• HOME > 
  • ブログ

人づきあい

皆さん、こんにちは。

蒸し暑い日が続いていますが、お変わりはないでしょうか?

この週末、大阪は雨模様みたいですね。

また、九州地方では局地的な豪雨に見舞われていると聞きます。

どうぞ、呉々もご注意をなさって頂きたいと思います。

さて話は変わりますが、先般「人づきあいの流儀」という小冊子を目にしました。

当然ですが、この世は、人と人の関わり合いで成り立っています。

人との交わりを無しに生きて行く事は出来ません。

その出会いの良し悪しよって、人生が大きく変わる時もあります。

家族、友人、知人‥‥学校、職場、ありとあらゆる場所で人と人が交わり、そして、それぞれの人生を歩んでいるのです。

従って、人との付き合い方の重要性はいうまでも無い事です。

今回は仕事における「人づきあい」にフォーカスをして、筆者の記述を基に話を進めて参りたいと思います。

筆者曰く、仕事においては一流と言われる人とお付き合いをした方が良いと言われています。

その方が自身を成長させてくれる良い出会いが多いという事でしょう。

私も日頃から仕事での付き合いについて考えている事は、兎に角、自分にない才能やスキルを持った方とお付き合い出来る様にしたい‥‥‥平たく言えば、自分より頭の良い人と親しくなろうと、常に心掛けています。

しかし、そうは思っていても、相手のある事です。

私に興味が無いのに、その人が自身の貴重な時間を使って会ってくれる訳はありません。

特に若い時はそうです。

私の経験談を少しお話しします。

私が27歳の頃です。

それまでの事業では、会社として今後の成長がないと考え始めた時でした。

会社の中では誰もその意味が分からず、社内で相談や議論をする事が出来ません。

となれば、私の考えが正しいのか?間違っているのか?も分かりません。

そこで、まず身近な同業者の方々に話を聞いて貰う事にしました。

しかし、残念ながら同業者では満足な答えが得られませんでした。

業界内での話に終始する事が殆どだったのです。

当時は、異業種との人脈もありません。

「これはもはや同業者だけでは駄目だ。色々な方々に話を聞かせて貰わなければ‥‥‥さて‥‥どうするか?」

そこで、本を貪り読み、様々な会合、講演会に出掛け話を聞く様になります。

そして、やがて銀行主催の経営者セミナーに参加をさせて頂く事になりました。

当時のセミナーは社長方が殆どで、20代は私を含めて2人、あとは50前後の方々で、当社とは比べ物にならない位の会社を経営されておられる方々でした。

「流石に場違いなセミナーに来てしまった」と当初は思いましたし、誰も親身に話を聞いてくれません。

月に1回のセミナーでしたが、食事会や飲み会、ゴルフなどにも積極的に参加をする様にし、その中で、少しずつ話が出来る様になっていったのを思い出します。

当時は必死だったので、その必死さも、親ほど違う経営者の方々から見ると「何とかしてあげよう」と心を動かせて頂いたのかもしれません。

その方々からお話をお伺いするに連れ、「やはり自分の考えは間違っていない」という確証が持てる様になり、当社の改革を半ば強引に断行して行く事になったのでした。

そのセミナーは9年続けましたが、一流の人達との出会いが私に勇気を与えてくれました。

その経験から、自身が成功者でなくても‥‥会社規模が小さくても‥‥学歴がなくても‥‥年が若くても‥‥「一流と言われる方々とお付き合いをさせて頂けるんだなぁ」と思いました。

