• HOME > 
  • ブログ

皆さん、こんにちは!!

今週は随分と暖かい日が多かったですね。

少し暖かくなって来ますと、不思議と気持ちも高揚し、前向きな考えの基、行動出来る様な感じがします。

さて、先般、「人生の師」という本を読んでいました。

その中に“問題あるところに成長あり”という章がありました。

ご紹介しますと、その主人公は、ある時、会社の存亡に関わるかもしれない重大なミスをしたそうです。

その時、「人生の師」に事の経緯を説明し、指示を仰いだところ「ダメだったら縁がなかったという事だ。自分の出来る全力を出せ」という返事だけで、特に細かい指示はなかったそうです。

そして、主人公は、眠れないまま、一夜を明かし翌日、死に物狂いで、自身が出来る事を全て行ったと云います。

その結果……トラブルは終息に向かい、数ヶ月後、無事案件は完遂したという事です。

私はこの文章を読んで、「人生の師」から見ると、主人公が抱えている問題は、自身の経験から、そんなに大きな問題ではないと判断し、上述の様な指示になったのだろうと推測します。

そして、その裏側には、その人を成長させる良い機会との思いもあっての事だろうと考えます。

また、その主人公なら、まずは必死で誠心誠意、行動するだろう。その結果、必ず解決するだろう。

この様な確信もあったのだろうと思います。

問題があるという客観的事実はどのレベルの問題か?をまずは認識する必要はあります。

しかし、一方で本質的に云いますと、問題を問題と感じるのは、人の心、精神的な部分によるものです。

その人の経験値、考え方、知識、スキル、感情などによって捉え方は異なるのです。

「人生の師」から見ると、客観的事実から判断して、他愛も無い問題でも、経験値の浅い、その時の主人公にとっては、人生を揺るがす位の問題だと感じてしまうものなのです。

これが、いわゆる「壁」と呼ばれるものです。

これらは、周りからアドバイスを貰うにせよ、自らが考え、行動をし、乗り越えて行かなくてはならないのです。

「人生の師」に乗り越える為の全ての考えと手順を示して貰い、作業として乗り越えたのでは意味はないのです。

私自身も、今思うと、「何と、チッポケな事で悩んでいたな」と思う事が沢山あります。

当時私には「師」と呼べる方が少なく、自らが悩み、考え、行動をし、取り合えず乗り越える。

今思うと、場当たり的な視点や発想だったので、また、すぐ「壁」に当たる。

そしたらまた、悩み、考え、行動をし、一先ず乗り越える。

そんな事でも繰り返すと、経験値も高くなり、それと共に視点も高く、視野も広がり、本質的な問題が見えてくる。

それらを自ら乗り越え時、初めて視界が開けた事を思い出します。

しかし、これも乗り越えたからといって、ゴールはやって来ません。

また、次のステージで何かしらの「壁」にぶち当たります。

今も尚、「悩み」や「壁」は尽きる事はありません。

その立場立場で……その時々でやって来るものなのです。

何故なら、上述の様に、「壁」は本質的に人の心に存在するからです。

私の現在の「悩み」も、私より数段、経験値が高く、知識、スキルの長けている方から見ると、「そんな事で何を悩んでいるんだ」と叱られる事でしょう。

人生、仕事はこの繰り返しです。

上手く行かないから面白いのです。

自身で限界を作った時、成長が止まり、未来が決定してしまいます。

苦しめば苦しむ程、悩めば悩む程、そして、「壁」が高ければ高い程、それを乗り越え結果を出せた時の充実感、達成感は何物にも変え固いものがあります。

最後に、上述の主人公が全てを解決し、「人生の師」に報告に行った時、その師、曰く「問題あるところに成長あり。悩みがあるという事は可能性があるという事だ。試練というものはその人に合った試練しかない。だから、逃げずにその壁を乗り越えなさい。乗り越えた者だけが成長し、次のステージに行く事が出来る。問題が多く高いほど生きる価値がある。」と。

非常にポジティブな考えで、ごもっともなご意見だと共感します。

「悩みがあるという事は可能性があるという事だ。」

逆に言うと、悩みがない人は可能性がない。 成長がないとも云えます。

問題がないと考える鈍感力の高い人よりも、特に経験値の浅い時には、小さな事でも問題視して、悩み苦しみ、それを乗り越えるという経験を何度でもした方が良いという事です。

人それぞれ悩みがあり、人それぞれ壁があります。

まずはそこから逃げずに1歩踏み出す勇気を忘れてはなりません。

それが何よりも尊い行動だと思います。

そして、どうせ1歩踏み出したのだから諦めず、それを乗り越え結果を出す。

1度、乗り越えると「自信」が付いて来ます。

その「自信」がまた、その人を成長させてくれると思うのです。

コトからヒトへ

皆さん、こんにちは!!

まぁ~異常気象とも云える大雪が先週末も日本を襲いました。

東京においても2週続けての大雪は私の記憶にはありません。

ちょうど、先週末は奈良香芝の本社工場にいましたが、こちらも豪雪で大阪方面の道路が殆ど寸断され、通常15分位で大阪に入れる所が、2時間位掛かってしまいました。

しかし、大阪に入ると道の両サイドには雪が積もっていたものの、道路は普通に車が往来し、正に小節「雪国」の様な状況でした。

この寒さも来週あたりから気温も上がるとの予報ですので、もう少しの我慢という感じでしょうか……。

さて、以前、「モノからコトへ」という話しをしました。

今日は更に進めて、「コトからヒトへ」という話しをさせて頂きたいと思います。

今や、時代の変化、小売り全体の価値観が、目に見える物質の価値である「モノ」から、目に見えない事象の価値「コト」へと変化しているという事です。

その商品を手にした時の喜び、感動、そして、それを使った時の経験値などなど、そういった感情をイメージさせる背景を商品に盛り込まなければならないという事です。

まずは、ヒトから生み出すモノ、それだけでは売れなくなった時代に入り、物質的価値からモノを利用する場面を重視したコトへと移る、しかし、それらは全てヒトの価値観の変化からもたらせられているという訳です。

その様な事を考えると、時代の変化も、小売りの変化も、ヒトが起点となっていると云えます。

であれば、ヒトとしての価値観はどうなのか?

