• HOME > 
  • ブログ

驚愕の瞬間

皆さん、こんにちは‼︎

シルバーウィークは如何過ごされましたか?

天候にも恵まれ、それぞれのシルバーウィークを愉しまれたのではないでしょうか?

仕事によってはこの時期に大型連休があるのはちょっと困る‥‥‥という方々もおられる事と思いますが、総論でいうと、旅行などに出掛けられた方々も多く、日本初のシルバーウィークは経済効果としても概ね良かったのではないか?と思います。

私はというと、東京に戻り比較的のんびりとシルバーウィークを過ごさせて頂きました。

そのシルバーウィーク期間中、ラグビーワールドカップでは信じられない‥‥驚愕の出来事が起こりました。

そうです‥‥今、俄かに盛り上っていますランドワールドカップにおいて、日本代表が世界ランク3位の南アフリカ共和国を撃破したのです。

私は南ア戦をテレビ観戦していて、30点差位までで負ければ御の字と思っていました。

それ位、実力差があると感じていたのです。

しかし試合開始から、追いつ追われつの互角の戦いとなり、ラスト3分の興奮と感動は、今まで味わった事のない感情でした。

そして勝った瞬間、何故か?思わず熱いモノが込み上げて来ました。

私はラグビーも好きで良く観戦をします。

野球をやっていたせいか?個人競技よりも、団体競技の方が興味があるのです。

それともう1つの理由として、個人競技の場合、総じて実力通りに結果は決まってしまいますが、団体競技においては、1人の卓越した実力者だけではどうにもならず、それぞれに持ち場、持ち場があり、その日の出来不出来、戦略、チームワーク、流れなどに左右され、実力通りには行かない部分も多くあり、いわゆる番狂わせも起こり得る所が面白いと考えています。

それに、負けた時の悔しさ、勝った時の喜び‥‥これらを仲間で共有出来るというのも団体競技ならではだと思っています。

これは、企業にも相通ずる所がありますよね。

中小企業といえども、やり方や気持ち次第で大手企業と渡り合える事にもなるものです。

話は戻りますが、団体競技の中でもラグビーは、実力通りに結果の出る‥‥番狂わせの少ない団体競技だともいわれています。

何故なら、ラグビーはフォワード主導でゲームが進められます。

そこには体格差が大きく存在し、アジアなど体格に劣るチームではまず勝てないのです。

言うならば、陸上のトラック競技において、黒人選手が圧倒的に強い‥‥これと似た状況です。

一方、ラグビーの代表戦は、国際主義というよりも協会主義を貫いていて、外国人の日本代表への登録も、ある所定の条件をクリアすれば代表選手になれ、そのハードルは他の日本代表に比べ低いものです。

若干の違和感があるかもしれませんが、ラグビー協会は世界的に以前より、このスタイル、ルールの下で代表戦が行われています。

これがいい?悪い?は別として、日本代表にその体格差をカバーする外国人選手達が増えた事も世界に近づきつつある要因の1つではないか?とは思います。

ただそれを考慮しても「日本ラグビーは向こう50年、世界に追いつけない」と言われていた中、世界が驚く奇跡を起こした事に間違いありません。

今回の奇跡をある人は、「女優の桐谷美玲さんが、女子レスリングの吉田沙保里選手に勝った様なものだ」と言われています。

有り得ない事ですが、それ位ラグビーというスポーツは番狂わせが少ないのです。

しかし、その奇跡を起こした日本代表のラガーマン達は、「これは奇跡なんかじゃない、起こるべくして起こった必然である」と口々に言われています。

自分達が勝つ為の準備をして来たプロセスを「奇跡」という言葉だけで片付けて欲しくない‥‥‥‥そんな強い意志を感じました。

私は今回の出来事を目の当たりにし、やる前から、諦めていたのは私も含め日本代表を応援する人達であって、彼達は諦めてなかった‥‥‥それを起こすに値する準備をして来たのだと思いました。

並大抵の努力ではなかったと事は想像出来ます。

彼達に本当に申し訳ない気持ちです。

今回の事で、ラグビー日本代表に改めて思い知らされた事があります。

高い志、目標を期限付きで設定しなければならない事を‥‥‥何事にも諦めない大切さを‥‥‥当事者が諦めたら終わりだという事を‥‥‥チームリーダーの重要性を‥‥‥目標を見据えた準備、プロセスが大事だという事を‥‥‥‥そして結果を出さなければ意味がない事を‥‥‥‥‥‥‥。

南ア戦において、もし、善戦はしたものの負けていたら、どうだったでしょう?

