• HOME > 
  • ブログ

環境の構築

皆さん、こんにちは‼︎
めっきりと涼しくなって来ましたね。
香芝にある本社工場眼下では稲が実り、鈴虫の声も盛んになって来ました。
寒暖の差も激しくなり、私も先般久しぶりに風邪を引いてしまいました。
皆様方におかれましては、お身体にはどうぞご留意くださいませ。

さて、話しは変わりますが、近頃、国内外が俄かにきな臭くなって来ました。

国内にあっては突然の解散総選挙……
国外にあっては北朝鮮問題……

以前にもお話ししましたが、時代は利己主義・自己利益追求へと傾いている感じがします。

これも総体的に、好景気感がない……気持ちのゆとりがない事を意味していると思います。
確かに数字だけを見ると大手企業を中心に経済指標はいいのかもしれません。
しかし、その業績を向上させる為に、1人あたり、やらなければならない仕事量や職務が増え………しかも時間に限りがある中でやらなければならない………

現代において、効率化、多能工を追求する事は結果を出す為には、致し方ない部分はあります。

しかし人数や時間には限りがあり…………
数字的には良く見えても、各企業や各人は、いつも何かに追われ、その中で凌ぎを削り疲弊している………これが現代社会だと考えます。
従って国も企業も人も、気持ちのゆとりが無くなり、利己主義へと傾いて行くのだろうと思います。

今回の解散総選挙……内閣改造をし、自ら仕事人内閣と呼んだにも関わらず、一切仕事をする事無く、党利党略の為に解散をする……

今回の解散総選挙は本当に国民の為なのでしょうか?何を国民に問うのでしょうか?
何れは総選挙をしなくてはならない訳ですが、何故いま??の疑問は残ります。

また、北朝鮮問題……「世界が自分を認めてくれない」…だからミサイル・核開発をする…まるで子供です。
これも本当に自国の国民を考えての行動でしょうか?

世界にはルールや方向性があり、それを無視して行動したのでは、当たり前ですが、誰も認めてくれる訳がありません。

これは企業ですら同じです。

北朝鮮が世界から認めてもらうには、まずは現代の世界秩序を遵守し、方向性を共有し、核開発等を中止する………
この方向性に向いた時、世界も認めて、手を差し伸べてくれるのではないでしょうか?
またトランプ大統領もまるで子供のように舌戦を応酬しています。
せめて、どちらかが大人の対応をしなければ子供の喧嘩に発展し兼ねません。

万が一、軍事衝突となれば、アメリカ本土は問題ないかもしれませんが、同盟国である日本や韓国………そしてその国民は大なり小なり被害を被る事になります。
一説に、東京にミサイルが落とされた場合、その犠牲者は100万人とも言われています。

北朝鮮の秩序を無視した暴挙は許せませんが、どちらも自身のプライドだけで暴走したのでは収拾がつかなくなってしまいます。

これら全て利己主義の結末です。

安倍総理が言われる国内外における「国難」とは、見方を変えると、利己主義を追求する余り、自ら招いてしまった事なのかもしれません。

現代においては国だけでなく、企業においても利己主義へと傾いています。

企業は営利目的……しかし、これも利己利益だけを追求し、追っ掛けたのでは周りとの摩擦を生み、社員達が疲弊してしまいます。

まずは会社の方向性を見誤る事無く舵をとらなければなりません。

そして全員がその方向性に向かって進む………
そして、出来るだけ無駄な仕事や業務を無くす…
又は簡素化・マニュアル化を行い、人や時間の余裕を生み出す……進む方向性が間違いなく、それに向けて活動さえすれば結果はついてくる…………

このような企業運営が全社で実現すれば、現代においても少しはゆとりの気持ちを持って仕事に向かえ、且つ結果も伴うのではないか?と考えています。

いかなる変化の時代においても、国であれば国民が………
企業であれば、社員達がイキイキと楽しみながら、仕事や生活が出来る環境を構築する……………
国の指導者も企業の経営者もこれを追求して行かな ければなりませんね。

