• HOME > 
  • ブログ

新入社員ビジネスマナー

 

皆さん、こんにちは‼

今週は真冬に逆戻りしたかの様な寒さでしたね。

よく考えると、まだ2月ですのでこれ位の寒さが普通なのかもしれません。

暖冬だった分、寒さが堪える感じがします。

ただ週末は少し気温が戻る様ですが‥‥‥。

また、巷ではインフルエンザも流行っているとの事ですので、体調には十分気をつけてくださいませ。

さて、話は変わりますが、先般、「新入社員のビジネスマナー」という小冊子を読みました。

著者は人材育成のプロ‥‥古谷治子さんです。

新入社員に限らず、企業としましては、人を育てて行かなくてはなりません。

企業は人なり‥‥‥です。

優秀な人材が育てば育つ程、当然、企業としても成長をする‥‥こんな図式です。

「新入社員のビジネスマナー」というのは、仕事をして行く上で、「いろはのい」ではありますが、自身を見つめ直す意味でも少しご紹介をさせて頂きたいと思います。

一人前のビジネスパーソンになる為に‥‥‥

「好印象を与えるコツを身に付けましょう」「感じよく正確に伝える話し方を身に付けましょう」と言われています。

1.好印象を与えるコツ

私達は人と接する時、特に顔の表情から様々な判断をします。

従って、自身の顔の表情には細心の注意を払う必要がある訳です。

例えば、表情のない顔‥‥暗い顔‥‥気難しい顔‥‥などは相手を寄せつけない雰囲気を作ってしまいます。

また、話をする時には、「相手の目を見る」というのが基本ではありますが、10秒以上、見つめていると、逆に相手からは不快な印象を持たれるものです。

1対1で向き合う場合、相手の眉からネクタイの結び目まで‥‥いわゆる「アイゾーン」に目線を広げておいて、ここぞというタイミングの時に、相手の目を見て、話す‥‥相槌を打つ‥‥という具合に会話をすれば、相手に不快な印象や威圧感を与える事はなく、しっかりとコミュニケーションをとる事が出来ます。

そして、相手と対峙する場合(クレームや失敗での対峙は当然ながら別です)は、何といっても笑顔です。

これは仕事に限らず、全世界共通のコミュニティー手段です。

感じがいい‥‥というだけで仕事は出来ませんが、感じがいい事で人間関係がスムーズになる事も事実です。

(まとめ)

*笑顔で話す事が出来ていますか?

*イキイキ、ハツラツとしていますか?

*目線の配り方は適切ですか?

2.感じよく正確に伝える話し方

顧客や上司にプレゼン・報告などをする場合、明るくハキハキした声と、こもった声、小さな声では、同じ説明をしていても、相手の理解度や受ける印象が全然違って来ます。

声の大きい人、小さい人、高い人、低い人、人によって様々です。

今更変えられない‥‥という人もおられるかもしれませんが、自身の範疇で物事を考えず、そこで何の努力もしない様では、一人前の社会人とは言えません。

私も普段は早口で声のトーンは低いと思いますが、仕事では出来るだけゆっくりと‥‥そして声のトーンはワンランク上で話す様に心掛けています。

声は一般的に、「ソ」の音で発音すると、相手に最も快く聞こえるそうです。

また、スピードという事でいうと、アナウンサーは、1分間に約380字程度のスピードで話しをされているそうです。

声のトーン‥‥話すスピード‥‥これらを意識し、実行するだけで、印象もかなり違って来るそうですので、是非実践して見てください。

(まとめ)

聞いていて不快な話し方

*声が小さくこもっている

*話し方が早過ぎる、遅過ぎる

*抑揚がなく平坦

*語尾がはっきりしない

*語尾が伸びる、上がる

声の高さ‥‥‥「ソ」の音

話すスピード‥‥‥1分間380字程度の早さ

だそうです。

一人前のビジネスパーソンになる為に‥‥という章では、上記以外に、「身だしなみの大切さ」「あいさつの重要性」「お辞儀のルール」‥‥これらも、社会人として当たり前に身に付けて置かなければならないと言われています。

