• HOME > 
  • ブログ

戦略と戦術

 皆さん、こんにちは‼

早いもので、もう8月も終わりですね。

一時のうだるような暑さも峠を過ぎたのか?朝晩は幾分かマシになってきたように思います。

そして、来週末からは、はや9月‥‥‥‥。

バタバタしていると時間ばかりが経って、ふと顧みると、思い描いた結果が得られておらず「何をしてきたのだろう」と思う事もしばしばあります。

‥‥‥‥‥‥‥‥何故そうなるのか?と考えますと、やはり受動的な‥‥受け身的な業務や作業に翻弄しているからだと気付かされる事が多々あります。

戦略と戦術‥‥‥‥これは戦争用語でもありますが、今や一般的にビジネス社会では使われる言葉です。

ビジネス社会も戦争という事なのでしょうね。

仮に、戦争という事で考えると、相手が急に何の前触れもなく攻めてきた‥‥‥‥‥これはもはや完全に受け身に立たされ、何の準備をする間もなく、バタバタとその場を対処するしかなくなります。

そしてこの様な対処を余儀なくされると、多くの犠牲も伴ってしまう事になります。

しかし‥‥‥‥事前の情報収集や偵察を行い、この時期に相手が攻めてくるかもしれない‥‥‥と把握できれば、その迎え撃つ準備をする時間を設ける事が可能になります。

これにより被害もある程度、未然に防げる所もでてきます。

また、逆にこちらから攻める場合、更にその準備期間に余裕ができ、じっくりと戦略と戦術を練り行動に移す事ができます。

「敵を知り己を知れば百戦危うからず」‥‥です。

この孫子の兵法にも、主体的な戦略と戦術の重要性を読み解く事ができます。

当然ながら、思い描いた結果‥‥‥という事になれば、受け身ではなく、自らが戦略・戦術に基づいて、こちらから攻めて行く‥‥‥‥この方が目的を果たす確率は断然高くなる事は言うまでもありません。

まずこれらの違いを十二分に理解し、事象を全て同じレベルで考え行動するのではなく、区別をして対処する事が求められます。

仕事に置き換えますと、冒頭の『バタバタしていて時間だけが過ぎ去り何の結果も得られていない』‥‥‥‥‥‥‥という事は、何の前触れもなく相手の言われた事に対して、受動的に対処しているだけという事に他なりません。

この対処には犠牲が付き物で、その最大の犠牲は「主体的な時間」となります!

これを繰り返していたのでは、その起こった事案に対処はできていても、自分達の目的を果たせる事はありません。

企業の場合、何の前触れもなく‥‥‥の対象になるのは、殆どの場合、既存顧客や上司です。

新しい顧客や見知らぬ人から、急に何の前触れもなく対処しなければならない事案が発生する事は、まず考えられません!

であれば‥‥‥既存顧客であっても、上司であっても、日頃からのコミュニケーションが重要で、情報収集を怠らなければ良い訳です。

ルートセールスにおいては「いつ注文が入るのか?在庫はどんな状況か?」「商品開発状況は?」「納品商品に不具合はないのか?」「相手の要望や真意はどこにあるのか?」などなど‥‥‥‥‥‥急に言われて困る事案の情報収集をして、そうならない様に実質準備や理論武装をしておく‥‥‥‥‥‥これが肝要なのです。

仕事の出来る人は、コミュニケーション力に優れ、情報収集が万全で、まず起こるのであろう事案に対して、しっかりとした準備が整っていますので慌てる事はありません。

起こってから対処する人‥‥‥‥起こる前に対処をしておく人‥‥‥‥‥‥‥これが仕事においては雲泥の差となるのです。

これらの考え方、時間の使い方の区別をして行動をすれば、行動=結果となる確率が上がり、「何をしてきたのかわからない?」という時間の使い方にはならないはならないのだろうと思います。

自戒も含め、時には立ち止まり、これらの考えに立ち返る事も必要なのかもしれません。

戦略と戦術の違い‥‥‥‥‥をおさらいしますと、戦略とは、「将来進むべき方向性」という意味合いで、将来何をすれば良いのか?将来何をする事で利益を得るのか?‥‥‥‥この様な事を主眼に描くものです。

原則として中小企業の場合は社長マターだと考えます。

例えば、「今後は新しいビジネスモデルで将来利益を得る」‥‥将来この事業は利益が出ないから「この事業は徹底」‥‥‥又は「この事業は拡大」など‥‥‥‥‥‥いわゆる『将来、何をする事で利益を上げていくのか?』の方向性を明確に描く事‥‥これが戦略という位置づけです。