伝え方9割 ⁉︎

皆さん、こんにちは‼︎

9月に入って随分と朝晩が涼しくなって来ました。
今年は幾分か、秋の到来も早そうです。
この気候ならまた、そろそろゴルフにでも行ってみようかな……と思ってしまいます。

秋と言えば「読書の秋」もありますね。

先般、最近、巷で噂になっているベストセラー「伝え方が9割」という本を目にしました。
著者は佐々木圭一さん。
博報堂でコピーライターを経験し独立。

しかし学生時代は、人と話す事が大の苦手で唯一の友達はファミコン……

博報堂に就職が決まったものの、最も苦手なコピーライターに配属され、センスのないキャッチコピーを作り続け、先輩からは
「最もエコでないコピーライター」
と揶揄される始末……

ある日、突然、
「コトバには法則があるのではないか?」との仮説を持ち、それを研究・追求する事で独自の伝え方を発見……

法則によって作られるコトバは裏付けがあり、世間への共感を呼び、時代の寵児となる……
こんなプロフィールの方です。

「人に伝える」……私自身も、これには随分と悩み、模索し、常に「どのようにすれば考えや思いが伝わるのだろう?」…と何十年も日々葛藤しています。
特に仕事をする上で「人に如何に伝えるのか?」は永遠のテーマであると考えています。
そんな課題である「伝え方」について1つのヒントになるのではないか?と思いご紹介させて頂きます。

7つの心理活用
① 相手が好きな事に焦点を当てる
② 相手が嫌いな事を回避してあげる
③ 自由な選択肢を与えてあげる
④ 認めている部分を強調する
⑤ 特別感を与えてあげる
⑥ 率先垂範を示す
⑦ 感謝の気持ちを示す

このような心理を上手く使う事で
「NOの気持ちや返事をYESに変える確率」は、断然にあがり、良好な人間関係が築けると言われています。

例えば①の場合、
相手(お客様、先輩、同僚、部下なと)が、日本酒が好きだったとします。
その時の誘い方(伝え方)として…………
a. 今日、仕事が終わったら飲みに行きませんか?
b. この間、珍しい日本酒を置いている店を見つけたのですが、飲みに行きませんか?

この場合、bの伝え方の方が、より確率が高まると言う訳です。

元より飲みに行く事が目的では無く、
人間関係を構築する……
コミュニケーションを図る……
と言う事が目的です。

その為の手段として「飲みにケーション」と言う訳です。

その手段を実現する為には上手く心理を活用して伝えた方が確率が高まるのです。
また、この場合、「相手が好きな事や趣味」もリサーチしておかなければなりません。
ゴルフや釣り……この論法を理解すれば活用する事が出来ますよね。

また、チームワークを構築する為に、特に上司の方々は、⑥の活用をお薦めします。

⑥の場合、例えば、部下に負荷した仕事をお願いする時…………
a. ○○さん!これやってくれる?
b. ○○さん!急ぎの仕事で申し訳ないけど、私はこの部分をやるから、○○さんはこの部分を手伝ってくれない?

このように自ら率先垂範を示す事を相手に伝え協調をしてもらう……これがチームワーク作りには重要です。
自分は自分の仕事だけをして、負荷した部分や部下の仕事には無関心……ではチームとしては成り立ちません。
まずは上司が率先垂範を示し、そのコトバを伝え、部下に協調してもらい、そして鼓舞する………このようなコミュニケーションを取る事で全員が気持ち良く仕事に従事する事が出来るのです。


そうすれば知らず知らずの内に、その部門部署の業績も上向くに違いありません。
人は思っていても、口下手や照れや素直になれなくて、中々上手く相手に伝える事が出来ない部分もあります。
しかし、周りへの思いも薄く、自分の見地から物事を勝手に伝えていたのでは良好な人間関係を築けるはずはないのです。

仕事も人生も人との関わり合いを持たずして暮らして行く事は出来ません。
であれば、まずは自ら相手の事を考え、率先垂範して、上記の「伝え方」を参考にされては如何でしょう。

ペットトーク⁈

皆さん、こんにちは‼︎
残暑厳しいとはいえ、朝晩は一時に比べて過し易くなって来たのではないでしょうか?

