• HOME > 
  • ブログ

高く険しく聳え立つ山

皆さん、こんにちは!!

朝晩はめっきり冷え込んで来ましたね。

確実に季節は進んでいます。

時は待ってくれないですね。

気が付けば10月も終わりです。

残す所、今年も2ヶ月となってしまいました。

時間に流されず、自身のしなければならない事をしっかりと見据えて、残り2ヶ月、ラストスパート!!、時間を自ら追っ掛け、「時間が経つのは遅いなぁ」と感じる位に邁進したいと思います。

さて、話は変わりますが、時間と云いますと、目標を設定する場合、必ずタイムリミット(期限)を定めなければなりません。

これは何も目標設定だけではなく、全ての仕事・業務においても同様の事が云えます。

これがないと目標が夢物語、絵空事に終ったり、仕事・業務においてもだらだらと時間に流されると云うケースがしばしば見受けられます。

逆に、期限や時間の意識を軸に持って事に臨んでいる方は、そこからの逆算で物事を捉え実行して行きますので、時間を追っ掛けメリハリのある質の高い仕事・業務が出来る様になります。

また、そう云う方は「何故、期限までに出来なかったのだろう?」と、その原因を探究されます。

それを抽出し改善し別の手段を用いて事に当たると云う事を繰り返しますので、自ずとスピードも高まり、期限までの達成確度も増す事になる訳です。

目標でも仕事でも業務でも、タイムリミット(期限)の意識の低い方は、時間に流されながら目先の仕事・業務を行う事になりますので、その中の課題も注力出来ず、結果、期限までに達成されず、言い訳に終始すると云う事を繰り返す訳です。

これは、作業者に多く見受けられる訳ですが、正社員、ましてや位の高い人達がこれでは、その組織はガタガタでいつまで経っても結果の出ない不採算部門となってしまうのは必然です。

これだけ、時間・期限は、私達が目標を達成して行く上で…、仕事・業務をして行く上で…、行動を左右する重要な意識で、衷心に据えて置かなくてはならないモノだと考えます。

社長は勿論の事、実際、部門を…、部署を預かる方々は、「必ず期限までに為し遂げるのだ」と云う意識が強くないと、課題も見えて来ないし、部下達に強く叱咤激励、指示を出す事もままならないと云う有り様になります。

それでは、そこの部下達も成長しませんし、結果も出ないと云う事になりますと最終的には部下達にも迷惑が及び可哀想な結果になってしまいます。

目標・仕事・業務は、まず、数値など定量化したモノを設定する。

そして、必ず期限を設ける。

上になればなる程、これを強く意識し、部門、部署を引っ張り、期限までに達成し、部下達を喜ばせてあげなくてはならないのです。

また、期限が長い場合、マイルストーンを設定して置かなくてはなりません。

ゴールから逆算して、「いつまでに何をどこまでやるのか」、これを工程の道標として設定するのです。

目標を達成すると云う事は、業務の様に今日や明日で終わる事はありません。

まぁ云わば、山を登る様なモノです。

低い山もあれば、険しくそびえ立つ高い山もあるでしょう。

特に、高い山を登る時には、時間も要しますし、それ相応の人が先導し、山を登る必要があります。

その時、一気には登れませんので、所々、山小屋を目安に休憩をします。

云わば、これがマイルストーンです。

「いつまでにあの山小屋まで行く」これを進めて行くと、決められた時間までに頂上に着く筈だ、先導するリーダーはこの様な全体行程を描き、頭に入れ、みんなを安全に時間内に頂上へ導いてくれる訳です。

長い道程には、このマイルストーンが重要なのです。

細かいマイルストーンは必要ありません。

「ここ!ここ!」と云う大きな目安になる、また、それを期限までに到達しないと、登頂時刻に支障を来す、そんな重要な山小屋をマイルストーンとして設定して置くのです。

険しくそびえ立つ高い山は、目の当たりに頂上を見ると圧倒されます。

「これは大変だ!!」「無理かもわからん」と特に部下達は思うかもしれません。

先導するリーダーが逃げ腰や上記の様では困りモノです。

部下達は余計に不安になり期限までに到達出来ず遭難してしまう事になるでしょう。

険しくそびえ立つ高い山であっても、全体行程を把握したリーダーは「まず〇〇時までにあの山小屋を目指そう!!」「OK !次は〇〇時までにあの山小屋だ!!」と云う様に、みんなの目標が見えやすい位置、頑張れる位置、そして、全体行程の中で重要な位置にマイルストーンを設定し、みんなを叱咤激励しながら、安全安心の内に、期限までにみんなの登頂を果たしてあげ、その頂上からの絶景、達成する事の喜びと充実感・達成感を味わせてあげなければなりません。

