• HOME > 
  • ブログ

素敵な大人

皆さん、こんにちは‼

 

随分と暖かくなって来ましたね。

 

今週は日中、クーラーを少し入れてしまった日もありました。

 

週末に掛けて又、寒の戻りがある様ですが、

 

いよいよ春本番という所ですね。

 

 

春本番といいますと、この時期、高校野球におきましては、春の選抜高校野球大会が開催されています。

 

「センバツ」‥‥‥と聞くと「春が来たなぁ」と思われる方も多いのではないでしょうか?

 

 

それにしても、何故、人は高校野球に魅了される方が多いのでしょう?

 

 

彼らの純真さ‥‥ひた向きな姿勢‥‥諦めない気持ち‥‥仲間意識‥‥1発勝負‥‥礼儀‥‥規律‥‥努力の過程‥‥‥‥‥‥そして地元愛‥‥‥こんな事が私達を魅了するのかもしれません。

 

 

プロ野球も人々に勇気や希望・感動を与えるものだとは思いますが、高校野球からすると、その純真さやひた向きさが希薄になっている感は否めません。

 

 

特に昨今、相次ぐ不祥事が発覚し、人々に感動を与える‥‥という事からは程遠い感じです。

 

 

社会と関わって行く以上、又それに期待をして頂いている方がおられる以上、全ての組織やチームは「かくあるべき」ではないか?と考えます。

 

 

企業もその例外ではありません。

 

 

しかし、とは言うものの、人は大人になるに連れ、どこからか?純真さやひた向きさを忘れて行くものかもしれませんね。

 

 

考えるに、その理由として、大人になるという事は、仕事においても、人生においても、失敗の経験が積み重なってしまう事‥‥‥が側面であるのではないか?と思っています。

 

 

そうなると、「これをすると失敗するなぁ〜」とか「これ以上やっても無駄やな」とか‥‥‥諦めの気持ちや邪魔臭さが先に立ち、次の1歩が踏み出しにくくなるのではないでしょうか?

 

 

従って、やらない理由や出来ない理由が口を吐き、純真さやひた向きさというものが失われて行くのではないか?と思うのです。

 

 

素敵な大人になる為には、大人としての経験を積み重ねながら、いつまでも少年の様な純真な心を持っている‥‥‥‥こんな事ではないか?と思います。

 

 

失敗の経験を踏まえ、そこで諦めるのではなく、失敗しない為の新たな方法を見出し、それにチャレンジをし続ける‥‥‥‥こうする事で、いつまでも少年の様に純真さやひた向きさが失われずに済むのではないか?と考えています。

 

 

上述の高校球児は、ゲームセットの瞬間まで諦める事をしません。

 

 

その瞬間、最後の瞬間においてまで、一生懸命・一心不乱です。

 

 

そんなひた向きなプレーに私達は釘付けになり、感動を覚えるのでしょう。

 

 

私達大人も、そんな気持ちでその日その日を、ひた向きに過ごしたいものです。

 

 

禅用語に「而今(にこん)」という言葉があります。

 

 

その意味は、過ぎ去った時、この瞬間は二度と戻って来ない‥‥‥という事です。

 

 

絶対の生命というものは、今この時をおいて他にありません。

 

次の瞬間にでも、その命が終わるかもしれません。

 

未来に向かって永遠と命がある訳ではありませんので、今この瞬間を大切にしなければならないという事だそうです。

 

 

また、「不安」‥‥‥という言葉があります。

 

この不安という気持ちは誰しもが、時に抱く時があるでしょう!

 

 

私も同様です。

 

 

しかし、不安というものは全て未来の産物です!

 

 

「老後が心配‥‥‥」「子どもの成長が‥‥‥」「就職が‥‥‥」「お金が‥‥‥」仕事で言えば、「売上げが‥‥利益が‥‥‥」などなど、全てまだ来ぬ未来に対しての不安です‥‥‥‥‥このままだったらどうなってしまうんだろう?そんな未来を想像して‥‥だから今が不安‥‥‥こんな事ではないでしょうか?

 

 

私もまだまだ達観をしていませんので、様々な事象に対して不安が募る時があります。

 

 

考えて考えて、いつも行き着く答えは原点回帰です。「いくら不安がっていても行動をしない限り、何も解決出来る訳ではない!まず情報を収集し、精度の高い現状を把握し、そしてその解決に向かって今、何を為すべきか?それに集中をするんだ!そしてそれに向かってチャレンジをするんだ」と自分自身に言い聞かせ、自分自身を鼓舞し、目の前の「為すべき事」に向かう様にしています。

 

 

一方で「希望」‥‥‥という言葉があります。

 

この希望も又、不安と同様に未来の産物です!

