• HOME > 
  • ブログ

アリババジャパン

皆さん、こんにちは!!

今日は3月最終の金曜日ですので、国の会計年度と同様に、本日を持って年度末という企業も多いのではないか?と思います。

今年度の業績はどうだったでしょうか?

大手企業の場合、アベノミクス以来、株価もかなり上昇しましたので、含み資産も増え、比較的、良い決算が出そうな感じです。

中小企業の場合、事業内容によって、為替によるところのメリット・デメリットが大きく作用する様に思いますので、悲喜こもごもだろうと考えます。

一般的に、東大阪の某金融機関の情報として、足下の1~3月は、軒並み業績を落としている中小企業が多いとの事でした。

というのは、まだ、個人消費の上昇による景気回復には至っていない為、売上が伸びず、一方で急激な円安での素原料の値上げが先行し、現状では利益を圧迫しているという見解です。

本格的な実体経済の回復には、もう少し時間が掛かる感じです。

さて、先般、アリババジャパンによる経営者セミナーがあり参加して来ました。

アリババジャパンは、ソフトバンクとアリババドットコムの合弁により設立された会社ですので、日本にあっては、その方針や考え方はソフトバンクの孫正義氏の考えが色濃く反映されています。

先般、セミナーを受け、孫さんの仕事に関する考え方(講演はアリババジャパンの社長)の一端に触れた感じがしますので、皆さんにもご紹介させて頂きます。

様々な話をお聴きしましたが、孫さんの考え方として、キーワードは次の2つに集約されていると思います。

①徹底した因数分解 ②ゴールからの逆算

この2つです。 特に「因数分解」という言い方が特徴的です。

徹底した因数分解というのは、ある1つの結果が出た時、又は目指すべき目標の中で、何故その様になったのか?なるのか?を徹底的に調べ、検証し、問題があれば、その戦略、プロセスや行動を改善していく、この様な事を繰り返し繰り返し、愚直に実行することを意味します。

これは、楽天の経営理念であり、三木谷さんが提唱する「仮説→検証」に相通ずるものがあります。

ゴールからの逆算で一番重要な事は、目標の設定(ゴール)ということでした。

下からの積み上げでは駄目だということで、この考え方には目標が無いに等しいということです。

この様なやり方や考え方は、もはや仕事ではないという考えです。

まずは、明確なゴール(目標)いつまでに、どれ位の成果をあげるのか?を設定しなければならないということです。

いつ、どれ位ということは、抽象的かもしれませんが、1つの基準として相手の期待を上回る所ということでしょう。

社外を対象にするのであれば、相手がいますので、その基準は比較的簡単です。

社内の場合は、その上司、社長の期待値があるはずです。

どこの社長も、「何年間掛かっても良いし、僅かな成果でいいよ」ということはありえません。

その会社として、掛けれる時間や資本、そして、その期間で最低、これ位の成果を挙げて欲しいと考えているはずです。

であれば、1つの基準(目標)は、それを上回る所に置くということになります。

当然ながら、社長の上には上司は存在しませんので、目標は自ら設定しなければなりません。

私の場合、経営理念を達成する為の代表として、この立場にいますので、それを達成する為には、どの様にしなければならないか?という基本的経営方針を掲げ、そこからの中長期的課題と前期の未達や新たに顕在化した短期的課題を目標とし、それをいつまでに、どれ位しなければならないか?を逆算して今期の方針に落とし込んでいます。

社長以外でも、この様な考えの基、具現化出来る人材を育成して行くことが企業の成長に繋がるとも思います。

いつまでに、どれ位という目標が明確化されるから、その実現に対する戦略が立案されるのだというのが、孫さんの一丁目一番地だという考えで、しかも誰かの顔色を見て目標を設定するのではなく、自らがそのレベルで明確な目標を設定し達成していかなければならないという訳です。

また、その目標は潜在意識に刷り込まれる位、思い続けなければならないということです。

そして、次に出た結果から、戦略等を徹底的に因数分解し、改善し、自分達が描いた、時期と成果を達成して行く、この様なやり方、考え方だと思います。

余談ですが、中途半端にすると、烈火の如く罵声を浴びせられるそうです。

これを愚直に徹底的する事、これに尽きるという考え方です。

私も共感出来るところが多く、仕事の本質は誰が言おうが変わらないものだと再認識しました。

逆説的に言えば、誰が言おうが変わらない、だから本質であると言えます。

あとは、みんなが、それを諦めず愚直に徹底出来るかどうか?だけの問題です。

まずは、明確な目標設定、ゴール(目標)からの逆算による戦略の立案、その戦略に基づく愚直な実行、出た結果による徹底的な因数分解、そして、改善、この繰り返しを行うということです。

時代の移り変わりは世の常です。

自分達の掲げた目標、そして、それを実現する為の戦略を愚直に実行する、これを繰り返し行えば、時代に翻弄されることは少なくなるかもわかりません。

紙一重

皆さん、こんにちは!!

私は今、東京にいます。

当社の営業所の近くには、約1kmにも及ぶ桜並木通りがあります。

例年ですと3月末から4月初旬に掛けて見頃を迎えるわけですが、今年は テレビ等で報道されています様に、開花が早く、もはや7分咲きという感じです。

東京へ来て15年位になりますが、これだけ早い開花は初めてです。

この日曜日は天気の悪く気温も低い予報ですので、明日の土曜日が桜見には調度よいのではないでしょうか?

