• HOME > 
  • ブログ

実るほど、頭を垂れる稲穂かな

皆さん、こんにちは!!

早、10月ですね。

本当に月日、時間の経つのは早いものです。

今年も残り3ヶ月、ラストスパートと行きますかぁ!!

さて、話は変わりますが、本社工場の眼下にある田んぼでは、黄金に輝く稲穂が実り始めています。

もうそんな時期なんですね。

「実るほど、頭を垂れる稲穂かな」

これは、人は実績を残し、偉くなればなるほど、素直に訊く耳をもち、人に対して謙虚に頭を下げなくてはならないと云う例えでよく使われる格言です。

私も肝に銘じ、常に頭の中に置いている格言の1つでもあります。

仕事の出来る優秀な人、一流と云われる人ほど謙虚で協調性があるものです。

人はある程度、仕事が分かり多少なりとも実績を上げて来ると自信がつきます。

ここまでは全然OK です。

実績を上げ、自信をつけ、次のステップアップした仕事に取り組んで行く……そうあるべきです。

しかし、ここからが問題です。

次にそれを進めて行く中で、過信をしてしまう人がいます。

「俺は周りの人より仕事が出来るんだ」……と。

どのランク、どのレベルで……。

こうなってしまうと、人の話に対して素直で謙虚に耳を傾けなくなってしまい、自らの成長を止め、お山の大将になってしまいます。

「実るほど、頭を垂れる稲穂かな」とは程遠い状態ですね。

これでは一流にはなれません。

この様な過信が何故?起こるかと云いますと、一言で言えば自身の置かれている周りの環境、そしてそこから来る自身の目標レベルの低さと云う事に起因しています。

例えば、ゴルフの場合、周りの仲間が初心者に近い人達で、自分は少しゴルフの実績があるとします。

その中で「俺はコイツらよりゴルフが上手いんだ」と過信してもそれは井の中の蛙で、世間一般のレベルから見た時、その人も決して誉められたレベルではないと云う事がままあります。

これは、自身の周りの環境と、そこに甘んじるが故に、自身の目指す目標レベルが低くなってしまっているからです。

「上には上がいます」これにはキリがありません。

一流のゴルファーとはどのレベルか?……そこを目標にした時、周りの環境がどうであれ、自身の高い目標に向かって一途に邁進する事になりますので、過信が生じる事はまずありません。

松山英樹選手らが歩んで来た過程を考えて頂ければ理解出来る筈です。

仕事においても同様の事が云えます。

今の現状の中で、多少実績を残したからと云って、世間で云う所のレベルはどうなんだろう?……これを最低基準として、それ以上の目標設定を自身に課して進まなければ、いつまで経っても過信だけしている2流レベルになってしまうのです。

その人にとっては居心地がいいのかもしれませんが……。

どうせなら、富士山の大将、ヒマラヤの大将を目指さなければなりません。

手前味噌で大変恐縮ですが、私は専務と云う肩書きを28歳で拝命しました。

当時の現状は、町工場の域を出ていない状況でした。

従って、当時の社員達は、頭が下がる位、本当に一心不乱に仕事をされていましたが、ただ指示があれば一生懸命作業をすると云う感じで、仕事を創造すると云うレベルには残念ながらありませんでした。

当時で云うと仕方のない事です。

その中で私自身が過信をして、「この人達より仕事が出来るのだから、俺が専務になるのは当たり前だ」と、お山の大将的に仕事をしていたのでは、世間が分からず、自身の成長を止め、真の協力者は現れず、大局的な組織貢献からしても会社を成長させる原動力にはなり得なかった事でしょう。

また、社長の息子だからと若くして専務になり、多少なりとも社員達より給料を余分に貰うと云うのでは、私自身、社員達に対して申し訳ないと云う気持ちが強くありました。

そこで、年若くして専務にして頂きましたが、「その役職を拝命したのだから、年齢は関係ない、世間一般の大手企業の専務とはどのレベルなのか?そしてそのレベルに早く追い着き、よりよい仕事を創造し、みんなの給料を上げ、社員の人達に喜んでもらおう」との目標を掲げ、遮二無二勉強をし仕事に邁進しました。

最初の1年目は、世間一般レベルを知りたく、年間数百人の業界外の人達に会い話を聞きました。

そのみなさまのお陰で世間・全体像そして自身の進むべき道が把握できた様に思います。

それから、次の柱になる新しい仕事の軸を創造し、その結果社員達を慰安旅行でハワイに連れて行く事が出来、今の本社工場の礎も築く事にも繋がって行きました。

当時を振り返ると「やらなければならない」と云う気持ちだけで、邪心や過信は頭の片隅にもなかったですが、万一過信の下、仕事をしていたのでは、現在のコシオカ産業はなかったかもしれません。