 

 

決して人は、「過去」に対して、不安や希望を抱く事は無いですよね。

 

 

過ぎ去った過去だから‥‥‥‥‥。

 

 

従ってこの考え方は、原理原則‥‥道理であり不変のものです。

 

 

同じ、まだ来ぬ未来なら‥‥‥不安を排除して、希望を持って、今を大切に生きる‥‥‥この方がいいじゃないですか!

 

 

ちょっと矛盾している‥‥‥?

 

 

この様に思われる方もおられるかもしれません。

 

 

而今とは‥‥‥二度と来ない今を大切にしなさい‥‥という事でした。

 

 

未来の不安に対して‥‥‥‥?

 

未来の希望に対して‥‥‥‥?

 

 

未来‥‥‥‥‥?

 

 

これは矛盾をしている訳ではありません。

 

 

禅僧曰く、「人は夢を持たなくてはなりません。その夢に向かった今を大切にしなければならないのです。何故なら絶対の生命は今をおいて他に存在しないからです。決して場当たりではいけない。それを而今とは言いません。夢や目標を持ち、その方向に向かった今で無くては生きる意味が存在しないのです。命が尽きる瞬間は誰しも知り得ない事です。

 

その命の尽きる瞬間まで、自身の夢に向かった今を大切に生きなければならない‥‥これが生きるという事であり、而今の真意です」‥‥‥‥‥‥と。

 

高校球児達は、ゲームセット‥‥最後の瞬間まで、「勝利」という目標に向かって、今その時を全力で戦っています。

 

正に‥‥而今ですね。

 

話は余談になりますが、今を大切にし、即時、行動に繋がる気持ちの有り様として、私は次の4つがあると考えています。

 

 

①やらされている

 

②やらなければならない

 

③為さなければならない

 

④やりたい

 

 

当然ながら下に行けば行く程、自発的に行動に移ります。

 

 

課題や問題や不安を取り除く為には、「為すべき事」を、まず、しなくてはなりません。

 

 

「やりたい事」を出来る環境を整え、そして希望に胸を膨らませ、自分達が「やりたい事」にどんどんチャレンジをして行く‥‥‥こういう事だろうと思います。

 

 

「言うは易し行うは難し」‥‥ですが、上述の考え方‥‥「希望も不安も過去には無く、未来に対してのみ存在する」‥‥この道理を意識するだけで、自身の気持ちの持ち様が、速やかに‥前向きにアジャストされる様になると思います。

 

 

因みに、上述の「夢」という言葉も禅用語の1つです。

 

 

最後に詩をご紹介します。

 

 

夢がある者には、目標がある。

 

目標がある者には、計画がある。

 

計画がある者には、行動がある。

 

行動がある者には、反省がある。

 

反省がある者には、進歩がある。

 

進歩がある者には、夢がある。

 

 

甘いも酸いも経験した大人が、純真な気持ちを持って、また新たな事に対して、ひた向きにチャレンジをしている‥‥‥格好いいじゃありませんか!

 

皆さん、素敵な大人を目指して頑張りましょう‼

 

 

行動の科学

皆さん、こんにちは‼

今週は、半ばから気温も上がり、春本番の陽気でした。

ただ週末はまた雨模様だそうですが‥‥‥‥。

しかし、この気候により一気に桜の開花が早まりそうです。

当社、東京営業所近くの桜並木は有名で、毎年楽しみにしているのですが、中々、東京へ入るタイミングが合わず、満開の時期を逃してしまう事がここ数年はありました。

今年は4月1日には東京へ入る予定をしていますので、丁度いいタイミングではないか?と思っています。

今から少し楽しみです!

さて、話は変わりますが、気候が良くなって来ると、何故か?考え方も前向きになり、行動をしようという気持ちが湧いて来るものですね。

冬は寒いし‥‥‥夏は暑過ぎるし‥‥‥‥春‥‥一番いいですね。

この様に気持ち一つで行動というものは変わってしまいます。

行動を科学する‥‥‥何故?人は行動をするのか?または、しないのか?

何故?行動をしなければならないと分かっているにも関わらず、人は行動をしないのか?

