• HOME > 
  • ブログ

広州交易会

皆さん、こんにちは!!

今日は本当に穏やかな天気ですね。

清々しい陽気です。

今日からゴールデンウィークと云う事ですが、、残念ながら今年は暦の関係で飛び石休日と云う方が多いのではないでしょうか?

長期旅行とはいかないかもしれませんが、どうぞ、それぞれの休暇をお楽しみ下さい。

さて、話は変わりますが、今週私は中国へ行っていました。

今回は、中国最大の展示会である広州交易会へ行き、中国企業の現状視察と新たなネットワークを構築すると云う事を目的に行って来ました。

当社のスタッフは何度か行っていますが、私自身は初めての交易会でした。

話には聞いていましたが、その規模の大きさは想像以上のもので、世界各国のバイヤーが来られていて国際色も豊か、正に最大の展示会でした。

恐らく全てを見て回るだけで、3~4日は必要な感じです。

今回、展示会を見れるのは、丸2日しかありませんでしたので、カテゴリーを絞って回る事にしました。

それでも、朝から夕方まで約7時間位、それを歩きぱなっしで2日間掛けて、クタクタになりながら漸く回り切ったと云う感じです。

私自身は、10数年前から中国へ行きだし、上海の展示会へは何度か行っていました。

今回、久し振りに展示会へ足を運びましたが、中国企業の進化のスピードには驚かされます。

最早、家庭日用品は日本製品と遜色ないレベルにあります。

ただ単に「モノを創る」と云う事であれば、完全に負けています。

やはり、私達はもっと川上のプロセスを強化しなければならないと感じました。

川上と云うのは、「商品企画」における一連のプロセスです。

日本市場で販売をするのであれば、その市場動向、消費者の購買動向など、当然ながら私達が熟知しておかなければなりません。

そしてその裏付けや背景、「コト」を以て商品企画をしなければならないと思います。

所謂、デザインも含めた商品企画力を更に高め、モノづくりにおける差別化を図らなければ中国を初めとする東南アジア諸国との競争には勝てないと強く感じました。

また、一方で、出展されている企業に話を聞くと、今回の来場者は少ないと云う事でした。

この話を聞いてもしかすると……次の国へのシフトが始まり掛けているのかもしれないと思いました。

その昔、日本もそうでした。

高度経済成長の頃、日本の家庭日用品展は国内外のバイヤーで溢れ帰っていました。

その経済成長も終わり、世の中にモノが溢れ、「売れる時代」から「売れない時代」へ変遷して行きました。

それと比例して家庭日用品展への来場者も年々減少し、今や、単独での開催は困難になって来ている様に思います。

もしかすると…日本が歩んで来た道を中国も少しずつ歩み出したのかもしれません。

上述の様に、家庭日用品においては日本製品と遜色ないレベルになって来ています。

原材料や人件費の高騰、元の切り上げなどにより、年々、コストパフォーマンスは弱くなって来ています。

更にコストパフォーマンスを求めて、ベトナム、ミャンマー、カンボジアなど東南アジアへと「モノづくり」が本格的に流れ出したのかもしれません。

その様な事を考えると、やはりコストパフォーマンスだけの「モノづくり」を求めていたのでは、いたちごっこに終始してしまいます。

今や、どこでも「モノづくり」は出来ます。

まして、家庭日用品であれば、メイドインジャパンは通用しません。

上述の様に、私達が一番熟知する日本市場、消費者意識、などを如何に「コト」として捉え、商品企画が出来るか?がポイントで、メイドインジャパンではなく、プロデュースバイジャパン、「モノづくり」は各国ネットワークの中からチョイスする、この様な形が望ましいのではないか?と考えている所です。

ただ「モノづくり」において、差別化が計れるとしたならば、圧倒的に短縮されたリードタイムだと思います。

通常、例えば1カ月生産に要するのであれば、1週間で生産する事です。

これが一番のモノづくりにおける差別化です。

アパレルメーカーの「ZARA 」の場合、通常、9カ月掛かると云われる服飾業界にあって、僅か2週間で新作が店頭に並ぶそうです。

想像を絶するリードタイムです。

これからの「モノづくり」はまず、商品企画力、そして更に生産において、圧倒する位のリードタイムの短さ、この2つの視点が差別化を計るポイントになる筈です。

トップセールス

皆さん、こんにちは!!

今日は雨模様ですが、ここ暫くは天気が続き暖かかったですね。

5月中旬位の気候だった様です。

しかし、乾燥注意報が出る位、雨が少なかった様ですので、今回の雨は恵みの雨になってくれればいいのですが……。

さて、話は変わりますが、私自身、昨年の10月辺りからトップセールスとして本格的に活動をしています。

何年振りかの営業です。

よって、最近は飛び回る事が多く、1日中会社に滞在している事は少なくなりました。

今までは、それぞれの責任者の方々に部下を配して、会社の方向性を私が示し、それに沿って、それぞれの経験、スキルを駆使して、自由な発想、戦略の中で、それぞれが結果を出すべく活動が出来る様に、その指導と組織を作って来ました。