こんな事は極々、小さい出来事ですが、自分を過信せず、人の話に素直に耳を傾け、自身のあるべき姿を追い求め、そしてみんなの力を借りながら関わって頂いた全ての人達を幸せにする……自身の事は後回しにしてでも……上になればなるほど、こんな思いで仕事に取り組んで行かなければならないと思うのです。

まずは、周りのがどうであれ各々が過信せず、己のあるべき姿を追い求める……これが大事なんだろうと思います。

ある本にはこの様な一節があります。

「一流と云われる人が思い定めている夢と目標は、大抵、世界レベルでとてつもなくハイレベルな所をベンチマークしているものだ。だから、上には上がいる事はよく分かっているし、自分なんてまだまだですと常に謙虚でいるのだ。夢と目標を大きく持てば、人も組織も謙虚になれる。分からない事があれば、例え自分の判断が正しくとも、他の意見や可能性があると考え、素直に謙虚に自分より詳しい人に話を聞いたり、相談したり出来る。」

「素直で謙虚な心や協調性、コミュニケーション能力などを欠けば、まずいい仕事は出来ない。仕事はみんなでやるものであり、一人では出来ないのだから…」…と。

「実るほど、頭を垂れる稲穂かな」……。

時として人は打算や我欲に走る傾向にある訳ですが、仕事を……そして人生を……歩んで行く上で自身への戒めとして常に頭に置いておきたい格言です。

孔子曰く…

皆さん、こんにちは!!

「暑さ寒さも彼岸まで」と云いますが、今年は彼岸になる前から残暑が和らいだ感じがします。

この様子ですと冬の到来は比較的早いのかもしれません。

一方で、足元の経済情勢は政府見解で下方修正された様です。

私自身、冬は苦手ですが、少し早く寒くなる事で景気が上向いてくれればいいですね。

さて、「読書の秋」ではないですが一般的に企業のトップは本をよく読む傾向にあります。

その中でも1回は孔子の「論語」を読まれていると思います。

私も以前、読んだ事があります。

孔子曰く……で始まる例のモノです。 皆さんも読まずとも知っておられるのではないでしょうか?

何故?世のトップ達はそれを読むのか?と云いますと、恐らくそこには道理や原理原則、本質、考え方に関する部分が多く、万人が聞いても納得をする論拠になっているからだと思います。

従って、何かを判断や決断をする場合、1つの基準、指針になるのです。

その孔子は、弟子を指導する場合、自身の考えを述べさせ、その後、何かしらのヒントを与えて自身でもう一度考えさせ、答えを導き出せる様な指導スタイルをとったとされています。

手取り足取り教えたり、いきなり解決策や答えを示してしまうと、部下は「指示待ち人間」になり、自身の頭で考えなくなりますし、答えを教えられてやった事は身にもつきません。

ある大企業のトップも、「言われた事しか出来ない人間は、何か問題があっても、それに気づかない。また、例え気づいたとしても自身では解決策を考えられないのでどうしてもミスが増える。だから、組織としては問題に気づき、自ら解決策を考え実行出来る提案型の人材を育成しリーダーにしなければならない。そうしなければ部下も育たない」と言われています。

全く以てその通りです。

何もかもそこのトップが判断し、答えを出し進める事は簡単な事ですし、トップとしてはその方が楽かもしれません。

しかし、それでは大局に立った場合、人は成長しませんし、長じて企業も発展はしません。

私自身、「作業ではなく仕事をしなさい!」「自身の考え・意見を持って相談しなさい。」とよく言います。

これらも、作業ばかりを行っていたり、上司に丸投げしたりを当たり前の様に繰り返していると、判断や結論が出せない「指示待ち人間」になってしまうからです。

また、上述の問題に気づくと云う点においては重要なポイントです。

私も「分かってないなぁ」とか「気づいてないなぁ」と感じた時は喧しく言う様にしています。

プロセスを踏まえた大きな失敗に関して私自身、叱る事はまずありません。

ただ、手を抜いたり、一手間を惜しんだ事によるミスは例外ですが……。

大きなミスは恐らく本人がもはや気づいていますので、それ以上に追求をする事はありません。

私が喧しく言うのは、上司を含め誰もが気づかず見過ごしている事柄についてだけです。

これは、上述の企業トップのお言葉を借りれば、それを放置すると、どこが問題かに気づかない指示待ち人間になってしまうからです。

叱る事にはエネルギーが要ります。 会社の為、組織の為、そして何よりも本人の為と考え叱るのですが、出来れば、そんな嫌われる事はしたくないと云うのが誰しもの本音ではないでしょうか?