それを、直ぐに行動する自分に変える事は出来ないのだろうか?この様な観点から、「行動の科学」というものを提唱されている人物がいます。

その人の名は、「慣性の法則」で有名なマイケル・ボルダック氏です。

今日は、その内容をヒントに、直ぐに行動出来る自分になる為のメソッドを紹介したいと思います。

まず大前提として言われているのが、「行動」こそが、現実を変える唯一の手段である‥‥という事です。

これは、大前提‥‥真理なのでフィロソフィーとして、自身の潜在意識にまで落とし込まなければ何も始まらないという事を、まず以って申し上げたいと思います。

情報や知識やスキルは、その人にとっての武器です。

しかし、これら武器は使わなければ何の価値も生み出す事はありません。

自身の武器を活用し、行動に移してはじめて、現実は変わるのです。

そしてまた、自身の武器を高める努力をし、それを実践活用して行く‥‥‥この繰り返しにおいて現状が変わり、自身もステップアップして行く事になる訳です。

行動の障害となっているものは幾つかあると、ボルダック氏は言われていますが、ここで勘違いをしてはならない事は、情報・知識・スキル‥‥これらが伴わないと行動が出来ない‥‥という考えです。

そうではありません!

武器が少ないという事は、幾らそれを持って行動をしても、その成果が小さいというだけなのです。

従って、成果が出ない理由にはなっても、行動をしない理由にはならないという事をまずは抑えておきましょう。

話を戻しまして、行動の障害になっているもの‥‥‥‥‥。

その最たるものは、「やるべき行動の先送り」とボルダック氏は言われています。

では何故?人は、やるべき行動を先送りにするのでしょう?

それが分かれば直ぐに行動が出来る自分になれるはずです。

幾つかその理由を挙げてみます。

①「痛み」か「喜び」のいずれかがない!

その行動をした結果に対する喜び‥‥‥または、その行動をしない事による痛みが無い場合、行動は先送りになると言われています。

どういう事かと言いますと、その行動をした時、自身に対し、即座に目に見えた報酬がある場合など、少し打算的ですが、人は先送りにせず、その喜びをきっかけとして行動をします。

また、その行動をしない時、自身に対して、目に見えた損害を被る‥‥または、上司やお客様に怒られる‥‥こんな場合も、少し打算的ですが、人は行動するという事です。

 

②準備に完璧さを求め過ぎる!

行動をしない限り現実は変わりません。

また、相手が存在している以上、100%の準備というものはありえません。

これは自己満足の世界で、行動をする事をただ遅らせているだけです。

例えば、戦国時代‥‥‥相手が攻めて来ているにも関わらず、まだ準備をしていたのでは、やられてしまうだけです。

逆に、何の準備もしないで攻めたとしても同様の結果になってしまうのがオチです。

常に相手が存在しているのです。

要は、いつまでにどれ位の準備をするのか?

そして、その方向性を見極め、判断・決断しまずは、速やかに1歩行動をする‥‥‥あとは方向性が間違っていないなら、都度考えながら行動をするという事が重要になるのです。

この様に行動をする事で、ゴールへのスピードが断然上がるのです。

 

③安心・安全・快適を過度に求め過ぎる!

これも上述に近い内容ですが、これらも100%はありえませんので、過度に求め過ぎると延々と先送りを続け行動をしなくなると言われています。

どの様な場合でも、企業が‥‥‥または自分自身が成長をする為には、自身の殻‥‥今の範疇から飛び出さなければなりません。

企業も人も、まだ見ぬ世界へと航海を始めなくては成長には繋がらないのです。

当然、困難や壁はある事でしょう。

しかし、それを恐れ行動しなければ、現状のままです。

勇気を出して行動し、それらを乗り越えた時、企業も人も成長しているはずです。

企業の場合、今の安定は、諸先輩達がどこかで新しい事に挑戦をする行動をし、築き上げて来たものです。

起業時においては、全ての会社がその行動をとり、今がある訳です。

これらには100%成功の保証はありませんでした。

ある程度の準備・勝算の中、不確実な事に対して行動をし続け、挑戦をし続けた結果、ある程度の成果を収めたから、企業として存在しているのです。

いつの時代も、これで安心・安定という事は無いものです。

諸先輩達が行って来られた様に、従来の枠組みの中で従事するのでは無く、その安定した領域から飛び出し、誰もが何かに挑戦をし続ける‥‥これが大事なのです。

 

④過信

自信と過信には天と地ほどの差があります。

自信は、今まで積み重ねて来た実績により、裏付けされたものです。

従って、自信が付いて来ると、次の行動への原動力となるものです。

過信とは、裏付けされた実績がありません。

にも関わらず、「自分は出来る‥‥または出来ている‥‥」と考えるのが過信です。

そうなってしまうと、他人からの意見や具申というものが耳に入って来ません。

それが続くと、周りからは何も言ってくれなくなるものです。

「自分は出来ている‥‥」と考えている訳ですから、当然、次の行動へ瞬時に移る事はありません。

自己評価では無く、客観的評価や客観的実績‥‥これらの裏付けによってのみ積み重ねられる「自信」でなければならないのです。

 