その他にも様々な章から構成をされていて、参考になる事が満載ですので、また折を見てご紹介をさせて頂きます

超ロジカル思考

皆さん、こんにちは‼

私は今、東京にいますが、まぁ〜暖かい気候です。

23℃との事です。

車に乗っていると暑く、少しクーラーでも入れたくなる感じがします。

週末はまた、天気が崩れるとの事ですが‥‥‥。

これからは、ひと雨毎に季節が移って行くのでしょうね。

さて、話は変わりますが、現代における情報は一瞬の間に世界を駆け巡り、また、その移り変わりも一瞬の間に起こってしまう‥‥そんな時代に私達はビジネスをしています。

ビジネスの基本的な思考は「ロジカル思考」という事は間違いないと考えますが、上記の様な目まぐるしい情報時代において、その基本だけで対処していたのでは、お客様の理解を得られない場合があります。

そこで、その進化形として「超ロジカル思考」を提唱されている方がおられます。

高野研一さんという方です。

本日は高野さんの言われる「超ロジカル思考」をご紹介させて頂き、皆様方のご参考にして頂ければと思います。

高野氏曰く、「情報が瞬時に交錯する現代にあって、ビジネスパーソンを取り巻く環境も不確実で先の見えにくいものになって来ている。こうした先の見えにくい世界を相手にする場合、モノの見方は1つでない事が多い。あらゆる可能性を創作する事が未来を確かなものとする」と言われています。

では、

1.「目に見えなかったモノを見られる様にするには‥‥‥」

どうすれば良いのでしょう?

この原因は、自己の範疇でしかモノ事を見ていなかったり、経験が浅かったりするのが問題です。

そこで、高野氏は、

「①自分が行った事のない場所に行ったり、会った事のない人と会って話しをしたりする事をお勧めする」

「②毎日ノートを持ち歩き、何か気になった事があれば、書き留める習慣をつける」

と言われています。

次に

2.「自分の器を超えた問題を解決するには‥‥‥」

これは、ビジネスパーソンに限らず、会社が成長をして行く上で、少なからず、どの会社の社長も、自身の器を超えた所でチャレンジをしている事だと思います。

これに対し高野氏は、

「①自分の器を超えた問題を1つ取り上げ、頭に浮かんだ解決策をノートに書き出す」

「②そして、そこに書き出したものを全て捨てる。その後、イマジネーションを広げ、問いを重ねながら問題の構造を解明して行く」

「③ビジネスリーダーとして、将来の市場構造、事業構造、収益構造の可能性を解明して見る」

‥‥こんな感じです。

大事な事は、頭に浮かんだモノは、まず捨てる‥‥‥という点です。

何故なら、その範疇での考えや頭に浮かんだモノは、自身を超えている事にはならないからです。

一旦、自身の考えは捨て、新たな問題解決のアプローチを思考錯誤しながら考える‥‥‥これが重要なのです。

そしてその後、今の場当たりでは無く、5年10年先まで思いを馳せ、シミュレーションして見る‥‥‥。

この思考回路になれば、常に自身の器を超えた問題の解決策は見つかるはずです。

最後に、3.「人の内面を見られる様になるには‥‥‥」

「①顧客を一方では無く、様々な切り口から分類し、その中から魅力的なターゲットを選ぶ」

「②彼らの内面に感情移入し、彼らがどの様に心を揺さぶられたかを想像する」

「③それらを使って、どの様に顧客の五感に刺激を与え、心を動かす事が出来るのか?を考えて見る」

‥‥だそうです。

私達の経験からも、自社での新しい切り口(ビジネスモデル)を持って、既存顧客や休眠顧客にアプローチをした所、今までは、お付き合いが殆ど無かったお客様も、魅力的なお客様に変わる事が分かりました。

