• HOME > 
  • ブログ

主体的?自主的?

皆さん、こんにちは!!

しかし、暑い日が続きますね。

皆さまにおかれましては、如何お過ごしでしょうか?

今日から8月!!

夏真っ盛りと云う時期になりました。

しっかりと水分と睡眠を取り、体調管理に努め、お身体をご自愛下さいませ。

さて、こう暑いとなかなか集中力が続かず、動きが鈍りますよね。

こう云う時こそ、先頭に立つ人達は「主体的」に「自主的」にみんなを引っ張って行かなくてはなりませんね。

「主体的」?

「自主的」?

よく似た言葉ですが、皆さん、この意味の違いを答えられるでしょうか?

かく云う私も、明確に答えられませんでしたので調べてみました。

調べてみると同じ様な言葉と思われがちですが、この2つの言葉には大きな違いがありました。

そして、この2つの違いを理解した上で、自身の仕事、又は部下や後輩を教育や指導をすると、その効果は目に見えて変わってくるとの事でした。

その答えは次の通りです。

「主体的」とは、様々な状況下においても自分の意志や判断で行動するという事だそうです。

そして、主体的な人とは、「目的は何かを徹底して明確にし、それを満たす為に何をしなければならないかを自分で考え判断し、自らの責任で最も効果的な行動をする事が出来る人」と云う定義だそうです。

一方「自主的」とは、他人からの干渉や保護を受けず、独立して行う事だそうです。

そして、自主的な人とは「やるべき事は明確になっていて、その行動を人に言われる前に率先して自らやる人」と云う定義だそうです。

よって、「主体的」と「自主的」は同様の言葉ではなく、「主体的」は「自主的」の上位概念と考えればより理解が出来るのではないでしょうか。

1つ例を挙げて、解りやすく説明させて頂きます。

会社において、「朝、挨拶をしましょう」と云うルールが決定したとします。

「自主的」な人は、「やるべき事」が明確な訳ですから、誰かに挨拶をしなさいと言われる前に自ら率先して挨拶をします。

これが、自主的な人です。

一方「主体的」な人は、「挨拶をすると云うルールはわかった」しかし、何故?挨拶をしなさいと云うのだろう?その目的は何なんだろう? と、まず、目的を徹底的に明確にします。

そして、挨拶の目的が例えば「社内コミュニティをとる事」と考察すれば、その手段として「挨拶をする」「食事会を開く」「SNSでソフトコミュニティを図る」「リクレーションやイベントを開く」「分科会を設置する」「ワールドカフェを開く」などなど、その目的を満たす為の手段は挨拶に限らず、山ほどあります。

そしてその中から、最も効果的な手段を幾つかピックアップし、自らの責任の元、率先して行動をします。

これが、主体的な人です。

この概念は何事においても一緒です。

まず、何事においても「決まった事」「やるべき事」が明らかな場合、誰かに言われずとも自ら率先して行動をする、これが「自主的」な人で、周りに言われてから行動する様だと、もはや自主的とは呼べない訳です。

更に「主体的」な人は、1歩深く物事を捉え、「何故、それをしなければならないのか?」を考察し、その目的を明確にします。

そして、その達成手段を幾通りも考え、その中から最も効果的な手段を以て自らの責任で行動をするのです。

私自身も目から鱗の様にその2つの違いと概念を理解出来ました。

確かに、2つの違いと概念を理解し、仕事や教育・指導すると雲泥の差が生じると思いました。

皆さんは「自主的」な人?「主体的」な人?どちらでしょう?

