• HOME > 
  • ブログ

人事育成評価制度(目標管理)

皆さん、こんにちは!!

ここ数日は過ごしやすい気候ですね。

日も一時よりは随分短くなりました。

もう8月も終わりと云う事もあり、少し秋の気配を感じる今日この頃です。

さて、現在、私達の会社では、人事育成評価制度の見直しを行っています。

簡単に云えば各々、目標を設定して頂き、その達成度合いを評価すると云うものです。

所謂、目標管理と云う事になる訳ですが、恐らく多くの方々はネガティブな捉え方をされているのではないでしょうか?

何故なら、「上層部 が一方的に設定した目標の進捗を機械的に管理し、業績評価している」と考えている人が殆どだからです。

元来、目標管理と云うものは、そうではありません。

かのドラッカーは「自己管理による目標管理」と表現されています。

すなわち、自己目標管理と捉えるのが本質で、自身の目標の為に、まずは自らが進捗を管理し、その過程において課題や問題が生じた場合、管理者の助力を仰ぎながら、その自身の目標を達成して行く、これが目標管理における「あるべき姿」で、それを繰り返し行う事で自身も成長すると云う訳です。

だから、人事育成評価制度なのです。

従って、自己目標管理では、日常業務やあまり高くない目標は当然ながら対象外で、それを目標にしても自身の成長は見込めません。

何故なら、わざわざ目標に掲げなくても、自身の今の実力ならば、注力をせず行えるからです。

また、設定する目標が上述の様な内容ですと、どれだけ個人が集まったとしても、烏合の衆となり、組織貢献と云う大きな成果には繋がりません。

よって自己目標設定は、 ①会社方針やトップダウンによる上位目標を示す事。

②自身が力を発揮出来る仕事を見出だし、自身の能力開発と業績向上に繋がる目標を設定する事。

この2つの接点となる様な目標にしなければならないのです。

そして、それを実行して行く事で、自身の壁に当たり、管理者の助力を仰ぎながら、達成して行く事で自身も成長し、会社への貢献度も上がり、強いては高く評価を受け、給与も上がって行くのです。

これが、本来、人事育成評価のあるべき姿です。

決して、一方通行の話ではないのです。

例えば、野球でも、サッカーでも、今の自分として、出来る技術レベルがあり、その中で出来る事を目標にしていても、自身の成長は見込めないですし、その様な人達ばかりでは、当然チームも強くなる筈はありません。

まずは、各々が、レベルアップする為に、自身のレベルより高い目標を設定し、その達成の為に、実現性の高い道筋を描かなくてはなりません。

そして、それを実行して行き、壁に当たった時は、コーチや監督にアドバイスを貰いながら壁を乗り越え、その繰り返しによって、自身の高い目標をクリアして行く訳です。

チームメイトが各々、自身の目標をクリアすれば、チーム力が上がり、より高い位置で試合が行える様になるのです。

チームに何々が無いから出来ない……。

チーム自身に実力が無いから勝てっこ無い……。

では無く、まず1人1人が、自身としての自己管理目標を達成する。

各々が、成長し、達成すれば、今までチームとして出来なかった部分も出来る様になり、必ずチーム力がアップしている筈です。

ネガティブな捉え方や考え違いな捉え方、また、やらされている感の受動的な捉え方をしていても、自身も含め、いつまでもチーム力が上がる事はないのです。

その様な繰り返しですと、いつも表面上の言い訳に終始し、自身の事は棚に置いて、出来ない理由を他に求め、愚痴や不平だけを口にする事になります。

誰かが、やらなければチーム力は上がりません。

自己目標管理の下、全員が達成出来る様になればチーム力は飛躍的にグンと上がります。

この人事育成評価制度の本質を理解し、各々が、実行すれば、自ずと結果はついてくるものです。

フォロワーシップ

皆さん、こんにちは!!

盆明けから、また、暑い日が続きますね。

しかし、天候は不順で極地的に豪雨を引き起こしたりもしています。

昨今ではこの様な状態が当たり前になって来ている感じがします。

先般もまた、広島県で豪雨による土砂災害が起きてしまい、尊い人命が失われてしまいました。

無念でなりませんが、衷心より、お悔やみとお見舞いを申し上げます。

しかしながら、この様な災害を無くす事は出来ないものでしょうか。

毎回、同じ事が繰り返されている様に思います。

この様な天候が当たり前になって来ている状況下では、今までと違った新たな防災対策を政府、自治体は取らなくてはならないと考えます。

それに伴い、1人でも多く命に係わる被害が未然に防げる事を願うばかりです。

さて……話は変わりますが、企業にとって一番大切な要素は何か?と問われた時、多くの社長は「人」と答える筈です。

人命も去る事ながら、「人」そのものの存在自体が唯一無二で、社会においても、会社においても、その尊い役割を担っていると云えます。

しかし一方で、今、一番の課題は何か?と問われた時、多くの社長はまた、「人」と答える事でしょう。

「企業は人なり」と云います様に、企業を支える、企業を成長させる為には、「人」は不可欠ですが、思う様に育たないのが「人」でもあります。

世の多くの社長達は、この間で悩んでいるのです。

では社長達はどの様な人材像を描いているのでしょうか?

