• HOME > 
  • ブログ

現代の経営者と管理職の在り方

皆さん、こんにちは! 11月も終わりですねぇ。 ホント早いですね。

2014年も残す所、あと1ヶ月!

最近、野村証券のコマーシャルで

「2014年は今年だけ‥‥‥今年のニーサも今年だけ‥‥」

というモノがあります。

確かに改めて感じる所があります。

日々、時間に追われていると流されてしまう部分がありますが、あと1ヶ月と迫った2014年は二度と戻って来ませんので、1つの吉祥をつけ、また心新たにして2015年を迎えたいと考えている所です。

さて、話しは変わりますが、先般、弊社メインバンク三菱UFJ銀行のグループ会社、三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社からある小冊子が届きました。 その本のタイトルは(なぜか「結果が出ない」管理職の7つの間違い)というモノです。

この様な小冊子が届けられるという事は、目まぐるしい時代の変化の中で、昔とは違い、どこの会社でも「管理職の質の向上」が求められていて、しかも会社、管理職共、そこが重要課題になっている証拠だと思われます。

以前からも現代における管理職の重要性からブログでも何度か管理職について記述をして来ました。 それは、管理職の重要性も去る事ながら、そうなればなる程、今までと違って管理職の方々への精神的負担も大きくなりますので、それに対して少しでも考え方の助力になればという思いで記述して来たのでした。

しかし元来、今も昔も管理職としての精神的負担や仕事は変わりはありません。 昔は時代の流れと共に結果が出ていたので問題にならなかっただけです。

時代が変化した現代にあっては、経営者は本来あるべき経営を‥‥、管理職は本来あるべき管理職の仕事をしなくてはならなくなった‥‥この様に捉えるのが本質的には正しい解釈だろうと考えます。

客観的にみて、昔からあるべき経営、あるべき管理職の仕事を追求されて来た会社は時代が如何様に変化しようとも成長を続けられています。

一方、時代の流れに身を任せ、あるべき経営、あるべき管理職の仕事を怠って来た会社は少なからず時代が変化すると共に縮小又は淘汰されている現状があります。 私達の旧来のお客様や周りをみてもその様な状態の所が沢山あります。

この客観的事実をみても上述の様に、いつの時代でもあるべき経営、あるべき管理職の仕事を追求して行かなければならなかったのだという事が分かりますし、これがどこの会社でも目指している継続的成長(GOing concern)への近道だという事も分かる筈です。 従って、経営者も管理職の方々も「あれもこれもやらなくてはならない!」という様に精神的負荷を自身に与える様な考え方ではなく、

「今までは本来のあるべき仕事をしなくても時代のお陰で結果が出せてラッキーやった!これからは、あるべき仕事をやらなくてはならない」

この様に考えるのが妥当ですし、自身も気持ちにエネルギーが湧いてくると思います。

仕事は結果です。

経営者も管理職も、いつの時代でも同じなのです。

昔は結果が出るまでの過程は安直でも結果が伴いましたが、現代は結果を出す為に何をしなければならないのか?ここが重要でこの質の向上が求められているだけです。そしてそれを形に変える管理職の質が求められているという事です。結果を出すまでのプロセスが仕事においては何よりも重要なのです。 ここを昔から愚直にあるべき経営とあるべき管理職の仕事をされ続けて来た会社が現代でも成長しているというだけです。

経営者は時代の変化をいち早く、その先見性を以って察知し、社内にその方向性を示し、経営資源の選択と集中を行ない舵を切る。 管理職は自身の管理下にある各部署において、その方向性を確実なモノとする為に、各プロセスを見直しその生産性と質を上げ(PDCAを回す)速やかに形に変える。 形に変えるスピードが遅いと嵐に突入してしまいますので、いつまでにそれを実現させるのか?という期限は最重要ポイントです。

期限から逆算した実現性の高い絵を描き、そのプロセスとタスクを追っ掛ける訳です。 これらが出来れば自ずと結果はついて来ます。

万一、結果が出なければそれは経営者の責任です。 時代の変化を見誤ったという事でしょう。 又は経営資源の選択と集中を間違えたという事です。

しかし、時代の変化が正しく、方向性も選択と集中も間違いないにも関わらず結果が伴なわないとすると、どのプロセスに問題があるのか?そこを預かる責任者は誰なのか?という事になる訳です。

従ってこれは、そこを預かる管理職の責任という事になります。 これらが、経営者及び管理職のあるべき仕事であり責任なのです。

この日本という企業は、多くの中小企業によって支えられています。 一企業にあってもその会社を支えているのは多くの管理職の方々です。 その責任とそして誇りを以って、あるべき管理職としての仕事に邁進して頂きたいと思います。

