• HOME > 
  • ブログ

意識改革2017

皆さん、こんにちは‼

いよいよ今年も押し迫って参りました。

何か気持ちだけ焦る感じですね‥‥‥‥。

さて、このブログも、今日のブログを持ちまして今年最後とさせて頂きたいと思います。

次回は2017年1月6日より再開させて頂きます。

しかし‥‥‥今年も様々な出来事がありましたね。

地震災害やテロ事件による悲しみ、オリンピックによる歓喜、EU離脱や米大統領選における驚天動地‥‥‥‥‥‥‥‥。

また、個人個人においても、公私共、同じように喜怒哀楽があった1年ではなかったのではないか?と思います。

いい事も、嬉しい事も、そして悪い事も、嫌な事も、苦しい事、悲しい事も生きていれば何でも起こりえる‥‥‥それであれば出来るだけ人生を楽しんで謳歌した方がいいに決まっています。

‥‥‥‥‥とは言うものの、頭では分かっていても、予期せぬ事態が起こると、やはり一喜一憂してしまう‥‥‥これもまた私達人間です。

そんな時、私に力を再び与えてくれる本の1つに松下幸之助さんの名言・格言集があります。

2016年におきましても、様々な出来事があったかと思いますが、過去は過去、振り返って後悔しても何も始まりません。

本日は、その名言・格言を幾つかご紹介させて頂きますので、次なる年の糧にして頂ければ幸甚です。

松下幸之助 名言・格言

「人と比較をして劣っているといっても、決して恥ずることではない。しかし、去年の自分と今年の自分を比較して、もしも今年の自分が劣っているとしたら、それこそ恥ずべきことである」

「どんなに悔いても過去は変わらない。どれほど心配をしたところで未来の保証は得られない。ならば、今、この時に最善を尽くすことである」

「志を立てるのに、老いも若きもない。そして、志あるところ、老いも若きも道は必ず開けるのである」

「人は燃えることが重要だ。燃える為には薪が必要である。薪は悩みである。悩みが人を成長させる」

「反省する人は、きっと成功する。本当に正しく反省をする。そうすると何故失敗したのか?次に何をするべきか?がきちんとわかるようになる。それで人間として成長するわけや。反省せん人間はあかんな」

「いくら熱心でも無駄は絶対あきまへん。それが無駄か?どうか?は自身で考えなさい。1つ1つ検討しなさい。検討をせんと場当たりに仕事をやってますと、必ず無駄なことをしてるもんですわ」

「迷いということは、一種の欲望からきているように思います。ああなりたい、こうなりたい、こういうふうに見られたい、こういうふうに出世したい‥‥欲望ですな。だから、迷いがでてくる。それを捨て去れば問題はなくなる」

「万策尽きたと思うな。自ら断崖絶壁の淵に立て。その時はじめて新たなる風は必ず吹く」

「それは私の責任です‥‥ということが言い切れてこそ、責任者たりうる」

「世間には大志を抱きながら大志に溺れて何一つできない人がいる。言うことは立派だが、実行が伴わない。世の失敗者には、とかく、こういう人が多い」

「とにかく、考えてみることである。工夫してみることである。そして、やってみることである。失敗すればやり直せばいい。」

「人の言葉に耳を傾けない態度は、自ら求めて心を貧困にするようなものである。」

「自分の仕事は、人の助けなくして、一日たりとも進み得ないのである」

「謙虚さを失った確信は、これはもう確信とは言えず、慢心になっています」

「失敗の多くは、成功するまでに諦めてしまうところに原因があるように思われる。最後の最後まで諦めてはいけないのである」

「自分が利を得る為に、不必要に自分の膝を屈することは決してしまい。なぜなら、そうして得られた応援や協力は、また目にみえないしがらみを生み、道を暗くするからである」

「叱ってくれる人を持つことは大きな幸福である」

「力強さは使命感を持つところから生まれる」

「悩みあって当たり前。それは生きている証であり、常に反省している証拠でもある」

「すべての人を自分より偉いと思って仕事をすれば、必ず上手くいくし、とてつもなく大きな仕事ができるものだ」

「なすべきことをなす勇気と、人の声に私心なく耳を傾ける謙虚さがあれば、知恵はコンコンと湧き出てくるものです」

「失敗することを恐れるよりも、真剣でないことを恐れたい」

「知識なり才能なりは必ずしも最高でなくてもいい。しかし、熱意だけは最高でなくてはならない」

「せっかくの99%の貴重な結果も、残りの1%のとどめをしっかりと刺せていなければ、それは初めから無きに等しい」

「どんなにいいことを説いても、そのなすところがそれに反していたのでは、十分な説得力は持ち得ない」

「何としても二階に上がりたい、どうしても二階に上がろう。この熱意がハシゴを思いつかせ、階段を作りあげるのである。上がっても上がらなくてもと考えている人の頭からは、永遠にハシゴは生まれない」