それは、「経営感覚を備え、主体的なリーダーシップを発揮し、結果を出してくれる人」と云う事に尽きるんだ思います。

ある企業のトップは、「会社のナンバーツーがその会社の実力だ」と言われています。

確かにその通りだと思います。

幸い、弊社のスタッフは真面目で一生懸命な方々が多いので助かりますが、高度経済成長の時代と違い、現代にあって、企業を大きく成長させて行く為には、もう1ステップ、2ステップ成長してもらわなければ困るのも事実です。

従って、弊社の人材の育成に関しましては、会計事務所の所長が「大手企業並みに投資をしていますよね」と言われる位、人材育成に……支援ツールに……自己啓発に……出来る限りの投資をし、その成長を後押しする様にしているつもりです。

とは言うものの、上述の人材は一朝一夕で育つものではありません。

あるリーダー育成プログラムでは、リーダーになる前のフォロワーの時が重要だとしています。

その理由は、働き始めてリーダーの経験がない人でも、部下と云う経験は誰もがある訳で、その時々で如何に部下として上司をフォロー出来たか?これを意識し、実行する事であるべきリーダー像になるスピードが早くなるとされています。

このフォロワーが備えるべき能力を「フォロワーシップ」と云い、「部下力」と表現されるそうです。

そのフォロワーシップには8つのキーワードがあるそうです。

①補佐力 情報提供、業務代行、意見具申と云う上司補佐の3つの要素を実行する。

②理解力 上司からチーム方針や背景、方向性、組織を取り巻く経営環境の説明を受け、全面的協力をする。

③批判力 安易な否定や消極的追従ではなく、建設的意見や改善の為の代替案を示す。

④説得力 パイプ役として、社内外に上司の考えや方針を正確に伝える。

⑤貢献力 チーム方針や課題を自身と結びつけて主体的に考える。そして、自身の知見やノウハウを提供し結果を出す。

⑥影響力 フォロワーとして、社内外に働き掛けると云う責任を自覚し、それを実行する。

⑦忍耐力 物事を成就させる為、簡単には諦めない。周囲の協力を得る為に、労を掛ける事も異とはない。

⑧実行力 ゴールと期限を設定して、周囲を巻き込みながら、率先垂範で行動する。

上記の8つがフォロワーシップの備えるべき能力だそうです。

若い時から、全てを完璧に兼ね備えている人は皆無です。

ここで大切な事は、現時点では出来ている点と、そうでない点を自覚し、リーダーになる準備として理解して、出来ていない点を徐徐にでも身に付ける努力をしておく事だと云います。

ある企業のトップは「優れたリーダーになる為には、優れたフォロワーの経験が必要である」と言っておられます。

リーダー目線で物事を捉え、リーダーを支えつつ、チームの目標達成の為に全力を注ぐ。

フォロワーの達成感や苦労を味わう事で、優れたリーダーになる可能性が大きく広がる訳です。

是非、これらを参考に、8つのキーワードを意識し、まずは優れたフォロワーに……そして、行く行くは優れたリーダーと呼ばれる様になって頂きたいと思います。

夏の全国高校野球選手権大会

皆さん、こんにちは!!

今は、お盆休みの真っ只中という方々も多いのではないでしょうか?

週末まで2日余り、それぞれのお盆休みをお過ごし下さい。

真っ只中と云えば、全国高校野球選手権大会も正に、真っ只中です。

この猛暑の中、選手達は熱戦を繰り広げています。

私は、無類の野球好きです。

その昔、甲子園を目指し名門野球部に入りましたが、ドクターストップが懸かり敢えなく断念。

それ以来、本格的な野球活動は出来ませんでした。

後悔の念が私にあるのか?今でも、時間が許せば、高校野球は最初から最後まで見てしまいます。

何故?高校野球は多くの人達を魅了するのだろう?私なりに考えて見ました。

日本国内には、少年野球、高校野球、大学野球、社会人野球、プロ野球など数多くの野球が存在しますが……。

私の結論から云うと次の通りです。

1.フランチャイズによる地元愛

殆どの高校生が地元出身で、地元の高校に進学をします。 私は、プロ野球であれば、大阪出身で珍しいのですが、ジャイアンツファンです。 しかし、高校野球は必ず、地元大阪の代表チームを応援してしまいます。 多くの方々がご一緒ではないでしょうか?