その理由は、自分達がそれぞれの組織の長となる事で、責任者の方々も自覚し、また、成功事例を自ら生み出す事で自信を持ち、更にワンランク成長してくれるだろうとの思いから、私は出来るだけ後続部隊に回り、俯瞰しながら叱咤激励を行うと云う立場を意図的にとって来たと云う訳です。

しかし、責任者の方々も一生懸命頑張ってくれていますが、新しいビジネスモデルの推進、それに伴う活動と結果と云う所で、それなりの成果は出るものの、目標達成数字や期限からは程遠く、なかなか望む様な結果が出ないと云うのが現状でした。

そこで、達成期限のデッドライン(円安の影響や消費税増税による業績の悪化への懸念)が迫るのを感じ、外部部隊として新規開拓営業マンを配し、社長直轄とし、本格的にトップセールスを始めたのでした。

期限までに目標数字を安定的に構築する事も去ることながら、中長期的な側面から「本当に私達のビジネスモデルはそれだけのニーズなのか?」 「もしそうであれば、どの様な付加価値を今後、備える必要があるのか?」を営業からの情報だけではなく、私自身で見極めなければならないと云う考えも一方ではありました。

活動から2~3月経過し、私の懸念は1つ解消されました。

それは、上述の「ビジネスモデルの価値」と云う所です。

当然ながら、何事も構築をして、それがゴールと云う事ではありません。

寧ろ、そこからがスタートです。

従って、ビジネスモデルの進化、改善と云う所は、適宜行って行く事は当たり前ですし、まだまだブラッシュアップをして行かなくてはなりません。

これからは、そこが仕事になる訳です。

しかし、トップセールスを始めて1番の収穫は、ベースにあるビジネスモデルの考え方、価値は、私の想像を遥かに越える位、相手には刺さるモノでした。

自身が直接プレゼンを行い、お客様の課題を抽出して行く上で、私達が想定していた通りの課題をお客様も感じておられると確信しました。

私達のビジネスモデルは、その課題を解決する為に構築しましたので、その将来性に無限の可能性を感じる事が出来たのです。

先週のブログでも記述させて頂きました様に、「時間」と云うモノは無限にある訳ではありません。

闇雲に達成期限をズラす事にも限界があります。

いつまでに自分達が掲げた目標を達成させなくてはならないのか?を常に年頭に置き進まなくてはならないのです。

また、昨今の時代の移り変わりの早さから、その達成期限も刻々と変化を余儀なくされます。

自分達の想定した達成期限に、外的要因情報を加味して、その達成期限を明確にする必要があります。

また、当たり前の様に責任者の方々は自身でその期限を決定する訳ですが、その部署員、全社員がそれを共有し、それぞれの期限付きゴールに向けて進まなくてはなりません。

部署員が認識不足でも、責任者として1人でも、「その期限までに結果を出す」と云う考えが最低限必要です。

これは、最終的に社長も同様であると考えています。

昔と違って精神論だけでは結果は出ませんので、ビジネスを理解し、論理的思考を持って挑まなくてはなりません。

それでも、閉塞感が拭えない場合、精神論を翳すのではなく、社長自らがそれを打破するべく行動をし、情報収集と結果を残し、その道標を見せてあげると云う事も、時には必要なんだろうと思います。

それにより、OJT として考え方や進め方、ハウツウやノウハウなどなどを実践教育出来ますし、期限を決めて(デッドライン)結果を出す事の重要性を体験させる事にもなります。

また、大きく結果を残す事で組織も活気づき、各々の仕事への取り組みも変わり加速すると思うのです。

私の今年の活動テーマとして「ヤンチャに活動をする」と云う事 を公言しています。

益々、トップセールスとしてヤンチャに活動をし、社内外に旋風を巻き起こしたいと考えている所です。

「好かれる人」になる為の極意

皆さん、こんにちは!!