「志低ければ怠惰に流される」

「難しいことはできても、平凡なことができないというのは、本当の仕事をする姿ではない」

「山は西からでも東からでも登れる。自分が方向を変えれば、新しい道はいくらでも開ける」

「視野の狭い人は、我が身を処する道を誤るだけでなく、人にも迷惑をかける」

「自分をほめてあげたいという心境になる日を持ちたい」

「石の上にも三年という。しかし、三年を一年で習得する努力を怠ってはならない」

「ありがとうと言う方は何気なくても、言われる方はうれしい。ありがとう‥‥これをもっと素直に言い合おう」

「感謝の心が高まれば高まるほど、それに正比例して幸福感が高まっていく」

「現在与えられた今の仕事に打ち込めないような心構えでは、どこの職場に変わっても決していい仕事はできない」

「才能なきことを憂う必要はないが、熱意なきことは恐れなくてはならない」

「普通の努力ではチャンスをチャンスと見極められない。熱心の上に熱心であることが、見極める眼を開く」

「心くばりの行き届いた仕事は、一朝一夕には生み出せない。やはり日頃の訓練や躾がものをいう」

「誠意や真心から出たことばや行動は、それ自体が尊く、相手の心を打つものです」

‥‥‥‥‥‥‥幾つかを抜粋してご紹介しました。

どうでしょうか?

自身を奮い立たせる言葉はありましたか?

自身を燃やす言葉はありましたか?

元気、勇気が湧いて来ましたか?

言葉は、何を言うのか?も去る事ながら、誰が言っているのか?が最も重要です。

事を成し得た松下幸之助さんのお言葉、または考え方ということですので、それぞれに重みがあるのではないでしょうか?

2016年も終わろうとしています‥‥‥‥‥

次年度は、前進するにおいても「外部活用」がキーワードだと言うことです。

しかし、外部活用だけで上手く行く筈もなく、やはり、自らの成長も不可欠な要素であることに間違いありません。

上述の名言・格言を外部入力として、ワンランク上がった考えをもって来たる2017年に向かわれてはいかがでしょうか。

意識が変われば、考えが変わる

考えが変われば、行動が変わる

行動が変われば、周りが変わる

周りが変われば、結果が変わる

人生も仕事も、自分一人だけでは決して上手く行きません。

周りの人達の協力があって成し得るものです。

周りの人が気持ちよく協力してくれるのも、してくれないのも自分次第なのです。

まずは自身を変えること‥‥‥意識を変えること‥‥‥考え方を変えること‥‥‥見方を変えること‥‥‥こうなれば周りの環境も自ずと変わり、2017年は新たな景色が見えるのではないでしょうか。

私自身も今一度じっくりと自分自身を見つめ直し、2017年に向かいたいと思います。

本年におきましても、ブログをご愛読頂き、本当にありがとうございました‼

心より感謝致します。

来るべき2017年が皆様方にとりまして、実り多き年になります事をご祈念申し上げ、本年ブログの締め括りとさせて頂きます。

2017年矛盾⁇

皆さん、こんにちは‼

いよいよ今年もカウントダウンが始まった感じがします。

残すところ、あと2週間です。

先日、今年の漢字1文字が、応募の結果「金」に決定しました。

リオオリンピックにおける日本人選手の金メダルラッシュ‥‥‥‥‥正にオリンピックイヤーを象徴する漢字1文字です。

一方で、舛添前東京都知事の政治資金問題、豊洲移転問題、東京五輪の巨額経費問題など、相変わらず政治とカネ(金)に絡む問題が次々と浮上した年でもあり、総合的な観点から「金」となったのでしょう。

2位3位4位は、ほぼ変わらず「選」「変」「震」の順でした。

今年は、イギリスにおけるEU離脱の国民投票、米大統領選挙、東京都知事選‥‥‥また、国内では18歳選挙権が導入されて初めての国政選挙もありました。

そういう意味では「選」も今年を表す漢字1文字と言えます。

そして‥‥‥‥そのマインドには、「現状からの打破」いわゆる、変革を求めるところから来ています。

「変」を求めて「選」を行う‥‥‥こんな事も今年の特徴的な部分であろうと思います。

また、忘れてはならないのが、熊本大地震です。

東日本大地震から丁度5年目の出来事でした。

今年も色々な事があり、悲喜こもごもの2016年でしたが、干支から少し今年を振り返って見ましょう。

今年は干支で言うと「丙申(ひのえさる)」の年でした。

丙は、形が明らかになってくる頃‥‥‥‥申は、果実が成熟して行って、固まって行く状態‥‥‥‥

言わば、2016年は完熟する年ではないものの、形がはっきりとし、固まって行くという成長段階‥‥‥‥頑張って来た人の努力が形になって行く年だったと言えます。

この基準に照らし合わせて見ると皆さん、どんな年だったでしょうか?

