• HOME > 
  • ブログ

8000回の失敗

皆さん、こんにちは!!

今週は、気温も下がり随分、過ごし易かったのではないでしょうか?

私は、週の前半、東京に居ましたが、何日間かは朝晩の気温がグンと低くなり、肌寒い感じでした。

また、暑さの振り返しがあるかもわかりませんが、着実に季節は秋へと進んでいる様です。

さて、先般、イチロー選手が日米通算4000本安打を記録し、話題になりました。

メジャーリーグだけでの記録ではない為、その記録の捉え方において物議を醸している様ですが………。

確かに、同じ土俵での記録ではありませんので単純比較は出来ませんが、日本で、そしてアメリカで4000本の安打を積み重ねて来た実績は事実です。

これは長年に渡る、たゆまない努力、精神力、肉体、技術そして運、全てが兼ね揃わないと達成されない大記録だと思います。

物議はあるものの、記録達成時、選手達や観客達が無条件で祝福をしている姿が、その記録の偉大さを物語っています。

彼は、ある記者の質問に対して「8000回の悔しい思いをし、逃げずに、それに向き合って来たから今がある」という様な発言をしています。

彼の通算打率は、およそ3割3分です。

いうなれば、全打数の中で、3分の1は安打、3分の2は凡退しているという計算になります。

従って、これまで約12000回あった打数の内、その3分の1に当たる4000回はヒットを打ち、残り8000回は失敗をしたということで す。

彼の発言は、その失敗をした8000回に対してまず、「悔しい」という感情を抱き、そして次に同じ失敗を繰り返さない為には、どうすればよいのか?確率をあげる為には、どうすればよいのか?を日々追求をして来たから今日があると言う訳です。

その証拠に、今も尚、彼のバッティングホームは変化をし続けています。

この様な考え方、取り組み方というものは、私達の仕事においても同様のことが云えます。

特に営業の場合は、日々、お客様と対峙をするバッターボックスに入り続けなければなりません。

お客様との対峙は、TEL アポから始まり、商談、案件(課題)抽出、見積り商談、クロージング、クレームなど様々な場面で発生し、そしてお客様は、それぞれのコースに色々な球種を投げて来られます。

私達はこれらを見極め、的確に捉え、打ち返して行かなければなりません。

その時、まずは、それぞれのプロセスにおいて、自分自身、どれ位の確率で成功しているのか?を把握しておく必要があります。

そして次に、その確率をあげる為に、失敗をした内容に向き合い、それを分析をし、改善をし、次回のバッターボックスに入っていかなければならないのです。

あとは、この繰り返しです。

イチロー選手の様な打率を残せるか?どうか?は個人差もあり、わかりませんが、そうし続けることで、間違いなくそれぞれの確率はあがって行く方向には進んで行きます。

私は、営業に限らず、全てのプロセスにおいて、この様に考えて動くこと、「考動」こそが、本当の仕事だと考えています。

もう1つ、大事なポイントはイチロー選手の様に、失敗したことを「悔しい」と感じれるか?どうか?です。

プロとしては当たり前の感情だとも思います。

「悔しい」とか「もっと打率をあげるんだ」という様な感情や意志がなければ、本気でその失敗と向き合うことは出来ないものです。

私達も含め、プロとして、「失敗しても悔しくない」、「向上心がない」という様では、厳しいですが、もはやそのフィールドにいる資格さえないのかもしれません。

又、イチロー選手の評価として、回りの選手達からは、試合を迎えるまでの準備が素晴らしいという様な声をよく聞きます。

誰よりも早く、球場に入り、決まったストレッチや練習を、決まった時間、黙々と行っていると言います。

それは正に芸術、職人の域だと………。

この様な試合に向かう準備やルーティーンが、怪我をしない肉体を造り出し、心の平静を保ち続けていける要因なのかもしれません。

私達も、イチロー選手の様に、仕事へ向かう「真摯な姿勢」ということも見習わなければならないですね。

今回の偉業に対して、改めて祝意と敬意を表しますと共に、イチロー選手には、是非、50歳までプレーをして頂き、メジャーリーグの記録だけで、ピートローズ氏の持つ大リーグ記録4256本を追い抜いて欲しいものです。

成功者!?の思考回路

皆さん、こんにちは!!