一般的に戦略の考え方として、「切り捨てるものを明確にする」‥‥「ビジネスモデルを構築する」「利益を上げる仕組みを構築する」‥‥‥と言われています。

戦術とは、その方向性(戦略)に基づいて、如何にすればその目的を果たす事ができるのか?‥‥‥従って手段ややり方を考える事なのです。

いわゆるPDCAは戦術に対する計画・実行・検証・改善という事だと理解すれば良いかと思います。

方向性(戦略)に基づく目標設定をし、その達成の為の手段・やり方(戦術)考え、計画(期限)をもって実行する‥‥‥立ち止まり、検証し、問題があれば戦術を見直し、再び計画の下、実行する‥‥‥‥この繰り返しです。

PDCAに戦術が無ければ‥‥‥または、戦術があっても実行しなければ、最早それは絵に描いた餅‥‥‥希望的観測で100%目的を果たす事はないでしょう。

現代において中小企業の停滞や衰退の多くは、戦略が無かった事が原因であると考えられています。

その昔、高度経済成長やバブルの頃、中小零細企業も全盛でした。

戦略‥‥何をもって利益を得るのか?

アメリカ型の大量生産・大量消費‥‥‥モノが無い時代、内需の拡大と共に、このビジネスモデルは日本全体を席巻し、中小零細企業に及ぶまで、その利益を上げる仕組みにより恩恵を受けていました。

バブル崩壊以降、大量生産・大量消費のビジネスモデルに陰りが見え、モノが売れない時代へと突入し、そのビジネスモデルでは将来利益を上げ続ける事が困難な状況になりました。

そこで、本来は各企業共、戦略の転換を図る必要があったのです。

しかし、多くの中小零細企業は戦略の転換を図る事なく、今までの戦略を固辞し、その延長線上での戦術論を躍起になって展開していた為、衰退して行ったのだ‥‥‥‥と言われています。

いわば、戦略と戦術の違いを取り間違えていた‥‥‥又は分かっていなかった事‥‥‥‥これが原因だという事です。

現代のビジネス社会は、経済成長やバブル時と違って戦国時代の様相を呈しています。

以前の様に市場が拡大し続けているならいざ知らず、市場が縮小していく現代にあって、企業はその市場の取り合いです。

正に戦争と言っても過言ではありません。

そこで勝ち続けるには、戦略と戦術がなければ、太刀打ちできないのは明白です。

『戦略無き企業に成長なし、戦術無き企業に成功なし』‥‥‥‥‥‥‥。

組織として、社長が戦略を‥‥‥管理職は戦術を展開し目的を果たす‥‥‥‥戦略と戦術の両軸とそれらを遂行する人物‥‥‥これらが不可欠です。

これからの時代、こういう企業でなければ成長は難しいのではないでしょうか?

夢持ち続け日々精進

皆さん、こんにちは‼

毎日暑い日が続きますね。

盆休みは如何でしたか?

私はというと、それなりにゆっくりさせて頂きましたが、毎晩のオリンピック観戦で昼夜逆転した日々を過ごしていました。

休み明け‥‥‥身体を戻すのが大変です‥‥‥。

さて、話は変わりますが、盆休みに本や雑誌を読んでいた所、ジャパネットたかたの前社長高田明さんの記事を目にしました。

少し掻い摘んで高田さんの歩んで来られた過程を辿りますと‥‥‥‥‥高田さんは25歳で家業のカメラ店を手伝い、27歳の時、月額売上55万円の小さな店舗を任されます。

目標を月額売上300万円とし、何社もの建設業者さんと契約をし、目標を達成‥‥‥30歳になると佐世保に進出し、温泉ホテル・タバコ屋さん・お米屋さんなど300軒ほど取次店を開拓し7〜8年後には年間売上2.7億ほどになったと言います。

その後、カメラだけではなく、小型ビデオやレーザーカラオケなど、販売商品を拡大し、電波の世界に入って行きます。

まずはコストの安いラジオショッピングへ‥‥‥‥‥‥5分で2万円のカメラが50台売れた事に大きな可能性を感じ、長崎から九州全域、四国、近畿とラジオショッピングの輪を広げ、1994年にはテレビショッピングに参入‥‥‥‥‥‥時に高田さん46歳‥‥‥それからの快進撃は皆さんの知る所です。

このような過程において、高田さんが大事にされて来た考え方があると言われていますので、ご紹介させて頂きます。

①ボトルネック(問題の本質)の解決

不安というものは過去にはなく、未来からくるものです。

あるべき姿(未来)から今を考えた時、そのギャップの大きさに人は不安を覚えるのです。

過去は変えられませんが未来は変える事ができます‥‥‥‥。

それには、あるべき姿‥‥目標から逆算した「今」と真剣に向き合う事が重要だと言われています。

そのような俯瞰的な見地から「今」と向き合っていれば、どんな問題にぶつかっても必ずボトルネックは見えてきます。

ボトルネックを見つけては潰し、また見つけては潰す‥‥‥‥‥この繰り返しをして行く事で企業も人も成長していくのです。

②「できる」という信念

27歳の時、自分なりに目標を立て、様々な活動の結果、55万円の店舗を300万円にしました。

小さな成功事例かもしれませんが、「できる」という信念によって切り拓いた喜びは今も忘れられません。

企業成長のターニングポイントとなった番組作りの内製化‥‥‥‥‥‥ノウハウも専門スタッフもいない中、皆の反対を押し切って成し得たのは、「できる」という信念だけでした。