今日から早くも9月………日中の厳しい暑さももう少しの我慢ですね。

さて、話しは変わりますが、「ペットトーク」と言う言葉をご存知でしょうか?

ペットトークとは、
元来、スポーツの試合前、監督やコーチ、キャプテンなどが、選手が本番で最高のパフォーマンスを発揮する為に行うショートスピーチの事です。

アメリカでは人を励ます事が当たり前に行われており、ショートスピーチは浸透しているのが現状です。

一方日本では、励まし方があまり上手ではなく、どうやって部下や社員を励ましたらいいのか分からない……という経営者や管理者が多いのが実情です。

変化の激しい時代……利己主義傾向……また、ゆとり世代の社会進出……このような時代の流れから、「ペットトーク」が注目を浴び、モチベーションアップに役立てようとする動きが盛んになって来ています。

先般、この「ペットトーク」についての記事を目にしましたので、ご参考までにご紹介します。

【ペットトーク5つのルールと4つのステップ】

《5つのルール》

① ポジティブな言葉を使う
ミスするな!契約を落とすな!などのネガテイブな言い方は萎縮してしまいます。

② 短い言葉を使う
長々と話すのではなく、出来るだけ短い言葉で相手に刺さる言葉が効果的です。

③ 分かりやすい言葉を使う
難しい言葉や横文字ではなく、誰でも理解出来る分かりやすい言葉を使うのがペットトークのルールとなっています。

④ 一番言って欲しい言葉を使う
上司目線で伝えるより、相手目線に合わせて言葉をチョイスするようににしてください。

⑤ 相手の心に火をつける本気の関わりで対峙する
「本当に成功して欲しい」「本当に良くなって欲しい」「変わって欲しい」という本気の気持ちを持って対峙しましょう。

《4つのステップ》

⑴ 受容……事実の受け入れ
緊張や不安に包まれる事が多い仕事。
相手の感情、状況を受け入れてあげる。
「緊張するよね。私も若い時はそうだった」
「最初から仕事が出来る人はいないよ」

⑵ 承認……捉え方変換
発想を変え、あるものに目を向け、気づきを与え、やる気に火をつける。
「緊張するのは当たり前、本気の証拠だよ」
「俺達には絶対に勝つというチームワークがある」

(3) 行動……して欲しい変換
行動の指示は「して欲しくない事」から「しよう」に変換し、相手に成功をイメージさせる。
「ミスするな」→「ベストを尽くそう」
「失敗をするな」→「活動をしよう」

⑷ 激励……背中のひと推し
最後に熱い言葉や優しい言葉で相手の背中を押してあげる。
「さぁ、行って来い」
「一人じゃない、皆んながついている」

以上のように、4つのステップには受容→承認→行動→激励があります。

これらルールやステップ……については上司や上位概念を持ち合わせている人が、部下や同僚に行うヤル気スイッチです。

しかし、このペットトークは冒頭お話ししましたように、試合前の励まし………という事でした。

従って、部下や社員達も最低限のルールとして、試合に臨む気持ちだけは持ち得て置かなくてはなりません。

「試合に出たくないな……」「どうせ俺は補欠だから……」などのネガテイブ発想を抱いていたのでは、幾ら上司がペットトークをしても気持ちの昂りが起こる事はありません。

現代の仕事事情で言うと、今まで行っていた業務の変更や見直し、業務精度の改善、スピードアップ、職種の変更や2つ以上の職種を受け持つ多機能工は、当たり前になっています。
はたまた大きくは事業転換という事もある時代です。

それらに対し臨機応変、柔軟な姿勢で臨む事はしなくてはなりません。

「○○だから出来ない……」これも上記のペットトークからするとネガテイブな言い方、発想です。

それを変換して、「○○なら出来る……」「すると為にこのようにしよう!」……試合に臨む者として、このようなポジティブ発想は持たなくては、幾ら上司がペットトークをしても、ヤル気スイッチにはならないのです。

変化のある時代で大変だとは思いますが、まずはどのような試合でも、
ポジティブに前向きに臨む各々の姿勢…………
それを受けて、
上司はドンと背中を押しフォローをしてあげる………
このような形が仕事における相互の信頼関係の構築となり、チームワークが向上するのだと考えます。