やはり人対人なのです。

自身のひた向きな姿勢、思い、考え、態度が、どの様な立場の人であれ、その人の心を動かす事に繋がるのだと教えられました。

筆者は人づきあいのポイントとして次の様に言われています。

1.人脈づくりに失敗する人は、影響力のある人に打算的に近づく人。

2.最も親しくなれる人は、相手が喜ぶ事を何よりも最優先して考え実行の出来る人。

3.一瞬の名刺交換が一生のご縁を築く生命線だと意識をして行動をしている人。

4.メールではなく、会えるタイミングがあれば、すぐに飛んで行ける人。

5.積極的にコミュニティーに所属したり、講演会やパーティーへ参加をしたりする人。

6.誘われたら断らない人。

7.ひた向きで邪念のない人。

この様な所をポイントとしてあげられています。

また、人づきあいを広げて行く上で、「一度、あの人に紹介してあげよう」と思わせる様な人がおられます。

この様な方は当然、人脈の輪が広がって行きます。

紹介をしてもらいやすい人にも特徴があると、次の様に筆者は言われています。

1.強い信念、志をもっている。

2.邪念がなく、素直に実行する。

3.謙虚で優しさを感じさせる。

4.嘘をつかない。

5.いつも笑顔でいる。

こんな感じです。

私は、人づきあいとは自分の鏡だと思っています。

従ってまず、自身が心身共、成長して行く事が一番のポイントかもしれませんね。

最後に、徳川家の剣術指南役であった柳生家に伝わる家訓をご紹介させて頂きます。

「小才は、縁に会って縁に気づかず

中才は、縁に会って縁を生かさず

大才は、袖すり合った縁をも生かす」

昔から、「袖触れ合うも多少の縁」という言葉があります。

ご年配の方々からは、良く聞かせて頂いた言葉でもあります。

現代は、インターネット、メール、ラインなどSNSが発達し、便利な世の中になりました。

しかし、人と人が触れ合う事、ここからしか何事も生まれないと思います。

どうか、良い出会いを‥‥‥。

一期一会、人との出会い、大事にして行きましょう!

素敵な妄想

皆さん、こんにちは‼

何かジメジメした天気が続きますね。

流石に梅雨って感じです。

全然話は変わるのですが、私達は何の疑問もなく古くから梅雨と呼んでいますが、何故「梅雨」というのでしょうか??‥‥‥。

その語源は、そもそも「バイウ」と呼び、中国から伝わった言葉の様です。

中国の揚子江流域で、梅の実の熟す時期に雨期があり、それを梅雨(バイウ)と呼んでいた事に由来するそうです。

では、何故「バイウ」を「ツユ」と呼ぶ様になったのでしょう?

これには諸説色々とある様です。

「露」からきているという説‥‥梅が熟して潰れるという所からきているという説‥‥などなど諸説あるものの、はっきりとした事は残念ながら分かっていない感じです。

普段何気なく使っている言葉は沢山ありますが、疑問を持って調べると新しい発見があって面白いものですね。

これは、仕事においても‥‥何事においても同様の事が云えます。

普段何気なく仕事をしていたのでは、ただ淡々と時間を消化しているだけで、新たな発見もなく、面白味もありません。

それにちょっと疑問を持って対峙してみる‥‥それだけで新たな発見があり、ワクワク感が発生します。

疑問を持つ‥‥興味を持つ‥‥好奇心を持つ‥‥こんな事が何事を楽しむにしても、大事な様に思うのです。

さて‥‥本日は「嫌いな仕事を楽しむコツ6条」の最終回をお届けします。

仕事は楽しんでやった方がいい‥‥誰もが分かっている事だと思います。

しかし、人から‥‥周りから‥‥与えられた事だけを消化しているだけでは楽しめない様です。

楽しむにしても、上述の様に少し自らの気持ちにスイッチを入れてあげなければ何事も始まらないのです。

本題に入る前に、これまでのおさらいをしますと以下の通りです。

第1条「結果の代償として評価がある」

第2条「やらされ感はストレスの元」

第3条「自分なりの小さな目標をつくる」

第4条「新しい事に挑戦をする」

第5条「関わりたくないヤツも、要は悪いお手本」

第5条まではこの様なテーマでした。

どれもやはり、まず自ら1歩考えを改める‥‥

この様な事は最低限必要な様です。

そして、最終第6条は「好きな事だけを思いっきり考える時間を作ろう」というモノです。

著者文を引用させて頂きます。

「いくら仕事を楽しみたいと思っていても、業務上、仕事上だけでは限界がくることもある。

そんな時は仕事を思いっきり忘れ、自分の好きな事だけを考える時間を作ってみましょう!