来週以降は、冒頭に記述しました小冊子の内容を随時紹介させて頂いて、現代、結果が出ず一番ご苦労をされています管理職の方々の一助になればと考えています。

師走総選挙

皆さん、こんにちは! 段々と寒くなって来ました。 気が付けば11月も終わろうとしています。

また、ここに来て政局も俄かに忙しくなって来ました。

衆議院を解散し総選挙を行うとの事です。

大義なき総選挙という感は否めません。

消費税の更なる引き上げは延期されましたので良かったと思いますが、予想以上の経済指標の悪さから、支持率が落ち込まない内にやってしまおうという感じです。

以前にも産業構造が変化した日本にあって、過度の円安は経済を悪くするとブログで記述しましたが、残念ながらその通りになってしまいました。

本年4月の消費税増税前、個人消費が上向き、企業業績が良くなりつつありました。 この時は住宅や自動車などの駆け込み需要があり大手企業を中心に業績が上向きました。

しかし、実はその前からも徐々に消費は回復をしていました。 その要因は円高でした。 3年前の話です。 当時もデフレの出口とはいえ、企業業績は平均的に悪い状況でした。 従ってサラリーマン達の平均給与も年間数十万円下がっているという状況でした。

しかし、それから1年位経過し、一昨年の終わり頃から、円高還元セールの下、食料品や生活用品の相次ぐ値引きが実施されました。 可処分所得が低くなる一方の時に、必需品が値下げになる訳ですから、私達消費者にとっては有り難く生活し易い状況が生まれました。 これによって消費は徐々に回復をしていったというのが私の見立てです。

これが続いていれば消費が伸びる訳ですので、モノを造らないとなりません。 需要が伸びますので、供給元である中小企業にも潤いがもたらされます。 そしてこの環境が続けば、少し企業留保ができたのち給与アップも実現し、更に消費が伸びるという好循環がもたらされた筈でした。

まず政府、日銀が見誤った点は次の内容だと考えています。 長年続いて来たデフレに歯止めをかけなくてはならない! これはアベノミクスの原点です。 私もその通りだと思います。

しかし、今まで10年にも及んだデフレは、安くてもモノが売れない、だからもっと安くしなければならない、それにより企業収益は悪化して行き、給与が上がらず、失業者が増加する‥‥典型的なデフレによる症状でした。

一方、今回の価格の引き下げはそれではなかったのです。 この10年にも及んだデフレから、大手企業、中小企業はその生き残りから海外生産にシフトしています。 そこに円高の波がやって来た。 原材料や輸入商品も下がって来た。 まだ、消費は伸びていないけど利益が出る状況になった。 今までの損失を少し補った後、利益還元をしようという観点から価格の引き下げが実施されたのです。

従って、前者の価格引き下げとは根本的に違い、価格を引き下げても企業としては利益を生み出せる状況だったのです。 そこに、給与が一向に上がらない消費者も必需品が少しでも安くなれば助かり家計が少しでも潤うとの思いから消費が徐々に伸びていったというシナリオだったのです。 政府、日銀は同じ価格引き下げでも、その背景を取り間違え、円安容認、空前絶後の金融緩和、そして消費税増税という間違った処方箋を矢継ぎ早に断行し、経済は悪くなっていったという事だろうと考えます。

これには、一部の自動車産業、経団連の自社利益を優先する突き上げもあった事は事実でしょうし、安倍総理の立場上、選挙を考えると大きな声には逆らえないのかもしれませんが‥‥。

また、それらの人達は大義名分として、日本は中小企業を中心とするモノづくり国家だ!これ以上モノづくりを海外に流出させてはいけない!といわれます。 果たしてそうでしょうか?

私は最早、一時のメイドインジャパンの定説は少しずつ薄れて来ているとみています。 大手白物家電メーカーの衰退をみても明らかな事ではないでしょうか? また、中長期的にみてもその流れには逆らえないと考えています。 何故なら、昔の日本がそうであった様に、今や中国、東南アジアなどは日進月歩で進化しています。

今後も中近東、アフリカへとその波は続いて行く筈です。 日本という国は中小企業のモノづくりが下支えしている事は事実です。 その数、労働人口の比率からしても明らかです。 しかしながら、今後、中途半端なモノづくりでは世界的にみて通用しなくなります。 余程卓越した技術があれば別ですが‥‥。

しかし、これもイタチごっこになる可能性は大です。 これらは市場の流れです。 しかも世界的にみた市場の流れなのです。 時代は政治家達が造り、市場は生まれます。

しかし、このモノづくりにおける世界の流れはイチ日本国の総理大臣でも止める事の出来ない流れです。 市場に任せる所は任す。 政治がしなければならない所は、政策を打ち出し導いて行く‥‥。 そこの見極めが大事だと思います。 いつの時代も市場により淘汰されてしまう企業はあるものです。 それは自己責任と受け止めて私達は企業経営をしなくてはならないのです。 全てはバランスが大事です。 過度の円安、円高は、産業構造が変化した今の日本全体を考えた場合、望ましくはないのです。