そうすると、部下達は「もっと高い山に登って見たい」と云う意欲が増す事でしょう。

「よし!!次はもっと高い山を目指そう!!」このリーダーの一声でより一体感が芽生え、更なる高見を目指す集団へと生まれ変わるのです。

低い山は誰でも登れます。

リーダーやマイルストーンがなくても…。

しかし、これには大きな喜び達成感は残念ながら芽生えません。

高く険しい山だから、リーダーが必要です。

そして期限付きの全体行程を熟知した上でマイルストーンの設定が必要 です。

険しい山から逃げる様ではリーダーは務まりません。

期限付きの全体像(マイルストーンを含む)を描けない様ではリーダーは務まりません。

期限が希薄なモノにリーダーは務まりません。

「みんなを喜ばせる」(期限までに結果出す)と云う意識の希薄なモノにリーダーは務まりません。

そして最後に「みんなの喜びが自身の喜びである」と心底より思わないモノに真のリーダーは務まりません。

みんなを思うから、困難から逃げないのです。

だから、強くなれるのです。

だから、部下を思い叱咤激励出来るのです。

自身の為にも、部下を持つ人であれば部下の為にも、高く険しくそびえ立つ山に挑み、そして期限までの登頂を果たしましょう!!

途中で断念すれば誰も喜べないのだから…。

感謝

皆さん、こんにちは!!

いい天気ですね。

「天高く馬肥ゆる秋」正に秋本番の爽やかな気候です。

10月もあと少しで終わりですが、10月と云いますと、大阪ではあちらこちらで秋祭りが行われます。

私達の地域におきましても10月20日が秋祭りになっています。

1200年以上続きます彌刀神社(みとじんじゃ)と云う所の祭りです。

神社の格式で云いますと、一番上から神宮、大社そして式内(しきだい)と云う序列らしいです。

先程の彌刀神社は式内と云われ由緒ある神社であります。

大概の地域がそうであると思いますが、神社の周りには昔ながらの村が存在し、その村及び地元地域の人達によって守り続けられている訳です。

私達の神社も1200年余り続いていますので、その時代その時代、携わった人達の熱き思いのバトンが悠久の時を越えて受け継がれ、今日の神社・祭りの姿を私達に見せてくれているのです。

そう考えると、色んな困難はあるにせよ継続して行く事の大切さを改めて認識しますし、現代に生きる者としてそれを守りバトンを繋いで行く責任があるのではないかと思います。

私事で恐縮ですが、約6年間、その神社の祭りに会長として携わらせて頂きました。

村の方々、地域の方々、周りの方々など色んなふれ合い・出会いがあり、私自身も見聞が広がり成長をさせて頂きながら、そして皆さんに支えて頂きながら勤めさせて頂いた6年でした。

仕事であれ祭りであれ1人で成り立つ事はまずありません。

だんじりの曳行であれば最低50人~100人のご協力を頂かなければ成り立ちません。

我が…我が…と言っても無理なのです。

各々が各々を尊重し、理解し、協力をし、1つにならなければなりません。

仕事と全く同様です。

話は変わりますが昨日、結婚披露パーティーに呼ばれ参席させて頂きまた。

その時、主賓の方の挨拶の中で「忍耐」の大切さと云う話をされていました。

ご住職の方でしたが、「忍耐とは橋である」との事です。

橋は人に踏まれながら、人を渡して行く役目を果たしていると…。

色んな人が橋を渡るが、橋は文句を言わないと…。

忍耐とは人を許す事である…そんな話でした。

仕事にせよ、祭りにせよ、色んな人達が携わり成り立ちます。

アイツはこうだ…アイツはけしからんと言っても始まりません。

人にはそれぞれの考えがあります。

互いを尊重、理解、そして許す…これが大勢をまとめて行く、また組織として何かを為し得て行く上で大事であると思いますし、この6年間で自然と人に感謝する気持ちが私の中でも芽生えました。