これもよく言う事ですが、「舞台に上がったらその役を演じきれ!!」と。

会社を舞台に例えた場合、本人の性格は違っても、与えられた配役を演じきらなければならない事を意味しています。

与えられた配役をそれぞれがプロとして演じきるから会社と云う舞台は成り立ち、お客様から拍手喝采を頂けるのです。

その舞台が素晴らしいとお客様が感じてくれればリピーターに繋がり、ロングラン公演になる訳です。

舞台の役割で云えば、社長はプロデュース業で、時には、ディレクター、演出家を兼ねる事はあるかもしれません。

あくまで舞台の主役は、プレイングマネージャーでなくてはならないのです。

映画業界でも、プロデューサー兼監督兼主役と云う映画はなかなかヒットはしません。

プレイングマネージャーがみんなを巻き込みプロとしてお客様に喜んで頂ける舞台を作らねばならないのです。

従って、嫌な事や困難な事があろうとも自分が主役だと云う自覚を持ち、自ら率先して実行し、みんなを引っ張り、叱る所はしかり、真摯に舞台と向き合い、お客様に喜んで頂ける素晴らしい舞台を作ると云う役割を演じきらなければなりません。

嫌な事や困難な状況から逃げていたり、問題に気づかない様では、素晴らしい舞台は作れないのです。

最初から100点満点の舞台などはありません。

足らない部分、出来ていない部分はプロデューサーも勿論の事、舞台を作り上げる主役達自らも問題に気づき、100点満点の舞台にするにはどうしたらいいのか?をみんなで議論をし、ロングラン公演が出来る位の素晴らしい舞台を作り上げて行く……企業の在り方にも相通ずる所があると思うのです。

クールロジックとウォームハート

皆さん、こんにちは!!

まぁ~随分と涼しくなって来ましたね。

朝晩は半袖では少し寒い位です。

季節の変わり目でもありますので、どうぞお身体をご自愛下さい。

さて、以前のブログで、「管理者はマネージする事」「フォロワーシップ」についてお話をさせて頂きました。

どこの企業においても、中間管理職と云われる方々が一番ご苦労されていると事と思います。

しかし、経営方針を具現化して行く先頭に位置する訳で、これだけ仕事としてやり甲斐のある、面白いポジションは無いのも事実です。

上述の2つの内容も管理職としての考え方や心構えをお話し、何かしらの参考になればと云う思いで記述をさせて頂きました。

今日は更にもう1つ「上司への提案力」と云う内容でお話を致します。

中間管理職の方々はその会社内のパイプ役として動かなければならない立場ですが、その場合、時として上司に対して提案・提言を行う場面も出て来ます。

これが出来なければ、ただ上司から言わて作業をしているだけになり、やり甲斐も面白味も見出だせません。

上司に提案・提言をする場合、最も大切な事は「上司が納得出来るストーリーになっているか」と云う事です。

顧客に対してでも全く同様です。

最初のプレゼンが「顧客が納得出来るストーリーになっているか」が最も重要です。

大体の場合、自分目線、自社目線になりがちです。

しかし、それでは上司や顧客は納得せず動いてはくれません。

上司や顧客に働き掛けるには、上司や顧客目線に立ち、上司や顧客が理解し、判断出来る様な伝え方を工夫しなければならないのです。

その為には「クールロジック」と「ウォームハート」が必要だと云います。

クールロジックとは、論理的な考え方や説明の仕方です。

ある著書によりますと、論理的とは筋道を立てて結論を導く事とし、結論を正当化する論拠に繋がる事が大切で、論拠が飛躍したり、辻褄が合わないと相手は違和感を感じるものだそうです。 上司は筋が通り納得出来る説明を何よりも期待しています。 それが出来ないと理解者や支援者は増やせないとしています。

そして、上司(顧客)を納得させる説明をする為にクールロジックと云う考え方・手法が必要だと云います。

そのクールロジックのポイントは3つだそうです。

①日常から「なぜ?」と問かける習慣を身につけ、その目的を徹底追求する。

②全体を把握してから部分を把握する。 概要→詳細→具体化の順番で展開し、全体と部分の関係を明確にする。

③三角ロジックで「データ(説得材料)」と「主張(結論)」と「論拠(説得理由)」を結びつける。 データは、事例や事実や統計指標、主張は結論や仮説、論拠は原理原則や法則。 一般的に説明の方法は、データ→論拠→主張または、論拠→データ→主張で行う。

