• HOME > 
  • ブログ

成功者

皆さん、こんにちは!!

暑い日が続きますね。

世の中の変化と同様に、この所の気候の変化も急激です。

いずれにせよ、徐々に変化するものには対応がそれなりに可能ですが、急激な変化にはいささか後追いになってしまいますね。

時代であれ、気候であれ、その辺りの対応力が現代人には求められているのかもしれません。

さて、話は変わりますが、昔よく諸先輩方から「最近の若い者は…」と言われたものです。

皆様方も記憶にあることでしょう。

私自身、年齢と共に言われなくなって来ている訳ですが、逆に「最近の若い者は…」と感じている自分がいます。

いつの時代でも、その繰り返しかもしれませんが、「最近の若い者は…」と、良いにつけ、悪いにつけ、思い始めたら歳を取った証拠かもしれません。

私の見解として、「最近の若い者は…」は、お世辞抜きで優秀です。

パソコンを当たり前の様に使いこなせることだけを見ても、その優秀さが分かります。

当然ながら私達の若い頃には、パソコンも携帯電話も存在しませんでした。

私達の時代と違って今は情報が様々な手段を使って速やかに入手することが出来るのです。

若い方々の持つ情報量の多さは、私達の若い頃と比べものになりません。

従って、「最近の若い者は…」遥かに優秀だと思うのです。

以前、この様な話を聞いたことがあります。

高校野球の歴史上、高校生で160キロを投げるピッチャーというのはいませんでした。

それが今や高校生で160キロを投げるピッチャーが出てきています。

160キロは特異としても、140キロを投げるピッチャーは余多、存在します。

私達の時代では、140キロを投げれば一流でした。

この1つの理由として、情報の入手が容易になったことが要因と言われています。

スポーツ医学の進化、トレーニング方法など、今までなら、そのレベルに達しなければ入手出来なかった情報が、どのレベルにおいても入手出来る様になり、いち早くレベルアップの道に着手出来るという訳です。

人には限界もありますので、今の所160キロ台が限界なのかもしれません。

しかし、今までプロ野球に入って、指導を受け、25歳位でようやく到達していたものが、プロに入らなくても18歳位で到達してしまうということです。

確かに、これには一理あると思います。

世界を見ても、国の事情にもよりますが、情報が入りずらい国々の国民は、その成長スピードが遅い感じがします。

野球以外、陸上であれ、その他のスポーツであれ同様のことが言えると考えますし、仕事においても同じことが言えるかもしれません。

今はどの分野、立場においても日本では自由に情報を入手することが出来ます。

問題は、その仕入れた情報を如何に仕事に応用し結果を出すか?だけです。

このポイントが優秀な者だけで終わるのか?成功者になるのか?の違いだと思います。

「最近の若い者は…」上述の様に優秀ではありますが、情報が入手しやすくなった分、その弊害をも併せ持っているのではないか?考えます。

それは優秀なあまり、先の答えを導き出し、やる前から結論を持ってしまうことです。

その結論が、あまり思わしくなかったら、はなから素直に取り組もうとしない、そんな側面を持っている感じがします。

勿体無い話です。

私達の時代は、情報が断片的で限定的だった為、情報や経験の持っている方の意見に、比較的素直に聞き入れ、行動をしていました。

正しいか…間違っているか…をあまり理解せずに…。

しかし、それが成功であれ失敗であれ、実際に体験をした経験値として残っています。

だから、精神的な強さや見聞が身に付いて来たのだとも思います。

今や経営資源は昔でゆう所の「人」「物」「金」に加えて「情報」が重要とされています。

今の日本に暮らす人達は、若い時から、その情報を自由に様々な角度から入手することが当たり前の時代に育って来ました。

あとは、その情報を基に、どんどんチャレンジをし、失敗体験を重ねて行かれたら、やがて成功者となり得ると思います。

大いに期待をしています。

結婚感

皆さん、こんにちは!!

随分、暑くなって来ましたね。

日中、車に乗っていると少しクーラーが必要な位です。

最近は春のよい気候の時期が短く、もはや初夏という感じですね。

この5月6月は、結婚をする方々も多く、正にブライダルシーズンです。

私も50歳を越え、私の子供達や従兄弟の子供達も、それなりの年齢になっており、ここ数年は親戚関連で結婚式が多くなりそうです。

この6月初旬にも1人、結婚する従兄弟の子供がいます。

たまにスピーチを依頼されることがありますが、その時、「結婚と恋愛の違いについて」話をすることがあります。

私が考えるに、その大きな違いは、2つあると思います。

まず1つは、例えば、恋愛の時期は相手と会う場合、シャワーを浴びて、おしゃれな服を着て……という様に出来るだけ好感度が増す格好や仕草を心掛けるのではないでしょうか?