あの時、「できる」と信じて進まなければ、今のジャパネットは無かったでしょう‥‥‥と。

この考え方は稲盛和夫さんの「未来進行形」という考え方と同様だと思います。

今は出来ないかもしれない‥‥‥しかし、近い将来必ず出来るはずだ‥‥‥‥‥その為に今は為すべき事をしよう‥‥‥‥‥こういう考えです。

できない‥‥‥‥と考えた瞬間に、その人の思考も成長もストップしてしまいます。

皆さん、自分自身には期待しましょう‼

勝手に自分自身で限界を設けるのではなく、リミッターを取り除き、「自分なら必ずできる」‥‥‥‥このような信念が不可能と思われた事も可能にして行くのではないでしょうか。

③情報を売る

ジャパネットは当初、モノを売っていました。

ラジオやテレビショッピングに参入してからは、「モノを売るのではなく、情報を売る」という発想の転換をしたのが功を奏しました。

商品の魅力を丁寧に伝え、それを使う事での利便性や豊かさ‥‥‥情報を売る事により、いわゆる「コト」を視聴者の方々と共感する事が出来たのではないか?と考えています。

モノが溢れる時代‥‥‥‥「情報を売る」この視点はとても大事だと思います。

④不易流行

不易流行とは、いつまでも変化しない本質的なものを忘れない中にも、新しく変化を重ねているものを取り入れる事‥‥‥‥こんな意味です。

変化をさせない本質と変えて行かなければならない事‥‥‥‥‥この2つが重要だと言われています。

不易は企業ミッションであり、社会の公器としての在り方‥‥‥一般的には企業理念や創業精神といった所でしょう。

あとは固執するのではなく、柔軟な発想力から、時代の変化と共に新しいものを取り入れながら変わって行かなくてはならないという事です。

以上4つが高田さんの基本的な考え方です。

是非ご参考にしてみてください。

最後に、次のような言葉で記事は締め括られていました。

高田さん曰く‥‥‥‥

「仕事あるいは人生には、大切な3つの『ション』があります。

1つはミッション(理念)、2つ目はパッション(情熱)、そして3つ目はアクション(行動)です。

これらを大事にしながら、1日1日を真剣に、大切に生きてください。

今日が変われば明日が変わります‥‥‥‥明日が変われば1年後が変わります‥‥‥‥それを続ける事で未来は必ず変わります‥‥‥‥。

そして、いつの時代においても、人と人の営みは不易のものです。

人との出会い、縁に感謝しながら、ボトルネックを探し求める旅を続けてほしいと思います。」‥‥‥‥‥‥と。

インティグリティ

皆さん、こんにちは‼

うだる様な暑さが続いていますね。

お変わりないでしょうか?

リオ五輪も甲子園も、この暑さの中、熱戦が繰り広げられています。

そのひた向きさ、真摯な姿勢に、只々、感動の連続です。

やっぱり、スポーツはいいですね!

リオも甲子園も一生に一度、選ばれし人達の集い‥‥‥‥長き苦労・苦しみを乗り越え辿り着いた夢の舞台では、勝っても負けても、誰もが、干渉や批評する予知などありません。

暑さに負けず‥‥プレッシャーに負けず‥‥周りの言動に惑わされず‥‥今まで培ってきた技術を遺憾なく発揮し、とにかく自分自身にとって納得のする戦いをして頂き、大舞台を是非楽しんで頂きたいと思います。