いい陽気になって来ましたね。

つい先日もゴルフに行かせて頂きました。

今年初めてです。

流石にスコアは褒められたものではありませんでしたが、気候もよく、清々しく、心身ともにリフレッシュさせて頂きました。

昨今の印象として、「春」という期間が本当に短くなって来たと実感していますが、この気候のよい短い春を大いに味わいたい……今はそんな気分です。

さて、話は変わりますが、先般、移動中の新幹線である本を読んでいました。

その本のタイトルは、「世界の大富豪2000人が、こっそり教える人に好かれる極意」というものです。

私自身も、特に営業の方々には「人に好かれる事」が最も大事だと言っていますので、思わず買ってしまったという訳です。

非常に興味深い内容が沢山ありましので、今日はその中から1つ、ご紹介させて頂こうと思います。

彼ら大富豪達には、「幸せな成功者」と「不幸な成功者」がいるそうです。

極端に云うと人を踏み台にして、のしあがって来た成功者、これが云う所の「不幸な成功者」と云う事らしいです。

これは、稲盛和夫さんが提唱する「考え方+―」と云う考えと酷似します。

まずは考え方を正しく持って、仕事や人生に向かい会わなければならないという事だろうと思います。

正しい考え方を備えた幸せな成功者達は共通して、心を満たすには4つの自由が欠かせないと考えている様です。

それは、「お金」「人間関係」「時間」「健康」この4つだそうです。

私達凡人には、どれも自由にならないモノばかりですが………。

そして、特筆すべきは、ビジネスで大成功した人は、上記4つの中でもとりわけ「時間」を大事にする傾向があると云う事です。

従って、彼らはその大切な「時間」を奪う様な行為をする人には好意を持つ事はありません。

自分の意思で「その時間にそれをする」と決めたなら、仕事は勿論の事、遊びにおいても原則、遅れずに実行する事が大事だと考えているのです。

時間は待ってくれない………。

時間は誰にでも平等……しかし一方で一番冷酷で無慈悲だと彼らは知っているのです。

だからこそ、明確な目標を立て、計画を練り、スケジュール通りに行動をし、まずはベストを尽くす事が最低の義務であり、時間に対する礼儀だと彼らは考えているのです。

彼らにとっては、時間に対する考え方、価値観は上述が「当たり前の基準」なのです。

よって、この価値観が共有出来ない人は相入れないという事です。

更に筆者は、「好かれる人」の条件として、「人の時間を奪わない事」の重要性を謳っている一方、見落としがちなのは、上司や顧客、仕入先とのコミュニテーションであると警告をしています。

目に見えた時間の浪費は誰にでも分かる事ですが、兎に角、気を付けなければならないのは、コミュニティの1つである「報告」だと言います。

「報告」を怠ると云うのは論外ですが、長ったらしいレポートや企画書を上司や顧客に読ませたり、とりとめのない説明をダラダラするのも、やはり「相手の時間を奪う事になる」と指摘しています。

まず、結論を述べ、簡潔に相手が望んでいる事を的確に報告が出来る人ほど、「この人に仕事を任せると、自分の時間を有効に使える」と上司や顧客から好意を持たれ重宝するものだとしています。

イギリスの元首相チャーチルは、「1ページの報告書なら読むが、それ以上ならゴミ箱に捨てる」と言っています。

その真意は、報告を短くまとめられないのは、「自分も理解していない」事の証拠である。そんなものを相手に読ませる事は、そもそも相手に失礼に当たるとの事です。

私も僭越ですが全く同感です。

会社内においても、社内コミュニティがしっかり出来ている人は、対外的にも通用し、信頼を得ている人が多い様に思います。

いわゆる「人に好かれている」訳です。

上述の時間の使い方、報連相に関しては、私自身も重要視し、常々喧しく社員達に言っている所です。

また、仕入先の方々への対応に関しても、「やみくもにデザイン会社に依頼をするな!!」「やみくもに仕入先に見積依頼をするな!!」と、よく言います。

これは、とりもなおさず仕入先様においても、無用な時間を取らせては申し訳ないと考えているからです。

更に言えば、上記のやり取りにおいて、結果を伴わない形で終始してしまいますと信頼を失墜する事にも繋がります。

これは長期的に見て双方の利益には決してなり得ません。

私は、お客様に対しても同様の考えです。

時間の価値をご理解頂けず、自らのご都合だけで、無理難題を言って来られるお客様も少なくありません。

社員の方々には、お客様には失礼ですが「やみくもにお客様に言われたからといって、走り回らなくてもよい!!」と言います。

何故なら、この様な主従関係では何時まで経ってもお客様とパートナーシップを結ぶ関係にはならないと思いますし、これもまた、長期的に見て双方の利益には繋がりません。

私自身の考えとして、ビジネスを取り巻く環境は、受発注の関係ではなく、双方を尊重し、互いを補完し合えるパートナーシップでなければならないと考えています。

どちらが上でも下でもないのです。

それぞれが、それぞれの専門分野でのスキルを発揮して、シナジー効果を創出する事が重要であり、その根底には「時間に対する価値観」を共有している、そんな関係が望ましいと考えます。

これは社内においても同様です。

それぞれが自身の成長を目指し、スキルを身に付け、そして自身の仕事へ反映し結果を得る、そこに社内シナジーが発生するという事です。

そしてその根底には、「時間対費用」「時間対効果」と云う共通言語を持ち、「時間に対する価値観」を共有している、この様な人材であれば、正に主従の関係ではなく、社内パートナーシップと云う事なんだろうと思います。

私達は、ビジネスの世界に身を置いています。

社会人として周りの人達に不快感を与えない立ち振舞いを心掛ける事は当たり前として、まずはビジネスマンとして「幸せな成功者達」に代表される様に、「仕事の出来る人」から好意を抱いてもらう事は大事です。

何故なら、その人達に自身を成長させて頂けますし、導いても頂けるからです。

そして、やがて、自身も成長を果たし、その人達のパートナーとして活躍する事が相手への還元になりますし、相手もそこまでの成長を望んでいる筈です。

「時間に対する価値観」を正しく理解し、相手の時間を奪わない気配りと実りある時間をもたらす事を積み重ねて初めて、相手から好意を持たれ、信頼を勝ち取る事に繋がって行く訳です。

是非、参考にして見て下さい。

末談として、この本は面白い内容が沢山詰まっていますので、折に触れ、ご紹介させて頂きたいと思います。