会長として今年、最後の曳行だった訳ですが、最後の最後に会員達より嬉しいサプライズもありました。

全ての曳行が終わり神社に戻った時、拝殿の前にだんじりを止め、突然「6年間お疲れ様でした」の合図と共に、花束を頂き、うちわや時計の記念品を頂き、大きな垂れ幕の下、みんなで記念写真を撮って頂きました。

突然の思いもせぬサプライズに、ただただ感動をしました。

そして、私に対して、その様なサプライズをしてあげようと考えてくれたみんなの思い、それに掛けて頂いた時間…そんな事を思うと本当に感謝です。

本当によき仲間に恵まれ、助けられて微力ながら勤めさせて頂く事が出来たと思います。

みんなの思いが私の宝物です。

会社も神社も100年200年と続いて行かなければなりません。

その時代その時代に携わった人達は、その時を一生懸命に…また歴史に携われる事を誇りに…今を生きる…それが悠久の歴史を創る事に繋がると思うのです。

指示と報告

皆さん、こんにちは!!

今週は台風一過と云う事もあり、秋らしい、そして清々しい陽気ですね。

週末も絶好の行楽日和になると思わまれますので、皆さん、お出掛けになられたらどうでしょうか。

私はと云いますと、週末、地元の秋祭りがありますので、そちらの方で大いに楽しみたいと思います。

さて、話は変わりますが、このブログの中でも仕事における報告・連絡・相談の重要性は幾度となく伝えて来ました。

事前の相談、事中の連絡、事後の報告……いわゆる報連相と云う順番ではなく、相連報と云う順番で行えば事象を時系列で捉えながら、的確な相談、連絡、報告が出来ます。

その中でも報告には3つのルールがあります。

ご紹介しますと、

①相手の都合を聞いて了承を得る。

いきなり報告するのではなく「~の件で報告をしたいのですが〇分ほどよろしいでしょうか?」などと了解を得た上で報告をします。

②報告の順序や要点を事前に整理しておく。

短時間で要点を説明出来るように整理をしておきます。 状況が複雑な場合、事前に簡潔に要点をまとめた資料を提出しておく事がベストです。

③事実を的確に伝える事に徹する。 客観的な判断を仰ぐ為にも事実報告には主観が入らないようにします。 上司の決裁を仰ぎたい事柄については自分の意見を準備しておく事がルールです。

以上の3つで、報告は鮮度が命なので、速やかに円滑な報告を心掛けなければならないとしています。

更に、部下から報告受ける時、決して許してはいけないのが、「~だろう式のいい加減な報告」と云います。

どのような事かと云いますと、「~のはずです。」「~だと思います。」「~だそうです。」など憶測や希望的観測の類いと云う事です。

例えば、「先日の〇〇件、どうなった?」「部下に指示しましたので、やっているはずです。」

それは事実なのか、意見なのか、願望なのかと思わず聞き返したくなるような曖昧な報告です。

報告は、憶測でものを言わない。 わからない事、不確かな事はそのままにせず必ず確認する。 裏をとる。

そして客観的事実を以て報告をする、これを癖付けなければなりません。

正しい報告を求め、それを繰り返えし実行して行けば、自然と部下の力がつくものです。

また、部下からの報告も去る事ながら、上司からの正しい指示も極めて重要であるとしています。

「正しい指示と報告」は組織を動かす両輪であると云います。

上司は指示を出した時、必ず「伝わったか」を確認しなければなりません。

指示を確実に伝えるには、 ①指示した内容を復唱させる。 ②その上で更に指示の要点を質問し答えさせる。

これがポイントだそうです。

よは、上司は「言いっぱなし」にせず、部下は「聞きっぱなし」にせず、互いに「確認作業をする」これにより正しい指示がなされると云う事です。

そしてその結果は「どうなったのか」を必ず部下から報告させる。

これらの正しい指示と報告により組織が正しい方向に進むと云う事です。

何事もそうですが、「一手間を惜しまず確認をとる」これを習慣化する事が肝要なのかもしれませんね。