日本や世界を見ても、先ほどの漢字1文字で「変」とありましたように、現状の打破‥‥変革を求める動きが顕在化し、「選」挙というプロセスを踏んで、良い?悪い?は別にして、その方向性が固まって行った年だったと言えるのではないでしょうか?

当社を振り返って見ましても、この7月から組織の再編を行い、各々が何をしなくてはならないのか?が、はっきりとし、まだまだ成長段階にはあるものの、それぞれのやるべき方向性が固まりつつあるように思います。

そういう意味では正に「丙申」の年だったのではないか?と考えています。

では来るべき2017年はどのような年でしょう?

来年は干支で言うと、「丁酉(ひのととり)」にあたります。

干支は、十干と十二支の組合せ‥‥60種類から成り立っています。

従って、自身の産まれた年の干支が再び回って来ると60年が経過する事になり「還暦」となる訳です。

十二支は、子・丑・午‥‥‥というように動物の印象が強い訳ですが、十干も十二支も、「草木の種を蒔き、枯れるまでの一生」を著しているとされています。

歴史は繰り返される‥‥‥いわば統計学のようなものですので、どのような年回りかを予め、頭の片隅に入れて物事を進めるのも1つの道標になるのではないかと考えます。

では、2017年「丁酉」‥‥‥‥丁は、草木の形が充実した状態‥‥‥酉は、草木の果実が成熟しきった状態‥‥‥だそうです。

来年の年回りはいいようですね⁇

ん‥‥ちょっと待ってください‥‥‥‥‥‥‥

十干で言うと、今年2016年「丙」は、草木が伸びて姿形が明らかになった状態でした。

来年2017年「丁」は上述通りで、2018年「茂」は、草木が茂って大きくなった状態‥‥‥‥だそうです。

2017年「丁」は、時系列で見ると、まだまだ伸び盛り‥‥‥‥確かにいいですね。

しかし、十二支で言うと、今年2016年「申」は、果実が固まって行く段階、来年2017年「酉」上述通りで、2018年「戌」は、草木が枯死する状態‥‥‥‥という事だそうです。

十干と十二支を時系列で見ると、ちょっと矛盾を感じませんか?

丁はまだまだ伸び盛り、酉はもうそれ以上成長をしない‥‥‥‥という事になります。

歴史的に見ると、「丁酉」はソ連世界初の人工衛星打ち上げ、国内においても日本初の臨界、原子の火が灯された年でもあります。

その他、どの出来事においても、時代を作り、経済を支えて来たものばかりです。

しかし、後世、ソ連崩壊や原子力問題など、当時では予想をしなかった矛盾を現代は抱える事になってしまっています。

当時は良かったが、あまり度が過ぎると‥‥‥‥‥‥後々、しっぺ返しを喰らう‥‥この矛盾をはらんだ初年が「丁酉」‥‥‥従って事を進めるには慎重に‥‥‥という事ではないか?と思います。

まだまだ伸び盛りだから調子に乗って拡大路線を突き進むと、しっぺ返しに逢うかもしれない‥‥‥‥どこが伸び盛りで、どこが成熟しているのか?の見極めを、会社、事業単位で見直し、過信する事なく慎重に進めて行かなくてはならない‥‥‥‥‥‥‥こんな年だと思います。

そんな「丁酉」において、事を進めて行く上で1つのポイントがあります。

それは「外部の力」です。

歴史上の出来事を検証する中で、「丁酉」に上手く外部活用が成せれば、継続した成長を果たす事に繋がっているという事実があります。

俗っぽい所で例を挙げますとプロ野球です。

60年前の野球は大学野球が全盛で、プロ野球は低迷期そのものでした。

60年前の「丁酉」、図らずも大学野球からプロ野球へ1人のスターが入団します。

そうです‥‥‥‥‥‥長嶋茂雄氏です。

それ以降のプロ野球の隆盛は皆さんも知る所ではないでしょうか。

正に外部の力です。

しかし現在、プロ野球は再び低迷期を迎えています。

来たる2017年「丁酉」‥‥現状を打破する為には「外部の力」がキーポイントになるかもしれません。

長嶋茂雄氏の入団は意図的なものではありませんが、このような歴史的な背景や年回りを検証すると、私達は意図的に活用出来るのではないでしょうか?