これは、大学、社会人、プロ野球には希薄な所です。

それ故、その地元の方々は、完全フランチャイズである地元の高校に、地元愛を託し熱狂するのだと思います。

ただ、昨今、野球留学の名の下に、越境入学が蔓延り、地元出身の高校生が少なくなっている傾向にある様に感じます。

万一、高校野球に綻びが生じるとするならば、唯一この辺りが問題になるのかもしれません。

2.主体的な姿勢

高校生以上になると目標や目的をしっかりと見定めれる様になります。

その中で、それぞれが何をしなくてはならないか?を自身で考え責任を以て行動が出来る様になるものです。

大人へとなる微妙な年頃ですが、延びしろの大きな時期です。

全員がその姿勢で臨んでいるので、廻りの人達も思わず、手を差し伸べ応援をしてしまうのではないでしょうか?

これは、少年野球には見られません。

主体的に臨んでいる子供達もおられるでしょうが、まだ、両親等に促され、強制されながら渋々、野球をしている子供達もいます。

その温度差が大きく感じられます。

3.ある一定以上のスキル(レベル) 高校生にもなると、それなりのスキルが身に付いて来ます。

高校卒で即プロでも通用する位のレベルの人達もおられる位です。

ある程度、野球を楽しむ為にも、ある一定以上のレベルでないと見ていても面白くありません。

少年野球では、まだ物足りません。

そう云った意味では、まだ不完全な所はあるものの、スキルやレベルは目の肥えた人達にでも充分に通用し、楽しめるのが高校野球ではないか?と思います。

4.規律ある動作

礼に始まり礼に終わる。 そして、きびきびしたその動作に、人々は清々しさを覚え、拍手を送るのだと思うのです。

これは、大学、社会人、プロ野球には見られない部分です。

5.スピーディーな試合運び

全力疾走や投球の間合いなど、全て終了おいてスピーディーで、1球たりとも見過ごす事が出来ない位です。

従って、見ている私達も試合を見入ってしまいます。

これは、特にプロ野球には見られない部分です。

高校野球とは逆に、全てにおいて、遅い感じがします。

これでは見ている人達も間延びしてしまいます。

6.諦めない情熱

ゲームセットになるまで決して諦める事はありません。

9回の逆転劇が多いのは、この様な思いから来ているのではないでしょうか?

また、夏の全国高校野球選手権大会は、各都道府県で予選が行われ、そして、勝ち抜いた各地域の優勝校が甲子園に集い、トーナメントにより深紅の大優勝旗を争います。

1回負ければ終わりの明日なき闘いが続きます。

この仕組み、運営方法も実に妙ではありますが、1発勝負と云う所で、諦めない感情も嫌が応にも湧いて来ると云う物です。

これも、特にプロ野球には見られません。

よくペナントレースは長丁場なので負け試合を作らなければならない、と云う話を聞きます。

実にファンを無視した発言の様に思います。

誰もファン達は負け試合を見に行きたくありません。

もしかすると、その人が球場に足を運べるのが、その1回かもしれません。

勝ち負けは相手のある事ですので、やって見ないとわかりませんが、せめて、最後の最後まで諦めない気持ちを以て試合をして欲しいものです。

最初から負け試合、これは高校野球には絶対ありません。

この様な事もプロ野球離れを起こしている原因の1つの様に思います。

上述の様な事柄を考えると、プロ野球も見直さないといけない点が多々あるのではないでしょうか?

今やサッカー人気も若い人達の中では根強くなって来ています。

サッカーはプロ発足当初、完全フランチャイズで、地元に浸透して行きました。

このままでは、プロ野球も、進化、改善して行かなければ、甘んじているとプロ野球離れが一層加速する様に思います。

また、これらは私達、企業においても云える事ではないでしょうか?

企業も多くの人達の支持や応援がなくては成り立ちません。

決して自己満足では駄目です。

上述から考察すると、まず、地元に愛される企業。

地元採用や地域への貢献なども去る事ながら、加えて愛社精神が溢れる様なガイドラインも必要だと思います。

そして、ある一定のスキル、レベルを持った人達が、ルールや規律を順守し、メリハリのあるスピーディーな行動を心掛け、しっかりと目標や目的を定め、決して諦めない情熱を旨に、主体的に責任を全うする。

この様な活動が、1つの方向性に乗っ取って全員が出来る様になれば、不完全な所が多少あろうとも、自ずとクライアントや関係企業から支持や応援をして頂けるものだと考えます。

私達も高校野球から教えられる事が多い様です。

さて…、2014年、夏の全国高校野球選手権大会、深紅の大優勝旗はどこが地元へ持ち帰るのでしょうか?

いよいよ、これからが本番です。