年に1度の風物詩ですので、是非ご堪能下さい。

さて、3連覇を目指したWBC でしたが負けてしまいましたね。

残念です……。

しかし、選手達は、よく頑張ったと思います。

「野球はピッチャー次第」「打線は水物」と言われます。

各国のレベルが顕著に向上している状況で、野球は上述の要素が大いにありますので、やってみなければ勝敗はわからない、そんな闘いだった様に思います。

ただその中にあって、勝つ確率の高い野球は、投球術の緻密さや攻撃の緻密さに表されるスモールベースボールと言われる日本の野球ではないかと思います。

仕事においても、成功する確率が高いのは、大雑把な方法よりも、失敗の少ないであろう緻密な方法の積み重ねだと思います。

今回のWBC を見ると、各国とも随分日本の野球を取り入れている様に感じました。

日本はと言うと、走塁に始まり走塁に終わった、そんな闘いでした。

まずは、鳥谷選手の9回2アウト1点ビハインドの状況で仕掛けた、2塁盗塁です。

見事成功し、その後、試合も逆転しチームも勢いに乗り、唯一の3大会連続のベスト4まで掛け上がって行きました。

そして、世間は大絶賛でした。

もし失敗していれば世間は……。

最後は、プエルトリコ戦の内川選手の走塁ミスです。

真相は、ピッチャーのモーションが大きく、バッターが4番の阿部選手で無警戒、そんな事から、「2球目に行けたら行け」という作戦でグリーンライトと呼ばれるサインだったそうです。

結果はご承知の通り、井端選手は、2球目、仕掛けようとしたがスタートが悪いと判断し塁に戻り、内川選手は、井端選手が戻った事を確認するのが遅れ塁に戻れずタッチアウトとなったという訳です。

これに対し、賛否の賛はなく、「あそこで動くのはおかしい」「ダブルスチールなら行けたら行けではなく、この球で行きなさいというべきだ」など非難の声が多い状況です。

後にイチロー選手は、この時の事をこの様に言ってます。

「もし、作戦があるとするならば、This ボール(この球で行け)ではなく、行けたら行けしかない」と、彼は確率論からこの様なことを言っています。

野球においても仕事においても、100%成功をするという作戦や戦略はありえません。

そのトップは、成功する確率が高いであろう作戦や戦略を様々な情報や状況の中から考え出し、それを実行に移す決断をしなくてはならないのです。

私が仕事で最も恐れるのは、何もしないことです。

何故なら、そこから衰退が始まるからです。

一歩踏み出すから、成功も失敗もある訳です。

ある人の言葉です。

「失敗とは何もしないことだ」

思いつきや場当たりの一歩では成功確率が低い為、好ましいことだとは思いませんが、失敗を恐れる余り、一歩を踏み出さないこと程、愚かなことはありません。

成長も望めませんし、進化も望めません。

今回は、グリーンライトと呼ばれる作戦が一番確率が高いと現場のトップが判断をしたということです。

もし、これが成功していれば、鳥谷選手の様に世間は大絶賛だったことでしょう。

侍ジャパンの皆さん、本当にご苦労様でした。

来る次回WBC において、更に進化した日本野球を持って王者を奪還して頂きたいと思います。

鎖国

皆さん、こんにちは!!

3月も半ばになり、気候も随分よくなって来ました。

ただ、この時期は花粉の季節で、今年は例年の7倍という話しも聞きます。

「今年から発症した」という方も中にはおられるのではないでしょうか?

私も若干ではありますが、花粉症になっていますので、日によって、目が痒いとか鼻がグチュグチュいうという様な症状が出ます。

私より酷い方は沢山おられると思います。

この時期、お辛いでしょうが、対策や処置を充分にして臨んで下さい。

さて、今、政治の世界ではTPP交渉参加問題で議論が白熱しています。

代々の方向性は、5つの聖域を設けて交渉参加というところで落ち着きそうです。

今回、一番反対をされていたのは、農業関連の人達だと思います。

例えば、米を例にとると、今までは、高い関税に守られていた側面があります。

これは、自給率が低く、また、米を主食とする日本にあって、米農家を守ることや食の安全という観点から、その様な政策を続けて来たのだろうと思います。

今回、聖域なき交渉ということになれば、安い米が輸入される様になるでしょうし、米農家の方々にとっては死活問題になり兼ねません。

加えて、食の安全にも疑問が残る、この様なことから反対だということです。

総論賛成、各論反対と言われる様に、それぞれの立場によって捉え方が違うのは仕方がないことだとは思います。

しかし、私の考えとしては、聖域なき交渉もやむ無し、と考えています。

聖域を設けるということは、その分野には海外から商品やサービスが入りにくくなることを意味します。

極論で考えて、その分野の商品やサービスが海外から1つも入らない状態だと考えると、もはやその分野のみ鎖国状態と変わりません。

これは、歴史が示している様に、鎖国状態というのは決して良い状態であると思えませんし、いつまでも続くことはありません。

世界から取り残されてしまいます。

その昔も鎖国を解く時、様々な方がそれぞれの立場で賛否両論あったことでしょう。

結果、門戸を開いた時も、その商品・サービスの価格や品質に、商人達は戸惑いを覚えたことでしょう。

また、当事は検疫や品質検査なども現代と違って粗末なものだったのではないでしょうか?

しかし、門戸を開いたことによって、日本も貿易をすることになり、文化や文明が豊かになったということは、紛れもない事実です。

翻って日本が交渉参加せず、アメリカ主導のTPP の枠組みが出来上がってしまえば、参加国対日本は鎖国状態に近い形になるのではないか?と危惧します。

従って、今後の日本を考えた時、交渉参加には様々な議論があった訳ですが、取り敢えず交渉参加という方向性で進んでいることには安堵しています。

果たして平成の鎖国解放は、参加国間でどの様な議論になって行くのでしょうか?

動向を見守りたいと思います。