• HOME > 
  • ブログ

変化はチャンス

皆さん、こんにちは!!

今週末は比較的、気候もいい様で、絶好の行楽日和となりそうです。

今日からゴールデンウィーク前半の3連休という方も多いのではないでしょうか?

私は、この週末、今日はISO の外部監査、明日は東本願寺へお参り、明後日は地域のイベント、こんな感じです。

皆さんも、ご自身のリフレッシュや家族サービスなど有意義な時間をお過ごし下さい。

さて、私達の会社において、6月末が年度末です。

もう4月末ですので、そろそろ今期の着地も見えてくる時期です。

今期、出来た所・出来なかった所、目標に達成した項目・達成しなかった項目…。

例年、このゴールデンウィークのゆっくりとした時間を利用して、頭の整理をする様に心掛けています。

そして、ゴールデンウィーク明けから、結果及び諸事情も鑑み、来年度に向けた構想を練るという具合です。

ただ、今年度は上述以外に急いで対応をしなくてはならない課題が出て来ましたので、一部前倒しで現在進めている事案もあります。

私達にとっての緊急課題は「急激な円安」という点です。

為替について、次の様なデータがあります。

円安になって業績が良くなる企業は全体の42%、業績が悪くなる企業は35%ということです。

やはり、一昔前と違って、長引くデフレやグローバリゼーションの観点から海外生産への依存度が高くなっており、もはや円安誘導だけでは、この国の景気は良くならないことを意味しています。

とは言うものの、今までが超円高基調でしたので、現在の国内産業構造を考えると、総論では100円位が妥当で、円安もやむ無しと思ってはいますが……。

実は、私の持論は真逆で、国としてのあるべき姿を考えると、自国通貨は高くなければならないと考えています。

特に日本の様な資源のない国においては尚更のことだと思います。

今、多くの中小企業で起こっている現象は、原材料が上がり、売価転嫁が出来ず、利益を圧迫する傾向にあります。

私達国民においてもまた、原材料が上がる為、食料品の値上がりに繋がり、生活費を圧迫する傾向にあります。

いずれ国内消費が上がってくれば、少しずつ解消はされるとは思いますが……。

されど、来年度から、まず消費税3%アップも注文付きではありますが実施されるかもしれません。

果たして消費が上がるのか…。

消費が上がる為には、給料が上がらなくてはなりません。 給料が上がる為には、企業業績が良くならなくてはなりません。 企業業績が良くなるには、消費が上がらないとなりません。

如何にも矛盾した道理に見えてしまいます。

「利は元に有り」円高により、まず元の原材料が安価で入手出来る。

そうすれば、まず私達の生活もしやすくなります。

円高になったからといって、輸出に比重を置かれる企業にとっても、元が下がる訳ですから、利益率は変わらないと思います。

ただ、円高では製品価格が高くなる為、物がうれにくくなるだけです。

そこで、今回のTPP です。

各国との交渉によって関税を撤廃してもらうことで、各国輸出の製品価格を引き下げ輸出の促進を計る。

関税が撤廃され、量が出る様になれば、利益率的には変わらない訳ですので、輸出企業にとっても利益額は確保されて行くと考えます。

こちらの道理の方が分かりやすく、実現性が高いと思うのですが……。

安倍総理のリーダシップには、今までにない期待感を持っていますが、この点については、果たしてどうなるだろうか?と一抹の危惧を感じています。

話を元に戻しますが、私達の当面の課題である「円安対策」については、次の様な具体策を講じています。

①海外生産のコストダウン要請 ②チャイナ+1の推進 ③為替予約 ④国内ネットワークの拡充 ⑤現成長事業の爆速的推進 ⑥輸出の促進

以上です。

時代の川は政治によって決まります。

私達は、各論において、いかなる時代の川てあっても流されることのない対策を各々が講じていかなければなりません。

その対応の質と速さによって、各々の会社の浮沈に繋がります。

ピンチはチャンス、変化はチャンスです。

開国

皆さん、こんにちは!!