はたまた、まだ、上記概念に照らし会わすと「自主的」「主体的」にもなっていない場合があるかもしれません。

「自主的」の対義語は「強制的」です。 誰に喧しく言われないと「決まった事」すら守れないと云う事になってしまいます。

「主体的」の対義語は「従属的」です。 ただ、何の考えも及ばず、つき従っているだけと云う事になってしまいます。

これらではもはや、ワーカーと云う域を出ません。

ましてや、正規社員がこの行動概念レベルで仕事をされていたのでは、由々しき問題で、余程その上位者に卓越した「主体的」な人が存在しない限り、その人の周りでは様々な支障を来す事になっている筈です。

この様に考えると、私達が仕事を遂行する上での行動概念は、「主体的」か「自主的」か、この2つしかないのが分かります。

また、「自主的」な人まででは、「決まった事ややるべき事」は自ら率先して遂行してくれますので、業務は安心して任せられそうですが、その改善や課題解決といった所までは考えが及ばないのが分かります。

しかし、「主体的」な人は、目的を明確にし、その手段を考えて責任を以て行動すると云う人なので、問題や課題が発生しても自らが策を講じて解決出来る訳です。

全ての人達が、「主体的」な人になる事は難しいかもしれませんが、「主体的」な人が増えれば増える程、建設的な意見が飛び交い、選択肢が増え、活気ある会社となり、より結果を出すスピードが上がる事でしょう。

一度、この違いと概念を理解した上で、自身はどうなのか考えてみて下さい。

そして、この2つの違いと概念を理解した上で、是非、明日からの仕事に向き合って行動してみて下さい。

きっと仕事が劇的に変わると思いますよ。

天神祭船渡御

皆さん、こんにちは!!

まぁ~暑いですね。

確か?今年は冷夏という予報だったと思うのですが…。

梅雨明け宣言があってから以降、急激な暑さです。

昨日も大阪では37℃という気温だった訳ですが、大阪だけではなく、あちらこちらでも猛暑日だった様です。

ニュースでも取り上げられています様に、熱中症や脱水症が心配されます。

水分を充分に補給し、寝る時にも少しクーラーをかけながら過ごされた方が良さそうです。

呉々もご注意下さいませ。

さて、昨日7月25日は日本三大祭の1つ、大阪天神祭でした。

浪速が誇る日本屈指の祭りです。

毎年、天神祭の日は暑いというのが通り相場ですが、ご多分に漏れず昨日もやはり暑い日となりました。

実は私は、縁あって天神祭の船渡御(ふなとぎょう)に参加させて頂きました。

実に貴重で有意義な体験と不思議な時間を過ごさせて頂きました。

大阪は水の都と云われる様に大川、堂島川、道頓堀川など幾本もの河川が浪速の地域を駆け巡っています。

従って、天神祭の行事の中でも、船を仕立てて奉迎する船渡御が最も重要な行事となっています。

天神祭の歴史は、大阪天満宮御鎮座 の翌々年、951年に社頭の浜から神鉾を流し、流れついた浜に斎場を設け、「みそぎ」を行ったそうです。

その折り、神領民や崇敬者が船を仕立てて奉迎したのが天神祭の始まりとされ、一千年を越える歴史があります。

それ以来、船の数も増え(現在は100雙)豊臣秀吉が大阪城を築いた頃には船渡御の形が整ったとされています。

その後、時代と共に幾多の変遷があり、存続の危機もあったそうです。

しかし、その都度、時代の人々が困難を打開し伝統を守り続け、今、私達に壮大で荘厳な祭りを届けているのです。

時間に追われ、時間軸の感覚が昔とは比べ物にならない位、早すぎる現代にあって、今回参加させて頂いた船渡御は悠久の昔より同じ様な時間軸をもって行われています。

この時間の流れを、その昔、豊臣秀吉をはじめ戦国大名達や武将達、また、幕末の獅子達も味わっていたのだろうと考えるとタイムマシンに乗っているかの様な不思議な時間でした。

ふと、今の立場に戻って鑑みた時、私達の会社においても同じ事だと思いました。

会社はgoing concern と云われる様に継続成長して行かなければなりません。

その道のりは、順風満帆で何の問題もなく、何十年、何百年も歩める事は100%ありません。

その時代その時代において、幾多の困難もあるでしょう。

それをその時代の人達が立ち向かい困難や課題を克服し続けて、はじめて天神祭の様に永く続く伝統的な祭りになるものではないでしょうか。

伝統は一朝一夕で出来るものではないのです。

今、全国高校野球選手権大会の予選が各地で行われています。

伝統校といわれる高校もやはり一朝一夕で伝統校になった訳ではありません。

どこかの時代で壁を突破し、そして、困難やくるしい時もそれを乗り越え、ある一定以上の結果を何十年にも渡り出し続けてはじめて伝統校と呼ばれるのです。

いずれも並大抵の事ではありません。

会社も同様に、本質的には企業文化を育んで行くべきものだと思います。

それがやがて伝統となります。

そして、歴史を築いて頂いた先輩達や何十年先の未だ見ぬ仲間達に思いを馳せる事になり、会社を通じて何十年、何百年もの時間が繋がるのです。

simple is better

皆さん、こんにちは!!