ついに大阪では猛暑日が16日連続となり、観測史上、1942年の記録に並らんだということです。

今日(23日)、猛暑日になる様であれば、記録を更新するというわけです。

私も50年以上生きて来ましたが、今年は今まで経験してきた中で最も暑いのではないか?と思っています。

正に記録的な暑さです。

ただ今日から2~3日、天気予報によると、久し振りに全国各地で雨模様だそうです。

極地豪雨では困るわけですが、全国的に雨が降ることで、雨不足やこの暑さが少しでも緩和されれば……と思います。

さて先般、面白い記事を発見しました。

それは「成功をしている人の思考には1つの特徴がある」というものでした。

 

そこで皆さんに質問です。

『成功している人の思考の特徴とはなんでしょう?

①情報収集が秀でている ②情報整理が優れている ③情報発信力がずば抜けている

一瞬で気づいた人は間違いなく成功者になれます。』

この様な質問の内容でした。

お分かりになったでしょうか?

 

 

 

答えは「情報を疑う人」だそうです。

「そんなの3択にないやん」といわれると思います。

少し意地の悪い質問です。

その記事に書かれてあった解釈は次の様な内容でした。

「普通、上記の様な質問をすると、無意識の内に、あたかも3択の中に答えがあるという固定観念に陥ってしまいます。」

「質問のどこかに、次の3択から選んで下さい、と書かれてありましたか?」

「成功者達の思考は、固定観念に捕らわれず、今、現存するモノや新たに入ってくる情報を疑ってみる、この様な思考回路を常に持ちながら、仕事と対峙している人達です。」

この様な結論でした。

上記の質問は、少し意地の悪い、トンチの効いた内容の様に思いますが、「情報を疑う」「固定観念に捕らわれない」「現状を疑う」これらは、成功者に限らず、過去の常識や経験だけに頼っていたのでは結果が出なくなった現代にあっては、仕事をして行く上で必須の思考だと認識をしなければならないんだろうと考えます。

その昔、少し強引な見方をするならば、高度経済成長期においては、ビジネスを立ち上げ、そしてそのビジネスを実行して行くスキームを一度構築すれば、あとは何の疑問も持たずとも、その枠内で一生懸命業務をこなせば、毎年、結果は自と付いて来たものです。

しかし、現代にあっては、たとえ一生懸命やっていたとしても結果が付いてくるとは限らなくなってしまいました。

であるならば、「現状を疑う」必要があります。

結果が出ないのであれば、自社のビジネスモデル自体がどうなのか? そもそもの事業がどうなのか?を疑わなければなりません。

固定観念や感情に捕らわれていたのでは本質が見えて来なくなります。

そして、ビジネスモデルが問題なければ、それを実行して行くスキームに何か問題があるのか?プロセスに問題があるのか?と疑わなければなりません。

そこを疑わなければ、その枠内で仕事を淡々とこなしているだけで、思う様な結果は得られないと考えます。

そこを疑うからこそ、様々な課題が見えて来て、それを進化・改善、そして解決して行くことで………また、この作業を愚直に繰り返し、そして実行して行くことで、プロセス毎の精度が高まり結果が得やすくなって成功の道を歩むことになるのだろうと思うのです。