色々と評論家の様な事を述べて来ましたが、私自身、安倍総理は、歴代総理の中でもリーダーシップがあると僭越ながら考えています。 何故なら、政策を打ち形に変えるスピードが早く、そしてその形になった量も半端ではありません。 今までの総理とは比べ様もありません。 何かを形に変えるから賛否両論が生まれます。 これは出来るリーダーの特徴でもあります。 何もしない人にはそれすら起こりません。 やって良かった事、悪かった事、あって当然です。 安倍総理なら、過ちを正し、再びあるべき方向へ導いて頂けるものと1国民として期待をしている所です。

コストと品質サービス

皆さん、こんにちは! 寒くなりましたね。 昨日、今日と最早、冬といった気候です。 11月に入りひと雨毎に寒さがます、そんな感じになって来ました。 皆さん、風邪をお召しにならない様、ご注意を下さい。

さて、話は変わり、私事で恐縮ですが、娘が結婚する運びとなりました。 もう娘も結婚する歳になったのかと思うと、一抹の淋しさと感慨深いものがあります。 また、それにあたり様々な準備を進めて行く中で改めて親の苦労、偉大さ、有難さを感じます。 本日はそんな中で娘達の新居も決まり、家具をあちらこちらで手配をしていた時の話をさせて頂きます。

娘の要望もあり、家具の一部をスウェーデン発祥の大手家具チェーン某Iで揃える事になりました。

Iは郊外にありますので、行くまでに時間を要しますが、何度も何度も足を運んで見繕いました。

Iはそこそこ安く、北欧調でオシャレ、そしてカスタマイズ出来るというのが特徴です。

その安さを実現する為に、スタッフは非正規社員が多く、通常購入商品は自身でピックアップをして精算をするというシステムです。

最終的に何点かをカスタマイズして頂き、少し高くなりますが、間違いがあっては困りますのでピックアップと組み立てもIにお願いをするという形をとって注文をしました。

それから搬入の日、愕然としました。

カスタマイズした商品全てが、何一つ真面なものがありません。

あるものは寸法が違う‥あるものは部品がない‥あるものは色が違う‥‥あるものはカスタマイズされていない‥‥‥などなど。

デタラメにも程があります。

翌日、クレームの電話を入れましたが、なかなか繋がりません。

漸く繋がり、その旨の話をした所、返品交換は当たり前に納得をして頂きましたが、不可解な事が2点ありました。

まず1つ、搬入費用はそちらでもって下さいとの事でした。

搬入費用は500円ですので、金額的にはどちらでもよいのですが、そもそもデタラメな商品を搬入して、その費用をお客にもたすという発想が私としては理解できません。

また、部品の不足から組み立て途中の家具もあった訳ですが、搬出するにあたり、それを搬出出来る大きさにしておいて下さいとの事です。

何ともお客の事を無視した身勝手な言動ではないでしょうか。

後日、その上司の方から連絡があり、搬入費用はIで負担させて頂くとの事、しかし、後者に関しては丁寧な言い回しではあったものの結局出来ないとの事なので、搬出サイズにこちらでバラしました。

そもそもこの様になる理由は、Iは組み立て業者、搬入搬出業者と提携していて、良くても悪くてもその費用はIが負担をしなくてはならない様で、顧客目線ではなく自社都合からその様な対応になると思われます。

いくら大手と言えどもこれ位のレベルかと率直に感じました。

何故?こんな事になるのか?私なりに考えてみました。

まず一番重要なポイントは最初にカスタマイズを受ける人の質です。

今回、この様な事態になった最大の原因は、対応した人の質が低かったという事で、お客様に多大なご迷惑を与える結果となりました。

いわゆる、当たりハズレがあるという事です。

これでは、ハズレに当たったお客様はたまったものではありません。

サービスの質を一定にしなければなりません。

全てを熟知した経験値の高いスタッフが責任を持ってカスタマイズにあたるという様なスキームを構築する必要があると考えます。

全てをマニュアル化し、誰でも行える様にする事は、人件費からみてもコストダウンに繋がり、商品の価格を抑える事にも繋がっているという側面はあります。

コストと品質サービスは相反するもので、会社として、大きくなればなるほど、マニュアル化やルール化は不可欠な事は理解出来ます。

しかし、それによりサービス面が低下し、お客様を逃がしてしまうとなると本末転倒です。

仕事は何事も最初が肝心です。

そこの精度を上げておく事で、あとの業務がスムーズに進行して行きます。

そうすれば、あとの業務はマニュアル化やルール化で誰でも対応して行ける筈です。

まずは最初の入口、プレゼン、複雑の事項、プロジェクトなど矢面に立つ人の質が高く、分かりやすく、そして間違いなく紐解いてやる事が出来れば、お客様にとっても安心で、あとの業務を行うスタッフ達もマニュアルに乗っ取り効率良く、スムーズに仕事に携わる事が出来るでしょう!

今回の一連の出来事から今一度、襟を正して顧客目線で私達は対応をしなくてはならないと強く感じた次第です。

(null)