ここ2~3日、大阪は暑かったですね。

梅雨明けをしたかの様な暑さでした。

一転、私は今日、東京に居ますが、こちらは曇り空で実にに涼しい気候です。

ちょっと息をつける感じで、ホッとします。

しかし、これからが梅雨も明け、いよいよ夏本番を迎えます。

今年も暑さ対策を充分に以て臨みましょう。

さて、話は変わりますが、「simple is better 」「simple is best 」という言葉をよく耳にします。

しかし、言葉は分かっていても中々実行や考えが伴わないと云うのが現状ではないでしょうか?

私は上述で云うと「simple is better 」という考えです。

シンプルがベストだとは一概に云えないのではないか?と考えますが、一方で複雑に見える事象でも、その本質を探り、出来るだけシンプルに考え行動をすると云う事は心掛けているつもりです。

人はとかく、簡単な事象でも複雑に考え、より難しくする傾向にあります。

簡単な事象は簡単に…複雑な事象もより簡単に…処理をする。

この様な考えに基づいて行動をとる事で誰が見ても解りやすくなると思うのです。

誰から見ても解りやすくなれば、可視化や共有化する事が容易になり、それをマニュアル化する事で誰もが対処出来る様になりますので、効率が良くなる事にも繋がるのです。

経営においても同様です。

経営は当然ながら、一般の仕事内容とは比べ物にならない位、複雑な事象のオンパレードです。

これら、1つ1つを対処し、あるべき姿や目標値を追求して行かなければなりません。

1つ1つを考えれば、複雑怪奇です。

しかし、ここ最近私は、経営をシンプルに考えています。

経営は突き詰めて行くと、2つの事象を解決する事に尽きると考えています。

そして、その2つを具現化する為にどの様な手を打つのか?これを繰り返すだけだと考えているのです。

その2つとは、定性的課題の解決と定量的課題の解決です。

定性的課題とは、会社の経営理念・社是・企業理念や哲学・方向性・ブランディング・ビジネスモデル・スキーム・マニュアル・ルール・社風など会社としての「あるべき姿」を如何に具現化するのか?と云う問題です。

定量的課題とは、文字どおり数値目標です。

会社としての短期・中期・長期経営目標数値を如何に具現化するのか?と云う問題です。

詰まる所、会社経営はこの2つです。

次に考えなくてはならないのは、お題目だけでは具現化は出来ませんので、誰がいつまでにどの様に行うのか?を決定せねばなりません。

まずは、何はともあれ、第一に社長と一緒に本気になって取り組んでくれる誰かに?お願いをしなければなりません。

通常は役員や管理職の人達がその任にあたる事になり道筋をつけて行く事になります。

あとは、期限入りの具体策を作成し実行し具現化して行くだけです。

当社では7月から新年度を迎え、その定性的課題と定量的課題に取り組んでいる所です。

また、今期は、よりその2つを加速させる為に新設部署を設けました。

定性的課題にあたる部署として、「経営企画室」を、また、定量的課題にあたる部署として、「営業統括」を設け、それぞれの強化を図りました。

前期は、定量的課題と云う所で結果が伴いませんでした。

2期続けて…は有り得ません。

経営者としましては、今期、目に見える具体的な手を打たなければなりません。

前期を踏襲するだけでは、意識が変わらない限り、根性論や精神論を振りかざすだけで、何の変化もおきません。

「シンプルに考え、経営を科学する」これを念頭に今期に挑み、今期は定量的課題・定性的課題を具現化する所存です。