• HOME > 
  • ブログ

「コトを想像し、モノを創造する」

皆さん、こんにちは‼

盆が過ぎて随分と涼しくなって来ましたね。

例年はこの時期も残暑が続いている様に思います。

このまま涼しくなってくれれば過ごし易くていいのですが‥‥。

さて、話は変わりますが、先週は私達のビジネスモデル「monocoto」の専用サイトがオープンしましたと云う内容をお伝えしました。

今週ももう少し私達のビジネスモデル「monocoto」を紹介させて下さい。

「monocoto」は、モノづくりにおける課題解決事業及び開発支援事業と云う事でご紹介しました。

モノが売れない時代にあってクライアント様方は一様に何かしらの課題を持っておられるはずだ‥‥こんな事がビジネスモデル構築の切っ掛けです。

現代においても売れる商品は、今までの物質的価値である「モノ」だけではなく、情緒的価値である「コト」を融合して、消費者の方々に訴え、購買意欲を高めています。

いわば「コトを想像して、モノを創造する」‥‥これが現代における「モノづくり」のポイントになる訳です。

私達のビジネスモデルmonocotoは、「コトづくり」〜「モノづくり」まで一元化していると云う事がサービスの特徴の一つです。

量販様、HC様、通販様などB2C企業様のPB商品開発支援、大手飲食チェーン店様のノベルティ商品開発支援、メーカー様の商品開発支援など‥‥そのクライアント様は多岐に渡り、ご用命の輪が広がりつつあります。

monocotoがクライアント様から選ばれる理由は大きく二つある様です。

① ワンストップによる商品開発

各社様共、また担当者様も、従来の業務があり、新商品開発に時間を裂けない‥‥やったとしても、やっつけ仕事になってしまう‥‥この様な事が課題の様です。

monocotoでは、上述の様にコトの創造〜モノづくりまでをワンストップで行っています。

各社様、担当者様は、弊社に依頼をするだけで、通常業務を行っている内に、精度の高い新商品の開発を進めてくれる‥‥‥こんな事がまず以ってクライアント様にお喜びを頂いている理由の一つです。

本来であれば、新商品開発には、それ相応の人数を‥‥膨大な時間を‥‥そして費用を掛けなければなりません。

それをアウトソースで全て行ってくれる‥‥‥こう云う事だろうと思います。

現代のビジネス社会においては、多機能工は当たり前の様に会社側から求められ、あれもこれも、しなくてはならず日常業務は満載で時間が足りません。

右肩上がりの時代は、自身が与えられた、その業務だけを行っていれば結果は伴ったものです。

しかし、現代は、日常業務に加え、会社としての方向性の具現化や課題解決も、重要な仕事として行わなくてはなりません。

その様な日常の中で、「モノづくり」においての課題が発生した時、クライアント様には私達のmonocotoを上手くご利用頂いている様です。

②多彩な商品開発

素材的には、金属・樹脂を使った家庭日用品‥‥‥これがmonocotoの開発カテゴリーです。

多彩な商品開発とはどう云う事か?と言いますと‥‥‥。

例えば、コップを開発する場合、ガラスメーカー様にご依頼されますと、当然ですが、素材はガラスと云う事になります。

しかし、私達のmonocotoでは、統一されたデザインやコンセプトの下、金属製のコップも、プラスチック製のコップも開発は可能です。

更に、横展開をしたい場合、お皿も、カトラリーも開発をしたい‥‥と云う事であっても上述の理由から商品開発は可能です。

従って、monocotoでは、同一商品での異素材展開や、多岐に渡るカテゴリー展開も、一つのコンセプトとデザインテイストを以って開発が出来ると云う利点があるのです。

現代においては、以前と違って単発商品を以って爆発的なヒット商品を作ると云う事は至難の技です。

面展開やブランド作り‥‥‥この様な総合的な観点からモノを作り販売をする‥‥こんな事が必要になっているのかもしれません。

これは、既存メーカー様では決して成し得ない事だろうと思います。

それをmonocotoでは実現可能である事から、面展開やブランド作りを行う場合、クライアント様にはメリットを感じて頂き、ご利用頂いている様です。

その他、ワンストップですので開発期間の短縮、先行開発費用の無料化、管理コストの大幅削減、開発投資の削減などもmonocotoをご利用頂く上でクライアント様にはメリットを感じて頂けているのではないか?と考えています。

しかし、これからも私達はまだまだmonocotoをブラッシュアップさせて行かなくてはなりません。

多くのクライアント様に選んで頂ける理由を増やす努力を続けて行かなければなりません。

それを継続し、もっともっとクライアント様始めステークホルダーの皆様にお喜び頂ける様なサービスにして行く所存です。

これからも、ご指導ご支援の程、宜しくお願い致します。

追伸、一度、「monocoto」専用サイトを覗いて頂ければ幸甚です。

www.monocoto.life

 

 

 

 

monocotoサイト オープン‼︎

皆さん、こんにちは‼︎

盆休みは如何お過ごしでしたか?