私は、上述の高野氏の「超ロジカル思考」には共通点がある様に思いました。

「目に見えなかったモノを見られる様にするには‥‥」

「自分の器を超えるには‥‥‥」

「人の内面を見られる様になるには‥‥‥」

この様な事を解決するには、やはり自分自身の成長という事だろうと思います。

人としての懐の深さ、幅の広さ‥‥‥

人としての見る視野の広さ、俯瞰、大局感‥‥‥

そして、人として相手の立場に立って思いを馳せる思いやり‥‥‥

この様な事を広げて行きなさい‥‥

その為の方法論を高野氏は言われているのだろうと思います。

これは本来、人(自分自身)としての問題です。

私も尚、その様に在りたいと考え、人生を歩んでいます。

元来の「ロジカル思考」は、文字通り、仕事を進めて行く上で、論理的に物事を捉え、論理的に物事を解決して行く‥‥

これがビジネスでの効率化が計れ、回りに対しても納得の行く‥‥

また、回りに教える事が出来る‥‥

ビジネスでの基本的な考えです。

ビジネスを進めて行く上では、ベースとなる思考ですので、無くなる事はありませんし、ビジネスパーソンは身に付ける必要があります。

しかし、ともすると、それは自己の範疇からの一方通行になり、共感、共鳴を得られない場合もあります。

目まぐるしい時代だからこそ、人としての人間性が問われているのかもしれませんね。

いつの世も、デジタルが‥‥‥情報が‥‥科学が‥‥進化し、便利になったとて、人が存在する限り、ビジネスの基本は人対人‥‥ビジネスだけでは無く、人の営みもまた、人対人、アナログ的なモノです。

これは不変の真理です。

従って、「超ロジカル思考」とは、「ロジカル思考」+「人間性」=「超ロジカル思考」という事ではないでしょうか。

不況また良し‥‥第2弾

皆さん、こんにちは‼

今週金曜日(12日)、私達の会社では初めてセミナーを開催しました。

お忙しい中、大勢の方々にお越しを頂き、本当にありがとうございました。

心より感謝申し上げます。

皆様に喜んで頂ける様なサービスをより以上に展開しなければならないと改めて感じた次第です。

これからも、この様なセミナーを定期的に開き、皆様方との交流を深めさせて頂くと共に、皆様方にとりまして、少しでも有意義なセミナーとして参りたいと考えています。

今後共、どうぞ宜しくお願い致します。

さて、今週は先週からの続きで不況時における心構え、考え方、行動などを松下幸之助さんの教訓「不況克服の十カ条」から紐解きながらお話しを進めたいと思います。

先週は1〜5カ条までをご紹介しましたので、今週は第6カ条からです。

第6条「時には一服して待つ」

売れない時は、どうしても焦りが出ます。

焦りが出ると無茶や無理に繋がり、自分本位になりがちです。

お客様に嫌われる時は、得てしてこんな時です。

こんな時、従来のお客様は去る事ながら、日頃手の届かなかったお客様に対するサービスに精を出すべきだと幸之助さんは言われています。

忙しい時は、どうしても自身の主要顧客に時間を取られてしまいます。

しかし、不況の時は、今まで疎かにしていた既存顧客や休眠顧客、そして新しい顧客に時間を割き、そのお客様に対するサービスを充実させ、また新たな主要顧客となるべく行動をしなければならないのです。

第7条「人材育成に力を注ぐ」

ひとたび困難に出会いますと、人は順調な時以上に知恵を働かせ、努力もすると思います。

従って、不況時は人材育成の絶好の機会ではないか‥‥と言われています。

営業パーソンであれば、今までのやり方を見直し、創意工夫に注力をすべきです。

第8条「責任は我にあり‥‥の自覚を」

業績低下を不況のせいにしていないか?どんな状況でもやり方如何では成功の道がある‥‥この様に言われています。

結果が出ないのは、営業パーソンとしての自らのやり方が的を射ていない点にあります。

この著書を書かれた筆者曰く‥‥‥。

私は飲み屋さんによく行きますが、営業パーソンらしき人達の話を耳にすると愚痴だらけです。

やれお客さんが悪い‥‥‥。仕入先が悪い‥‥‥。我々の商品や会社には強みがない‥‥‥。販売ツールが古臭い‥‥‥。お客さんも売上が下がっているのだから仕方ない‥‥‥不況だから仕方ない‥‥‥などなど。

売れないのは全部周りのせいにして、結局は何の解決策も見出せていません。

そうした場は、ストレス発散のガス抜きとしては、良い機会ではあるかもしれませんが、また明日から同じやり方の繰り返しをするだけで、結局、結果は変わりません。

営業パーソンとしての自らのやり方、考え方に足りない所があると思ったなら素直に認め、改めるべき所を改めたならば、困難に対処する道は開ける事でしょう‥‥と言われています。