これら4つが「行動を先送りにする理由」だそうです。

 

では、どうすれば「自発的に直ぐ行動に移す事が出来るのか?」という事ですが‥‥‥。

 

上述の「行動を先送りにする理由」を自身で排除出来れば問題はありません。

 

しかし、中々、人は、劇的な意識改革に繋がる事が起き無い限り、変われるものではないかもしれません。

 

結論としてボルダック氏は次の様に言われています。

瞬時に行動をとりたければ、「ゴール」と「理由」を明確にする事‥‥この様に結論付けられています。

ゴール(目標)と理由があれば、人は一瞬で動ける。

何故なら、元来人間はゴールに向かって勝手に動く動物だから‥‥‥‥‥‥と。

行動しないのは、今置かれている環境、自身の考えなどから、その行動を妨げているにしか過ぎないという事だそうです。

私が注目をするのは『理由』という所です!

元来人間はゴールに向かって勝手に行動をする生き物かもしれません。

しかし、人には感情があり、上述の様に、環境や考えによって、それだけでは中々行動出来ない人も多くおられます。

『理由』とは‥‥‥絶対にゴール(目標)を達成しなければならないと思える強い理由‥‥‥という事です。

現在、リオのオリンピック出場に向けて様々な予選会が開催されています。

先般も名古屋女子マラソンにおいて、事実上あと1枠の出場権利獲得を巡り、歴史上に残るレースが展開されました。

目標とそれを達成しなければならない理由が、僅か田中選手が勝ったのかもしれません。

例えば、経営者の場合、年度始め、当期の経営目標は設定する事でしょう。

しかし、現代の企業を取り巻く環境は、目まぐるしく変化をする時代にあり、安心・安定というものは、待っていてやって来るものではありません。

その都度、課題や問題が発生し、それを解決する為の目標も設定し、行動しながら難しい時代の舵取りをされている事と思います。

そこには充分な準備をする時間もままならず、ある程度の準備をし、即座に行動をし、走りながら現状変化をさせて行かなければならない事ばかりです。

そして行動するだけでは無く‥‥期限までに結果を出さなくてはならない‥‥‥‥‥。

その様な考動を日夜されています。

今考えると、それを突き動かしているのは、『達成しなければならない理由』です。

ボルダック氏の発言を受けて、目標の設定だけでは、瞬時の行動には不十分だと分かりました。

「社員達の生活を守るんだ‥‥」「もっと給料やボーナスを渡すんだ‥‥」「会社を守り成長さすんだ‥‥」「誰々に結果を出させてあげるんだ‥‥」「家族を守らなければならない‥‥」「子どもの為に‥‥」「親を楽にしてあけたい‥‥」「社会貢献をするんだ‥‥」「現代における課題を解決するんだ‥‥」などなど。

世の経営者達には、明確な「達成しなければならない理由」が存在しています。

何か?達成しなければならない理由‥‥‥なんでもいいんです。

要は、本気でそれを考えているか?どうか?です。

それを本気で考えている時、私自身も瞬時に行動をしている事に気づきました。

やはり、人による行動の最大の違いは『ゴール(目標)を達成しなければならない理由』にあった様です。

私も何故?人は行動をしないのかなぁ?と悶々とする毎日ですが、目から鱗が落ちた感じです。

理由が明確ではないからだ!と確信をしました。

そこが明確になれば、ゴールの具体的なイメージが出来、自発的に期限も決め、瞬時に行動へと移るはずです。

お客様に怒られるから‥‥上司に怒られるから‥‥などネガティブで受身的なきっかけでは無く、自身としての「達成しなければならない理由」‥‥‥これを本気で考えて見てはどうでしょう!

「自身のあるべき未来像」でもいいかもしれません。

「家族や彼女の為‥‥」「何かが欲しいから‥‥」なんでもOKです!

要は、本気か?どうか?です。

これが為されれば、自ずと自身の行動も変わるはずです!