現代において結果を得る為には、各々が、「現状を疑う」「固定観念に捕らわれない」これらの思考の基、仕事に向き合わう必要があるのだろうと考えます。

また、「情報を疑う」こともやはり重要です。

今や昔と違って、瞬時に世界中の情報を入手することが可能です。

従って、余多ある情報の中から、それらを精査し、正しい情報を仕入れる必要があります。

私自身、情報(人の話も含む)への対処法は、まず、情報を客観的事実と主観的情報に分け、そして自身の基準に照らし合わせて判断をしています。

その基準とは、「原理原則」「本質(哲学)」「あるべき姿」「事実」、このどれかに照らし合わせるという感じです。

まず、客観的事実に基づく情報に関しましては、疑う余地はないと思います。

例えば、昨日、歌手の藤圭子さんが亡くなられました。

これは、事実確認も済んでいて疑い様のない事実です。

しかし、次に自殺なのか?事故なのか?これはまだ分かりません。

要は、報道をする人達の憶測や主観が入っています。

これには、現時点で疑っているという具合です。

客観的事実は、素直に入手する。しかし、事実確認がなく憶測や主観だけの情報、または道理(原理原則、本質)に合わない情報は確認・検証出来るまで信用しない。というのが情報に対する私の思考回路です。

これは、新聞においても同様です。

客観的事実は、当たり前としても、その論評は各紙違います。

これも至極当然で、各紙にもそれぞれ思想がありますので、それに基づき主観を掲載しているわけです。

ですから、客観的事実も主観も全て信用してしまうというのは危険な感じがします。

客観的事実は、事実として捕らえ、主観的情報は、One of them として捕らえ、自身の物差しで判断をするということが望ましいのではないか?と思うのです。

仕事においても同様です。

例えば(例文)

ある材料商社の担当者が「急激な円安によって原材料が高騰しているんです。弊社としましても自助努力はしているものの、如何ともし難い状況になって来ています。つきましては、これだけ値上げをお願い出来ませんでしょうか?」

一般的によくある話です。

ここで、質問です。

上記の例文の中で、どこが客観的事実で、どこが主観的情報でしょうか? そして、その主観的情報をどの様に読み解かなければならないでしょうか?

(答え)

客観的事実は、「円安によって原材料が上がっている」ということだけです。

主観的情報は、「これだけ値上げして欲しい」という点です。

そして、その主観的情報を認知してもらう為の情報として、高騰している、自助努力をしているというわけです。

何を以って高騰しているか?自助努力しているのか?は、冷たく言えばどちらでもいい情報です。(情報を精査する時は、まず感情論は度外視しなくてはなりません)

まず様々に入り込んだ情報から、感情は抜きにして、瞬時に客観的事実、主観的情報だけを頭の中で区別する必要があります。

例文の場合、客観的事実として、「円安によって原材料が上がっている」ということがあります。それを認識した上で、次に主観的情報として、「だから、これだけ値上げして欲しい」と言っている訳です。

主観的情報は千差万別なので、ある会社は「今は、値上げをせずに市場を拡大しよう」と考えているかもしれません。

又ある会社は「こういう時期だから値上げはお願いするとしても、お客様のことを考えて、アップ率をこれだけに留めておこう」と考えているかもしれません。

又ある会社は「原材料が上がった分、売価転嫁させて頂こう」などという様に、本当に様々なのです。

だから、主観的情報なのです。

主観的情報までも鵜呑みにしてしまっては、自分達が納得をする仕事の結果は得られません。

客観的事実として、まず認識をし、次に主観的情報を上述の様な見方で認識をし、そして「仕入先様も色々、弊社のことを考え努力してくれているなぁ。長年の取引先でもあるし……」という様な感情論を加味して、最後に会社方針、自身の基準に乗っとって判断する、という思考で情報を処理しなければならないと考えています。

感情論が先に来たり、何の裏付けもない主観的情報までをも信用してしまうと、本質的な仕事の進め方から大きく解離し、気が付けば、成功から真逆の方向を歩んでいるということになっているかもしれませんね。

終戦記念日

皆さん、こんにちは!!