当社において、2017年は新入社員の取り込みに力を入れます。

また、伸び盛りの事業「monocoto」がありますが、こちらはPBの取り込みからノベルティの取り込みへと優先順位を変更し、その活動プロセスにおいて外部の力を入れる予定です。

まずは初動活動、コーポレートサイトのリニューアルを実施し、日本最大手の運営管理会社と提携して、集客の最大化を図ります。

また、アナログ的な初期営業活動においても外部営業代行会社と提携し押し進めて行く予定です。

これら初動活動においては、運営管理会社、営業代行会社と当社でプロジェクトチームを結成し、私自身がプロジェクトリーダーとなり、PDCAを回しながら最適化を図ります。

また、品質面において、イオングループと提携をし、品質の作り込み〜仕様書作成、そして量産までのプロセスをチェック・指導・アドバイスを頂き、更なる品質の向上に努めて行く予定になっています。

これらは、今年の活動を客観的、俯瞰的に見る中で主体的に出来ていない部分だと感じた為、来年に向けて行う訳で、これも意図的ではないものの、上述の干支や歴史を紐解くと、「外部の力を活用して、進めようとしている事は間違いではない‥‥」と、私の背中を力強く押してくれたりもします。

まとめると、2017年は矛盾を抱えた年‥‥勢いはまだあるものの、調子に乗らず、外部の力を活用して慎重に事を前と進める年‥‥‥‥‥‥ではないかと考えます。

世界を見ても今年は、自国主義的な考えが主流になりつつあります。

方向性は選挙をもって、現状打破‥‥変革‥‥と固まった訳ですが、2017年以降もこのままの勢いで突き進めば‥‥‥いずれ衝突も‥‥‥こんな事もはらんだ年になるかもしれません。

各国のリーダー達は外部の意見に耳を傾け、2017年「丁酉」は、慎重に行動をして欲しいものですね。

横串の人的交流

皆さん、こんにちは‼

先週はブログを更新出来ず申し訳ありませんでした。

と言いますのは、去る11月25日、40年来の友人が突然この世を去ってしまいました。

その通夜告別式や仕事関係の後処理などで、ちょっと時間が取れなかったのです。

彼とはよく遊びに行ったり、食事をしたり‥‥‥‥

仕事上での付き合いもありましたので頻繁に会っていたものです。

実は、亡くなる当日も夕方電話をしていました。

しかし‥‥‥‥‥‥‥‥

その2時間後、娘さんから急逝の報告を受けたのでした。

心筋梗塞との事でした。

あまりの青天の霹靂に何が何だか訳が分からず言葉になりません。

「さっきまで普通に電話をしていたのに‥‥‥‥‥‥‥」

このような衝撃は生まれて初めてです。

時に56歳‥‥‥余りにも早すぎる死です。

世の中の不条理、諸行無常を感じます。

彼を亡くし遺族の方々は勿論の事、私達友人も失意のどん底にありますが、今、改めて彼の存在の有難さを感じています。

彼はフレンドリーで敷居の低い男でした‥‥‥

誰とでも気兼ねなく話をし、人を区別せず、友人の息子とも同じ目線で遊んでいたものです。

彼は人を楽しませるのが好きな男でした‥‥‥

「カツラをのせ、お辞儀をしたらカツラが落ちる‥‥‥‥‥‥‥‥」‥‥‥

「これ、オモロいやろ」‥‥‥

こんな事ばかり考えている男でした‥‥‥‥

こんな男に私達友人は今思うと随分救われて来ました。

彼は常に友人達の間を行ったり来たり‥‥‥‥

そして、その得た情報を、また他の友人達に発信する‥‥‥‥‥‥

従って、久しぶりに会う友人でも、彼からの情報を常に聞いているので、久しぶりに会った感じがしません‥‥‥‥‥

そう‥‥‥

彼は私達友人の潤滑油的存在で、常に友人達に横串を刺してくれていたのです。

彼が存在する事で私達友人は「全体最適」な友人関係を維持していたのだと思います。

今の時代、チームや会社においてもこの「全体最適」が重要だと言われています。

自身が所属する部門の事が最優先で、隣の部門は知らんぷり‥‥‥‥‥‥

場合によっては、同じ部門であっても、人の仕事・案件には興味がない‥‥‥

人が話していても自分とは関係ない‥‥‥‥

こんな事も見聞きします。

これでは「全体最適」とは程遠いものです。

この縦割りのカベを無くす事が出来れば「全体最適」となり、チームや会社は大きく変わります。

縦割りの弊害は、政治や省庁、行政又は大手企業のものとして考えがちですが、中小企業も同様です。ましてや人材が豊富ではない中小企業でこの様な縦割り弊害があれば、大手企業と違って成長のスピードが断然に鈍化してしまうのは必然です。