この3つがポイントだと云う事です。

説明には三角ロジックの3要素が必要で、どれが抜け落ちても相手は真から納得してくれません。

また、説明方法に関しては3つの要素が入っていれば、自身でインパクトのあるプレゼン方法を持って行えばOK だと考えます。

因みに私自身は、まず論拠(原理原則)を話して共感を得てもらい→次に主張(結果や仮説)→そして最後にデータ(説得材料となる事実・事例・裏付け指標や書類など)と云う順番でプレゼンを行う様にしています。

やはり私自身が感じる所でも説得力の弱い方々は、②と③が出来ていないと云うのが殆どで上記のポイントはその通りだと思います。

次にウォームハートですが、このポイントは5つあるそうです。

①仕事の主役は自分自身 当たり前の事ですが、主体性がないと、いつまでも無意識に他力本願の結果に陥り、自身が仕事をしているつもりでも、経営方針の具現化と云う真の仕事は誰かが変わりに行ってくれている事になります。

②難しいと思い込まない 簡単であれば管理者でなくても出来ます。管理職はマネージする事。課題や困難な状況を解決する事、やりきる事が仕事の筈です。質的な難しさではなく、少々時間とエネルギーを要するだけです。

③失敗への恐れを払拭する 100%成功するなら誰もが出来ます。煩わしさや面倒くささにかまけて気持ちが後ろ向きになり、1歩踏み出さない事、これが最大の失敗です。

④自分への評価を恐れない 物事を自身本位の打算で捉まえるのではなく、組織貢献と云う大局に立って進まなくてはなりません。 その高い目標に進むプロセスこそが最大の評価となるのです。

⑤物事は思う様には進まない 元来、物事と云うのはそう云うモノです。 人生もまた同様です。 だから何度でもチャレンジ出来るのです。

このウォームハートのポイントも中間管理職として至極ごもっともな内容だと私自身も思います。

私も中間管理職時代を経験していますので、その苦労は理解しています。

その中で充実感を味わえる様になって来たのは、社内にあっては社長と、そしてお客様とのコミュニケーションが図れ、社長への提案・提言がどんどん刺さる様になってからです。

そうなればこれだけ、やり甲斐のある面白いポジションはありません。

私も社長に成り立ての頃、よく回りの友人・知人にこの様な話しをしたものです。

「社長の立場になって初めて分かったけど、社長とNO 2そして管理職との間には天と地ほどの意識レベルと責任の差がある。今、思うと管理職の時が一番、面白かった。何故なら、社長に好き勝手に提案・提言など言いたい事ややりたい事をゆうて、それに向けて一心不乱に仕事をしたらええだけやったからな。それでいて最終の責任は社長がとってくれるねんから…」と。

今回は中間管理職と云う視点から記述しましたが、若い時より上述の内容を理解し、仕事と対峙する習慣を身につければ、自身の成長に繋がると云う事は言うまでもありません。

また、このクールロジックとウォームハートはプロジェクトや課題解決・目標管理など全ての仕事にも有効です。

まずは全体像やゴールを把握して、部分(プロセス)をウォームハートを持って順番に進める。

そして説明が必要な時は、三角ロジックで…こんな具合です。

最後に、もう1つ。 「言っていい事、悪い事」 「言っていい人、悪い人」 「言っていい時、悪い時」

これは、元首相田中角榮が仰っていた格言です。

社内外に対して、トップも去ることながら、中間管理職こそ、上記格言を以て対処しなくてはなりません。

社内外を鼓舞して行かなければならない方々が、逆に不快感や不安感を与えてしまう様な言動は厳に慎まなくてはなりません。

最近は、東京都議会のセクハラ問題など、その資質に問題がある政治家が多い様に思います。

私達はそれを見せられ不快感しかありません。

同じ事です。

それなりの地位に就いた方々は、その言動には十二分に注意をしなければならないのです。

日本政府で云うと、トップである首相は勿論の事、大臣においてもその言動には注意をしなければならないと云う事です。

要は、その内外から注目をされていると云う自覚が必要なのです。

今回の「クールロジック」、「ウォームハート」、そして上記格言、これらを旨に仕事に対して逃げずに真摯に向き合えば、私自身の経験からも、必ず充実した明るい仕事人生が歩めるものと確信致します。

是非、ご参考に。