最後にボルダック氏曰く‥‥「先送りはあなたの夢はおろか、あなた自身を殺すと言っても過言ではありません」と。

ちょっと過激な発言ですが、自身の成長を妨げる事は事実の様です。

森羅万象

皆さん、こんにちは‼

今週は雨もあり、また少し寒さがぶり返した感じでした。

三寒四温という様に、この時期は寒さ、温かさを繰り返しながら春へと移行して行くものですね。

今日、震災5年目を迎える東北地方においては、今週前半、にわか雪の予報でした。

心身共、温かくなるにはまだまだ時間を要する事になりそうな感じです。

あの大震災から5年の月日が流れてしまいました。

時間の経過と共に、日常を取り戻す事が出来ている人達も多い反面、まだまだ困難な状況の中、復興への長い道程を覚悟しながらも、必死で頑張っている人達も多く多くおられるのではないかと思います。

しかし、一方で時が経つにつれ、ニュース報道もあまりされなくなり、少しずつ風化して行く現状があります。

人とは勝手なもので、当時感じていた思いも又、少しずつ希薄になっていくものです。

5年経った今も、復興はまだ道半ばです。

今日3月11日‥‥‥今一度、思いを馳せる日にしたいものです。

そして、自分が出来る支援の1歩を‥‥行動をして行きましょう‥‥‥‥‥‥。

さて、話は変わりますが、3月は多くの企業で年度末を迎えます。

現段階において、国内総生産の額は前年度と比べほとんど増えていません。

しかし、一部の上場企業の利益額は増加しています。

単純に考えれば、一部上場企業への納入業者‥‥いわゆる中小企業の利益が減っているという事を意味しています。

企業が成長する為には、大きな設備投資や事業構造を抜本的に変える事が必要です。

それらが叶わない場合、生産性を上げるしかありません。

例えば、人数が減ったのに売上利益が上がる‥‥人数が減っても終業時間は変わらない‥‥‥1人で10件の担当顧客が20件になる‥‥‥業務時間が短縮される‥‥‥‥‥‥などなど、挙げればキリがありません。

これらの事を各々の携わる仕事において押し進めて行くと、それぞれの生産性が上がり、

企業成長と収益の増加に繋がるという訳です。

しかし、それには社員達が、課題抽出力や課題解決能力など、新しいスキルを身に付けなければなりません。

 

今までのスキルの延長線では同じ事の繰り返しになり、大幅な生産性の向上にはならない訳です。

 

しかし一方で、経営者達は、社員のスキルアップの為、自己啓発も含め、コンサルなどを導入し、ワンステップ上がってもらえる様、あの手この手で経営資源を注ぎ込まれ、人材育成に躍起になっているはずです。

 

時には、厳しく指導をする事もあるでしょう。

 

ある方曰く、新しいスキルを習得するには、集中的な努力が不可欠ですと言われています。

 

どうするのか?と言いますと、ギリギリのプレッシャーやお尻に火の点いたプレッシャーの中で仕事をさせ、結果を出させる事‥‥‥だそうです。

そうすると、一瞬で仕事の技術が体得出来ると言われています。

 

確かに、ほとんどの経営者の方々は、一度や二度、完全にお尻に火の点いたプレッシャーの中で、期限までに100%の結果を出す事を強いられ、それをやり遂げて来られているはずです。

 

その様な修羅場を潜り抜けて来られた結果、一瞬でその都度新しいスキルを身に付けられ、数段階ジャンプアップしていると言えるかもしれません。

 

結果が大事なのか?過程が大事なのか?という議論がありますが、原則として、ビジネスはボランティア活動では無く、営利を目的としている以上、結果が全てです。

 

時には、結果の為には手段を選ばず、非情さが必要な時もあります。

 

特に上に立つ人達には結果を求められます。

 

自身を追い込む‥‥‥そして期限までに結果を出す‥‥‥そこから逃げていたのでは、いつまで経っても新しいスキルは身に付かない又は身に付くにしても、かなりの時間を要してしまう事になってしまいます。

 

今日3月11日‥‥‥東日本大震災‥‥‥多くの尊い命が犠牲になってしまいました。

 

そんなドン底の中、現実を受け止め、そこから自身の目標が定まり、今、その目標に向かって突き進んでおられる1人の女の子がおられました。

 

苦労をしたくないというのが誰しも素直な気持ちでしょうが、好むと好まざるに関わらず、女の子はそんな境遇になってしまいました。

 

そのドキュメンタリーを観た時、ドン底を味わい、そこから前向きに生きる人の無限の可能性‥‥‥そこ知れぬパワーを感じました。

 

1人の女の子が‥‥‥です。

 

従って、誰にでも考え方一つで出来る事なのではないでしょうか?

 

今、私達は、生かされているだけで有難いと思えますし、又、生かされているものとして、何を為すべきなのか?

こんな事も考えてしまいます。

 

3月11日‥‥‥自分自身を見つめ直すには、丁度いいタイミングです。