では何故?人は縦割りにとらわれてしまうのでしょうか?

  1. ① 関わる事の煩わしさや邪魔臭さ
  2. ② 関わる事による仕事の負荷
  3. ③ 打算
  4. ③ 縄張り意識
  5. ④ 仲間意識
  6. ⑤ 視野の狭さ
  7. ⑥ 他人事

 

以上の6つによる所が大きいと言われています。

確かに、「自部門(自分)の仕事だけでも精一杯なのに他部門(他の人)の事なんか構っていられない‥‥‥‥」

「自分以外の仕事をやっても評価にならない‥‥‥‥‥」

「それは自部門(自分)の仕事だから他部門(他の人)が首を突っ込むな‥‥‥‥」

「それはアイツの仕事だから自分は関係ない‥‥‥‥‥」

また、よくある話として、営業部門と製造部門の衝突が絶えない‥‥‥

なんて事もよく聞きます。

しかし‥‥‥‥‥

それって全て『我が社‥』ですよね。

「視野の狭さ」につきましては、「全体最適>部内最適>課内最適>個人最適」‥‥

こんな順番だそうです。

個人最適とは、自分に与えられた事だけをし、自分だけ良ければそれでいい‥‥‥

こういう事です。

当然ながら管理職の方々には全体最適の視野が求められます。

一般的に視野の狭い人には、

  • ●責任感や使命感協調性の希薄な人
  • ●打算的な人
  • ●自己中心的な人
  • ●頑固な人
  • ●スキルが伴っていない人
  • ●経験値の低い人

 

によく見られがちだと言われています。

では、どのようにして全体最適の気運を高めて行けば良いのでしょう?

ひとつには、社内サークルやイベントなどを行い人的交流に横串を刺す事が必要との事です。

慰安旅行や今の時期でしたら忘年会‥‥‥

こんな飲みニケーションも時には必要です。

また、そこまでしなくても、例えば、コーヒーブレイクなど、皆が交流出来る場所と時間を共有する事が重要だと思います。

日々の忙しい時間の中で、共有出来る場所と時間には限りがありますが、その重要性を認識して、上司が‥‥または誰かが‥‥‥‥

そう‥‥

亡くなった友人のように人と人を繋ぐ役割を心掛ける必要があるのです。

その横串の人的交流の中で、全体最適の気運も高まるのだと思います。

一例として、新潟に「スノーピーク」という会社があります。

アウトドア商品の開発販売をされている会社です。

そこでは、全体最適‥‥部署間の意思疎通を図り易いようにフリーアドレス制・フリースペース制を導入されています。

その制度設計の為のルールとして

  1. ① 日違う席に座る事
  2. ② 同じ人と続けて隣り合わせにならない事
  3. ③ 業務終了時には机の上の書類や荷物は全て自身のロッカーに片付け、鍵を掛ける事‥‥‥‥‥‥

この制度により「場合によっては役員の隣に新入社員‥‥という事もあり、また、他部門の打合せが自然と耳に入るので、飛び入り参加も出来る‥‥‥‥」

スノーピーク社では、フリーアドレス制・フリースペース制によってコミュニケーションが確実に良くなり全体最適が可能になったと言われています。

個々に出来る事には限界があります。ましてや中小企業の場合、人数にも限りがあります。常に人的交流をし、部署部門の横串を刺し、「全てが自分達の会社」‥‥‥

「全体最適」を心掛けなくてはならないのではないでしょうか。

人は知らず知らずの内に誰かを傷つけている事があります。

しかし、その事を分かっている‥‥経験しているだけで人に関心を抱く事ができ、親身になる事ができ、優しくなれるものです。

1人1人が亡くなった友人のように横串を刺す人的交流を心掛けなくてはなりませんね。

改めて友人に教えられた思いです。

謹んでご冥福をお祈り致します。

そして‥‥‥‥‥‥‥‥‥ありがとう‥‥

合掌