恐らく、世界も「日本代表、優勝候補に善戦!」ぐらいで、世界に衝撃を与える事はなかったでしょう。

日本国内においても「よく頑張ったけどなぁ〜残念やったなぁ」ぐらいで、ユニホームが売り切れる位のブームにはならなかったでしょう。

私自身も試合後、熱いモノが込み上げる事はなかったでしょう。

やはり、勝たなければ、人々に衝撃や感動を与える事は出来ませんし、周りは何も変わらないのです。

サッカー女子日本代表もそうでした。

ラグビー日本代表と違い、なでしこジャパンは、世界においては、認められている存在でした。

しかし、国内においての認知度は今1つ‥‥‥澤選手って誰?といった所ではなかったかと思います。

それが、ワールドカップを勝ち切った‥‥‥震災後の象徴的な出来事という事もあり、勇気付けられたと同時に、彼女達やなでしこジャパンを取り巻く環境は劇的に変化をしました。

記憶に新しい処です。

あれが‥‥‥もし負けていたら、どうだったでしょう?

「よく頑張った‥‥‥勇気付けられた‥‥」と口々に感謝はしたとは思いますが、彼女達の取り巻く環境は今ほど劇的に変わらなかった事でしょう。

今回のラグビー日本代表も南アに勝ち切ったから、国内外に‥‥‥人々に勇気と感動を与えているのです。

勝つから環境が変化し、人々に感動を与える事が出来る‥‥これは紛れもない事実です。

厳しい様ですが、負けてしまったのでは、善戦した自分達の慰めや言い訳にはなるかもしれませんが、何も変わる事はありません‥‥‥‥。

善戦だけでは何も変える事は出来ないのです。

どこかで勝ち切らなければならないのです。

なでしこジャパンが、ワールドカップ決勝で勝ち切った様に‥‥‥。

その後は周りの環境が変化していますので、例え勝ち切らなくても、認知度がさほど落ちる事はありません。

これは、スポーツの世界も、芸能の世界も、私達の仕事においても、全て同様の事が言えます。

どこかで勝ち切り、抜けた存在、認知度を得れば、後は軌道に乗って進むものなのです。

今回のラグビー日本代表も、南アに勝ち切り、ベスト8に入る事があれば、必ずや軌道に乗ると思います。

後半ロスタイム‥‥‥3点差‥‥‥ペナルティキックで同点‥‥‥残されたのは、ラストワンプレー‥‥‥エディヘッドコーチの指示(キックで同点狙い)は、キックで同点狙い‥‥‥しかし、現場責任者のリーチ主将は、トライを選択し逆転狙い‥‥‥‥‥‥‥。

もし‥‥‥トライを取れず負けてしまえば、リーチ主将は非難されていたかもしれません。

しかし、それも覚悟の上での決断であったと思います。

ヘッドコーチから指示され実行する事‥‥これは、責任もなく、たやすい事です。

敢えて責任を覚悟の上で決断をし、実行した事‥‥‥結果はどうであれ、エディヘッドコーチも誇らしく感じたのではないでしょうか?

私も今回の決断は、結果がどうであれ、それで良かったと思います。

現在の日本代表を考えた時、同点では負けと同様に「善戦!」と言われるだけで何の意味も無く、勝つ事でしか現状を変える事が出来なかったと考えます。

ヘッドコーチは全責任がありますので、思い切った決断はし難いものです。

これは私も会社でよく言う事ですが、「仕事において100%成功する保証はない!それが、もし100%成功するというのなら、それはもはや業務である。

仕事とは、高い目標達成に向かって、情報やプロセスや改善を積み重ね、出来るだけ100%に近づける努力をする事‥‥‥そして最後に足らない部分を埋めるのは、携わる人達の意志と情熱である。」‥‥と。