好きな事をしている時や夢見ている時、人の心は自由になります。

友人達で集まり、やりたい事を語らい、実現する為のアイデアをみんなで出す‥‥。

これをやるだけであなたは、もう心の自由人なのです。

あなたにも、是非仲間と夢を語り合う時間や場を作ってほしいものです。

気の合う仲間とワイワイ話していれば、新しい何かが生まれるかもしれません。

そんな楽しい時間は他に代え難いものとしてあなたの心を解き放ってくれる事でしょう!」と。

確かに、私の経験からも、これは気持ちの切り替えと云う点において大事な事です。

仕事をしていると、何をやっても上手く行かない時もあります。

もがいても、もがいてもそこから抜け出せない時が‥‥‥‥。

私も約10年近く前、その様な時がありました。

会社の転換期‥‥‥今日や明日に、人も仕事も急激に変わる訳ではありません。

なかなか思う様な結果が得られません。

長い長いトンネル‥‥‥先の明かりすら見えないトンネル‥‥。

しかし、この先に明かりがあると信じて歩いていた時の事です。

まず目の前の現実‥‥これから目を背ける訳には行きませんので、当然、今考えられる最善を尽くします。

しかし明かりが‥‥‥。

そんな時、目の前の時間を、5年10年先に置いて妄想を繰り返したものです。

「止まない雨はない」「朝が来ない夜はない」

きっと、この道を信じて進めば明るい未来がやって来る!

その時が来れば「こんな事をしよう!」「こんな事をしてあげよう!」などと明るい未来の妄想を繰り返したものです。

そうすると、不思議と気持ちが楽になり、また、明日の闘いに向かう勇気が湧いて来た事を思い出します。

人は弱いモノですが、自分の好きな事や未来の望む事を、あれこれと考える時、心は穏やかになり、自由になり、そして活力が湧いて来るものです。

落ち込んだ時、この素敵な妄想は是非試してみて下さい!

かの稲盛和夫氏もこの様に言われています。

今現在は出来ない事があるかもしれない。

しかし、物事は未来進行形で考えないといけない。

未来にはきっと出来ている自分がいるはずだから‥‥‥。

これも未来における素敵な妄想です。

「叶う」とは、口にプラスと書きます。

目の前の‥‥また日頃からマイナスの言葉ばかりを発していたのでは、未来の夢は叶う事はまずないでしょう。

何故なら、その様な人には、良い人が寄って来ないからです。

日頃からポジティブな言葉を発する事を心掛け、それでも、どうしても落ち込む時は、未来に目を馳せ、ポジティブで自由な妄想をしましょう!

そうすればきっと自身も前向きになる事が出来、夢は叶う方向へと走り出すはずです。

今、私は、仕事において一番楽しい時間があります。

それは、気の合う仲間であり、プロフェッショナルな仲間達と食事をしながら仕事についての近未来の事をワイワイ話している時間‥‥‥これが無性に楽しいのです。

完全に時間を忘れてしまっています。

時には朝方になってしまう事もある位です。

そこには、ネガティヴな発言をする人がいないのです‥‥‥だから楽しいのです。

みんなが理解した中で話が出来ますので、本当に心地よい空間と時間を楽しんでいます。

今はその輪を社内外に広げて行きたいものだと心から願っています。

皆さんも、まずは少し自身にスイッチを入れ、是非その様な仲間を社内外に作り、愚痴を言い合うのではなく、互いの夢や妄想を語り合う‥‥こんな楽しい事が出来れば、日頃の嫌な事はすっかりと忘れて、また明日へと向かう元気が湧いて来るのではないでしょうか。

人間力

皆さん、こんにちは‼︎

今週は雨模様ですね。

本格的に梅雨って感じです。

雨も時には必要な訳ですが、私自身、雨の日はどうも気持ちが晴れず、若干ブルーが入ってしまう感じです。

かと言って、梅雨が明けると、灼熱の夏がやって来ますので、それはそれで困ったモノなのですが‥‥‥。

皆さんは如何でしょう?