第9条「打てば響く組織づくりを進める」

幸之助さんの「不況克服の心得十カ条」どれをとっても納得のいく‥‥重要度の高い心構えであると思います。

その中でも、私のこれまでの経験からして、最も 重要なのが、この9条ではないかと考えますし、私自身も頭を悩ます日々が続いています。

打てば響くという観点からすると、まずはお客様からの情報です。

この情報を共有し、必要な事は速やかに行動に移す‥‥‥これがお客様に対する「打てば響く」になります。

私達の会社では、朝のミーティング時に、私自身が中心となって、お客様や仕入先様からの緊急情報(私達はA情報と呼んでいます)と営業活動や企画購買活動をした中での情報(C情報)を関係者で共有し、今は私が情報を精査し、判断し、タスク分けをして対処する様にしています。

肝心な事は、参加者達が「業務報告ではなく、具体的な活動の中から抽出されたお客様や仕入先様からの貴重な情報を共有するのだ」という自覚を持ってテーブルにつかなければ意味がないという事です。

そして‥方向性が出されたら速やかに行動をする‥‥この心掛けが大事です。

リーダーによるリーダーシップの下、その情報に対する判断をし、対策とタスクを、誰にどの様に振り分けるのか?を吟味し指示する訳です。

こうする事でお客様の情報に対して速やかに的確に処理がされるはずですし、最低限、

「打てば響く」行動にはなっているはずです。

次に、会社方針の遂行です。

全世界における企業は全て営利を目的としています。

これは言うまでもない事です。

その営利目的の実現の為、各々の会社社長はそれぞれ方針や方向性を打ち出します。

そして‥‥‥その方針や方向性を具現化する為、管理職や責任者達は具体的な手段を考え行動し、それを実現する‥‥会社組織とはこういうものです。

従って、好況不況に限らず、会社方針に対しては「打てば響く」でなければならないのです。

ましてや不況になるとそのスピードをよりギアアップして行動しなくてはなりません。

上記の事が当たり前に出来る「打てば響く」組織にしなさい‥‥‥と幸之助さんは言われているのです。

その中でキーパーソンになるのは、やはり管理職や責任者の方々です。

不況をそのまま放置する社長はまずいません。

その時、熟慮、熟考して「この方針で行こう‼」‥‥と社長は決断をし、旗を振り、目指す方向性を高らかに指し示すはずです。

それが社長の役割だからです。

その時、打ち出した方針や方向性に対して、結果は別として、少なくとも管理職や責任者のリーダーシップの下、「打てば響く」行動を具体的に、主体的に速やかに出来る組織でなければならないという事です。

「笛吹けど踊らず」の組織では今まで通りを繰り返すだけで、不況を脱する事は出来ません。

今は正に戦国時代の様相を呈しています。

戦国時代‥‥大将(社長)は状況を判断し、方針や方向性を打ち出します。

その時、家老達(管理職や責任者)は、その指示の下、速やかに行動に移す‥‥。

時には大将自ら出陣する‥‥という事はありますが、毎回毎回、大将が自ら出陣する事はあり得ません。

その大将の意を受け、家老達がそのリーダーシップの下、部下達を速やかに、大将の言う方針や方向性に向かって行動を取らせるのです。

そしてその時、大将と違って、家老達は自ら率先してその部隊を引っ張って行くものです。

大将が喧しく言っても家老達が動かない‥‥なんて事はまずあり得ませんよね。

「打てば響く」とは、この様な組織ではないでしょうか?

これを見ても方針を形にする為には、管理職や責任者のリーダーシップが如何大事かをご理解頂けるのではないかと思います。

私自身、時代を斬り裂いて行く‥‥または不況を脱するという事において、やはりこの第9条が一番重要であると確信しています。

第10条「日頃から為すべき事を成しておく」

これは言うに及ばず、常に不況時の心構えを持って仕事に臨みなさい‥‥という事です。

しかし、私も含め人は直ぐに忘れてしまいますよね。

戒めにしたいものです。

これらの10カ条は、現在にも通ずる深いものを感じます。

然るにこれは、いつの時代においても、色褪せる事のない不易のものであり、仕事をして行く上で万人に通ずる真理なのです。

 

最後に‥‥「商人には好況不況はない!何れにしても儲けなければならぬ」‥‥‥これも幸之助さんのお言葉です。

正に企業は営利目的で、目標に対して成し得る‥‥強い覚悟が感じられるお言葉です。

この幸之助さんの気構えと「打てば響く組織」‥‥‥これが成功の秘訣ではないでしょうか。

 

上述の「不況克服の十カ条」は社長も去る事ながら、実は営業パーソン‥‥特に管理職、責任者に向けて書かれたモノです。

 

是非、皆さん参考にして見てください!