私は会社おいて、一か八かの勝負は出来ないと考えています。

一か八かは、50対50という事です。

それを情報収集やプロセス精度の向上、または改善によって如何に60%70%にするか?そしてどのレベルで判断、決断するのか?が責任者として重要だと思っています。

その判断や決断において、私自身、重要視している事は、ただ1つです。

誰に任せるのか?という事です。

それを間違ってしまうと結果は出ません。(今までもこの手の失敗は数多くあります‥‥人を育てる為に‥‥また、その人の自己実現をさせてあげる為に‥‥‥チャンスを与える‥‥しかし、失敗そのものは最終的に全て会社トップの責任です。ただ、当事者達がそれをどう捉えているのか?も今後において重要なポイントとなります。「任せられたけど自分の責任で失敗をした‥‥‥ここをこうすれば良かった‥‥‥」この様に考える人物であれば、間違いなく成長しますし、次は失敗をしません‥‥そういう人には是非、直ぐにチャンスの場を作ってあげて欲しいと思います。私は、会社において成功の反対は失敗ではなく、何もしない事だと考えているからです‥‥積極的な失敗なら大いに結構な事ではないでしょうか?結果はどうであれ、今回リーチ主将が決断した積極的な行動であれば‥‥‥)

人にはそれぞれスキルの違いがあります。

仕事全体‥‥‥各プロジェクト‥‥各プロセス‥‥プロセスの中のタスク‥‥業務といった具合にブレークダウンをして行きその人に応じた仕事をしてもらう様に心がけています。

仕事全体を任せるとなると管理職の方々という事になります。

各プロジェクトや各プロセスを任せるとなると主任以上といった所でしょうか。

また、その人を育てる為、スキルの少し上の仕事‥‥‥また、役職を鑑み、してもらわなくてはならない仕事も、出来るだけお客様に迷惑の及ばない範囲で任せ、スキルアップも行う様にはしているつもりです。

しかし、何れの場合も、仕事には100%はありませんので、任された人の意志と情熱によって、その結果も人の成長も大きく異なって来ます。

企業として、裏付けを取りながら確率アップさせて行く‥‥‥この積み重ねは、当たり前の事で、それによりある程度、誰にでも仕事の結果をもたらせる様にし、会社全体の底上げが出来ると共に、そのプロセスアップの作業こそ、上司が部下達に教えて行かなければならない事なのです。

しかし、確率が低く共、どうしてもしなければならない事も発生します。

その時には、やはり情熱を持った人でなければ成し得ません。

これは、もはや確率論ではないからです。

意志と情熱があれば、僅かな確率でも成し得る事が出来る‥‥これもまた仕事の醍醐味です。

今回南ア戦の場合、ヘッドコーチは誰にどの仕事を任すのか?を考えた時、キックの成功確率の方が高い‥‥‥そして結果を考えた時、その方がベターだと判断し、そのスキルが高い五郎丸選手を選択しました。

全責任を負うモノとしては当たり前の決断だったかもしれません。

しかし、プレー全体を任せられているリーチ主将は成功確率が低いかもしれませんが、トライを選択しました。

そこには、リーチ主将だけでなく、選手全員、もっと言うと、ラグビー場の観客、テレビで応援する人達全ての意志だったのではないでしょうか?

そして、「必ずトライを取る」という全選手一致の熱い想いによって、ラストワンプレーをモノにし逆転という結果を得たのでした。

たかが、2点差‥‥‥されど2点差‥‥勝ちと負けには、とてつもない位‥‥天と地の差があります。

これを切っ掛けに日本ラグビーが変化をするかもしれない?‥‥‥それ位、大きな結果です。

誰1人ブレずに、全員がトライを狙う‥‥‥この意志が固まった時、あの逆転トライは決定していたのかもしれません。

チームリーダーと選手の意志と情熱が確率の低いプレーを成功へと導いたのです。

エディヘッドコーチもさぞ喜んだ事だと思います。

勝った事も去る事ながら、自身の決断より、高い目標の決断をリーチ主将がし、それに対し、全選手がブレずに一致団結して、疑う事なく、それに突き進む姿勢‥‥これを目の当たりにし、チームがワンランク上に上がったと思われたのではないか?と想像します。