私は映画三昧と云う感じでした。

5日間で6本の映画を観に行きました。

家内と行く事もありますが、基本は1人で観に行く事が多く、一番後ろの端の席に座り、ビールなどを飲みながら、ゆったりと映画を観て過ごす‥‥‥こんな空間が気にいっており、私自身リフレッシュにも繋がっています。

盆も過ぎ、暑さも一時よりは随分とマシになって来た様に思います。

盆休みでお疲れの方々もおられるとは思いますが、今年の後半戦のスタート、頑張って参りましょう!

さて、話は変わりますが、私達の会社では、現在進めていますビジネスモデル「monocoto」の専用サイトをオープンしました。

是非一度ご覧下さい‼︎

www.monocoto.life

「monocoto」とは、”モノづくり”における課題解決事業及び商品開発サポート事業を展開する私達のビジネスブランドです。

モノが売れなくなって久しい時代‥‥‥それぞれ一葉に「モノづくり」に対する課題やお悩みを持っておられるのではないでしょうか?

「モノ」である物質的価値から「コト」である情緒的価値へ時代は変化しています。

すでに市場や私達消費者の要求は、量より質に転換し、心の豊かさや生活の質を高める事へと移行しています。

心を豊かにする「驚き・感動」や、生活の質を高める「充実・安心」といった情緒的価値が商品やサービスに求められていると云う事になります。

これがいわゆる「コト」と云われる部分です。

私達は、「モノづくり」をする時、単に「モノ」を作ると云う発想から、その先にある「モノ」を使う楽しみや体験、人とのコミュニケーションの提案‥‥‥「コト」→「モノ」の両軸から、クライアント様への開発サポート‥‥そしてモノづくりのソリューション事業を展開させて頂いています。

これが私達のビジネスモデル「monocoto」です。

私達はmonocotoをもっともっと広く多くの方々に知って頂き、ご利用頂きたい‥‥‥そしてそのメリットをご享受頂きたい‥‥そんな思いから、ブランドサイトを立ち上げた次第です。

monocotoの事業コンセプトは「誰かを幸せにする歓びを共に」と云うモノです。

クライアント様に喜んで頂く‥‥まずこれは私達にとっては当然の事であると認識をしています。

更に私達は、クライアント様の先におられるコンシューマーの方々‥‥そのお一人お一人のライフスタイルに思いを馳せ、その方々にも喜んで頂ける様な商品開発をしなくてはならないと考えています。

加えて言うならば、日本と云う国は「モノづくり」の会社であると思っています。

そしてその会社を支えていますのは、「モノづくり」に携わる多くの中小零細企業の皆さんです。

しかし、モノが売れなく、内需が低迷している現代において、一番煽りを受け苦しんでおられるのではないか?と考えています。

ここが疲弊して行く様では日本会社はどうなるのか?と云う危機感を持ちます。

monocoto事業を進めて行く中で、微力ではありますが、国内でモノづくりをされています多くのメーカー様との提携を増やし、モノづくりのお手伝いをして頂き、その方々にも喜んで頂ける様なサービスにしたいと思います。

また、モノづくりと云う観点だけでは無く、「コト」を重視したデザイン会社との提携も増やし、本当の意味でのプロダクトデザインの向上にも一役を担い、底上げを図って行きたいとも考えています。

これは、日本会社にあっては直近の課題であろうと思うからです。

クライアント様、コンシューマーの方々、メーカー様、デザイン会社様‥‥‥‥日本初のビジネスモデル「monocoto」に関わる全てのステークホルダーの皆様を幸せにする歓びを作り上げる事‥‥‥これこそが、私達の思いであり、成し得なければならないミッションだと考えています。

このブランドサイトのオープンを機に、広く知って頂くと同時に、私達は様々なお声に耳を傾け、monocotoをもっともっとブラシュアップさせて行かなければならないと考えている所です。

一度ご覧頂き、ご忌憚の無いご意見を頂戴出来ますれば幸甚に存じます。

どうぞ宜しくお願い申し上げます。

観察力と洞察力

皆さん、こんにちは‼

今週は盆休みと云う方々も多いのではないでしょうか?

私は久しぶりに、この盆休みは東京に居て比較的ゆっくりとさせて頂いています。

束の間の休息と云う事で、映画や演劇、読書を楽しみ、あとは、仕事の整理を、この機にしている所です。

盆休みもあと1〜2日、帰省や旅行などお疲れの事とは思いますが、少しでも鋭気を養ない、気持ちを切り替えて、また来週からの後半戦に臨みましょう!

