貴重な経験をさせて頂いたと思います。

果たしてこれが、どの様な番組に仕上がるのか?私には全く想像が出来ません。

しかし、そのディレクターの頭には、しっかりとした「構想」が練られている筈です。

今から楽しみです。

この番組が出来ればバナーをはってホームページからも見れる様にしますので皆さんも楽しみにしておいて下さい。

 

公開終了につきリンクを削除しました。

 

これらの番組制作のプロセスは、

  1. ①インタビューや撮影
  2. ②編集
  3. ③番組放映

聞いたり、見たりしたものを撮影し、編集して、番組として視聴者に見て頂き、最終判断をしてもらい、視聴率が高ければ継続し、一定の視聴率以下であれば打ち切り、簡単に言うとこういう事だろうと思います。

その中の編集においては、まずしっかりとした「構想」を描き番組制作をする必要があるのだろうと考えます。

「構想」がなく、ただ撮影してきたものを切り取って番組にしたものでは視聴者にとって、意図を感じられない、つまらないものになってしまいます。

撮影された側の伝えたい事と制作側の意図を網羅し、且つ視聴者にメッセージとして何かを感じとって頂く、これら全てがリンクした構想を描かなくてはならないのだろうと思います。

私達の会社における営業活動も同様です。

私達の商談プロセスは、

  1. ①ヒヤリング(お客様の課題や情報の抽出)
  2. ②企画提案書の提出

これをもってお客様に評価・判断して頂き、契約が成立すれば、あとは業務プロセスに添って商品の量産に入るという順序です。

商談プロセスで重要な事は、まずお客様の課題や情報を抽出することです。

ただ単に聞くのではなく、意図をもって聴き、相手が言わんとするところを理解しながら情報を抽出して行かなければなりません。

更に重要な事は、企画提案書を作成するにあたっての「構想」です。

番組制作でゆうところの編集であります。

この「構想」の精度を高くしていないと、お客様に提出する「企画提案書」が魅力的なものにはなりません。

番組で言うと視聴率はあがりませんし、当社で言うと契約には結び付かない訳です。

知り得た顧客情報をどの様に感じ取り、理解、分析をし、どの様にすれば課題を解決することが出来るのか?という「構想」を練らなければなりません。

今現在は当社スタッフの考え方や知識など、人によりバラツキがあり、それによって企画提案書の水準が著しく異なり、お客様に不愉快な思いをさせたのでは申し訳との観点から、ある一定水準より高い精度を保つ為、「構想」→「企画提案書」のプロセスは提携先にアウトソースしています。

そのアウトソース先は市場や時代背景そしてお客様の意図、当社の事情、全てを鑑みてしっかりとした「構想」を練り「企画提案書」に落とし込んで頂いています。

この一連のプロセスも当社にとっては大きな武器、強みと云えます。

今回の撮影に当たり「構想」思い描く事の重要性を再認識しました。

そして当社においてもここを各々が深堀し議論出来る様にして行く必要があると改めてて感じた次第です。