この事が、これからの日本代表を考えた時、嬉しかったのではないでしょうか。

その後、ラグビー日本代表は、強豪スコットランドに大敗を喫してしまいました‥‥‥‥。

やはり肉弾戦で体格差のあるラグビーにおいて、相手は初戦、日本代表は中3日(ラグビーの場合、通常、中7〜10日)というのはちょっと酷だった様に思います。

若干日本代表よりは上だとは思いますが、南アと違い、本来、スコットランドとはあまり実力差はありません。

考えられない様なイージーミスが試合当初から起こり、それでも60分までは互角の戦いでしたが‥‥ラスト20分で立て続けにトライを奪われてしまいました。

スコットランドのプレースタイルは、前半の30分までに得点を重ね逃げ切る‥‥というものです。

そこからしても後半20分は、日本代表の集中力と体力が落ちてしまったのが分かります。

やはり、中3日が効いたのかもしれません。

しかし、次は中10日空き、サモア戦です。

言い訳は出来ません。

今までの成果、準備を見せる時です。

サモアも強豪で日本代表とは互角だと思いますが、今度はしっかりと英気を養い、南ア戦を無駄にしない為にも‥‥フロックと言われない為にも‥‥そして、今後のラグビー日本代表の為にも、是非、勝利して欲しいと願っています。

「志ある所に道は出来る」

もう1歩で周りは必ず劇的に変化をします。

折角、南アに勝利したのです。

不可能を可能にしたのです。

このチャンスを逃す事なく、結果を残し、次世代への道を切り開いて下さい!

誰かが、どこかで、歴史を変えて行かなければなりません。

今がその時です。

歴史を変えるのはあなた方です‼

 

www.monocoto.life

イノベーション

こんにちは‼︎

今週は時々、雨模様ではありましたが、比較的涼しい感じでしたね。

聞く所によると、10月下旬位の気候の日もあったとの事でした。

もう流石に朝晩は半袖では寒い‥‥そんな感じです。

私もこの寒暖のせいか?少し風邪気味でした。

皆様におかれましても、どうかお身体にご留意を下さいませ。

さて、話は変わりますが、昨今、特に「イノベーション」の重要性が随所で叫ばれている感じがします。

時代の変化の早さを、どの企業も感じておられ、その危機感から「通常の延長線での改善やビジネスの展開では、もう無理だ‥‥何か劇的な改革を会社としてしなくてはならない‥‥」‥‥‥この様な思考の中で「イノベーション」と口にする事が急増しているのではないか?と考えています。

右肩上がりの景気の良い時代には、聞かなかったワードです。

ある人に言わせれば、現代は明治維新、戦国時代に匹敵する激変期だとも言われています。

これは社長だけではなく、全社員が「そういう時代だ」という事をまずは認識をしなくてはなりませんね。

では、よくいう「イノベーション」とはどういう意味でしょう?

そもそもイノベーションという言葉は、ラテン語のnovus(=new)に由来しているそうです。

novusは英語のnova(新星爆発)の語源でもあります。

従って、イノベーションとは、本来、新星爆発が起きるくらいに革新的であるという意味です。

かつて日本ではイノベーション=技術革新と訳されていました。

しかし、今や技術革新どころか、小さな改善すらイノベーションと呼ぶ風潮が日本では散見されます。

ただ、現代において企業の危機感から耳にする「イノベーション」という言葉は、改善ではなく、本来イノベーションの持つ意味‥‥‥「新星爆発が起きるくらい革新的である事」→「抜本的変化」‥‥これを指していると考えます。