さて、話は変わりますが、先般、今話題の「花火」を読みました。

ご存知の通り、漫才師ピース又吉さんの小説処女作にして芥川賞受賞作です。

私自身、歴史小説は偶に読む事はありますが、恥ずかしながら、純文学小説を読む習慣が若い時からありませんので、正直、どこが凄いのかは、よく分かりません。

しかし、一つの単純な動作に対する描写の奥行きや言葉の表現力には率直に、「よくこんな言葉を知っているなぁ‥‥こんな表現方法があるんだ‥‥」と感心をしてしまいます。

「恐らく、日頃からの観察力、洞察力が優れていて、人とは違う角度からも観る事が出来る‥‥‥」そして勉強熱心と云うか‥‥‥本を沢山読んでおられるから若い人であるにも関わらず言葉をよく知って居られる‥‥その様に思いました。

私ももっと勉強をし、感性を研ぎ澄ませて行かなければならない‥‥人生はいつまでも「学び」であると改めて気付かされた次第です。

学校の勉強は大事です‥‥‥しかし、「学び」と云う観点から捉えると、観察力や洞察力、表現力など、学校ではあまり教えない事も社会に出ると、その重要性が増す‥‥もっと云えば、そちらの「学び」の方がより大事なのかもしれません。

私達の会社でも、人生において‥‥仕事においても重要である、観察力や洞察力を養って欲しいとの思いから、人財育成の定義を「見聞を兼ね備え、結果の出せる人財」と位置付けて教育をしています。

「真の見聞」が出来る様になれば、自ずと観察力や洞察力は身に付いていると考えているのです。

以前、「見聞」については、ブログでも記述させて頂いたとは思いますが、改めて説明をさせて頂きます。

「見聞」とは文字通り、「みきき」する事です。

しかし、「みる」には、その深さから四段階あります。

そして、「きく」にも、その深さから三段階あるのです。

それぞれ、「みる」「きく」を極めた時、観察力や洞察力が備わると考えています。

それでは、まず「みる」からお話しします。

「みる」の第一段階は、「見」です。

これは、今、目の前で起こっている事象を捉える見方です。

いわば、場当たり的に、起こった事だけを見ている‥‥‥と云う事になります。

そして「みる」の第二段階は、「観」です。

この「みる」は、時系列で物事がみられる‥‥‥と云う事です。

例えば、目の前の出来事があるとします。

それは、いつから発生したのか?今後も続くのか?‥‥‥そう云う見方で物事の見極めをすると云う事になります。

次に「みる」の第三段階は、「察」です。

この「みる」は、原因や原理原則など‥‥要はその事象が何故?起こったのかと云う、根本を突き止める見方をすると云う事です。

この第二段階と第三段階の見方が出来て初めて、「観察」と云う訳です。

従って、観察とは、時系列で物事を捉え、何故そうなるのか?と云う根本まで探る見方をしなければならない訳です。

モノの見方は、これで終わりではありません。

第四段階、最後の「みる」は、「処」です。

これは文字通り「処方」をすると云う捉え方です。

物事の事象を、まず見た目で捉え、時系列で捉え、その根本を見極める‥‥‥そして最後にそれを処方する‥‥‥ここまでの「捉え方」が一応出来て、「結果を出せる仕事人」としての一定基準が出来る‥‥スタートラインだと考えています。

一定の基準と云うのは、これでやっと議論を交わせる対象者になると考えているからです。

どう云う事かと言いますと、本来、仕事としてまず議論をして行かなければならない事は、上述で云う所の「察」と「処」です。

何故?その事象は発生したのか?(察)

そして、どうすればそれを是正する事が出来るのか?(処)‥‥‥これを繰り返えす事こそが仕事の結果に結び付くからです。

会議や議論の場において、「見」「観」「察」「処」の捉え方が出来る人達でディスカッションしますと、原因追求(察)においても各々が考えられる原因を述べ合う様になります‥‥‥そしてそれに対する是正策(処)も各々が述べ合い、建設的な議論が展開される様になります。

各々が主体的ですので、無いモノを形にするスピードが断然早くなるモノです。

しかし、中小零細企業において一般的によく見受けられる事は、目の前に起こった事象だけを捉えて、場当たり的に対処する‥‥‥この様な繰り返しです。

これでは、真の課題が解決されないまま、「御用聞き」や業務の延長‥と云った捉え方になってしまい、又同じ過ちを繰り返す事になってしまいます。

そして、その事象について会議を設けたとしても、「観」「察」「処」の捉え方が出来ていないので、建設的な意見が出ず、「出来なかった事、やらなかった事の言い訳や理由探し」に終始してしまい、主体的に「私が処方します」とまでは中々至らないままに会議を終える事になります。