雨が好きな方‥‥夏が好きな方‥‥晴れが好きな方‥‥冬が‥‥‥それぞれ悲喜こもごもだと思います。

人それぞれ‥‥だからいいのです。

それぞれの季節、時間を楽しんで参りましょう‼︎

さて、話は変わりますが、楽しむというと、ここ1ケ月あまりを掛けて「嫌いな仕事を楽しむコツ6条」をお届けしています。

今日はいよいよその第5条をご紹介させて頂きたいと思います。

今回のテーマは誰にでも経験のある事ではないか?と考えます。

どこの会社や組織においても、その人間関係、コミュニティーは大事です。

しかし、冒頭の話の様に、人はそれぞれ考え方が違うモノです。

そして、合縁奇縁と云う様に、合う合わない、好き嫌いと云う感情を覚える事も、また事実としてあります。

嫌いな人と仕事を共にしても、仕事が楽しいはずはありません。

そこで、本日のテーマ第5条は、「関わりたくない嫌いなヤツも、要は悪い手本」と云う内容でお送りします。

上記の様に考えれば、自身の成長にも役立つ事に繋がるかもしれませんし、仕事を楽しむ事にも繋がるかもしれない‥‥‥と云う事です。

筆者文を引用させて頂きます。

「仕事が楽しくない、その理由として必ずと言って上位に上がってくるのが人間関係です。

こればっかりは、会社に入って見ないと何とも言えず、ある日突然部署移動で爆弾が舞い降りてくる可能性もあります。

しかし、そんな嫌な社員とも毎日顔を突き合わさなければならないのが、サラリーマンの悲しいところです。

それなら、いっそ逆転の発想を用いてみましょう。

周囲が嫌な人なら、交わってはいけない人を見分ける力を磨くチャンスと思ってみてはどうでしょう。

つまり、今後の人生で交わってはいけない人を見分ける訓練を会社に居ながらさせてもらっていると思えばいいのです。

社会でも、良い人、悪い人を見分けながら地域住民や友人、知人の方々と付き合いをしていかねばなりません。

それを会社において出来るのであれば、有難い事だと考えて、今は嫌な人の特徴をしっかりとインプットする事を心掛け、それを反面教師として自身の成長に繋がけて行けば良いのです。」‥‥と。

この様に言われています。

また逆も真なりです。

自身についても客観的に見直さなくてはなりません。

人の事をとやかく言うまえに、まず自分はどうなのか?と云う事です。

「周りは嫌な人ばかりだ」と自身は考えていても、実は、周りの人達の多くから、「あの人は嫌な人だ」と思われているかもしれません。

これでは本末転倒で、いつまで経っても人間関係が良くなる事はないですよね。

筆者は最後に、交わってはいけない人の特徴をこの様に明記されています。

①約束を守らない人

②人が離れていく人

③お金にルーズな人

④騙す人

⑤打算的な人

⑥考え方がネガティヴな人

⑦変なところでキレて感情的になる人

⑧人の悪口や不平不満ばっかりを言ってる人

⑨自分の過ちを正せない人

と云う事だそうです。

まずは自分自身が出来ているのか?どうか?をチェックしましょう!

私も常々心掛け、そしてゴールがないと考えているのが「人間力の向上」です。

私自身も、まだまだだと考えていて、日々精進して行かなければならないと思っています。

どの分野であれ最終的に支持される人は、この人間力の深い方だろうと思うのです。

いくら厳しいことや嫌みを言ったとしても、その人の人間性が深ければ、その人を嫌いになる事は少ないはずです。

例えば、芸能界やお笑いの場合、坂上忍さんや有吉さんは毒舌で知られています。

しかし、彼らの人間性から、嫌いだと思う方は少ないのではないでしょうか?

林先生もそうです。

「今でしょう!」が一人歩きしている時は、「何と、いけ好かないヤツ」と世間には映っていたのではないでしょうか?

本人も当時の事を、「脅しや文句、苦情が絶えなかった」と言われています。

しかし、テレビに頻繁に出られる様になり、その人間性を垣間見た時、その様な声は薄れ、逆に彼の人間力から人気者になっています。

先のAKB総選挙においては、指原さんが1位でした。

彼女もまた、容姿もさる事ながら、それ以上にその人間性から、ファンの人達に愛され、支持されているのだと思うのです。

最終的に生き残り、支持されるには、容姿や上部の優しさ、取り繕いではなく、この人間力が大きく関わっている様です。

要は、正論か?否か?も重要なファクターであるとは思いますが、それ以上に「誰がそれを言っているのか?」が問題なのです。

「アイツに言われたら、何か腹立つわ」

「アイツに言われたら、まぁ仕方ないかぁ」

こんな調子です。

従って、同じ言動をしても、正論だけを声高に言っても、その人の人間性に魅力がなければ、恐らく多くの人達は賛同しないはずです。

世の中、世論、人間関係、コミュニティーとはその様なものだと考えます。

人生においては、人間力を深める努力を常に心掛ける事‥‥これに尽きるのだと考えます。

その為に、今、人間関係で嫌な事があっても、それをポジティブに捉え、自分も反省をしながら、上記の項目をインプットして、自身の成長に繋げてもらい、人間力を深めて頂きたいと思うのです。

そうして行けば、きっと知らぬ間に自身も変わり、周りが変わり、全てにおいて心地よくなっているかもしれませんね。