そして、このイノベーションと呼ぶに値する抜本的変化には、3つの条件を満たしているという事です。

先般読んだ本を引用させて頂きます。

①見たことも聞いたこともない事

見たことも聞いたこともないと言っても、実現して見ると実は、消費者が欲しかった‥‥という事が重要であると言います。

例えば、USBメモリーがあります。

元々、USBはパソコンに周辺機器を接続する為の端子の技術です。

USB自体をメモリーとして使ってしまうという事は誰も考えていませんでした。

しかし、実現して見ると‥‥‥皆さんご周知の通りの爆発的ヒットで、正にコロンブスの卵でした。

②実現が可能な事

夢物語ではなく、現在ある技術又は今後開発出来る見込みのかる技術‥‥‥という事です。

温水洗浄便座などの出現は分かり易い例かもしれません。

③物議を醸す事

これがとても重要だと筆者は言われています。

物議を醸す理由は、突拍子もないアイデアだったり、常識的にはあり得ないアイデアだったりするからです。

物議を醸す事が、イノベーションの条件に含まれる理由の1つは、人は基本的に保守的であり、直感的に大きな変化を受け入れがたいと感じる為です。

これは、特に超保守的と言われる日本人にはありがちな言動です。

イノベーションとまでは行かなくても、日常業務や会議においても、「出来ない」「無理」「‥‥‥が無い」など、「やらない事の理由探し、言い訳」に終始している‥‥という事はよくあるのではないでしょうか?

これでは、イノベーションはおろか、目の前の改善すら成し得ない‥‥‥こんな事になってしまいます。

冒頭お話ししました様に、現代は明治維新や戦国時代に等しい激動の時代です。

そんな時代において、やらない理由探しや言い訳に終始している様なスタッフが大半を占める会社では、時代によって斬られてしまう事でしょう。

まずは、時代を認識し、目先の事であれ、「成し得るにはどうすればよいか?」‥‥この様な議論を推し進めれる組織でなければなりません。

そして、その姿勢や考えの延長線であるのなら、抜本的改革=イノベーションも実現可能になると考えます。

私自身、手前味噌で申し訳ないですが、仕事に対する「気づき」があってから、大局的に自社の会社像が見れる様になりました。

大局的、俯瞰的に掴めないと、全社的課題も去る事ながら、目の前の課題すら気付かないものです。

その「気づき」から様々な全社的課題、目先の課題が、湯水の如く吹き出てきました。

今までは何気なく見過ごして来た事ばかりです。

その課題を主体的に解決して行く中で、段々と取り巻く業界の課題、社会の課題、時代の課題‥‥‥と広く捉えられる様になって行った様に思います。

そして、イノベーションと呼べるかは分かりませんが、抜本的改革として事業改革‥‥‥「金属や樹脂部品のOEM事業」から「モノづくりの課題解決事業、開発支援事業」へと事業改革をするに至った訳です。

「monocoto」と呼ぶ私達のビジネスモデルは、誰もが見たことも聞いたこともないコンセプトであり、日本初のビジネスモデルです。

そしてそのビジネスモデルは、モノづくりに課題のある現代においては、多くの企業からの欲求も潜在的にある事も事実です。

それは私達の培って来た実績、ノウハウ、技術、ネットワークがあった為、実現出来ました。

他社では恐らく実現は不可能だろうと考えます。

これに対し物議を醸すか?どうか?は分かりませんが‥‥‥‥。

従って、上述の定義からして、私自身はこのビジネスモデルはイノベーションと呼べるに値するモノであると捉えています。

私達はこのイノベーションを拡散し、コンセプトである「誰かを幸せにする歓びを共に」を、前向きなスタッフ達と実現して行きたいと考えているところです。

大手通販会社、GMSなどが、昨今、業績悪化していると新聞紙上で目にします。

消費の低迷という事態になると多くの中小零細企業は疲弊をしてしまうことでしょう。

従来の延長線‥‥これは現在の飯のタネとして、成長戦略の為には、本来の意味である「イノベーション」は不可欠だと考えます。

まずは「出来ない」→「成し得る為には‥‥」こんな日々の考えを身に付け、そしてすぐさま実行する‥‥すぐに実行するまでを習慣化する事が肝要です。

イノベーション?大層過ぎるテーマかもしれませんが、上述の習慣の先には必ず抜本的改革(=イノベーション)は見えてくる筈ですよ。

www.monocoto.life

 

 

 

 

ブランド化

皆さん、こんにちは‼

今週は台風と秋雨前線の影響から、栃木、茨城において、予想だにしない甚大な被害が出てしまいました。

昨今の地球温暖化、それに伴う気象の変化‥‥それによってもたらされる自然の脅威‥‥こんな事を目の当たりにした感じがします。

被害に遭われました地域の方々には、心よりお見舞い申し上げますと共に、今後、気象の変化により、今回の様な災害が頻繁に起こってしまうのではないか?と危惧しています。

これからは、何かが発生した時、「今までの事を考えると大丈夫だろう」ではなく、「もしかすると‥‥‥かもしれない」と、少し臆病な位の行動を取る様に心掛けたいものですね。