まぁ~暑い日が続きますね。

大阪では、先週の7日から、35度以上の猛暑日が続いているそうです。

観測史上最高は、16日連続だということですが、予報では今週も気温が下がらないとのことですので、このままいくと今年は、記録的な暑さになってしまうかもしれません。

週末まで盆休みという方々も多いことと思いますが、充分に鋭気を養って頂き、来週からの仕事に臨んで下さい。

さて、8月15日、私達は68回目の終戦記念日を迎えました。

戦争体験者が年々少なくなり、悲惨な戦争が、遠い遠い過去の様に………、そして、何か?他人事の様に……、風化しつつある現状がある様に思います。

かくゆう、私自身も反省をしなければなりません。

考えるに、この「お盆」という時期に、終戦記念日があるということも、何か?不思議な因果を感じます。

私達日本人にとって、「お盆」は特別な期間であると思うのです。

若い方々も含め、「故郷へ帰らなアカン」「親の顔を見に、実家へ帰らなアカン」「墓参りに行かんとアカン」という意識が、誰に教えられるとなく日本人の根底にあるのではないか?と思います。

それは、ご先祖が居られ、そして今の自分が存在する、そんな感謝と畏敬の念からなんだろうと考えます。

そして、その時期に終戦記念日もあります。

時代に翻弄され、何もわからないまま多くの国民は、純粋に、祖国の為、愛する人達の為に、決死の覚悟を持って戦わざるを得ませんでした。

その様な先人達の想いが、今の平和日本を誕生させ、私達は安心して暮らすことが出来ていると思います。

戦争を風化させるのではなく、そういった先人達の想いに、ご先祖同様、深い感謝と畏敬の念を持たなくてはならない、その為に、この時期に終戦記念日があると、つい考えてしまうのです。