自分自身が価値を創造するヒトとしてどうなのか?が問われていると云えます。

プロダクトアウトからマーケットインそして、更に進み消費者(顧客)の方々にも“モノづくり”に参画して頂く、いわゆるコ.クリエーションへとシフトしています。

現代は当然ながら顧客主導の時代です。

顧客はモノを買い、それを使いながら自身の使用価値、経験値を高めようとしています。

また、SNSの発展から顧客同士が互いの声を聞き合い、自身の感性、体験を磨いています。

つまり、顧客(ヒト)が“モノづくり”“ブランド形成”に大きな影響を与える時代になったという事です。

モノからコト、コトからヒト、この様な背景を持って商品価値を高める、これが唯一の差別化になるのかもしれません。

成果の出せる人材

皆さん、こんにちは!!

まぁ~一転して強烈な寒さですね。

暖かい日もありましたので、余計に寒さが身に染みる感じです。

また、週末は、大阪、東京も含め大雪になるかもしれない?との予報ですので、防寒対策をしっかりとして、ご注意の程をよろしくお願い致します。

さて、昨今、SFA(営業支援システム)に代表される様に、営業成果を得る為の様々なツールが注目をされています。

逆に見れば、営業成果が出にくくなった時代だからこそ、どの経営者も興味を抱き、自社に見合った営業ツールを取り入れようとしている訳です。

確かに昔と違って、一生懸命、仕事をしていれば、誰もが結果を出せる時代ではなくなって来ました。

それらの領域は、それぞれの専門家に任せるとして、本日は、私が何十年も仕事に携わり、多くの人達を見て来た中で、成果を出せる人材の共通点について話をさせて頂きたいと思います。

まずは、何と言っても「ポジティブシンキング」であるという事です。

成果を出せる人の多くは、考え方が前向きです。

日本人は元来保守的な国民性です。 ネガティブシンキングの方が圧倒的に多いのが現状だと思います。

決められた枠組みやルーティーンから外れると、まず拒否反応から入ってしまいます。

しかし、そのルールも誰かが、どこかで決めた事です。

であれば、時代や会社の方向性に合わせて、誰かが、いつか道を切り開いて行かなければならないのです。

「Yes ,I Can !」「Yes,I Do!」「Yes, I Try !」明るく即座に、こう言って行動に移せる人が、仕事でも成果を上げています。

次に、「柔軟性」です。

時代は刻々と変化をしています。 今やその変化は急激です。

今日、正解だったものが、明日は不正解となってしまうのです。

例を1つ上げると、かの坂本龍馬、当初は沈み行く幕末にあって、「尊皇攘夷」という保守的な考え方でした。

そして、「開国派」の勝海舟の暗殺を目論んだ所、逆に勝海舟から、世界情勢を聞かされ、「開国派」へと転じ、時代を切り開いて行く事になる訳です。

「問答無用」ではなく、相手の言う事を邪念なく聞ける素直な心、それが方向性として正しいと判断出来る大局観、そして……180度考えを変え行動に移せる柔軟性、これが時代を動かしたのです。

変な頑固さ、変なプライドは自身に何ももたらせてくれませんし、成長を妨げるだけです。

持つのであれば「誇り」を持つことです。

そして3つ目は、やはり「情熱」です。

先程の坂本龍馬も、自身の事ではなく、「このまま放置すれば、日本は、世界列強の食い物にされてしまう」「国内争いをしている場合ではない」「早く国をまとめて新しい体制を作らなければならない」

そこには、自身が取って変わろうなどという野心は微塵もありません。

純粋な熱い思いで行動をし、その打算のない心が回りを動かしたのです。

いつの時代も人対人、アナログ的なものなのです。

4つ目は、「クイックレスポンス」です。

兎に角、成果の出せる人は対応が早い。

連絡、報告にしても、業務処理にしても、相手の期待値を遥かに上回るスピードで対応をしてくれます。

そこには、決断の早さと行動量(行動力)があります。

それがまた、信頼を呼び、成果へと導いてくれるのです。

最後に「学び好き」という事です。

成果を出せる人は、解らない事があれば、即、調べる、情報をかき集める、この様な姿勢の方が多いと思います。

今の時代は特に、ネットの普及から1夜にして世界中の情報をかき集める事が可能です。

依って、「学び好き」だけでは差別化が計れなくなって来ているのかもしれません。

1歩先に行くのであれば「知行合一」(ちこうごういつ)。

知っているのでは意味がない。 知っている事と行動が伴っている事。

これが必要だと考えます。

私が多くの人達を見て来た中で、今も昔も変わらず成果を出せる人というのは、上述の5つの要素を持った人だと言えます。

結果が出にくくなった時代、営業支援ツールは、必要条件または、必須かもしれませんが、それを導入したからと云って成果が約束された訳ではありません。

まずは絶対条件として、上述の様な「考え方」「人間力」を少しでもレベルアップして行く事が肝要であると私も含め認識をして置かなくてはならないと考えます。