それではラチが開かないので、社長が喧しく叱咤して、漸く何とか形にすると云う事になりますので、スピードは圧倒的に遅くなりますし、スタッフ達も「やらされている感」が満載です。

これでは、スタッフ達だけでは無く、社長自身が相当疲弊してしまう事でしょう。

しかし、残念ながらこんな事を繰り返していても、計画通りの会社の成長は望めませんし、スタッフ達も今の時代においては、結果の出せる人財には成り得ません。

やはり「企業は人」です。

人が育たなければ、会社の成長に繋がりません。

そこで、私も今までの反省も踏まえ、スタッフ達の考え方を、根本的に変えなくてはならないと考えました。

それも、抽象的では無く、分かり易く‥‥‥。

私達の会社では、まだまだ出来ていない所も多分にありますが、「観」「察」「処」をしっかり教え、各々が主体的に処方まで考え、実行出来る様にし、そしてその結果が出れば高く評価をしあげたい‥‥又その考え活動が出来る様にしてあげたいと思い、「人財育成定義」と「育成評価シート」をリンクしています。

例えるなら、お医者さんと一緒です。

私達‥‥皆さんは、クライアントのドクターになればよいのです。

咳をしている患者が来ました。

「咳をしているな」(見)‥‥「風邪やな」「風邪藥を出しておきます」‥‥これでは見た目の‥場当たり的な対処です。

これが今までの私達の会社であり、多くの中小零細企業の仕事の仕方です。

たまたま上手く行く事はあるかもしれませんが、これでは医者としての本質的な仕事に対する考えとプロセスが抜け落ちています。

時代が変わりました。

いい加減にやっていても、どんどんお客さんが来る時代では無くなったのです。

従って、場当たりでは無くて‥‥‥まず「いつから咳をされていますか?」(時系列‥観)、「なるほど‥‥この咳は何が原因なんだろう?」(原因追求‥察)‥‥‥大病院であれば様々な先生方が、その原因について議論をします。

ここが重要なのです。

何故なら、1人では見間違うかもしれませんし、様々な人達の意見を聞く事で、自身の原因追求へのアプローチの幅が広がる事に繋がるからです。

「原因はそう云う事か‥ではその処方として、こう考えています」(是正‥処)。

このプロセスも又分かった人達が議論をします。

そして最終的に「分かりました。その処方で私が治します」。

こう云う事です。

この議論が出来る様になって、経験を積み重ねる事で、やっと「洞察力」(深く物事を理解する力)が宿るのです。

「見」「観」「察」「処」‥‥‥この捉え方が出来、やっと議論がスタートする‥‥そして議論を積み重ね、主体的な実行と結果を得る事で「洞察力」が宿る‥‥こんな風に考えています。

そうすれば、仕事が心底分かり、仕事に対する前向きな気持ちとそれを成し得た時の充実感を味わう事に繋がると考えます。

この方が何よりも、仕事をしていて楽しいと思うのです。

分かっていても、抽象論だと、どうしていいか?分からず中々前へ進みません。

上述の内容は、具体的手法論に近いと思います。

いわば、誰にでも出来る事だと思いますので、是非参考にして、仕事を自ら楽しめるモノとして欲しいと考えます。

大事な部分なので、少し長くなってしまいました。

最後に「きく」について、掻い摘んで説明をさせて頂きます。

「きく」は三段階です。

第一段階の「きく」は「聞く」です。

これは、自分の見地で相手の話を聞くと云う事です。

どう云う事かと言いますと、自分の見地ですから、「自身に興味のある事は聞き、興味の無い事は聞かない」と云う具合の聞き方です。

次の「きく」は、「聴く」です。

これは、相手の見地で聴くと云う事です。

傾聴と云う言葉がある様に、相手の話に耳を傾け、何を言われているのか?を相手の立場になって聴くと云う事です。

最後の「きく」は、「訊く」です。

この「きく」は、相手の見地で話を聴きながら、確認や分からない箇所など、「それは、こう云う捉え方でよろしいでしょうか?」と云う様に、相手に質問をしながら訊くと云う事です。

これによって、相手が言われている内容と自身の理解を合致させる訊き方になります。

従って、「真の見聞」とは「処.訊」が出来る様に「みきき」する事となります。

こちらの方も是非参考になさって下さい。

又吉さんの話を聴きますと、恐らく、今まで、いい加減な事は少なく、特に興味の持ったモノについては、1つ1つ深掘りをしながら人生を歩んで来られた様に思います。

そしてその観察力、洞察力が身に付き、そこに表現力が加わり、今回の受賞に繋がったのではないかと考えます。

私達も、観察力と洞察力‥‥しっかりと身に付けて、個々の表現力によって、各々の存在価値をアピールして行かなければならないですね。