誤解のない様に、お話しをさせて頂きたいと思いますが、上述は、先人達の「国や家族を思う想い」が尊いと私自身は考えていて、戦争を肯定するものでは決してありません。

私自身、戦争というものは次の様に考えています。

日本や世界の政治家、指導者達は、如何なる理由があったとしても、戦争は絶対に起こしてはならない、それは、その国民に対する反逆行為である、と考えています。

自分の勝手な都合だけで、暴力を持って解決するという考えには断じて迎合出来ません。

先の大戦で、どれだけ多くの罪なき国民の方々が犠牲になったことでしょう……。

これは、日本国内だけでなく、隣国をも巻き込んでしまい、世界各地で多くの罪なき人達が犠牲になってしまいました………。

政治家達の役割は、その国民の生命と財産を守ることにあるはずです。

自らが、国民の生命と財産を危険に晒す方向へ導くという行為は、言語道断です。

また、話しは変わりますが、この時期になると、いつも政治的問題になるのが、靖国神社の閣僚達の参拝問題です。

もう、何十年にもなります。

これは、中国や韓国は、参拝することによって、先の大戦を肯定しているのではないか?と考え抗議をするわけです。

日本政府は、戦争を肯定するものではなく、上述の様に先人達の想いに対して畏敬の念を抱き参拝しているだけだ、というわけです。

この堂々巡りを戦後、何十年も繰り返しているのです。

私は、これに関して以前から1つの考えを持っています。

靖国神社では、戦争に導いた責任があるであろうA級戦犯の方々と何もわからず、純粋に国や家族の為に、命を失った方々とが祀られています。

いわゆる、「合祀」です。

これが、話しをややこしくしています。

中国や韓国も、A級戦犯が祀られている靖国神社に参拝することに対して、戦争を肯定している様に見えてしまうわけです。

日本において、「合祀」というのは、亡くなられた方々は、全て神様なのだからという、宗教的な考え、心情に基づいています。

それらは、理解した上で、私は1つの考えとして、A級戦犯と一般国民を「分祀」する必要があると思っています。

今の憲法、法律では、「政教分離」によって、政治は宗教に介入が出来ないわけですが、政治家達の働き掛け如何では、靖国神社主導の基、実現は可能だろうと思います。

これは、今の日銀政策と同じです。

日銀もまた、政治が直接、介入出来ません。

今の安倍首相の意向を鑑み、日銀総裁主導の基、政府の方向性に沿った政策が展開されているわけです。

従って、靖国神社においても、安倍首相にその気持ちがあれば、「分祀」は可能なはずです。

当時の政治事情や時代の流れ、また、東京裁判の合法性など、今の政治家の皆さんには、A級戦犯の方々への配慮?というものがあるのかもしれません。

しかし、あれだけ多くの罪なき国民の命を奪った戦争へ導いてしまった責任は、非常に重く誰かが責任を取らなくてはなりません。

それが、100歩譲って図らずとも戦争になってしまったとしても、当時の指導者達は、責任を取らなければならない立場に居たわけです。

例えば、会社の場合、いくら優しい思いやりのある社長でも、会社を倒産させてしまえば、社員や関係者も含め、全ての人達を路頭に迷わすことになります。

その時、今までがどうであれ、倒産に導いてしまった全責任は、その時の社長にあるのです。

「あの人は、ええ人やった」と回りの人達は理解をしてくれたとしても、それだけで済まされる問題ではありません。

対外的な責任として、社長が全て責任を負わなければならないのです。

戦争においては、そんな会社の比ではないのです。

靖国神社の場合、当時の事情を知る日本の政治家達は身内のこととして、処理をしたいのかもわかりませんが、国民に対しても、そして対外的に対しても、その責任は、ハッキリさせなくてはならないのではないでしょうか?

戦争を起こしてしまった指導者達は、国賊であると。

従って、私見としては、中国や韓国の言っていることに一理あると思っています。

ドイツの場合、「ナチス」を完全に国民から切り離しています。

「あれは、ドイツ国民の感情とは関係なく、ヒトラーが強制的、強権的に進めたことだ………」と。

当然ながら、埋葬も一般国民とは、別です。

解りやすい話しです。

その後のドイツ政府は、ドイツ国民と「ナチス」を切り離し、新ドイツ政府として、隣国への戦後賠償を進め、現在ではドイツの隣国で、先の大戦の尾を引いて いる問題は殆どありません。

日本においても同様だったのではないでしょうか?

当時の指導者達によって、教育が歪められ、強制的、強権的に召集され、戦地へと赴かざるを得なく、尊い命が奪われてしまったのではないでしょうか?

私は、日本において、現在まで続いている靖国神社の「合祀」という形が、事を複雑にしている様に思えてなりません。

実は、私の家族は東京に居て、靖国神社もそんなに遠くはありません。

しかし、そんな理由から、外から手を合わすことはあるものの、まだ一度も靖国神社を参拝したことがありません。(余談ですが、鹿児島の知覧には機会があって二度行きました。もう……涙、涙です。今の時代の有り難さ、また当時の方々の無念と深い愛情を感じます……)

全ての先人達の想いは、「あの戦争はなんだったのか?」「あの悲惨な戦争を二度と繰り返してはならない」ということです。

何があっても戦争は起こしてはならないのです。

苦しむのは、指導者達じゃない…。

国民なのですから……。

だから、私は、敢えて様々な政治家達の心情、そして日本の宗教観を承知の上で、「分祀」を提言するのです。

この「分祀」をすることにより、中国や韓国も理解を示してくれるでしょうけれど、何も中国や韓国に対して体裁を取り繕う為だけに、言っているのではありません。

如何なる理由があったとしても、戦争に導いてしまった責任は重いものだと、政治家達には理解をして欲しいのです。

この「お盆」という時期に「終戦記念日」が存在するということは、先人達のメッセージだと思います。

私達にとって、ご先祖を思い、先人達を思い、そして、「二度と戦争を起こしてはならない」と国民1人1人が再認識をする、そんな期間なのかもしれません。

いつの世も、時代は、時の指導者達によって築かれて行きます。

日本に限らず、隣国、そして世界の指導者達は、責任と覚悟を持って戦争のない善き未来に導いて欲しいものです。

互いを尊重し、覚悟を持って、諦めず話し合えば必ず解り合えると信じています。

何故なら、私達は、宇宙から見ると、国境のない地球という同じ星に生まれ、人間という同じ民族、兄弟なのですから………。