さて、本日はそのスポーツ繋がりで話を進めさせて頂きます。

「インティグリティ」という言葉があります。

この言葉の意味を直訳すると、“一生懸命”という事です。

かのドラッカーや「7つの習慣」で有名なコヴィーも、1つの目標に向かって進む為には、この「インティグリティ」が必要不可欠であると言われています。

ただ、彼らの言う「インティグリティ」は、“一生懸命”とは少しニュアンスが違い、日本語で言う所の“ひた向きさ”“真摯さ”という言葉が一番しっくりきます。

この「インティグリティ」を持ち合わせる事で、そのひた向きさや真摯さに周りの人達は共感・共鳴をし、協力や応援をしてくれるものです。

時にガムシャラに行動をする事で、周りから反感を買う事も少なくありません。

ガムシャラに行動をする事は、前向きな姿勢で決して悪い事ではない訳ですが、それで反感を買う場合、周りへの「真摯さ」に欠けている所があるものです。

冒頭のリオや甲子園の選手達は「インティグリティ」を持ち合わせている為、私達は素直に共感し、感動を覚えるのだと思います。

そして、その「インティグリティ」を自然な形で身に付けさせてくれるのが、スポーツだと言われています。

何故なら、スポーツマンシップは、自身の目標だけでなく、戦う相手や観客、関係者‥‥‥全てに対して真摯である事を求めています。

従って、真のスポーツ選手には、自己中心的な考えや打算的な発想などは存在しません。

その「インティグリティ」が周りを巻き込み、仲間やライバルと切磋琢磨しながら、自らも高い目標へと向かわせてくれるものだと言われているのです。

スターバックスコーヒージャパンのCEOを務める岩田松雄さんという方がおられます。

彼は社内でよく「インティグリティ」の重要性を言われているそうですが、彼もまたスポーツにより「インティグリティ」を身に付けたと言っておられます。

岩田さんの話によりますと、元々、グイグイ人を引っ張るタイプでも、人並み以上に能力があった訳でもないそうです。

どちらかというと落ちこぼれだと‥‥‥‥。

ただ、能力や資質が足りないからこそ“ひた向きに”努力はしたと言われています。

そして、その姿勢がメンバーに伝わり、組織の意識と行動が自然に変わっていった経験があり、それを今日まで続けているのだ‥‥‥という事です。

その経験は高校野球部の時だそうです。

中学まで野球経験がなかった岩田さんは、能力や資質の足りなさを実感し、自らに高い目標を課し、人一倍練習をし、そしてチームの為に黙々と球拾いをし、練習が終われば又人一倍練習をする‥‥‥‥こんな繰り返しで徐々に実力をつけ、新チームになった時、そのひた向きな姿勢を見てきた、同年代や後輩から推薦される形で主将になったと言います。

キャプテンに抜擢されてからも、より高い目標を自らに課せ、それをコミットし、再び、その目標に向け“ひた向き”に努力をする‥‥‥‥‥‥‥これを見ていたチームメイトも自然と自らに高い目標を掲げ、コミットし、努力するようになり、チームの意識と行動が変わっていったという事でした。

こんな経験から「インティグリティ」の重要性を説かれている訳です。

岩田さんは次のように言われています。

「高い目標を設定し公言する事‥‥‥そしてそれに向かって、ただひた向きに努力をする事‥‥‥‥‥これが重要である」‥‥と。

岩田さんの経験談で私なりに思う重要な事は、まず、能力や資質が劣る‥‥‥この事を素直に認めるという点です。

「私は出来ている‥‥‥」こういう人も多いと思いますが、評価は元来、他人がする事で、自分がするものではありません。

このように考えている人ほど、他人からの評価は低く成長は乏しいものです。

いくら高い能力を備えていても、自身では「まだまだ‥‥‥‥」と考えている人の方が、より以上に成長をするものです。

次に自分自身との競争‥‥‥‥こういう点です。

岩田さんもそうですが、他人と比較するのではなく、昨日の自分自身と比較する‥‥‥いわば、自分自身との戦い‥‥‥‥こういう事だろうと思います。

よく体育会系のクラブで「インティグリティ」を持ち合わせていない人達は、他人と比較をし、自らの能力を上げる努力をせず、伸びてくる人の足を引っ張る‥‥‥いわゆる“しごき”“いじめ”は、残念ながら、私達の時代には日常茶飯事でした。

こんな事により、自身のポジションを守ろうという打算や保身です。

これでは自身の成長もありませんし、チームとしても強くなる筈はありません。

先日、リオ五輪の体操団体において、日本は金メダルを獲得しました。

互いを尊重し、切磋琢磨し、自身の能力を高める努力を各々が重ね、誰かが失敗したら互いをカバーする‥‥‥これが、個人として‥‥チームとしての「あるべき姿」ではないかと思います。

まずは謙虚に自分を見つめる‥‥‥‥‥足らないと自身が感じれば、そこを“ひた向きに”努力する‥‥‥‥‥‥‥これだけです。

この切磋琢磨の連鎖が自身を成長させ、チームを強くする事に繋がるのだと思います。

最後に岩田流「ゴールを達成する為のリーダーの5条件」をご紹介します。

①高い志を持ち、それを発信し続ける

②自分自身の徳を高める努力をする

③チームの為にという無私の心を保ち続ける

④常に謙虚で素直な心を持つ

⑤苦しい時こそ、自ら模範を示す

以上です。

「インティグリティ」‥‥‥自身としての“ひた向きさ”を追求しましょう!

その姿勢が周りの人に良い影響を与え、共感を呼ぶ事に繋がるはずです!