昨日から打って変わって、今日からまた少し寒さが振り返し、冬の様な気候ですね。

なかなかコートが手放せません。

週末までは温度も上がらず、天気もあまり良くないということです。

体調には十分ご注意を下さい。

さて、以前のブログで、TPP交渉参加について賛否両論や総論賛成各論反対 という具合に様々な意見はあるものの私見として、不参加ということは、少し乱暴な言い方をすると、平成の鎖国の様なもので、有り得ないと言うことを申しあげました。

この度、各国と大筋合意し、参加交渉は遅い位ですが7月から開国に向けた話し合いが成される様です。

これには、私も「まずは良かった」という気持ちですが、安倍総理も安堵されていることだと思います。

安倍総理が掲げる「三本の矢」 1つは、「大胆な金融政策」

インフレターゲットを2%とし、達成されるまでは無制限に量的緩和策をとるというものです。

2つ目は、「機動的な財政出動」

この1月に、“復興・防災対策”“暮らしの安全と地域活性化”“再生医療の実用化支援”など過去2番目となる規模の13兆1千億円の補正予算を閣議決定しています。

そして、3つ目は、「民間投資を喚起する成長戦略」

産業競争力会議において、7つのテーマ別会合を開き、6月までに取りまとめるとあります。

その7つのテーマは、

  1. 1.産業の新陳代謝の促進
  2. 2.人材力強化・雇用制度改革
  3. 3.立地競争力の強化
  4. 4.クリーン・経済的なエネルギー需給実現
  5. 5.健康長寿社会の実現
  6. 6.農業輸出拡大・競争力強化
  7. 7.科学技術イノベーション・ITの強化

となっています。

この成長戦略に欠かせない重要な鍵となるのが上述のTPPです。

安倍政権発足以来、円安誘導が上手く運んでいる中で、更にこのTPP に交渉参加し、実現に至れば成長戦略が加速する筈だど安倍総理は考えていると思います。

私は、今回の政権を見て、結果はこれからですが、その目標に向かっての方針、そしてその戦略、戦術の実行が本当に早いと感じています。

会社にも中小企業をバックアップする様々な案内が銀行や商工会、会計事務所を通じて届いています。

今までの政権には無かった事です。

安倍総理のリーダーシップも去ることながら、それらを実現する為の組織、そして各組織のリーダー達、これら良きブレーンに恵まれていると思います。

新しい年度を向かえ、いよいよ安倍政権の真価が問われます。

今の組織、そして今のスピードを持って早期の景気回復、日本再生を形にして欲しいものです。

怖さ

皆さん、こんにちは!!

今朝、淡路島を震源として大きな地震がありました。

被害は大きくないとのことですが、余震も起こる可能性がありますので、地域の方々は呉々もご注意して下さい。

さて、今週はまた冬が振り返した様な気候でしたね。

私も不注意から風邪を引いてしまい、熱っぽい感じです。

明日は少し、ゆっくりと静養をし、体調を整えなければと思います。

皆さんも気候の変わり目ですのでお身体をご自愛下さい。

以前ブログでも、お話ししましたが、昨年、主要国の指導者が相次いで変わり、この2013年はそれぞれが新しい枠組みを如何に構築するのか?という綱引きの状態にあると考えています。

北朝鮮もまた、指導者が変わり、今、危険な綱引きを演じています。

果たして、落とし所は、どこにあるのでしょうか?

北朝鮮が投げた危険なボールに対して、アメリカ、日本とも大人の対応をとっている様に思います。

韓国は昨日、対話を呼び掛けました。

現在、ボールは北朝鮮にあります。

この辺りが北朝鮮にとって、落とし所ではないのか?と思います。

ミサイルを撃ってしまえば、落とし所のない、今以上に危険な局面になってしまいます。

若い指導者だけに、その辺りの「怖さ」がないのかもしれません。

以前、父から次の様な言葉を聞いたことがあります。

その言葉は今でも確かな記憶として私の中に刻みこまれています。

いきさつは忘れましたが、「怖さを知らない者に社長は任せられない」この様な内容でした。

当時私もまだ若く、猪突猛進といった感じだったのでしょう。

それが父からは危なかしく見えていたのだと思います。

今の金正恩を見ているとやはり危なく感じてしまいます。

怖さのないということは、崩壊を招いてしまうこともあるのです。

「怖さ」は「弱さ」ではありません。

「怖さ」を知って初めて、人としての「深さ」が生まれます。

さて、北朝鮮の若き指導者は、どうでしょうか?