さて、話しは変わりますが、企業における経営資源とは、昔からよく「人」「モノ」「金」と言われて続けて来ました。

そして1990年代に入り、新しく経営資源として考えられたのが、「情報」です。

そして2000年代に入り‥‥昨今よく言われ新たな経営資源として考えなくてはならないのが「ブランディング」と言われています。

「人」「モノ」「金」「情報」「ブランディング」‥‥現代においてはこの5つの経営資源を駆使して経営をしなければならないと考えられています。

しかし、「経営とはシンプルなモノで、皆わざわざ難しく考えている」と言われるブランド戦略のコンサルタントの方がおられます。

その方は、企業のサイズや業種、業態に関わらず、経営は「3つの力」で成り立っていると言います。

その方程式は、

経営力=つくる力×売る力×管理する力

だそうです。

まず必要なのは、「売りモノをつくる力」です。

どんな会社も、何かしらの商品やサービスを売る事で存続をしていますので、「売りモノをつくる力」はやはり外せません。

メーカーならば、商品開発力‥‥‥勘違いをしてはいけないのが、商品をつくるノウハウや技術ではないと云う事です。

その根底にある、売れる商品をつくる力と理解をしなければなりません。

例えば、商品を仕入れ、利益を乗せて販売をする会社ならば、「商品のセレクト力」と云う事になりますし、サービスを売る会社ならば、「ビジネスモデルをつくる力」と云う事になります。

次に必要なのは「売りモノを売る力」です。

これは即ち、自分達の売りモノを、顧客に伝える伝達力の事です。

これが無いと、折角の商品やサービスも宝の持ち腐れになってしまいます。

従って、会社組織として伝達の先頭に立つ営業部隊は、この伝達力をスキルアップさせて行かなければならない訳です。

そして最後は「管理する力」です。

全ての管理という概念が当てはまりますが、中でも管理職の方々が行う「目標管理」が重要です。

これにより会社としての方向性の具現化やあるべき姿に導く事になります。

この3つは、上記の方程式で示す通り掛け算ですので、1つでも極端に低い数字があれば、全体のスコアに影響し、ネガティヴな方向に進んでしまいます。

特に中小企業の場合、この3つの内「売りモノを売る力」(伝達力)が足りないと認識をされている企業が多いと言います。

現代において、誰もが瞬時で情報を取り込める時代にあって、伝える力のない会社は、極端な話、存在していないのと等しいと言われています。

そこで、伝達力を高める手段‥‥上手なコミュニケーション戦略として第5の経営資源「ブランディング」を取り入れなければならないと言います。

今や中小零細企業であっても、大企業の様にブランドらしく自社を見せる事にこだわる‥‥存在意義を高める事をしないと、この先の経営はかなり厳しくなると言われています。

ブランディングとは、上手なコミュニケーションツールとして捉え、自社をブランド化するという事は、自分達の事を上手にお客様に伝えられる会社になる事‥‥‥この様にブランディングを理解し、認識すれば、その伝達力も増すのではないか?と思います。

ブランディング=コミュニケーションツール=伝達力

この様に考え自社のブランド化を進めて行かなければならないのです。

私達の会社でも約2年前からブランディングに着手しています。

この7月からサービスブランド「monocoto」を立ち上げ、その伝達力を高めるべく、営業、企画購買を中心に、その認識、理解を深め、私達の想いがお客様に届く様に努力を重ねている所です。

ブランド化は、一朝一夕で出来るモノでは無く、ましてやブランドブックやwebサイトなど形をつくれば終了というモノではありません。

逆に、そこからがスタートで、各々がそのブラッシュアップをして行かなければなりません。

その改善の繰り返し、そして会社スタッフ全員の立ち居振る舞いが、そのブランドを作って行くのです。

それが伝達力となり、お客様に伝わるのです。

ブランディング戦略‥‥是非一度進めて見て下さい。

www.monocoto.life