しかし、結婚をすると相手の無防備な所も見えてしまいます。

簡単に言ってしまうと、「恋愛はお互い、一番いい自分を相手に見せようとするもので、逆に結婚は相手の無防備な一面も、いやがおうにも見えてしまう」そういうことです。

その部分も含んでお互いを理解しなければならないんだろうと思います。

もう1つは、縁を結ぶということです。

恋愛中は、周りのことはあまり関係なく、互いのことだけを考えていればそれでいい訳ですが、結婚ということになれば互いの家と家が縁を持つことになります。

まずは互いの両親、家族、親戚、そして友人、知人など広く縁を結ぶ訳です。

これが一番の違いかもしれません。

結婚は、育って来た環境が違うもの同志が一緒になりますので、私の経験や結婚感からすると、上記の2つの違いを認識して互いを尊重することが肝要ではないか?と考えています。

この時期、結婚される方々に何かの参考になれば幸いです。

国民栄誉賞

皆さん、こんにちは!!

ゴールデンウィークは如何お過ごしだったでしょうか?

私は東京にいて、時間がありましたので、ベランダのガーデニング作りをしたり、映画を観賞したり、久しぶりに子供達と食事へ出かけたりと日常的に過ごしていたという感じです。

ゴールデンウィークも明け、気候的にもよい季節になって来ましたので、気持ちを新たにして、また頑張りましょう。

さて、そのゴールデンウィークの5月5日、長島茂雄氏と松井秀喜氏の国民栄誉賞授与式が東京ドームで行われました。

私も楽しみにしていましたので、リアルタイムでテレビを食い入る様に見ていました。 実は私は、大阪の人間ですが、野球だけは何故かジャイアンツファンです。 (大阪では肩身が狭いですが……)

物心がついた時には、「王・長島」の全盛期で、いわゆるV9の真っ只中でした。

そんな関係から、「王・長島」に憧れ、ジャイアンツファンとなり、自らも野球を始めたのです。

今回の授与式はジャイアンツファンならずとも、野球を愛する人達を含め国民が納得のする感動的な授与式だった様に思います。

戦後の復興を果たし、経済成長を順調に歩む日本において、正に長島さんの活躍がその象徴であり、国民が熱狂し、勇気をもらい、明日への活力とし、一つの時代を彩っていたのだと思います。

不幸にも約10年前、脳梗塞を患い、右手右足に麻痺が残っている状態ですが、授与式においても、長島さんがグランドに入ると、今でもパッ~と回りが明るくなる感じがします。

長島さんの引退時の有名な言葉に「巨人軍は永久に不滅です」というものがあります。

私は先般の授与式を見て「長島こそが永久に不滅である」と確信しました。

その後の始球式で、漏れ聴く所によると、安倍総理の側近から長島さんに「総理がケガをしたら大変なので空振りをして下さい」と頼まれ、その場では、渋々了解をしたといいます。

側近の方も総理を按じてのことだとは思いますが、些か、検討違いな感じがします。

それであれば安倍総理に防具を着けて頂いたらいいだけのことです。

長島さんも渋々了解はしたものの、バッターボックスに入ると、そんなことも忘れ、打つ気満々という感じでした。

結果は空振りをして、事なきを得ましたが……。

これがみんなから愛される長島茂雄という男なんだろうと思います。

何をするにしても、子供の様に純粋で天真爛漫、一生懸命ガムシャラに打ち込み、喜怒哀楽を全面に出し、みんなの期待に応える結果を出す。

今の時代には、稀有な存在なのかもしれません。

それ故にみんなの心が揺さぶられるのだろうと思います。

今回の授与式は、遅すぎた感が当初ありましたが、今の年代、容姿そして、松井秀喜氏との受賞ということで、より感動的なインパクトを私達に与えて頂きましたので、改めて良かったと思いますし、私自身もまだまだ飽くなき追及をしていかなければならないと強く感じた次第です。

やはり「長島は永久に不滅」です。